ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

County council - Wikipedia

日本でいえば県議会に相当し、県議会と市議会 (あるいは町議会) の地方自治の二層構造は英国に始まるのではないかと思われます。

英国の「カウンティ」を「州」と翻訳すれば、 カウンティ議会は「州政府」と翻訳することもできますが、 米国の 「カウンティ」 は 「郡」と翻訳されるので、少々ややこしくなる。 (米国では「州 = 国」 で、地方自治は州よりも下位の構造です。)

カウンティ議会 (County council)

カウンティ議会 (county council) はカウンティと呼ばれる地域を統治する 選挙で選ばれた行政組織である。 この用語は色々な国で、わずかに違う意味を持っている

議員 (member) はカウンティ議会選挙で選出される。

  1. アイルランド
  2. 台湾
  3. 英国
  4. 米国
  5. 他の国
アイルランド

1899 年の英国統治下で作られたカントリー議会は アイルランドで存在し続けている。 もっともこれらは今では アイルランド議会 (ウラクタス・エアラン, Oireachtas Éireann) が通した法律 -- 基本的には 「2014 年の地方政府改革法」 (Local Government Reform Act 2014) -- の下で統治されている。

歴史

1899 年 - 1922 年

「1899 年の地方政府法」 (アイルランド) (Local Government (Ireland) Act) が アイルランドに カウンティ議会 (county councils) を導入した。 カウンティ大陪審 (county grand juries) とカウンティが 大きな提示議会 (presentment sessions) で実施した 行政と資金の業務 (business) は新しい議会 (council) に移された。 これらの義務の主なものは ハイウェイと橋 (highways and bridges) の保守、 精神病院 (lunatic asylum) の維持・検査、 そして検死官 (coroners) の任命であった。 新しい組織は、 牛の病気 (diseases of cattle) との関連で、 貧民法保護委員会 (poor law boards of guardian) から少々任務を引き受け、 そして治安判事 (justice of the peace) から火薬規制の少々の任務を 引き受けた。

アイルランドのカウンティ議員 (county councils) は 英国のものと構成 (constitusion) で違っていた。 議員の大半は直接選挙で選ばれた: 各カウンティはアイルランドの 「地方政府委員会」 (Local Government Board) により 選挙区に分割され、 各選挙区は唯一名の議員 (councillor) を任期 3 年で選んだ。 付け加えると、都市型行政地区 (urban district) は選挙区 (electoral division) を構成することになり、 人口に依存して、複数のカウンティ議員を選抜した。 カウンティ議員 (county councils) は追加の議員 (additional members) からも構成されていた:

最初のカウンティ議会 (county council) の選挙は 1899 年 4 月 6 日に開催され、 就任の会合の最初の仕事は追加メンバーの任命であった。 3 年毎の選挙は 1914 年に第一次世界大戦の勃発により延期された。

「1919 年の地方政府法」 (アイルランド) (Local Government (Ireland) Act) は カウンティ議会に比例代表 (propotional representation) を導入した: すべての議員は、複数メンバーの選挙区から、唯一の譲渡可能な投票により選抜されることになった。 この新しいシステムで、たった一度の選挙があり、 (都市型地区 (urban area) で) 1920 年の 1 月、及び (地方型地区 (rural area) で) 1920 年 6 月 2 日にあり、 これは アイルランドの独立戦争の最中であった。

1922 年から現在まで

アイルランド自由国 (Irish Free State) は 「1898年と 1919 年の英国 (United Kingdom) の法律」 により創設された地方自治体 (local authority) を継承し、選挙が 1925 年 6 月 23 日に実施された。 最初の自国の法律の制定は 「1925 年の地方政府法」 (Local Government Act 1925) であった。 この法律は (カウンティ・ダブリン (County Dublin) を除き) 地方型行政地区議会 (rural district councils) を廃止し、 その権力をカウンティ議会 (county council) に移行した。 次の選挙で、すべてのカウンティ議会 (county council) は増大することになった: 余分の議員 (councillors) の数は廃止された地方型行政地区 (rural district) の数の 2 倍に なることになった。 この法律はカウンティ議会 (county council) の権力と義務を提示し、 地方自治大臣 (Minister for Local Government) が 『地方議会 (local council) の義務が正当・有効に果たされていない』 と考えれば、 議会 (council) を解散する権力が与えられた。 彼は新しい選挙開催、あるいは議会 (council) の権力と属性を 『彼が適切と思う組織、人々、あるいは人に』 譲渡することを命令できた。 この権力はすべての政党の大臣 (minister) により広く使用された。 例えば、ケリー・カウンティ議会 (Kerry County Council) は 1930 年から 1932 年と、1945 年から 1948 年に解散され、 委員達 (commissioners) が任命されて、議会 (council) の機能を実施した。

