ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Non-metropolitan county - Wikipedia
非大都市カウンティ
(Non-metropolitan county)

非大都市カウンティ (non-metropolitan county) あるいは 口語的には、シャー・カウンティ (shire county) はイングランドの カウンティ・レベルの自治体 (entity) で、 大都市カウンティ (metropolitan county) でないものである。 このカウンティは典型的には人口が 300,000 名から 140 万名である。 シャー・カウンティ (shire county) は、しかしながら、非公式な用語である。 非大都市カウンティの多くは歴史的名称があり、 この大半は、 ウィルトシャー (Wiltshire) と スタッフォードシャー (Staffordshire) のように、 接尾辞の "-shire" (シャー) で終了する。 残りのものは、カウンティによっては、 "-shire" (シャー) で終了していたが、 デボン (Devon) と サマセット (Somerset) のように、時と共に失われた。

非大都市カウンティ (赤)
  1. 原点
  2. 変更
  3. 非大都市カウンティの一覧
  4. ウェールズ
原点

1974 年以前には、地方政府は 一層の カウンティ自治区 (single-tier county borough) (最も大きな町と市) 及び二層の行政カウンティ (two-tier administrative county) に分割され、 後者は 都市自治区 (municipal borough)、 都市型行政地区 (urban district)、 地方型行政地区 (rural district) に細分されていた。 1972 年の地方政府法 (Local Government Act 1972) は、 1974 年 4 月 1 日に有効になって、 広域ロンドン (Greater London) と 6 つの最大の広域都市圏 (conurbation) 以外のイングランドを 39 の非大都市カウンティに分割した。 各カウンティは 2 から 14 の非大都市行政地区 (non-metropolitan district) に分割された。 ここにあったのは、地方政府の一様な二層システムで、 カウンティ議会が教育、消防、そして警察のような広域サービスを処理し、 行政地区議会が計画、住宅、ゴミ集めのような、もっと地域に密接する 権力を行使した。

サービス非大都市
カウンティ
非大都市
行政区
ユニタリー
自治体
教育
住宅
計画の適用
(Planning applications)
戦略的計画
輸送計画
乗客輸送
基幹道路
消防
社会事業
(Social services)
図書館
レジャーとリクリエーション
廃棄物収集
(Waste collection)
廃棄物処理
(Waste disposal)
環境衛生
(Environmental health)
歳入徴収
(Revenue collection)

元々制定されたように、 非大都市カウンティ (non-metropolitan county) は大部分、既存のカウンティに基づいていた。 もっとも、これらには幾つかの新機軸 (innovation) があった。 幾つかのカウンティは大きなカウンティ自治区 (county borough) を取り囲む地域を基礎にするか、 あるいは小さなカウンティの合併で形成された。 最初のカテゴリーの実例は、 エイボン (Avon) ( バース (Bath) と ブリストル (Bristol) に基礎を置いた) と クリーブランド (Cleveland) (ティーズサイド (Teesside) に基礎を置いた) である。 第二のカテゴリーの実例は ヘレフォード&ウスター (Hereford and Worcester) とカンブリア (Cumbria) である。 カウンティは法令目的全てのために使用された: レフテナント卿 (lord-lieutenant) と ハイ・シェリフ (high sheriff) が各カウンティで任命され、 カウンティは司法管理 (judicial administration) と警察の管轄地域 (definition of polic force area) の ために使用された。 ロイヤル・メール (Royal Mail) は大半の地域で郵便目的 [訳注:郵便番号] にカウンティを採用した。

変更
1995 年 - 1998 年

地方政府委員会 (Local Government Commission) が 1992 年に任命されて、 非大都市カウンティ (non-metropolitan counties) の行政構造を見直すことになった。 予期されたことは、ユニタリー自治体 (unitary authorities) のシステムが完全に 二層システムの代わりとなることであった。 委員会が直面したことは、 かってのカウンティ自治区 (county borough) がユニタリーの地位を再度獲得する望みと、 ヘレフォードシャー (Herefordshire) とラトランド (Rutland) のような小さなカウンティ復元の賛同であった。 見直しにより、ある地域でのユニタリー地方政府の導入となったが、 別の場所ではそうならなかった。 ユニタリー自治体 (unitary authorities) の大半では、 既存の行政地区議会 (district council) がカウンティ議会 (county council) から 権力を引き継いだ。 1972 年の法律が要求したことは、 広域ロンドン (Greater London) 以外の すべての地域は非大都市カウンティの一部を形成し、 このようなカウンティ全ては、少なくとも 1 つ行政地区 (district) を含むことであった。 その結果、再組織化に影響する法令の道具は、ユニタリー行政地区 (unitary district) をこれらが属しているカウンティから 分離して、カウンティとして構成した。 更に命令が提供したことは、すべてのカウンティにカウンティ議会がなければならない 1972 年の 法律の条項は新しいカウンティには適用されず、行政地区議会 (disctrict council) がカウンティ議会の権力を行使することであった。

