ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

County borough - Wikipedia

但し、文中に出てくる大きなカウンティ自治区の表に関しては、面倒なので原文のままです。

カウンティ自治区 (County borough)

カウンティ自治区は英国のグレート・ブリテンとアイルランドで 1889 年に導入された用語で、 カウンティ議会 (county council) の支配から独立な自治区 (borough) あるいは市 (city) を言及し、 1990 年代以来に創設されたユニタリー自治体に類似している。 スコットランドで使用された同等な用語は「市カウンティ」 (county of city) であった。 これらはイングランドとウェールズの 「1972 年の地方自治法」 (Local Government Act 1972) により廃止されたが、 北アイルランドの レフテナント制 (lieutenancy) と シェリフ制 (Shrievalty) に使用され続けた。 アイルランド共和国 (Republic of Ireland) では、存在し続けたが、 「2001 年の地方政府法」 (Local Government Act 2001) の条項の下で 「市」(city) に改名された。 「1994 年の地方政府法 (ウェールズ)」 (Local Government (Wales) Act 1994) は ウェールズで 「プリンシパル地区」 (principal area) とか呼ばれる用語が再導入された。 スコットランドにはカウンティ自治区はなかったが、その代わりに 「市カウンティ」 (counties of cities) があった。 これらは 1975 年 5 月 16 日に廃止された。 当時のスコットランドの 4 市 -- アバディーン (Aberdeen), ダンディー (Dundee), エディンバラ (Edinburgh) と グラスゴー (Glasgow) -- はこのカテゴリーに含まれた。 スコットランドのシステムには (イングランドとウェールズ」の 都市自治区 (municipal borough) に類似する) 大バーグ (large burgh) の追加のカテゴリーがあり、これは 警察、教育と消防以外のすべてのサービスに責任を負っていた。

  1. イングランドとウェールズ
  2. 北アイルランド
  3. アイルランド共和国
イングランドとウェールズ
歴史

最初の創設

カウンティ議会 (county council) が 1889 年に始めて創設された時に決着したことは、 カウンティ議会が大きな町や市を支配するのは実際的でなく、 従って大きな法人化された場所がカウンティ自治区 (county borough) となって、 そこで、こうしなければ支配下に置かれる行政カウンティから独立する権利があることであった。 幾つかの市と町はすでに独立な カウンティ法人 (counties corporate) であり、 大半はカウンティ自治区になることになった。 元々は 10 のカウンティ自治区が提案された; ブリストル (Bristol), ハル (Hull), ニューカッスル・アポン・タイン (Newcastle upon Tyne) と ノッティンガム (Nottingham)、これらはすでにカウンティで、 バーミンガム (Birmingham), ブラッドフォード (Bradford), リーズ (Leeds) リバプール (Liverpool), マンチェスター (Manchester), と シェフィールド (Sheffield)、これらはそうではなかった。 まもなく (議会を) 通過した 「1888 年の地方政府法」 (Local Government Act 1888) では、 既存のカウンティ法人 (counties corporate) の場合を除き、 50,000 名以上の人口が必要となった。 これにより、イングランドでは 61 のカウンティ自治区、 ウェールズでは 2 つ ( カーディフ (Cardiff) と スウォンジー (Swansea)) になった。 幾つかの例外が許され、主に歴史的な町であった: バース (Bath), ダドリー (Dudley) と オクスフォード (Oxford) はすべて 1901 年の国勢調査で、 50,000 名の限度より少なかった。 より小さなカウンティ法人 (counties corporate) の幾つか -- バーウィック・アポン・トィード (Berwick upon Tweed), リッチフィールド (Lichfield), プール (Poole), カマーセン (Carmarthen) と ハバーフォードウェスト (Haverfordwest) -- はカウンティ自治区になれなかった、 もっとも カンタベリー (Canterberry) は人口が 25,000 名より少なかったが、なることができた。

成長

色々なカウンティ自治区 (county borough) が続く何十年かに制定され、 もっと多くの自治区が最小の 50,000 名に達し、法律によりカウンティ自治区に制定された。 カウンティ自治区の地位を与えることは、大きな都市自治区 (municipal borough) と カウンティ議会 (county council) の間の多くの論争の主題であった。 人口の制限はカウンティ議会に行政地区 (district) の合併や境界の修正を可能にすることの阻害要因を 提供した。 というのは、これにより、彼らがカウンティ自治体の地位を求めることを可能にし、 行政カウンティ (administrative county) から税収の基礎を取り除くからであった。

