ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Urban district (Great Britain and Ireland) - Wikipedia
都市型行政地区 (グレート・ブリテンとアイルランド) (Urban district (Great Britain and Ireland))

イングランドとウェールズ、北アイルランド、 そしてアイルランド共和国で、 都市型行政地区 (urban district) は地方政府行政地区の 1 形式で 都市化地区 (urbanized area) にわたるものであった。 都市型行政地区には選挙で選ばれた都市型行政地区議会 (UDC, urban district council) があり、 ここがカウンティ議会 (county council) と地方政治の責任を分担していた。

  1. イングランドとウェールズ
  2. アイルランド
イングランドとウェールズ

イングランドとウェールズで、 都市型行政地区 (urban district) と地方型行政地区 (rural district) は、 (1894 年の地方政府法 (Local Government Act 1894) により) 1894 年に 行政カウンティ (administrative county) の細分として作られた。

これらが置き換えたのは: (貧民法連合 (poor law union) に基づいた) これ以前のシステムである 都市型 (urban) と 地方型 (rural) の衛生地区 (sanitary district) であり、 この機能は行政地区議会 (district council) が引き継いだ。 行政地区議会は地方問題に関してより広い権力を持っていた。 このような問題には例えば、公園、墓地、地方計画が含まれた。 都市型行政地区は通常 1 つの教区からなり、一方、 地方型行政地区は多くの教区を含んでいた。 都市型行政地区 (urban district) は、公衆衛生 (public health) で 地方型地区 (rural area) よりも多くの問題があると考えられた。 そこで都市型行政地区議会は比較できる地方型行政地区よりも 多くの資金と、より大きな権力があった。

都市型行政地区 (urban district) は 通常 30,000 名よりは少ないより小さな町にわたっている。 元々、1009 以上の都市型行政地区 (urban district) があったが、 1929 年の地方政府法 (Local Government Act 1929) により設定された、 一連のカウンティ見直し勧告の実施によって、 1932 年と 1938 年の間に都市型行政地区の数は 159 に純減した。 多くの実例で、より小さな都市型行政地区は周辺の地方型行政地区 (rural district) と合併し、 その結果、新しい行政地区が地方型教区と更には都市型教区 (urban parish) に及ぶものが登場した。 同時に幾つかのより大きなの都市型行政地区 (urban district) が 都市自治区 (municipal borough) になった (都市自治区は 1835 年の都市改良法 (Municipal Reform Act 1835) の下に 1835 年に すでに作られていた)。 これらはわずかに高い地位があり、市長 (mayor) を任命する権利があった。

イングランドとウェールズのすべての都市型行政地区 (urban district) は 1972 年の地方政府法 (Local Government Act 1972) により 19 74 年に廃止され、 より大きな行政地区の一様なシステムで置き換えられた (イングランドの行政地区 (District of England) と ウェールズの行政地区 (District of Wales, 未翻訳) を参照)。 これらはしばしば都市型地区 (uban area) と地方型地区 (rural area) の両方に及んだ。 イングランドの多くの教区議会 (parish council) は 以前は都市型行政地区 (urban districts) により覆われた町々に作られ、 これに続く立法の結果として、 ウェールズの都市型地区 (urban area) と地方型地区 (rural area) の全ては、 今日では 22 のユニタリー自治体 (あるいはプリンシパル・エリア (principal areas)) の 部分実体 (sub-entity) である 870 の共同体 (community) で覆われている。

アイルランド

アイルランドの都市型行政地区 (urban district) は 「1898 年の地方政府法 (アイルランド)」 (Local Government (Ireland) Act 1898」 により 1898 年に作られ、 これは 「1878 年の公衆衛生法」 (Public Health (Ireland) Act 1878) により作られた 「都市型衛生地区」 (Urban sanitary district) と ダブリン市 (Dublic city) に隣接する郊外のタウンシップ (suburban township) に基づいていた。 都市型行政地区 (urban district) は町委員 (town commissioners) がいる町よりも 大きな権力があるが、 「1840 年の都市法人法 (アイルランド)」 (Municipal Corporations (Ireland) Act 1840) により維持されたあるいはその後に作られた 都市自治区 (municipal borough) よりは権力が小さい。 少々の場所では、その後の何十年間に、これらの 3 つのカテゴリーの間で昇格したり、降格した。

1920 年 - 1922 年のアイルランドの分割 (partition of Ireland)の後で、 都市型行政地区 (urban district) は アイルランド自由国 (Irish Free State) (現在のアイルランド共和国 (Republic of Ireland)) と 北アイルランド (Northern Ireland) で継続している。

北アイルランド

北アイルランドの地方型行政地区 (rural district) と 都市型行政地区 (urban distgrict) は 1973 年に廃止され、ユニタリー行政地区 (unitary district)の システムで交換された。

アイルランド共和国

共和国で、地方型行政地区 (rural district) が 1925 年と 1930 年に 廃止される一方で、都市型行政地区 (urban district) は存在し続けたが、 「2001 年の地方政府法」 (Local Government Act 2001) の下で単に 「町」 ('town') と改名された。

1930 年に、 ダン・レアリー自治区 (Borough of Dún Laoghaire, /dʌn ˈlɪəri/) が、 「1930 年の地方政府法 (ダブリン)」 (Local Government (Dublin) Act) により、カウンティ・ダブリン (County Dublin) で制定された改革の一部分として作られた。 この新しい自治区 (borough) は次の 4 つの都市型行政地区 (urban district) により作られた: ブラックロック (Blackrock), ドーキー (Dalkey), ダン・レアリー (Dún Laoghaire), そして キリニーとバリーブラック (Killiney and Ballybrack) であった。

ゴールウェイ (Galway) の都市型行政地区 (urban district) も 1930 年代に自治区 (borough) の 地位に昇格した。

他の少々の都市型行政地区は時間と共に地位の変更があった。

上の変化により、全部で 49 の都市型行政地区 (urban distric) が残され、 これは 1990 年代まで変更されずに継続した。 隣接する地方自治体との境界の無数の変更も何年もの間に実施された。

都市型行政地区 (urban district) は終に廃止され、 「2014 年の地方政府改革法」 (Local Government Reform Act 2014) の制定に引き続き、 地方選挙地区 (local electoral areas) で交換された。