ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

London boroughs - Wikipedia
ロンドン自治区 (London boroughs)

ロンドン自治区 (複数) は 儀礼カウンティである広域ロンドン (ceremonial county of Greater London) を構成する 32 の地方自治体行政地区 (local authority districts) である; 各々は各ロンドン自治区議会 (London borough council) によって統治されている。 現在のロンドン自治区 (複数) は 「1963 年のロンドン政府法」 (London Government Act 1963) により、 1965 年 4 月 1 日に 広域ロンドン (Greater London) として同時期に全て創設され、 地方政府行政地区 (local government district) の 1 型式である。 12 は内部ロンドン自治区 (Inner London boroughs) として指定され、 20 は外部ロンドン自治区 (Outer London boroughs) として指定されている。 ロンドン市 (City of London) は歴史的な中心で、 分離した 儀礼カウンティ (ceremonial county) で、ロンドン自治区とは全く違うように機能する独自の 地方政府行政地区 (local government district) である。 しかしながら、2 つのカウンティを合わせると広域ロンドンの領域 (region of Greater London) を構成し、 これら全ては 広域ロンドン自治体 (Greater London Authority) によっても統治されている。

イングランドにおける 32 のロンドン自治区

各ロンドン自治区 (London boroughs) は人口がおよそ 150,000 名から 300,000 名である。 内部ロンドンは人口でも面積でもより小さい傾向があり、 外部ロンドン自治区よりも人口がもっと密集している。 ロンドン自治区は以前の地方政府の単位のグループを結合して創設された。 1987 年と 1992 年の間に実施された見直しにより自治区の境界の幾つかの比較的小さな変更に至った。 ロンドン自治区議会 (複数) は 地方政府のサービス (学校、廃物管理 (waste management)、 社会サービス (social services)、図書館 (libraries)) の大半を提供し、 これは戦略的な 広域ロンドン自治体 (strategic Greater London Authority) と対比され、 こちらは全ての広域ロンドンにわたる限られた権限 (authority) を持っている。

議会 (council) は 1964 年に始めて選挙され、 1965 年 4 月 1 日までシャドー自治体 (shadow authorities) として動作した。 各自治区 (borough) は選挙区 (electoral ward) に分割されて、 議員選挙のために定期的に見直される。 議会選挙は 4 年毎に実施され、 最も最近の選挙は 2018 年にあり、次の選挙は 2022 年の予定である。 ロンドン自治区議会の政治的構成は 保守党 (Conservative Party)、 労働党 (Labour Party)、 自由民主党 (Liberal Democratic Party) により支配されている。 28 の議会は行政統治の (地方政治の) 内閣制 (leader and cabinet model、[訳注:最大与党 (連立を含む) から代表者を選ぶ方式]) に従い、 一方 4 議会には直接選挙で選ばれた市長がいる (ハックニー (Hackney)、ルイシャム (Lewisham)、ニューアム (Newham)、そしてタワー・ハムレッツ (Tower Hamlet))。 ロンドン市 (City of London) は代わりに ロンドン市法人 (City of London Corporation) によって統治されている。 (そして、インナー・テンプル (Inner Temple) とミドル・テンプル (Middle Temples) はロンドン市法人によって 統治されていない。)

  1. リスト
  2. 歴史
  3. ロンドン自治区議会
リスト
  1. ロンドン市 (City of London, ロンドン自治区でない)
  2. シティ・オブ・ウェストミンスター (City of Westminster)
  3. ケンジントン&チェルシー (Kensington and Chelsea)
  4. ハンマースミス&フラム (Hammersmith and Fulham)
  5. ワンズワース (Wandsworth)
  6. ランベス (Lambeth)
  7. サザーク (Southwark)
  8. タワー・ハムレッツ (Tower Hamlets)
  9. ハックニー (Hackney)
  10. イズリントン (Islington)
  11. カムデン (Camden)
  12. ブレント (Brent)
  13. イーリング (Ealing)
  14. ハウンズロー (Hounslow)
  15. リッチモンド・アポン・テムズ (Richmond upon Thames)
  16. キングストン・アポン・テムズ (Kingston upon Thames)
  17. マートン (Merton)
  1. サットン (Sutton)
  2. クロイドン (Croydon)
  3. ブロムリー (Bromley)
  4. ルイシャム (Lewisham)
  5. グリニッジ (Greenwich)
  6. ベクスリー (Bexley)
  7. ヘイヴァリング (Havering)
  8. バーキング&ダゲナム (Barking and Dagenham)
  9. レッドブリッジ (Redbridge)
  10. ニューアム (Newham, /ˈnjuːəm/)
  11. ウォルサム・フォレスト (Waltham Forest)
  12. ハリンゲー (Haringey)
  13. エンフィールド (Enfield)
  14. バーネット (Barnet)
  15. ハロウ (Harrow)
  16. ヒリンドン (Hillingdon)