この時代に設置されるカウンティ自治区 (County boroughs) は混合した袋 (mixed bag) であり、 ボーンマス (Bournemouth) と サウスエンド・オン・シー (South-on-Sea) のように拡張し続けるような町を含んでいた。 バートン・アポン・トレント (Burton upon Trent) と デューズブリー (Dewsbury) のような他の町は人口が 50,000 名を随分と超えては増えなかった。 1915 年に、 ルートン (Luton) と ケンブリッジ (Cambridge) がカウンティ自治体となる試みが、 「地方政府委員会」(Local Government Board) の承認にもかかわらず、下院で敗北することになった。 -- ケンブリッジシャー (Cambridgeshire) からケンブリッジを取り除けば、 ケンブリッジシャー・カウンティ議会の収入が半分位以上減るからであった。

低迷

オンスロウ伯爵 (Earl of Onslow) が議長を務めた委員会の勧告で、人口の敷居は 「1926 年の地方政府 (カウンティ自治区及び調節) 法」 (Local Government (County Borough and Adjustment) Act 1926) により、 1926 年に 75,000 名に引き上げられ、 この法律により境界を広げることはずっと困難になった。 敷居は 「1958 年の地方政府法」 (Local Government Act 1958) により、100,000 名に引き上げられた。

スメスィック (Smethwick) のラトランド・ロード (Rutland Road) の通り名のネームプレート,
2007 年 4 月、カウンティ自治区 (County Borough) が塗りつぶされている。

カウンティ自治区 (county borough) の マーサー・ティドビル (Merthyr Tydfil) の生存可能性が 1930 年代に問題となった。 この町の重工業の退潮により、男子人口の半分以上が失業し、 公的な助成支出 (assistance payment) をするために、とても高い都市税 (municipal rates) になっていた。 同時に、この自治区の人口は 1908 年に創設された時よりも少なかった。 王室委員会 (royal commission) が 1935 年に任命されて、 『カウンティ自治区としての マーサー・ティドビル (Merthyr Tydfil) の既存の地位を継続すべきか、 そして、もしそうでなければ、どのような配置をすべきかを調査する』 ことになった。 委員会は次の 11 月に報告し、勧告したことはマーサー・ティドビル (Merthyr) をカウンティ自治区でない状態に 戻し、公的助成 (public assistance) は中央政府が引き継ぐことであった。 結果的には、カウンティ自治区の地位は町によって維持され、 「健康のウェールズ委員会」 (Welsh Board of Health) の委員長が、1936 年に行政顧問 (adviser) として任命された。

第二次世界大戦後に、イングランドとウェールズにおける新しいカウンティ自治区 (county borough) の創設は 事実上中止され、地方政府の見直しが未解決であった。 1945 年に出版された政府の白書が述べたことは 『予期されることは、カウンティ自治区を拡張したり、創設する幾つかの法案が出てくること』 であった。 白書の政策は ミドルセックス (Middlesex) の新規のカントリー自治区の創設を 『特別な問題により』 排除した。 「地方政府境界委員会」 (Local Government Boundary Commission) がサー・マルコム・トラストラム・イブ (Sir Malcolm Trustram Eve) の委員長の下で、 1945 年 10 月 26 日に任命され、 1947 年に報告を提出した。 委員会が勧告したことは、人口が 200,000 名以上の町が一層 (one-tier) の 『新規カウンティ』 になり、 人口が 60,000 名 - 200,000 名の 『新規のカウンティ自治区』 は大部分の目的の自治体で、 行政カウンティのカウンティ議会が、ある制限されたサービスを提供することであった。 報告が思い描いたことは 47 の 2 層の 『新規カウンティ』 (two-tier "new counties")、 21 の 1 層の 『新規カウンティ』 (one-tier "new counties") と 63 の 『新規カウンティ自治区』 ("new county borough") であった。 委員会の勧告は異なる層の数の地方政府間の機能の分割の見直しに広がり、委託事項から外れ、報告は 実施されなかった。