カウンティ議会 (County council) の数は 1994 年に 27 から 29 に増え、 この時 「1993 年の地方政府法 (ダブリン)」 (Local Government (Dublin) Act 1993) により 「カウンティ・ダブリン」 (County Dublin) は 3 つのカウンティ (county) に分割され: ダン・レアリー=ラスダウン (Dún Laoghaire–Rathdown), フィンガル (Fingal) そして サウス・ダブリン (South Dublin) になった。

2014 年以来、28 のカウンティ議会 (county council) が活動中で、 これは「2014 年の地方政府改革法」 (Local Government Reform Act 2014) の条項の下で、 ノース・ティペラリー (North Tipperary) とサウス・ティペラリー (South Tipperary County) のカウンティ (county) が 1 つの ティペラリー・カウンティ議会 (Tipperary County Council) に合併した後のことであった。

台湾

台湾では、カウンティ議会 (county council) は各カウンティ (county) の立法府 (legislative body) である。 カウンシル (council) のメンバーは 4 年毎に地方選挙で選出される。

1950 年から 1999 年

都市とカウンティが地方自治体を実装する概要」 (Outline for Implementing Local Autonomy for Cities and Counties) が 1950 年 4 月に公布された。 カウンティ議会 (county council) は 1951 年に設置された。

1999 年から現在まで

1999 年に 「地方政府法」 (Local Government Act) が制定された。 この法律に規定されたように、 カウンティ議会 (county council) の義務には、カウンティ予算を承認し、地方税を課し、 地方条例を制定することが含まれた。

英国

カウンティ議会 (county council) は 19 世紀末に作られた。 英国の色々な構成国で、議会 (council) は異なる権力を持って、異なる地位がある。 1970 年代の地方政府の改革に引き続き、 カウンティ議会 (county council) はスコットランドや北アイルランドには最早存在していない。 イングランドではこれらは統治の二層システム (two-tier system) の上層を形成し、 ウェールズではこれらはユニタリー自治体 (unitary authority) である。

イングランド

イングランドではカウンティ議会 (county councils) は 1889 年に導入され、 1974 年に改革された。 1990 年代中ごろ以来、地方政府の一連の再構成により、 カウンティ議会 (county council) の数が減り、ユニタリー自治体 (unitary authority) が幾つかの地域で設立された。 カウンティ議会 (county council) は色々な種類の機能があるとても大きな雇用組織で、 その機能には教育 (学校とユース・サービス (youth service))、 社会サービス (social services)、ハイウェイ、消防と救助 (rescue service)、 図書館、ごみ集め (waste disposal)、消費者サービス (consumer service) そして町と地方 (country) の計画がある。 1990 年代までは、 彼らは継続教育である大学と就職あっせんサービス (careers services) を 運営していた。 この十年間に、幾つかの伝統的なサービスの民営化があり、 これには例えば道路保守 (highway maintenance)、清掃 (cleaning) そして学校の食事 (school meals) があった。

