ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Sanitary district - Wikipedia
衛生地区 (Sanitary district)

衛生地区はイングランドとウェールズでは 1872 年に、 アイルランドでは 1878 年に設置された。 この地区は 2 型式あり、既存の構造に基づいていた。

訳注
1848年-1894年にイングランドとウェールズで作られた地方委員会 1870 年 - 1879 年 によると、 「1875 年の公衆衛生法」により、 地方委員会地区 (local board district) と地方政府地区 (local government district) の全ては都市型衛生地区 (urban sanitary district) になり、 地方型衛生地区 (rural sanitary district) が新たに作られた。これはイングランドとウェールズのことと思われる。

各地区は衛生機関 (sanitary authority) により統治され、 色々な公衆の衛生問題 (health matter) に責任を負い、 これには清潔な飲料水 (clean drinking water)、 下水 (sewers)、 街路の清掃、 そして貧民街の住居 (slum housing) の撤去 (clearing) であった。

イングランドとウェールズでは、都市型と地方型の衛生地区は 1894 年に 「1894 年の地方政府法」 (Local Government Act 1894) により、 もっと一般的な 地方型行政地区 (rural district) と 都市型行政地区 (urban district) で交代された。 類似の改革はアイルランドでは 「1898 年の地方政府法 (アイルランド)」 (Local Government (Ireland) Act 1898) により 1899 年に実施された。

  1. イングランドとウェールズ
  2. アイルランド
  3. スコットランド
イングランドとウェールズ

衛生地区 (sanitary district) は 1872 年の公衆衛生法 (Public Health Act 1872) の条項の下で形成された。 新しい部門 (division) を創設する代わりに、既存の組織 (authority) が追加の責任を与えられた。 衛生地区 (sanitary district) は 1872 年 8 月 10 日に作られ、 この時に法律は王室の同意を得て、既存の組織 (authorities) がこの日以後、最初の会合から 新しい権力を行使できた。 1872 年に衛生地区に当初に与えられた権力と責任は比較的限られていた。 彼らは医療責任者 (medical officer) を任命する必要があったが、他の権力は強制的でなく、 一般に寛大であった。 3 年後 1875 年の公衆衛生法 (Public Health Act 1875) は衛生機関 (sanitary authority) の権力と期待 (expectations) の範囲 (scope) を随分と広げた。

都市型衛生地区 (urban sanitary district) が形成されたのは: 「1835 年の都市法人法」 (Municipal Corporation Act 1835) の 下に統治される都市自治区 (municipal borough)、 議会の個別法律 (private act of parliament) により形成された 改良委員地区 (improvement commissioners district)、 そして「1848 年の公衆衛生法」 (Public Health Act 1848) あるいは 「1858 年の地方政府法」 (Local Government Act 1858) の下で作られた あらゆる地方政府地区 (local government district) においてであった。

既存の町の統治組織 (都市法人 (municipal corporation), 改良委員 (improvement commissioners), あるいは 地方衛生委員会 (local board of health)) は 「都市型衛生機関」 (urban sanitary authority) として指定された。

衛生地区 (sanitary district) が作られた時に、 およそ 225 の自治区 (borough)、 575 の地方政府地区 (local government district)、 50 の改良委員地区 (improvement commissioners district) が 都市型衛生地区 (urban sanitary discript) として指定された。 次の 19 年間以上に、この数値が変化した: もっと多くの都市型衛生地区 (urban sanitary district) が作られた、 これは町が法律を作る地方委員会を採用したからであり、 追加の自治区 (borough) が法人化されたからである。 同じ時期に、数多くの都市型衛生地区が拡張する自治区 (borough) に吸収された。

地方型衛生地区 (rural sanitary district) が町政府がない全ての地区で形成された。 これらは既存の貧民法連合 (poor law union) の境界をたどり、 都市型衛生地区 (urban sanitary district) の地帯ではなかった。 連合 (union) 地域のその後の変化も衛生地区を変えた。 1894 年に廃止された時に、572 の地方型衛生地区があった。

地方型衛生機関 (rural sanitary authority) は関連する地方教区 (rural parish) の既存の貧民法連合守護者 (poor law guardian) から構成された。

