ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Poor law union - Wikipedia
貧民法連合 (Poor law union)

貧民法連合は英国とアイルランドにおける地理的領域で、 初期の地方政府単位である。

貧民法連合 (poor law union) は貧民救済の管理のために、 1834 年から 1930 年にかけて、イングランドとウェールズに存在した。 「1834 年の貧民法修正法」 (Poor Law Amendment Act 1834) の以前には、 イングランド貧民法 (poor law) の管理は個々の教区の教区委員会の 責任であり、教区は、大きさ, 人口, 資金資源, 課税価値 (rateable values) そして 必要条件がひどく変化した。 1834 年から、教区は連合 (union) にグループ化され、 自分達の地区の貧民救済の管理のために、共同で責任をとり、 各々が守護者委員会 (board of guardians) で管理された。 十分に大きな教区で、連合 (union) から独立して運営するものは、 貧民法教区 (poor law parish) と呼ばれた。 貧民法連合 (poor law unions) と貧民法教区 (poor law parish) はまとめて 貧民法地区 (poor law district) と呼ばれた。 教区の連合へのグループ化により、より大きな集中化した救貧院 (workhouse) が 建設されて、各教区のより小さな施設の代わりになった。 貧民法連合は後で、 1837 年からは住民登録交付、 1875 年からは都市型地区外部 (outside urban area) の 公衆衛生 (sanitation) の基礎として使用された。 貧民法連合は 1929 年の地方政府法 (Local Government Act 1929) により廃止され、 この法律により公的支援の責任は カウンティ議会 (county council) と カウンティ自治区議会 (county borough council) に 移された。

  1. イングランドとウェールズ
  2. アイルランド
  3. スコットランド
イングランドとウェールズ

イングランドの貧民法は貧民救済のシステムを設置し、 これはイングランドとウェールズで、 エリザベス 1 世の治世から、 第二次世界大戦後の現代的福祉国家の登場まで存在した。 歴史家の マーク・ブローグ (Mark Blaug) が議論することは、 貧民法システムが与えたのは 「小規模の福祉 (welfare state in miniature) で、 高齢者, 未亡人, 子供, 病人, 身障者, 失業者, そして潜在失業者 (underemployed) の救済」 であった。

貧民法連合 (poor law union) の機能は守護者委員会 (boards of guardians) により行使され、 守護者委員会は部分的には納税者 (ratepayers) により選挙で選ばれたが、 治安判事 (magistrate) も含んでいた。

教区によっては、ロンドンの大都市地域の多くが 連合 (union) への合併を避けることができた。 というのは、貧民法の管理を規制する、より初期の地方法の理由からであった。 1867 年の大都市貧民法 (Metropolitan Poor Act 1867) は 貧民法委員会 (Poor Law Board) が これらの教区を連合 (union) に含めることを可能にした。

1894 年までに、守護者たちを構成したのは、 治安判事 (justice of the peace) と、これ以外に 納税者 (rate-payers) によって選挙で選ばれた人がおり、 選挙は高額納税者がより多くの投票権を持っていた。 1894 年に治安判事が排除され、複数投票が停止したが、 実際に救済 (poor relief) を受け取るものは誰も選挙を許可されなかった。

これらの地域は他の機能地区と結びついており、このようなものに 例えば 1837 年から法律となった、 全ての誕生, 婚姻, そして死亡の住民登録 (civil registrattion), 及び 1875 年に設立した地方型衛生地区 (rural sanitary district) のようなものがあった。

1894 年に 地方型行政地区 (rural district) と 都市型行政地区 (urban district) が 衛生地区 (sanitary district) (と、従って間接的に連合 (union)) を 基礎にして設置された。 1930 年に 「1929 年の地方政府法」 (Local Government Act 1929) の下で、 貧民法連合 (poor law union) は終に廃止され、 そしてその責任はカウンティ議会 (county council) と カウンティ自治区 (county borough) に移行した。

アイルランド

「1838 年のアイルランド貧民法」 (Poor Law Act 1838) の下で、 3 人の貧民法委員 (Poor Law Commissioners) はアイルランドを貧民法連合 (poor law union) に分割し、 貧困者は、地元の貧民法 (poor law) の評価により引き出された救貧税 (poor rate) が まかなう救済 (poor relief) を受け取った。 「連合」 (union) はイングランドのモデルを踏襲したが、境界は行政教区と無関係であった。 連合は中心となる町から名前を付け、通常ここに救貧院があった。 連合 (union) は townland のグループの代わりに貧民法選挙区 (poor law electoral division) のグループとして定義された。 選挙区 (electoral division) から守護者委員会 (board of guardians) にメンバーが 選ばれ、この選挙にはより高額納税者はより多くの投票権があった。 ジャガイモ飢饉 (Great Famine) の最中と後に、貧窮化した西部は、 管理を易しくするためと、困窮者の最も固有な場所を計算するために、連合を多く作る目的で描画しなおされた。 アイルランドの 総登録オフィス (General Register Office) が 1864 年に設立された時に、 各連合は監督登録地区 (superintendent registrar's district) になり、 従って、選挙区 (electoral division) と共に、慈善薬局地区 (dispensary) あるいは登録地区 (registrar's district) になった。 「1898 年の地方政府法 (アイルランド)」 (Local Government (Ireland) Act (1898)) は行政カウンティ (administrative county) を 都市型及び地方型行政地区 (urban and rural districts) に分割し、 各地方型行政地区 (rural district) がカウンティ内の貧民法連合の非都市型部分に対応した。 アイルランド自由国 (Irish Free State) の貧民法連合と地方型行政地区は 1925 年に廃止され、 守護者委員会の権力はカウンティ議会の衛生委員会 (Board of Health) に移管された。 北アイルランドでは、貧民法連合は 1948 年の北アイルランド衛生・公的介護サービス (Northern Ireland Health and Social Care Service) まで 生き延びた。

訳注
上の部分は、訳語がわかりにくいが、アイルランドで、 貧民法連合 (Poor Law Union) が、誕生、婚姻、死亡を記録して、superintendent registrar's district (監督登録地区) と呼ばれたのです。 (直訳の訳語がわかりにくいかもしれない。) dispensary は薬局の意味ですが、この場合は (無料もしくは安い) 慈善薬局 の意味で、貧民法連合と結びついていたと思われる。
スコットランド

スコットランドの貧民法 (Poor Law) は 「1845 年の貧民法 (スコットランド)」 (Poor Law (Scotland) Act 1845) により改革された。 救貧院 (Poorhouse) (スコットランドでの救貧院 (workhouse) の名称) は教区レベルで組織された。 この法律により、教区が互いに連合して、救貧院 (poorhouse) を建設・運営することを 可能にしたが、要求はしなかった。 唯一の救貧院 (poorhouse) を運営する連合教区 (union of parishes) は Combination と呼ばれた。