歴史

カウンティ議会 (county council) は 「1888 年の地方政府法」 (Local Government Act 1888) により創設され、 大まかには、選挙で選ばれていないカウンティの 四季裁判所 (courts of quarter session) の 行政機能を引きついた。 カウンティ議会 (county council) を構成するのは: 選挙民により直接選ばれる議員 (councillors); そして議会 (council) 自身によって選ばれるカウンティ・アルダマン (county alderman, 参事会員) であった。 3 名の議員毎に 1 名のカウンティ・アルダマン (county alderman, 参事会員) がいた (ロンドン・カウンティ議会 (London County Council) では 6 名毎に 1 名であった)。 議会 (council) の最初の選挙は 1889 年 1 月の色々な日程で開催され、 これらは 「暫定的な」 あるいはシャドー議会 (shadow council) の役割を 4 月 1 日まで果たし、 この日に権力を持つことになった。 その後、すべての議員 (councillors) とアルダマン (alderman, 参事会員) の半分の選挙が 3 年毎に開催された。 議会 (council) が権力を持つ地域は 行政カウンティ (administrative county) として指定された。 カウンティ議会 (county council) の令状 (writ) はどこにも及んでいたわけではない; 大きな町と少々の歴史的カウンティは 統合されて同じ法律によりカウンティ自治区 (county boroughs) を構成した。 カウンティ自治区の議会は、同じ場所に存在しているカウンティ議会とは独立で、 カウンティ議会と行政地区議会の両方の機能を行使した。 新しいシステムは重要な現代化で、 これは英国ビクトリア時代末に地方政府が実施した増大する機能の範囲を反映した。 教育が 1902 年にカウンティ議会の責任に追加された時に、 権力の重大な増加が起きた。 カウンティ議会は地域のもっと戦略的なサービスに責任があり、 (1894 年から) より小さな都市型行政地区議会 (urban district council) と 地方型行政地区議会 (rural district council) はそれ以外の 活動に責任があった。 「1929 年の地方政府法」 (Local Government Act 1929) はカウンティ議会の権力を随分と増やし、 後者は地方型行政地区のハイウェイの責任を負った。

1965 年にカウンティ議会 (county council) の数が減った。 「1963 年のロンドン政府法」 (London Government Act 1963) により、 ロンドン・カウンティ議会 (London County Council) とミドルセックス・カウンティ議会 (Middlesex County Council) が廃止され、 広域ロンドン議会 (Greater London Council) が創設された。 広域ロンドン (Greater London) は領域 (area) であると宣言され、どのカウンティにも属さないとされた。 更にイングランドの地方政府委員会 (Local Government Commission for England) の勧告により、 行政カウンティ (administrative county) の 2 つの組が合併して、 「 ケンブリッジシャーとイーリー島」 (Cambridgeshire and Isle of Ely)、 ハンティンドンとピーターバラ (Huntingdon and Peterborough) となった。 「1972 年の地方政府法」 (Local Government Act 1972) は イングランドとウェールズの地方自治体 (local authority) の組織を完全にやり直した。 カウンティ自治区 (County borough) は廃止され、 (広域ロンドン (Greater London) を除いて) イングランド全体はカウンティ議会 (county council) と行政地区議会 (district counci)l の二層配置 (two-tier arrangement) になった。 6 つの最大の広域都市圏で、 増大した権力を持つ大都市カウンティ議会 (metropolitan county council) が創設された。 カウンティ・アルダマン (county alderman, 参事会員) のポストは廃止され、議会 (council) 全体はこれ以後、 4 年毎に直接選挙された。 1986 年に 6 つの大都市カウンティ議会 (metropolitan county council) が廃止され、 その機能は (複数の) 大都市自治区 (metropolitan boroughs) と 共同委員会 (joint board) に移された。 「1992 年の地方政府法」 (Local Government Act 1992) は新しい 「地方政治委員会」 (Local Government Commission) を設立し、 この権限は地方行政 (local administration) の構造の見直しを実施し、 適切な場所でユニタリー自治体 (unitary authority) の導入を実施することであった。 従って、カウンティ議会 (county council) の数は減少した: エイボン (Avon), バークシャー (Berkshire), クリーブランド (Cleveland), ヘレフォード & ウスター (Hereford & Worcester) そして ハンバーサイド (Humberside) が廃止され、 一方、ウスターシャー・カウンティ議会 (Worcestershire County Council) が再び設置された。 改革は、カウンティ (county) と行政地区議会 (district council) の間の違いを少々不鮮明にした。 「ワイト島カウンティ議会」 (Isle of Wight county council) はユニタリー自治体 (unitary authority) となり、 名称が 「ワイト島議会」 ("Isle of Wight Council") になった。 逆に 2 つのユニタリー行政地区議会 (unitary district council) はカウンティ (county) の用語を彼らの肩書につけて、 「ラトランド・カウンティ議会行政地区議会」 ("Rutland County Council District Council") と 「ヘレフォードシャー・カウンティ行政地区議会」 ("County of Herefordshire District Council") になった。