名称に「ロンドン自治区」 (London Borough) を含まない 4 自治区 (borough) がある: シティ・オブ・ウェストミンスター (the City of Westminster), 王室自治区キングストン・アポン・テムズ (the Royal Boroughs of Kingston upon Thames), ケンジントン&チェルシー (Kensington and Chelsea), そしてグリニッジ (Greenwich)

訳注
例えば、サットンの正式名称は: London Borough of Sutton (ロンドン自治区サットン)
歴史
創設

1930 年代中頃から、広域ロンドン地区は 4 型式の地方政府自治体 (local government authorities) から構成された。 これらは、 カウンティ自治区 (county borough)、 都市自治区 (municipal borough)、 都市型行政地区 (urban districts)、そして 大都市自治区 (metropolitan borough) であった。 大きなカウンティ自治区 (county borough) はすべての地方政府のサービスを提供し、 カウンティ議会につぎ込まれる権力を保有している。 都市自治区 (municipal borough) と 都市型行政地区自治体 (urban district authorities) は 権力がより少ない。 状況はもっと複雑となった、 というのはカウンティ議会 (county councils) は 初等教育 (elementarhy education)と図書館の提供のような機能を、 都市自治区議会 (municipal borough council) と行政地区議会 (district council) に委任することができたからで、 これは断片的に実施された。 ロンドン地方政府の改革はこの取り決めを規則化することを求めた。

広域ロンドン (Greater London) の地方政府に関しての王室委員会 (Royal Commission) が 1957 年 に設置され、報告が 1960 年 10 月 19 日に出版され、 人口の範囲が 100,000 名から 250,000 名の 52 の 「広域ロンドン自治区」 を提案した。 これは以下の混合物から構成されていた: 完全な現存する (行政) 単位、 2,3 の区域の合併、そして 分割した結果形成される 2 つの自治区 (borough) であった。 1961 年 12 月に、政府が提案したことは 52 ではなく 34 の自治区と、詳細な境界であった。 提案された数は 1962 年に更に 32 に減少した。

1965 年 4 月 1 日にロンドン自治区 (London boroughs) と広域ロンドン (Greater London) が 「1963 年のロンドン政府法」 (London Government Act 1963) により創設された。 以前のロンドン・カウンティ (County of London) の 12 の自治区は 内部ロンドン自治区 (Inner London boroughs) に指定され、 それ以外の 20 は外部ロンドン自治区 (Outer London boroughs) に指定された。 外部ロンドン自治区議会 (複数) は地方教育局 (local education authorities) であったが、 内部ロンドン自治区議会がこのように指定されたのは、 主に内部ロンドン教育局 (an Inner London Education Authority) の存在を継続するために指定された。 この教育局は公式の反対派 (Opposition) と政府により称賛され、 更に言及したことは、以前のロンドン・カウンティの多くの小さな自治体は教育の歴史で何の歴史もないことであった。 シティ・オブ・ロンドン (City of London) はロンドン市法人 (City of London Corporation) により統治され続け、 インナー・テンプル (Inner Temple) と ミドル・テンプル (Middle Temple) は自分達の領域を統治し続けた。

選挙は 1964 年 5 月 7 日に挙行され、 新しい議会はシャドー自治体 (shadow authorities) として行動し、翌年に権力を得た。

以前の自治体

自治区 (borough) は次のように作られた。 比較的マイナーな少々の変化が 1965 年以来、自治区 (borough)の境界に加えられ、 2 つは名称を変えた。

