ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Metropolitan borough - Wikipedia

バラ (borough) は通常「自治都市」と翻訳されますが、こうすると用語が混乱することになったので 「自治区」と翻訳しています。

最初はイングランドの地方自治のカウンシル (council) を議会と思っていたのですが、カウンシルは行政府であって立法府ではないことに気が付き、 council をカウンシルとカナ表記しました。「州カウンシル」 を 「州政府」 と訳しても支障はないような気がしますが、 メンバーは複数いるので実際は議会のようなものだと思われます。 イングランドの行政地区の最初の部分も参考にしてください。

大都市型自治区 (Metropolitan borough)

大都市型自治区 (Metropolitan borough) は英国における 地方政府の形態の一つで、 大都市型州 (Metroplitan county) の細分である。 大都市型自治区は 1972 年の地方自治法 (Local Goverment Act) により、 1974 年に設定され、大都市型行政地区 (metropolitan district) として定義された。 しかしながら、そのすべてが国王の特許状 (royal charter) により、 承諾あるいは再承諾されて自治区 (borough) の地位 (ある場合には市 (city) の地位) が与えられている。 大都市型自治区は実際のところ、1985 年の地方自治法にによる 大都市型州カウンシル (Metropolitan county council) の廃止により、単一地方政府 (unitary authority) となった。 しかしながら、(大都市型州の複数の) 大都市型自治区は協議会や他の協定により 統治を連携して大都市型州全体にかかわることを処理している。


大都市型行政地区
あるいは大都市型自治区としても知られる
訳注
  1. Borough status in the United Kingdom (英国における自治区の地位) によると「自治区」(borough) の地位は、現在では儀礼的なもので、 「自治区」であっても、追加の権限がカウンシルや地区の住民に与えられる わけではないとのことです。現在では「自治区」(borough) の名称は国王が与えることができる形式的な名称ですが、 この名称を望むのは、こちらの方が格が高く見えるからのようです。 但しBoroughによると、 自治区のカウンシルの議長は「mayor」(市長) を名乗ることができるとのことです。
  2. 以下を読めば分かりますが、単一地方政府 (unitary authority) とは、日本の県と市のように権限が分かれていないものです。 カウンシルが一つしかない。
  1. 歴史
  2. 大都市型行政地区カウンシル
  3. 大都市型自治区の一覧
  4. 訳注:まとめ
歴史

「大都市型自治区」の用語は 1900 年から 1965 年までのロンドン州 (County of London) の行政細区分として 使用された。 しかしながら、広域ロンドン (Greater London) の現在の自治区は、 境界も機能も異なり、面積もより広くなり、大都市型自治区と呼ばずに ロンドン自治区 (London Borough) と呼ばれている。

現在の大都市型自治区は新しい大都市型州の細分として 1974 年に創設され、 広域ロンドン以外のイングランドの 6 つの最も大きな都市地域をカバーした。 新しい行政地区 (district) は旧システム --- 州自治区 (county borough)、都市自治区 (municipal borough)、 都市型行政地区 (urban district)、地方型行政地区 (rural district) --- にとってかわった。 「行政地区」(district) には典型的には 174,000 人から 1,100,000 人の人口がある。

訳注
  1. 州自治区 (County borough) は 1889 年に英国 (スコットランドを除く) で 導入された自治区 (borough) ないしは 市 (city) のことで、 州カウンシル (county council) に統率されないものとのことです。 都市自治区 (Municipal borough) には限定的な自治があり、州カウンシルとの間の分割統治であったようです。 州自治区、都市自治区、都市型行政地区、地方型行政地区も旧システムにおける行政地区と思われます。
  2. Rural district (地方型行政地区) によると、典型的には「地方型行政地区」はドーナッツの形をしており、 中心に「都市型行政地区」があるか「都市自治区」があったそうです。これは不自然な分割ですから、 なくなるのが目に見えています。

大都市型行政地区 (metropolitan district) は元々は地方政府の二本立ての構造の一部で、 大都市型州カウンシル (metropolitan county counsil, MCC) と統治を分かち合っていた。 「大都市型行政地区」が「非大都市型行政地区」と異なっていた点は、行政地区カウンシルと州カウンシルの間の統治の分割方式であった。 「大都市型行政地区」には地方教育局 (Local Education Authority) が所属し、社会福祉や図書館にも責任を担ったが、 「非大都市型州」の場合には、これらの事業は州カウンシルの責任であった。

1986 年に大都市型州カウンシルが 1985 年の地方自治法により廃止され、 大都市型州カウンシルの機能の大半が大都市型自治区にゆだねられ、 名目的な点を除き、大都市型自治区は大体のところ単一地方政府となった。 しかしながら、廃止された大都市型州カウンシルの幾つかの機能は (大都市型自治区相互の) 共同組織に引き継がれ、 これには乗客輸送局や、共同の消防局、警察局、ごみ収集局がある。

大都市型行政地区カウンシル

大都市型行政地区は大都市型行政地区カウンシルにより統治され、 6 つの大都市型州では行政地区カウンシルが主な地方政府であり、 学校、社会福祉、ごみ収集などの地方事業の大半を担っている。

大都市型自治区の一覧

次は 36 の大都市型自治区の一覧である。

大都市型州大都市型行政地区州人口
広域マンチェスター マンチェスター、ボルトン、ベリー、オールダム、
ロッチデール、サルフォード、ストックポート、
テームサイド、トラフォード、ウィガン
102,573,200
マージーサイド リバプール、ノーズリー、セント・ヘレンズ、セフトン、
ウィラル
51,365,000
サウス・ヨークシャー シェフィールド、バーンズリー、ドンカスター、ロザラム 41,290,000
タイン・アンド・ウィア ニューカッスル・アポン・タイン、ゲーツヘッド、
サウス・タインサイド、ノース・タインサイド、
サンダーランド
51,089,400
ウェスト・ミッドランズ (州) バーミンガム、コヴェントリー、ダドリー、サンドウェル、
ソリフル、ウォルソール、ウォルヴァーハンプトン
72,591,300
ウェスト・ヨークシャー リーズ、ブラッドフォード、カルダーデール、
カークリーズ、ウェークフィールド
52,161,200
訳注
Google map: 広域マンチェスター (Greater Manchester)、 マージーサイド (Merseyside)、 サウス・ヨークシャー (South Yorkshire)、 タイン・アンド・ウィア (Tyne and Wear)、 ウエスト・ミッドランズ (州) (West Midlands)、 ウェスト・ヨークシャー (West Yorkshire)
グレーター・
マンチェスター
マージーサイド サウス・
ヨークシャー
タイン・アンド・
ウィア
ウェスト・
ミッドランズ (州)
ウェスト・
ヨークシャー
訳注:まとめ

現在の州レベルの区分

 構成要素 (行政地区)
大都市型州
(metropolitan county)
大都市型自治区 (metropolitan borough)
= 大都市型行政地区 (metropolitan district)
非大都市型州
(non-metropolitan county, shire-county)
非大都市型行政地区 (non-metropolitan district)
広域ロンドン (Greater London) ロンドン自治区 (London borough)

イングランドは州 (county) のみから構成されているのではなく、 州に属していない行政地区 (district) があり、 単一地方政府 (Unitary authority) と呼ばれる。