例外はバークシャー (Berkshire) の場合になされ、ここはカウンティ議会の廃止と 6 つのユニタリー自治体の創設にもかかわらず、 既存の境界が維持された。 これは王室カウンティ (royal county) としての地位を維持するために実施された。

非常に多くの非大都市カウンティの創設で、 レフテナント制 (lieutenancy) と シェリフ制 (shrievalty) に使用された地域は地方自治体の地域から発散し始めた。 これにより、この目的のために儀礼カウンティ (ceremonial counties) の進展に至った。 これは 「1997 年のレフテナント制」 (Lieutenancies Act 1997) により認められた事実であった。

2009 年

ユニタリー自治体の更なる波が、 2009 年に 「2007 年の衛生法における地方政府と公的関わり」 (Local Government and Public Involvement in Health Act 2007) の 条項の下で作られた。 幾つかの新しいカウンティが創設される一方で、 幾つかの新しい自治体 (例えばコーンウォール (Cornwall) あるいはノーサンバーランド (Northumberland)) の境界は 1974 年に 設定されたまゝであった。

2019 年 - 2021 年

イングランドの地方政府の 2019 年 - 2021 年の構造変化はドーセット (Dorset) (2019 年) とノーサンプトンシャー (Northamptonshire) (2020 年) の非大都市カウンティへの変化が関連したし、今後関連する。