広域ロンドンにおける以前の地方自治体 (local authority)
茶色:カウンティ自治区 (County boroghs)、赤:大都市自治区 (Metropolitan borough)、
緑:都市自治区 (Municipal boroughs)、青:都市型行政地区 (Urban districts)
ロンドン自治区 指定 以前の地区
カムデン
(Camden)
内部 Hampstead (11a) St Pancras (11b) Holborn (11c)
グリニッジ
(Greenwich)
内部 Greenwich (22a) Woolwich (part) (22b)
ハックニー
(Hackney)
内部 Hackney (9a) Shoreditch (9b) Stoke Newington (9c)
ハンマースミス
(Hammersmith)
内部 Hammersmith (4a) Fulham (4b)
イズリントン
(Islington)
内部 Islington (10a) Finsbury (10b)
ケンジントン&チェルシー
(Kensington and Chelsea)
内部 Kensington (3a) Chelsea (3b)
ランベス
(Lambeth)
内部 Lambeth (6a) Wandsworth (part) (6b)
ルイシャム
(Lewisham)
内部 Lewisham (21a) Deptford (21b)
サザーク
(Southwark)
内部 Bermondsey (7b) Camberwell (7c) Southwark (7a)
タワー・ハムレッツ
(Tower Hamlets)
内部 Bethnal Green (8a) Poplar (8c) Stepney (8b)
ワンズワース
(Wandsworth)
内部 Battersea (5b) Wandsworth (part) (5a)
ウェストミンスター
Westminster
内部 Paddington (2c) St Marylebone (2b) Westminster (2a)
バーキング
(Barking)
外部 Barking (part) (25a) Dagenham (part) (25b)
バーネット
(Barnet)
外部 Barnet (31a) East Barnet (31b) Finchley (31d) Hendon (31c) Friern Barnet (31e)
ベクスリー
(Bexley)
外部 Bexley (23b) Erith (23a) Crayford (23c) Chislehurst and Sidcup (part) (23d)
ブレント
(Brent)
外部 Wembley (12a) Willesden (12b)
ブロムリー
(Bromley)
外部 Bromley (20c) Beckenham (20b) Orpington (20e) Penge (20a) Chislehurst and Sidcup (part) (20d)
クロイドン
(Croydon)
外部 Croydon (19a) Coulsdon and Purley (19b)
イーリング
(Ealing)
外部 Acton (13b) Ealing (13a) Southall (13c)
エンフィールド
(Enfield)
外部 Edmonton (30c) Enfield (30a) Southgate (30b)
ハリンゲー
(Haringey)
外部 Hornsey (29b) Tottenham (29c) Wood Green (29a)
ハロウ
(Harrow)
外部 Harrow (32)
ヘイヴァリング
(Havering)
外部 Romford (24a) Hornchurch (24b)
ヒリンドン
(Hillingdon)
外部 Hayes and Harlington (33c) Ruislip Northwood (33b) Uxbridge (33a) Yiewsley and West Drayton (33d)
ハウンズロー
(Hounslow)
外部 Brentford and Chiswick (14c) Feltham (14a) Heston and Isleworth (14b)
キングストン・アポン・テムズ (Kingston upon Thames) 外部 Kingston upon Thames (16a) Malden and Coombe (16b) Surbiton (16c)
マートン
(Merton)
外部 Mitcham (17c) Merton and Morden (17b) Wimbledon (17a)
ニューアム
(Newham)
外部 West Ham (27a) East Ham (27b) Barking (part) (27c) Woolwich (part) (27d)
レッドブリッジ
(Redbridge)
外部 Ilford (26a) Wanstead and Woodford (26b) Dagenham (part) (26c) Chigwell (part) (26d)
リッチモンド・アポン・テムズ
(Richmond upon Thames)
外部 Barnes (15a) Richmond (15b) Twickenham (15c)
サットン
(Sutton)
外部 Beddington (18c) Carshalton (18b) Sutton and Cheam (18a)
ウォルサム・フォレスト
(Waltham Forest)
外部 Chingford (28a) Leyton (28c) Walthamstow (28b)
広域ロンドン議会 (Greater London Council)