部分的改革

改革の次の試みは 「1958 年の地方政府法」 (Local Government Act 1958) によっており、 これは イングランドの地方政府委員会 (Local Government Commission for England) と ウェールズの地方政府委員会 (Local Government Commission for Wales) が 既存の地方政府構造の見直しを実施して、改革を勧告することを確立した。 委員会は解散される前に仕事を完成しなかったが、 一握りの新規のカウンティ自治区が 1964 年と 1968 年の間に設定された。 ルートン (Luton, /ˈluːtən/), トーベイ (Torbay, /tɔːrˈbeɪ/) そして ソリハル (Solihull,/ˈsɒlihʌl/) がカウンティ自治区の地位を得た。 付け加えると、 ティーズサイド (Teesside,/ˈtiːz.saɪd/) カウンティ自治区が、既存のカウンティ自治区である ミドルズブラ (Middlesbrough,/ˈmɪdəlzbrə/) と カウンティ自治区でない ストックトン・オン・ティーズ (Stockton-on-Tees) と レッドカー (Redcar) の合併により形成された; ワーレイ (Wareley) はカウンティ自治区のスメスィック (Smethwick) と カウンティ自治区でないオールドベリー (Oldbury) とラウリー・リージス (Rowley Regis,/ˌraʊli ˈriːdʒɪs/) から形成された; そして ウェスト・ハートルプール (West Hartlepool) は ハートルプール (Hartlepool) と合併した。 これらの変化により、イングランドには全部で 79 のカントリー自治区があった。 委員会 (Committee) は バーンズリー (Barnsley,/ˈbɑːrnzli/) を非カウンティ自治区に降格することを勧告したが、 これは実施されなかった。

廃止

イースト・ハム (East Ham), ウェスト・ハム (West Ham) そしてクロイドン (Croydon) のカウンティは 1965 年に廃止されて、 広域ロンドン (Greater London) が形成され、 ロンドン特別区 (London boroughs) の一部分を形成することに移行した。 残りのカウンティ自治区は 「1972 年の地方政府法」 (Local Government Act 1972) の下で、 1974 年に廃止され、 非大都市自治区 (non-metropolitan districts) と 大都市自治区 (metropolitan district) で交代され、 これらはすべて 2 層構造で、カウンティ議会の支配下にあった。 広域ロンドンと 大都市カウンティでは、下層行政地区 (lower tier district) は 非大都市カウンティにおけるよりも、広範囲の権力を維持した。

復活

この状態は長く持続しなかった。 1986 年に、大都市カウンティ議会 (metropolitan county councils) と 広域ロンドン議会 (Greater London Concil) は廃止され、 大都市自治区 (metropolitan borough) を 元のカウンティ自治区 (county boroughs) と同等な状態に戻したが、 少々の権力 (例えば警察そして輸送) を共有した。 1990 年代に、多くの多くの非大都市 (nonmetropolitan) の以前のカウンティ自治区 (county boroughs) は ユニタリー自治体 (unitary authority) として再び改革された -- 基本的にはカウンティ自治区 (county borough) と同じであった。 その結果、2015 年までに、元のカウンティ自治区 (county borough) の大半は 大都市自治区 (metropolitan boroughs) あるいはユニタリー自治体 (unitary authorities) のいずれかとなり、 昔のカウンティ自治区 (countuy boroughs) と類似の地位になった。 イングランドでは、ユニタリー自治体 (unitary authority) の地位を得なかったこれらのカウンティ自治区 (county bproughs) -- バロウ・イン・ファーネス (Barrow-in-Furness), バーンリー (Burnley,/ˈbɜːrnli/), カンタベリー (Canterbury), カーライル (Carlisle), チェスター (Chester), イーストボーン (Eastbourne), グロスター (Gloucester), グレート・ヤーマス (Great Yarmouth), ヘイスティングス (Hastings), イプスウィッチ (pswich), リンカン (Lincoln), ノーサンプトン (Northampton), ノリッジ (Norwich), オクスフォード (Oxford), プレストン (Preston), そして ウスター (Worcester) -- は彼らの名称を非ユニタリーの地方政府行政地区 (non-unitary local government district) に与えた。 (ある場合には昔のカウンティ自治区と境界を共にし、他の場合にはもっと大きくなった。) バートン・アポン・トレント (Burton upon Trent) は イースト・スタッフォードシャー自治区 (East Staffordshire borough) の教区に分かれていない区域になり、 今では幾つかの教区に分割されている。

ウェールズでは、幾つかのプリンシパル地区 (principal area) はカウンティ自治区 (county boroughs) である:

すべての実際的な目的のためには、 カウンティ自治区 (county borough) はカウンティ ("市且つカウンティ" ("cities and counties") を含む) と呼ばれる ウェールズの他のプリンシパル地域 (principal areas) と全く同じである。 というのは、 これらはユニタリー自治体 (すなわち、自治区とカウンティの機能を持つ) によって運営されているからである。 ユニタリー自治体 (unitary authority) は機能的にカウンティ自治区 (county borough) と同等であるが、 ウェールズにおいてのみ、称号は議会法 (Act of Parliament) により公的に認められている。

1973 年におけるイングランドのカウンティ自治区

地図はイングランドにおけるカウンティ自治区を示す、1974 年に廃止される前。 ウェールズと北アイルランドのカウンティ自治区は示されていない。

次の表は 「1888 年の地方政府法」 (カウンティ自治区の創設)」 と 1972 年 (カウンティ自治区の廃止) の間に存在したカウンティ自治区を示す。

カウンティ
自治区
開始関連カウンティ 1971 年
国勢調査
人口
1974 年の後継
Barnsley 1913 Yorkshire, West Riding 75,439 Barnsley MB (part) South Yorkshire
Barrow-in-Furness 1889 Lancashire 64,039 Barrow (part) Cumbria
Bath 1889 Somerset 84,686 Bath Avon
Birkenhead 1889 Cheshire 137,889 Wirral MB (part) Merseyside
Birmingham 1889 Warwickshire 1,014,773 Birmingham MD (part) West Midlands
Blackburn 1889 Lancashire 101,802 Blackburn (part) Lancashire
Blackpool 1904 Lancashire 151,871 Blackpool Lancashire
Bolton 1889 Lancashire 154,223 Bolton MB (part) Greater Manchester
Bootle 1889 Lancashire 74,304 Sefton MB (part) Merseyside
Bournemouth 1900 Hampshire 153,861 Bournemouth Dorset
Bradford 1889 Yorkshire, West Riding 294,164 Bradford MB (part) West Yorkshire
Brighton 1889 Sussex 161,350 Brighton East Sussex
Bristol 1889 Gloucestershire[a] 426,653 Bristol Avon
Burnley 1889 Lancashire 76,489 Burnley (part) Lancashire
Burton upon Trent 1901 Staffordshire 50,211 East Staffordshire (part)[b] Staffordshire
Bury 1889 Lancashire 67,870 Bury MB (part) Greater Manchester
Canterbury 1889 Kent[a] 33,155 Canterbury (part) Kent
Cardiff 1889 Glamorgan 279,046 Cardiff (part) South Glamorgan
Carlisle 1915 Cumberland 71,580 Carlisle (part) Cumbria
Chester 1889 Cheshire[a] 62,923 Chester (part) Cheshire
Coventry 1889 Warwickshire 335,260 Coventry MB (part) West Midlands
Darlington 1915 Durham 85,916 Darlington (part) Durham
Derby 1889 Derbyshire 219,578 Derby Derbyshire
Dewsbury 1913 Yorkshire, West Riding 51,354 Kirklees MB (part) West Yorkshire
Doncaster 1927 Yorkshire, West Riding 82,671 Doncaster MB (part) South Yorkshire
Dudley 1889 Worcestershire to 1966
then Staffordshire
185,592 Dudley MB (part) West Midlands
Eastbourne 1911 Sussex 70,949 Eastbourne East Sussex
Exeter 1889 Devon[a] 95,711 Exeter Devon
Gateshead 1889 Durham 94,464 Gateshead MB (part) Tyne and Wear
Gloucester 1889 Gloucestershire[a] 90,223 Gloucester Gloucestershire
Grimsby 1891 Lincolnshire 95,502 Grimsby Humberside
Halifax 1889 Yorkshire, West Riding 91,263 Calderdale MB (part) West Yorkshire
Hartlepool 1967 Durham 97,082 Hartlepool (part) Cleveland
Hastings 1889 Sussex 72,414 Hastings East Sussex
Huddersfield 1889 Yorkshire, West Riding 131,188 Kirklees MB (part) West Yorkshire
Ipswich 1889 Suffolk 123,297 Ipswich Suffolk
Kingston upon Hull 1889 Yorkshire, East Riding[a] 285,965 Kingston upon Hull Humberside
Leeds 1889 Yorkshire, West Riding 496,036 Leeds MB (part) West Yorkshire
Leicester 1889 Leicestershire 284,208 Leicester Leicestershire
Lincoln 1889 Lincolnshire[a] 77,077
(1961)