非大都市カウンティの一覧

次の一覧が示すのは: 1974 年に作られた元々の 39 のカウンティ、 1990 年代の変更、 その後の更なる変更である。

非大都市カウンティ 1974 年 1995 年 - 1998 年
変更
2009 年
変更
2019 年 - 2021 年
変更
エイボン(Avon)
(6 行政地区)
1996: North West Somerset (ユニタリー)
2005: North Somerset に改名
1996: Bath and North East Somerset (ユニタリー)
1996: South Gloucestershire (ユニタリー)
1996: City of Bristol (ユニタリー)
Bedfordshire
(4 行政地区)
1997: Bedfordshire (3 行政地区) Bedford
(ユニタリー)
Central Bedfordshire
(ユニタリー)
1997: Luton (ユニタリー)
Berkshire (Royal County)
(6 行政地区)
1998: カウンティ議会は廃止、カウンティの 6 つの行政地区議会がユニタリー自治体となる。 バークシャーの王室カウンティ (Royal County) は廃止されず
Buckinghamshire
(5 行政地区)
1997: Buckinghamshire (4 行政地区) Buckinghamshire
(ユニタリー)
1997: Milton Keynes (ユニタリー)
Cambridgeshire
(6 行政地区)
1998: Cambridgeshire (5 行政地区)
1998: Peterborough (ユニタリー)
Cheshire
(8 行政地区)
1998: Cheshire (6 行政地区) Cheshire East
(ユニタリー)
Cheshire West
and Chester
(ユニタリー)
1998: Halton (ユニタリー)
1998: Warrington (ユニタリー)
Cleveland
(4 行政地区)
1996: Hartlepool (ユニタリー)
1996: Middlesbrough (ユニタリー)
1996: Redcar and Cleveland (ユニタリー)
1996: Stockton-on-Tees (ユニタリー)
Cornwall
(6 行政地区)
ユニタリー化
Cumbria
(6 行政地区)
Derbyshire
(9 行政地区)
1997: Derby (ユニタリー)
1997: Derbyshire (8 行政地区)
Devon
(10 行政地区)
1998: Devon (8 行政地区)
1998: Torbay (ユニタリー)
1998: Plymouth (ユニタリー)
Dorset
(8 行政地区)
1997: Dorset (6 行政地区) Dorset (ユニタリー) (Christchurch
行政地区を除く)
1997: Bournemouth (ユニタリー) Bournemouth, Christchurch and
Poole (ユニタリー)
1997: Poole (ユニタリー)
(8 行政地区) 1997: Darlington (ユニタリー)
1997: Durham (7 行政地区) ユニタリー化
East Sussex
(7 行政地区)
1997: East Sussex (5 行政地区)
1997: Brighton and Hove (ユニタリー)
Essex
(14 行政地区)
1998: Essex (12 行政地区)
1998: Southend-on-Sea (ユニタリー)
1998: Thurrock (ユニタリー)
Gloucestershire
(6 行政地区)
Hampshire
(13 行政地区)
1997: Hampshire (11 行政地区)
1997: Portsmouth (ユニタリー)
1997: Southampton (ユニタリー)
Hereford and Worcester
(9 行政地区)
1998: Herefordshire (ユニタリー)
1998: Worcestershire (6 行政地区)
Hertfordshire
(10 行政地区)
Humberside
(9 行政地区)
1996: East Riding of Yorkshire (ユニタリー)
1996: City of Kingston upon Hull (ユニタリー)
1996: North Lincolnshire (ユニタリー)
1996: North East Lincolnshire (ユニタリー)
Isle of Wight
(2 行政地区)
1995: ユニタリーになる
Kent
(14 行政地区)
1998: Kent (12 行政地区)
1998: The Medway Towns (ユニタリー) 1998: Medway に改名
Lancashire
(14 行政地区)
1998: Lancashire (12 行政地区)
1998: Blackburn with Darwen (ユニタリー)
1998: Blackpool (ユニタリー)
Leicestershire
(9 行政地区)
1997: Leicestershire (7 行政地区)
1997: Leicester (ユニタリー)
1997: Rutland (ユニタリー)
Lincolnshire
(7 行政地区)
Norfolk
(7 行政地区)
North Yorkshire
(8 行政地区)
1996: North Yorkshire (7 行政地区)
1996: York (ユニタリー)
Northamptonshire
(7 行政地区)
North Northamptonshire (ユニタリー)
West Northamptonshire (ユニタリー)
Northumberland
(6 行政地区)
ユニタリー化
Nottinghamshire
(8 行政地区)
1998: Nottinghamshire (7 行政地区)
1998: Nottingham (ユニタリー)
Oxfordshire
(5 行政地区)
Salop
(6 行政地区)
1980: renamed Shropshire
1998: Shropshire (5 行政地区) ユニタリー化
1998: The Wrekin (ユニタリー)
1998: Renamed Telford and Wrekin
Somerset
(5 行政地区)
合併により 4 行政地区に減少
Staffordshire
(9 行政地区)
1997: Staffordshire (8 行政地区)
1997: Stoke-on-Trent (ユニタリー)
Suffolk
(7 行政地区)
合併により 5 行政地区 に減少
Surrey
(11 行政地区)
Warwickshire
(5 行政地区)
West Sussex
(7 行政地区)
Wiltshire
(5 行政地区)
1997: Wiltshire (4 行政地区) ユニタリー化
1997: Thamesdown (ユニタリー)
1997: renamed Swindon

非大都市行政地区と行政地区議会の名称は 1995 年 7 月 11 日の議会決議により、 "ノース・サマセット" (North Somerset) に変更された。しかしながら、 これは同じ地域を占めるカウンティの名称は変更されなかった。 「1995 年のイングランドの地方政府変更規則 (雑則)」 (Local Government Changes for England (Miscellaneous Provision) Regulation 1995) により、 「カウンティ議会がなく、行政地区が 1 つしかないカウンティ」 で、行政地区議会に カウンティの名称を変更する追加の権力が与えられていた。 しかしながら、2005 年まで名称変更はされなかった。

非大都市カウンティとしてのエイボンは、 「1995 年のエイボン命令 (構造変更)」 (Avon (Structural Change) Order) によって、 1996 年に廃止された。

ウェールズ

ウェールズには大都市カウンティと非大都市カウンティの間には区別がなく、 二層構造の上層に対応する地区が 「カウンティ」 として指定された。 「1994 年の地方政府法 (ウェールズ)」 (Local Government (Wales) Act 1994」 は 1972 年の法律を修正し、ウェールズのカウンティを廃止して、 その代わりに新しい 「ウェールズのプリンシパル地区」 (Welsh principal areas) を作り、このうちの幾つかは 「カウンティ」 にも指定された。 レフテナント制 (lieutenancy) の目的のために、 1974 年に設置されていたカウンティが保存されている