ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Districts of England - Wikipedia
イングランドの行政地区
(District of England)

イングランドの行政地区 (非公式な市の地区と区別するために、 地方自治体地区 (local authority district)、 あるいは地方政府地区 (local government district) とも呼ばれる) は地方政府のために使用されるイングランドの分割 (subnational division) のレベルである。 イングランドの地方政府の構造が一様でないため、現在の所、 行政レベルの再分割に主に 4 つの形式がある。 全部で 309 の行政地区があり、これを構成するのは: 36 の大都市自治区 (metropolitan borough)、 32 のロンドン自治区 (borough、特別区)、 181 の非大都市行政地区 (non-metropolitan district)、 そして 58 のユニタリー自治体 (unitary authority) がある。 更には ロンドン市 (City of London) そして シリー諸島 (Isles of Scilly) がある。 こちらは行政地区でもあるが、以上のどのカテゴリーにも属さないものである。 行政地区によっては、 市 (city)、 自治区 (borough)、あるいは 王室自治区 (royal borough) の様式がある; これらは純粋に名誉の肩書で、 行政地区の地位あるいはその議会の権力を変えるものではなかった。 すべての自治区 (borough) と市 (cities) (、そして少々の行政地区) は市長 (mayor) が 統率し、大半の場合は行政地区議会により選ばれた儀礼的な人物 【訳注:議長】 である。 しかし地方政府の改革後に、時には直接選挙で選ばれて、 議会の代わりに大半の政策決定をする。


行政地区 (イングランド)
  1. 歴史
  2. 大都市自治区
  3. 非大都市行政地区 (シャー行政地区)
  4. ユニタリー自治体 (Unitary authorities)
  5. ロンドン自治区 (London borough)
  6. 地図
歴史

1890 年代の行政地区 (district) の設立以前にはイングランドにおける地方政府の基本単位は教区 (parish) であり、 教区教会 (parish church) の教区委員会 (vestry) により監督された。 教区委員会は教区の管理と世俗の政府問題のどちらも扱った。 教区は荘園システムの後継で、歴史的にはハンドレッドにグループ化された。 ハンドレッドはかっては少々の管理的な行政機能を行使した。 しかしながら、これらの権力は、市の権力および司法の権力がカウンティー (county) の町々に集中するにつれ衰退した。 1834 年に教区は貧民法連合 (Poor Law Unions) にグループ分けされ、 貧民法 (Poor Law) の行政領域が創設された。これらの領域は後に戸籍 (census registration) と衛生の提供の基礎として使用された。 1894 年に、これらの初期の再分割に基づき、 都市型行政地区 (urban district) と 地方型行政地区 (rural district) を 行政カウンティ (administrative county) の再分割として導入した。 この行政カウンティは 1889 年に創設されたものである。 1900 年の別の改革により、 ロンドン・カウンティの再分割として 28 の大都市自治区 (metropolitan borough) が創設された。 一方、この時から教区レベルの地方政府は行政教区 (civil parish) に移管された。

現在のイングランドにおける行政地区への再分割が定着したのは 1965 年に始まり、 この時 広域ロンドンと 32 の ロンドン自治区 (London Borough) が創設された。 これらはいまだに使用されている最も古い行政地区の形式である。 1974 年に大都市カウンティ (metropolitan county) と非大都市カウンティ (non-metropolitan county、シャー・カウンティ (shire county) とも呼ばれる) がロンドン以外でも創設され、大都市行政地区 (metropolitan district) と 非大都市行政地区 (non-metropolitan district) に分割された。 ロンドン自治区と大都市行政地区の地位は 1986 年に変化し、 この時、これらは大都市カウンティ議会と広域ロンドン議会の機能と幾つかの権力を吸収し、 これらの議会は廃止された。 2000 年以来、 権力は、(基盤を異にしているが) 広域ロンドン政府と分かち合っている。

1990 年代に、別の種類の行政地区であるユニタリー自治体が創設された。 これはカウンティと行政地区の機能と身分を併せ持つものである。

大都市自治区
大都市自治区を参照。

大都市自治区 (metropolitan borough) は大都市カウンティ (metropolitan county) の再分割である。 これらはユニタリー自治体と類似している。これは大都市カウンティ議会が 1986 年に廃止されているからである。 カウンティ議会の大半の権力が行政地区 (=自治区) に手渡されたが、幾つかのサービスは (複数の行政地区の) 合同の委員会や組織により 運営されている。行政地区は典型的には 174,000 名から 1,100,000 名の人口がある

非大都市行政地区 (シャー行政地区)
非大都市行政地区を参照。

非大都市行政地区 (シャー行政地区とも呼ばれる) は第二層 (second-tier) の地方政府で、 カウンティ議会と権力を分かち合うものである。 これらはシャー・カウンティの再分割で、最も普通の行政地区である。 このような行政地区は人口が 2,5000 名から 200,000 名である。

訳注
シャー・カウンティと呼ばれるのはカウンティ名の末尾に shire が付いているから。 シャー行政地区はこの細分である。

二層システム (two-tier system) では、カウンティ議会は幾つかの地方事業に責任がある: 例えば教育、社会福祉、道路。 一方、行政地区議会は他のサービスを担う:例えばゴミ集め、地方計画、公共住宅。

非大都市行政地区の数は時間と共に変化した。 元々は 296 あったが、1990 年代と 2000 年代のユニタリー自治体の創設後には、 201 に数が減少した。

ユニタリー自治体 (Unitary authorities)
ユニタリー自治体を参照。

これらは一層行政地区 (single-tier district) で、領域内のすべての地方事業の遂行に責任を持ち、 カウンティ、行政地区の機能を兼ね備えるものである。 これらは 1990 年代の中ごろに非大都市行政地区から創設され、 しばしば大きな町や市を含み、これにより二層構造 (two-tier structure) よりも効率が良いと判断されるからである。 付け加えると、ラトランド (Rutland)、ヘレフォートシャー (Herefordshire)、ワイト島 (the Ile of Wight) のような、より小さなカウンティの幾つかはユニタリー自治体である。 全部で 55 のユニタリー自治体があり、このうちの 9 は 2009 年に導入された。

ユニタリー自治体は実際の所、非大都市行政地区を若干修正したものである; 大半が唯一の行政地区から構成されるカウンティとして創設され、 行政地区議会はあるがカウンティ議会がないものである。 バークシャー (Birkshire) は異常で、非大都市行政カウンティではあるがカウンティ議会がなく、 6 つのユニタリー自治体から構成されている。 コーンウォール (Cornwall)、ダラム (Durham)、ワイト島 (the Ile of Wight)、 ノーサンバーランド (Northumberland)、シュロップシャー (Shropshire) そしてウィルトシャー (Wiltshire) は唯一つの行政地区を持つカウンティとして創設されたが、非大都市カウンティ議会も行政地区議会もない。 実際の所、これらはユニタリー自治体と同じように機能している。

ロンドン自治区 (London borough)
ロンドン自治区を参照。

ロンドン自治区は 広域ロンドンの再分割である。 これらは 1965 年に創設された。1965 年から 1986 年にかけて、 二層構造の政府 (two-tier structure of government) が広域ロンドンに存在しており、 自治区は権力を広域ロンドン議会 (Greater London Council, GLC) と分かち合っていた。 GLC が廃止された時、自治区はユニタリー自治体と類似の身分を得た。 2000 年に 広域ロンドン自治体 (Greater London Authority) が創設され、 二層構造 (two-tier structure) が復元した。もっとも権力のバランスと責任は変化している。

地図