1965 年と 1986 年の間、自治区 (borough) は 2 層政府システム (two-tier system of government) の 一部分で、広域ロンドン議会 (GLC, Greater London Council) と権力を 分かち合っていた。 権力と機能の分割が意味することは、 広域ロンドン議会は広域サービス、 例えば消防、 救急車、 洪水予防、 廃物処理 (refuse disposal) に責任があり、 ロンドン自治区 (London borough) は"個人的"サービス ((personal) service)、 例えば 社会サービス (social service)、 図書館 (libraries)、 墓地 (cemetries)、 そしてゴミ集め (refuse collection) に 責任があった。 幾つかのロンドン自治区議会と GLC は 1983 年の地方税制限反乱 (rate-capping rebellion) に関連した。 1986 年 4 月 1 日に、GLC が廃止され、 自治区議会は、広域ロンドン議会により提供されていた幾つかのサービス -- 例えば廃物処理 (waste disposal) -- の責任を得た。 内部ロンドン教育局 (the Inner London Education Authority) は その場しのぎの組織 (authority) として存在し続けた。 これは 1990 年に廃止され、 内部ロンドン自治議会 (複数) が地方教育局にもなった。

訳注
地方税制限反乱 ( rate-capping rebellion) は 1985 年のイングランド地方議会におけるキャンペーンで、 マーガレット・サッチャーの保守政権に地方議会の支出を制限する権力を 撤回させることを目的にしたもの。
名称と境界の変更

「1972 年地方政府法」 (Local Government Act 1972) は ロンドン自治区とその議会の名称を変更する仕組みを提供した。 これは、1979 年 4 月 1 日にハンマースミス・ロンドン自治区 (Hammersmith) (ハンマースミス&フラム (Hammersmith and Fulham) に変更) と 1980 年 1 月 1 日に バーキング・ロンドン自治区 (Barking) (バーキング&ダゲナム (Barking and Dagenham) に変更) により使用された。 2 つの地名を結び付けて作る自治区の名称は自治区が創設された時には反対された。

ロンドン自治区は既存の地方政府の単位を結合して創設され、 理解されたことは、これにより場所によっては恣意的な境界になることであった。 「1963 年のロンドン政府法」 (London Government Act 1963) は 広域ロンドンの縁にある共同体がロンドン自治区から 隣接するカウンティ自治区 (county district) に移管を嘆願する仕組みを提供した。 これは 1969 年にブロムリー (Bromley) のノックホルト (Knockholt) がケント (Kent) に移転し、 クロイドン (Croydon) のファーリー&フーリー (Farleigh and Hooley) がサリー (Surrey) に移転するのに使用された。 この法律はロンドン自治区と隣接するカウンティの移転も提供し、 これは関連する全ての地方自治体の間に変動に対する合意がある場合であった。 この条項はリッチモンド・アポン・テムズ (Richmond upon Thames) とサリー (Surrey) の間のテムズ川の 2 つの島を交換するのに使用された。 イングランドの地方政府境界委員会が 「1972 年の地方政府法」 (Local Government Act 1972) により設置されて、 広域ロンドンとロンドン自治区の境界を定期的に見直すことになった。 最初の境界の見直しは 1987 年 4 月 1 日に開始し、1992 年に報告された。 見直しに従って、一連の比較的マイナーな調節が自治区の境界に実施され、 例えばバーキング・アンド・ダゲナム (Barking and Dagenham) のベコンツリー地所 (Becontree estate) の全体が結合された。 委員会が注意したことは勧告の多くは強い反対があって実施されなかったことである。 ロンドン市 (City of London) の境界は調節されて幾つかの変則が除かれた。

ロンドン自治区では法的実体 (legal entity) は国内の他の場所のように議会でなく、 王室認可状 (royal cjharter) により法的実体として法人化された住民である。 (この手順は 「1972 年の地方政府法」 (Local Government Act 1972) の下で イングランドとウェールズのこれ以外の場所では廃止された手続である。) 従って、ロンドンンの自治体 (authority) の公式の法的な肩書は 「ロンドン自治区 X の市長と市民」 (The Mayor and Burgesses of the London Borough of X) (あるいは 「シティ・オブ・ウェストミンスターの大市長 (Lord Mayhor) と市民」 (The Lord Mayor and Citizens of the Cioty of Westminster)) である。