21 世紀の改革

「2007 年の健康法における地方政府と公的関与」 (Local Government and Public Involvement in Health Act 2007) の下で、 地方政府の改革の更なる波が 2009 年 4 月に起きた。 2007 年の中央政府の招待に従って、 幾つかのカウンティ議会 (county council) と関連する行政地区 (district) が調査した方法は、 地方政府の対策が合理化できないかということで、 主に既存のカウンティ (county) と行政地区 (district) の議会 (council) を廃止して、 これらの既存のカウンティ (county) の全て、あるいは部分で、 一層の自治体 (one-tier authority) を設置する形でできないかということであった。 1 つの結果として、 これらの (主に) もっと地方的なカウンティ (rural county) の幾つかの地位が変化した。 コーンウォール (Cornwall), ダラム (Durham), ノーサンバーランド (Northumberland), シュロップシャー (Shropshire) そして ウィルトシャー (Wiltshire) はユニタリー自治体 (unitary authority) となって、全てのサービスを提供した。 これらの議会の幾つかは、肩書からカウンティの用語を消した。 ベッドフォードシャー・カウンティ議会 (Bedfordshire county council) とチェシャー・カウンティ議会 (Cheshire county council) が廃止され、 廃止された議会 (council) の境界の中で 1 つ以上のユニタリー議会 (unitary council) が 設立された。 他のカウンティ議会は変化することがなく、 とりわけイングランドのひどく人口が多い部分では変化することがなく、 とりわけ南東部では変化することがなかった。 更なる小規模な地方政府の改革が 2019 年 - 2020 年に置き、 これにより、 ドーセット (Dorset と バッキンガムシャー (Buckinghamshire) もユニタリー自治体となり、すべてのサービスを 提供することになった。

北アイルランド

カウンティ議会は北アイルランドに 1922 年から 1973 年まで存在した。

分裂 (partition) 後、 6 つの 行政カウンティ (administrative county) は北アイルランドの一部分として英国内に残った。 地方政府は北アイルランド政府の支配下に入り、 北アイルランド政府はすばやく 「1922 年の地方政府法 (アイルランド)」 (Local Government Act (Northern Ireland) 1922 を導入して、 比例代表制を廃止しした。 選挙区は描きなおされ、選挙民の property qualification が導入され、 ナショナリスト (Nationalist) が多数を占めるカウンティ (county) でユニオニスト (Unionist) が支配することを確実にした。 1968 年にファーマナ・カウンティ議会 (Fermanagh County Council) はユニタリー自治体 (unitary authority) として再構成された。 カウンティ議会 (County Council) は 「1972 年の地方政府法 (北アイルランド)」 (Local Government Act (Northern Ireland) 1972) の下で 1973 年に廃止された。 この日以来、地方自治体 (local authority) は行政地区議会 (distric council) のみであった。

スコットランド

スコットランドでは、カウンティ議会は 1890 年から 1915 年まで存在した。 カウンティ議会は 「1889 年の地方政府法 (スコットランド)」 (Local Government (Scotland) Act 1889) により創設され、 40 年後に 「1929 年の地方政府法 (スコットランド)」 (Local Government (Scotland) Act 1929) により再構成された。 カウンティ議会 (county council) は 1975 年に廃止され、この時、大きな地域議会 (regional council) のシステムが 導入された。 地域 (Region) はこれ自身 1996 年に廃止され、現在のユニタリー議会地区 (unitary council area) で 交代された。

歴史

スコットランドではカウンティ行政 (county administration) の支配は供給委員 (Commissioners of Supply) の手にあった。 これは地税を支払う責任を持つ主要地主 (principal landowner) の組織で、選挙で選ばれていなかった。 スコットランドのカウンティ議会 (county council) の最初の選挙は 1890 年 2 月に実施された。 しかしながらカウンティの土地関連部分の議員のみが選挙で選ばれた。 議会の残りはカウンティ内の自治区議会 (town councills of the burgh) により (間接的に) 選ばれた (co-opt)。 スコットランドのカウンティ議会 (county councils) はイングランドとウェールズのものとは違っており、 彼らは自分たちのカウンティ (county) を行政地区 (district) に分割することが要求された。 この地域で選抜されたカウンティ議員の行政地区委員会は行政目的のための 独立な地方議会 (local council) であった。

