ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Rural district - Wikipedia
地方型行政地区 (Rural District)

地方型行政地区は地方政府地区 (local government area) の一型式で (今では取って代わられ)、 19 世紀末にイングランド、ウェールズ、そしてアイルランドで設置され、 支配的に田舎地域の行政のためにあったもので、行政カウンティの下層レベルであった。

1931 年の地方型行政地区 (Rural District) の地図、
併記されているのは: 行政カウンティカウンティ自治区都市自治区都市型行政地区
  1. イングランドとウェールズ
  2. アイルランド
イングランドとウェールズ

イングランドとウェールズで、 地方型行政地区は (1894 年の地方政府法 (Local Government Act 1894) により)、 都市型行政地区 (urban district) と共に 1894 年創設された。 これらは、より初期の 衛生地区 (sanitary district) システムの代わりになった。 (衛生地区はこれ自身、貧民法連合 (poor law union) に基づいていたが、取って代わったわけでは なかった。)

地方型行政地区には選挙で選ばれた行政地区議会 (RDC, rural district council) があり、 より初期の衛生地区の機能を継承したが、 問題に関してはより広い権限があり、 このような問題には例えば、 地方計画、 公営住宅、 遊び場 (playgrounds)、 そして墓地があった。 教育と主な道路のような問題はカウンティ議会の責任であった。

1930 年までに、地方型行政地区議員は、 彼らがその一部分を形成した貧民法連合の守護者 (poor law guardian for the union) であった。 各教区からは 1 名以上の議員 (councillors) が選ばれた。

元々、イングランドとウェールズには 787 の地方型行政地区 (rural district) があり、 これらは、これ以前の衛生地区 (sanitary district) と貧民法連合 (poor law union) に直接基づいていた。 続く何十年かの間に次第に都市化され、地方型行政地区 (rural district) が都市型行政地区 (urban district) に定義し直されるか、 既存の都市型行政地区あるいは 自治区 (borough) に合併した。 他の地方型行政地区は小さすぎるか、貧しすぎて生存が可能でないことが判明し、 「1929 年の地方政府法」 (Local Government Act 1929) の下で、 236 の地方行政地区が廃止され、より大きな単位に合併されたり、併合されたりした。 更なる合併がこれに続く何十年かに起き、1965 年までは、行政地区の数は 473 に削減された。

地方型行政地区の典型的な形は町の周りのドーナッツ型の輪であった。 (町は都市型行政地区 (urban district) あるい は都市自治区 (municipal borough)であった。) この良い実例は 「メルトン & ベルヴォア地方型行政地区」 (Melton and Belvoir Rural District) で、これはメルトン・モーブレー (Melton Mowbray) を囲んでいた。 地方型行政地区 (rural district) によっては断片化し、 幾つかの分離した部分から構成され、例えばウィガン地方型行政地区 (Wigan Rural District) があった。 地方型行政地区によっては、もっと丸い形があり、小さな町か村が、 行政の中心となっていた。

数少ない地方型行政地区は唯一の教区から構成されていた。 (例えば、 ティンスル地方型行政地区 (Tintwistle Rural District、/ˈtɪnsʊl/), オールストン・ウィズ・ガリギル地方型行政地区 (Alston with Garrigill Rural District), サウス・ミムズ地方型行政地区 (South Mimms Rural District), キングズ・リン地方型行政地区 (King's Lynn Rural District), ディズリー地方型行政地区 (Disley Rural District) そして クロウランド地方型行政地区 (Crowland Rural District) であった。) このような行政地区では、別の教区議会 (parish council) がなく、 地方行政地区議会がこの機能を行使した。

イングランドのすべての地方行政地区は (「1972 年の地方政府法」 (Local Government Act) により) 1974 年に廃止され、 典型的には近くの 都市型行政地区 (urban district) あるいは自治区 (borough) と合併し、 「行政地区」 ("district") となり、 これは都市型領域 (urban area) と地方型領域 (rural area)の両方を含んでいた。

1894 年に創設された「行政地区」 (district) に関しては、 『1894 年 - 1974 年にイングランドとウェールズで作られた地方型行政地区』 (Rural district formed in England and Wales 1894-1974) を参照 (未翻訳); 1974 年に廃止された地方型行政地区 (rural district) の一覧に関しては、 『イングランドの地方型行政地区と都市型行政地区の一覧』 (List of rural and urban districts in England) と 『ウェールズの地方型行政地区と都市型行政地区の一覧』 (List of rural and urban district in Wales) を参照 (未翻訳)。

アイルランド

地方型行政地区 (rural district) がアイルランドで 登場したのは 1899 年で、 「1898 年の地方政府法 (アイルランド)」 (Local Government (Ireland) Act 1898) が法律になった後のことである。 これらは選挙区 (district electoral division) に再分割された。

1921 年 / 1922 年 のアイルランドの分割 (partition of Ireland in 1921/1922) に引き続き、 アイルランド自由国 (Irish Free State) の地方型行政地区 (rural district) は 1925 年までに限り、カウンティ・ダブリン (County Dublin) の外で、 存在し続け、 この時広範囲の腐敗の非難 (accusation) の中で、 「1925 年の地方政府法」 (Local Government Act 1925) により 廃止された。 これらの機能はカウンティ議会 (county council) に移管された。 カウンティ・ダブリン (County Dublin) の残りの地方型行政地区 (rural district) は 「1930 年の地方政府法 (ダブリン)」 (Local Government (Dublin) Act 1930」 により 同様に 1930 年に廃止された。 アイルランド共和国における地方型行政地区 (rural district) の以前の 境界は統計と選挙区定義の目的に使用され続けた。

北アイルランドで、 地方型行政地区は 1973 年まで存在し続け、この時 (古い型式の他の全ての地方政府と共に) 廃止され、 ユニタリー行政地区 (unitary district) のシステムで交換された。