Lincoln Lincolnshire
Liverpool 1889 Lancashire 610,114 Liverpool Merseyside
Luton 1964 Bedfordshire 161,400 Luton Bedfordshire
Manchester 1889 Lancashire 543,741 Manchester MB (part) Greater Manchester
Merthyr Tydfil 1908 Glamorgan 55,283 Merthyr Tydfil Mid Glamorgan
Newcastle upon Tyne 1889 Northumberland[a] 222,172 Newcastle upon Tyne MB (part) Tyne and Wear
Newport 1891 Monmouthshire 112,298 Newport Gwent
Northampton 1889 Northamptonshire 126,597 Northampton (part) Northamptonshire
Nottingham 1889 Nottinghamshire[a] 300,675 Nottingham Nottinghamshire
Norwich 1889 Norfolk[a] 122,093 Norwich Norfolk
Oldham 1889 Lancashire 105,922 Oldham MB (part) Greater Manchester
Oxford 1889 Oxfordshire 108,834 Oxford Oxfordshire
Plymouth 1889 Devon 239,467 Plymouth Devon
Portsmouth 1889 Hampshire 197,453 Portsmouth Hampshire
Preston 1889 Lancashire 98,091 Preston (part) Lancashire
Reading 1889 Berkshire 132,978 Reading Berkshire
Rochdale 1889 Lancashire 91,461 Rochdale MB (part) Greater Manchester
Rotherham 1902 Yorkshire, West Riding 84,800 Rotherham MB (part) South Yorkshire
St Helens 1889 Lancashire 104,326 St Helens MB (part) Merseyside
Salford 1889 Lancashire 131,006 Salford MB (part) Greater Manchester
Sheffield 1889 Yorkshire, West Riding 520,308 Sheffield MB (part) South Yorkshire
Solihull 1964 Warwickshire 107,086 Solihull MB (part) West Midlands
Southampton 1889 Hampshire[a] 215,131 Southampton Hampshire
Southend-on-Sea 1914 Essex 162,735 Southend-on-Sea Essex
Southport 1905 Lancashire 84,524 Sefton MB (part) Merseyside
South Shields 1889 Durham 100,676 South Tyneside MB (part) Tyne and Wear
Stockport 1889 Cheshire 139,598 Stockport MB (part) Greater Manchester
Stoke on Trent 1910 Staffordshire 265,258 Stoke-on-Trent Staffordshire
Sunderland 1889 Durham 217,075 Sunderland MB (part) Tyne and Wear
Swansea 1889 Glamorgan 173,355 Swansea (part) West Glamorgan
Teesside 1968 Yorkshire, North Riding 396,233 Middlesbrough (part)
Stockton (part)
Langbaurgh (part)
Cleveland
Torbay 1968 Devon 109,260 Torbay Devon
Tynemouth 1904 Northumberland 69,339 North Tyneside MB (part) Tyne and Wear
Wakefield 1915 Yorkshire, West Riding 59,591 Wakefield MB (part) West Yorkshire
Wallasey 1913 Cheshire 97,216 Wirral MB (part) Merseyside
Walsall 1889 Staffordshire 184,734 Walsall MB (part) West Midlands
Warley 1966 Worcestershire 163,567 Sandwell MB (part) West Midlands
Warrington 1900 Lancashire 68,322 Warrington (part) Cheshire
West Bromwich 1889 Staffordshire 166,592 Sandwell MB (part) West Midlands
Wigan 1889 Lancashire 81,144 Wigan MB (part) Greater Manchester
Wolverhampton 1889 Staffordshire 269,112 Wolverhampton MB West Midlands
Worcester 1889 Worcestershire[a] 73,454 Worcester (part) Hereford and Worcester
Yarmouth 1889 Norfolk 50,236 Great Yarmouth (part) Norfolk
York 1889 Yorkshire, West Riding[a] 104,783 York North Yorkshire

[a] これらの自治区 (borough) はカウンティ法人 (counties corporate) で、 ある種の大きな儀式的目的 -- 主に シェリフ制 (shrievalty) と司法の管理 (administration of justice) -- で 関連するカウンティと分離されている。
[b] このカウンティ自治区 (county borough) は認可受託者 (charter trustee) がいる。