「1894 年の地方政府法」 (Local Government Act 1894) はイングランドとウェールズ の衛生地区に終焉をもたらした。 自治区 (borough) では、法人はすでに衛生機関 (sanitary authority) であった。 これ以外のすべての都市型衛生地区は都市型行政地区 (urban district) に改名され、 都市型行政地区議会により統治された。 地方型衛生地区 (rural sanitary district) は地方型行政地区 (rural district) で交代され、 始めて直接選挙で選ばれた議会があった。 可能な限り地方型行政地区 (rural district) が単一の 行政カウンティ内部にあることが要求され、これにより、 多くの行政地区 (district) がカウンティの境界に沿って小さな領域に分割された。 2,3 の異なるカウンティに属する教区がある幾つかの地方型行政地区が 1930 年代まで存続した。

「1972 年の地方政府法」 により、 行政地区議会 (district councils)、 ロンドン自治区議会 (London borough councils)、 ロンドン市法人 (city of London Corporation)、 そして インナー・テンプル (Inner Temple) と ミドル・テンプル (Middle Temple) が衛生機関 (sanitary authorities) になった。

アイルランド

衛生地区 (sanitary districts) のシステムは 「1878 年の公衆衛生法 (アイルランド)」 (Public Health (Ireland) Act 1878」 によりアイルランドに設立し、 イングランドとウェールズのものをモデルにした。

都市型衛生地区 (urban sanitary district) は次のカテゴリーの町で設立した:

既存の法人 (corporation) あるいは委員 (commissioners) が 都市型衛生機構 (urban sanitary authority) になった。 同じ法律で創設されたアイルランド地方政府委員会 (Local Government Board for Ireland) は委員がいる他の町 (other towns with commissioners) を都市型衛生地区として指定できた。

地方型衛生地区 (rural sanitary district) はイングランドとウェールズのものと同様に形成され、 守護者委員会 (boards of guardinans) がいる貧民法連合 (poor law union) から地方型衛生機関 (rural sanitary authorities) が形成された。 都市型と地方型の衛生地区は 「1898 年の地方政府法 (アイルランド)」 (Local Government (Ireland) Act 1898) の下で、 都市型と地方型の行政地区で取って代わられた。 地方型衛生地区と違い、地方型行政地区はカウンティの 境界を超えることができなかった。 例えばバリーシャノン地方型衛生地区 (Ballyshannon rural sanitary district) は分割されて、 バリーシャノン No. 1 (Ballyshannon No. 1), バリーシャノン No. 2 (Ballyshannon No. 2), そして バリーシャノン No. 3 (Ballyshannon No. 3) の地方型行政地区となり、 それぞれ ドニゴール・カウンティ (Donegal)、 ファーマナ・カウンティ (Fermanagh)、 リートリム・カウンティ (Leitrim) に属した。 1925 年の地方政府法 (Local Government Act 1925) により アイルランド自由国 (Irish Free State) で、地方型行政地区 (rural district) が 廃止され、 各カウンティの非都市型部分 (non-urban portion) に 唯一の地方型衛生地区 (rural sanitary district) が作られ、 「カウンティ衛生地区」 ("county health district") と呼ばれた。 「1934 年の地方政府 (修正) (No 2) 法」 (Local Government (Amendment) (No. 2) Act, 1934) により、 地区 (district) はカウンティ議会の要請により分裂できた; これが起きたのは最大のカウンティである コーク・カウンティ (County Cork) のみで、 ここは 3 つの衛生地区 (health district) に分裂した。

スコットランド

衛生地区 (sanitation district) はスコットランドでは形成されなかった。 「1867 年の公衆衛生法 (スコットランド)」 (Public Health (Scotland) Act 1867) により、 公衆衛生の責任が与えられたのは、 町議会 (town councils)、 委員 (commissioners)、 あるいは burgh の受託者 (trustees of burgh) そして 教区委員会であった。 1890 年に、教区委員会 (parochial boards) の公衆衛生の義務は、 新しく作られたカウンティ議会に割り当てられ、 行政地区委員会 (district committees) により統治された。