1930 年に、スコットランドのカウンティ議会は完全に再構成された。 彼らの権力は小さな自治区 (burgh) で増大した。 一方で、大きな自治区 (burghs) は大半の目的のためにカウンティから独立することになった。 1890 年に創設された行政地区委員会 (district committee) は廃止されて、 行政地区議会 (district councils) が交代した。 これを構成したのは部分的にカウンティ議員 (county councillors) と 部分的に直接選挙で選ばれた行政地区議員 (district councillors) であった。 2 つの合同カウンティ議会 (county council) がパースシャー (Perthshire) とキンロスシャー (Kinross-shire)、 そして マり (Moray, /ˈmʌri/) とネアンシャー (Nairnshire) で作られた。 カウンティ議会は廃止された教育局 (education authorities) の責務も果たした。。

ウェールズ

1996 年以来、ウェールズはユニタリー自治体であるプリンシパル・エリア (unitary principal area) に分割された。 議会 (council) はこれらを作った法律により カウンティ議会 ("county councils") あるいはカウンティ自治区議会 ("county borough councils") のいずれかとして指定された。 カウンティ議会 (county councils) とカウンティ自治区議会 (county borough councils) は同じ権力を持っていた。

歴史

1996 年以前に、ウェールズの地方政府はイングランドのものと類似していた。 従って、1889 年に導入されたカウンティ議会はイングランドの対応物と同一であった。 「1958 年の地方政府法」 (Local Government Act 1958) の下で任命された 「ウェールズの地方政府委員会」 (The Local Government Commission for Wales) は ウェールズと モンマスシャー (Monmouthshire) のカウンティ議会の数を 13 から 17 に減らすことを勧告したが、 改革は 1974 年まで実施されなかった。

1974 年 4 月 1 日からカウンティとカウンティ議会の数は 8 に減少した。 同時にイングランドで導入されたカウンティ議会のように、全議会は 4 年毎に選挙された。 しかしながら、カウンティ議会 (county council) と行政地区議会 (district council) の間の権力の分割は少し違っていた。 カウンティ議会と行政地区議会は 22 年後に廃止され、この時、 現在のプリンシパル・エリア (principal area) のシステムが導入された。

米国

米国では大半の個別の州では、カウンティ (county, 郡) は地方政府の形式である; 10 の州ではカウンティ議会 (county council) がカウンティ (county) を統率している。 これらの州は サウス・カロライナ州 (すべてのカウンティ)、 インディアナ州 (1 つ以外のすべてのカウンティ)、 ルイジアナ州 (19 教区), メリーランド州 (11 カウンティ)、 ユタ州 (7 カウンティ)、 ワシントン州 (5 カウンティ)、 ペンシルバニア州 (4 カウンティ)、 デラウェア州 (3 カウンティのうち 2 つ)、 オハイオ州 (2 カウンティ), そしてフロリダ州 (1 カウンティ). 他の州ではカウンティを統率するのは: カウンティ委員会 (county commission), 監督者のカウンティ委員会 (county board of supervisors), ニュージャージー州の 「選択された自由保有権者の委員会」 (board of chosen freeholders)、 テキサス州、ミズーリ州、アーカンソー州、そしてケンタッキー州の コミッショナー・コート (Commissioner's Court)(クォーラム・コート (Quorum Court) あるいは フィスカル・コート (Fiscal Court)) 、 あるいはルイジアナ州の警察陪審 (Police Jury) である。

ニュー・イングランドのカウンティ政府は最も弱い。 カウンティ政府はコネティカット州と、マサチューセッツ州の多くで、 廃止された。 バーモント州では、 カウンティは州により認可された予算を再配分する方法である。 実際はカウンティ政府は存在しない。

他の国」

カウンティ議会 (county council) の用語は時々、他の国で地域都市組織 (regional municipal bodies) として、英語で使用される。

スウェーデンンとノルウェイーのカウンティ議会はどちらも住民により直接 選挙で選ばれる。 責任においてはこれらの間に少々の違いがある。