1 ヵ所より多くのカウンティ自治区 (county borough) がある行政地区 (district) は 4 ヵ所のみ作られた: ウィラル (Wirral), サンドウェル (Sandwell), セフトン (Sefton) そしてカークリーズ (Kirklees) である。 これ以外では、カントリー自治区は通常、 カントリー自治区にちなんで名付けられた行政地区 (district) の核、もしくはすべてを形成するが、 例外は: ハリファックス (Halifax) で、この大都市行政地区 (metropolitan district) は以下のように命名された: コールダーデイル (Calderdale,/ˈkɔːldəˌdeɪl/); バートン・アポン・トレント (Burton upon Trent)、 (これはイースト・スタッフォードシャー行政地区 (East Staffordshire district) の 1 部分になる); そしてティーズサイド (Teesside, /ˈtiːz.saɪd/) ここは 3 つの非大都市行政地区 (non-metropolitan district) に分裂した) であった。

以前のカウンティ自治区

1974 年以前に廃止されたカウンティ自治区 (county borough) は:

カウンティ
自治区
カウンティ 創設 廃止 後継
クロイドン
(Croydon)
サリー (Surrey) 1889 1965 広域ロンドン (Greater London):
クロイドン・ロンドン自治区 (London Borough of Croydon)
デボンポート
(Devonport)
デボン (Devon) 1889 1914 プリマス・カウンティ自治区
(County Borough of Plymouth)
イースト・ハム
(East Ham)
エセックス
(Essex)
1915 1965 広域ロンドン (Greater London):
ニューアム・ロンドン自治区 (London Borough of Newham)
ハンリー
(Hanley)
スタッフォードシャー
(Staffordshire)
1889 1910 ストーク・オン・トレントのカウンティ自治区
(County Borough of Stoke on Trent)
ミドルズブラ
(Middlesbrough)
ノース・ライディング, ヨークシャー
(Yorkshire, North Riding)
1889 1968 ティーズサイドのカウンティ自治区
(County Borough of Teesside)
スメスィック
(Smethwick)
スタッフォードシャー
(Staffordshire)
1907 1966 ウォーリーのカウンティ自治区 (County Borough of Warley)
ウェスト・ハム
(West Ham)
エセックス
(Essex)
1889 1965 広域ロンドン (Greater London):
ニューアム・ロンドン自治区 (London Borough of Newham)
ウェスト・ハートルプール
(West Hartlepool)
ダラム
(Durham)
1902 1967 ハートルプールのカウンティ自治区
(County Borough of Hartlepool)
リンカーン
(Lincoln)
リンカーンシャー
(Lincolnshire)
1890 1974? リンカーンシャー・カウンティ議会
(Lincolnshire county council)
北アイルランド

ベルファスト (Belfast) と デリー (Derry) のカントリー自治区 (country borough) は 「1898 年の地方政府法 (アイルランド)」 (Local Government (Ireland)Act)により創設された。

北アイルランドでは、地方政府は 1973 年以来カウンティ自治区 (county borougjh) を 使用していないが、 レフテナント制 (lieutenancy) では使用されている。

行政目的のために、北アイルランドの 2 つのカウンティ自治区 (county borough) は 2 つの より大きな行政地区 ( ベルファスト (Belfast) と ロンドンデリー (Londonderry)) で交代された。

アイルランド共和国

「1898 年の地方政府法 (アイルランド)」 (Local Government (Ireland) Act 1898) が、アイルランドにカウンティ自治区 (county borough) を創設した。 この法律の下で、 4 つのカウンティ法人 (counties corporate) ( コーク (Cork), ダブリン (Dublin), リムリック (Limerick, /ˈlɪmrɪk/) そして ウォーターフォード (Waterford)) がカウンティ自治区になった。

ゴールウェイ (Galway,/ˈɡɔːlweɪ/) は 1986 年にカウンティ自治区になった。

アイルランド共和国では、関連する法律が (修正されているが) 効力を持ったままで、 元々のモデルの下で、カウンティ自治区が 2001 年まで存在していた。 「2001 年の地方政府法」 (Local Government Act 2001) は (アイルランドの大半の既存の地方政府の法律の代わりになり) カウンティ自治区は廃止されて、「市」 (City) で交代された。 (従って「法人」 ("Corporation") は 「市議会」 ("City Council") で交代された。) しかしながら キルケニー (Kilkenny) は伝統的な市でありながら、カウンティ自治区ではなかった。 「2014 年の地方政府改革法」 (Local Government Reform Act 2014) の下で、キルケニー (Kilkenny) の 自治区は廃止されたが、以前のキルケニー (Kilkenny) の自治区の行政地区を含む都市行政区 (municipal district) は 「キルケニー市の都市行政区」 (Municipal District of Kilkenny City) と呼ばれた。