広域ロンドン自治体 (Greater London Authority)

2000 年に、 広域ロンドン自治体 (Greater London Authority) が作られ、ロンドン市長 (Mayor of London) とロンドン会議 (London Assembly) から構成された。 戦略的自治体 (Authority) として、これは自治区議会から制限された権力 -- 例えば主なハイウェイと計画戦略 -- を吸収した。

ロンドン自治区議会

ロンドン自治区はロンドン自治区議会 (London borough councils, 時々 LBC と省略される) によって運営され、 議会は 4 年毎に選挙される。 これらはロンドンにおける主な地方自治体 (local authority) であり、 大半の地方サービス -- 例えば学校、社会サービス (social service), 廃棄物収集 (waste collection)、そして道路 -- を運営する責任がある。 ロンドン全体にわたる (London-wide) の幾つかのサービスは 広域ロンドン自治体 (Greater London Authority) により運営され、 幾つかのサービスと政府へのロビー活動はロンドン議会 (複数) で共同利用されている。 議会によっては、廃物集めとその処理のようなサービスに関してはグループを作っている。 自治区は地方政府行政地区 (local government district) で、 大都市自治区 (metrropolitan boroughs) に対し類似の機能がある。 各自治区議会は地方教育局 (local education authority) である。

サービス 広域ロンドン自治体 ロンドン自治区議会
教育
(Education)
住宅
(Housing)
計画の適用
(Planning applications)
戦略計画
(Strategic planning)
輸送計画
(Transport planning)
乗客輸送
(Passenger transport)
道路
(Highways)
警察
(Police)
消防
(Fire)
社会サービス
(Social services)
図書館
(Libraries)
レジャー・リクリエーション
(Leisure and recreation)
廃物収集
(Waste collection)
廃物廃棄
(Waste disposal)
環境衛生
(Environmental health)
歳入徴収
(Revenue collection)
分担サービス

分担サービスは自治区議会サービスで 2 つ以上の自治区の間で分担するものである。 分担サービスは以前は組織 (authority) を守る議会によって抵抗された。 しかしながら、2000 年代末の予算カットの必要性が明らかとなり、 議会によってはサービスの合併を求めた。 ウェストミンスター (Westminster) とハンマースミス&フラム (Hammersmith & Fulham) は 教育サービスを 2011 年までに融合することになった。 これには入学と輸送が含まれていた。 2010 年 10 月に、 ハンマースミス&フラム (Hammersmith & Fulham)、 ケンジントン&チェルシー (Kensington & Chelsea)、そして ウェストミンスター (Westminster) はすべてのサービスを合併して、 "super-council" を作る計画を表明した。 各々は各自の政治的主体性 (political identity)、 統率力 (leadership)、 そして議員 (councillors) を保持するが、 職員 (staff) と予算はコスト削減のためにまとめられることになった。 ランベス (Lambeth) とサザーク (Southwark) は同様にサービスの 分担に興味を表明した。

ヴァンガード・メソッド (Vanguard Method) の管理考察者且つ発明家のジョン・セドン教授 (John Seddon) が主張することは、 スケールの経済学を達成する試みに基礎を置く分担サービス・プロジェクトは、 (a) 明らかなもっともらしさ、 (b) 確実なことがほとんどないこと、 が混じりあったものを一緒にして、 2 つの広い主張を作るが、 この確実な事実の証拠はほとんどない。 彼が議論することは、分担サービスが失敗すること (そして、しばしば、節約することを望んだよりも多くの経費が必要となる) である、 というのは仕事を中央に動かすことによって、サービスの流れを妨げ、 手渡しの時に浪費される、 やり直し (rework) と複製 (duplication)、 サービスの伝達で時間が延長され、 結果として失敗需要 (failure demand) が作られる。 失敗需要 (failure demand) とは、 顧客に何かすること、あるいは何か正しいことをすることに失敗することによる需要のことである。 セドン (Seddon) はいわゆる、2012 年の論文で、いわゆる 3 自治区 (tri-borough) の分担サービス を直接言及している。