ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Districts of England - Wikipedia

イングランドの地方政治ではカウンシル (council) のメンバー (councillor) が選挙で選ばれているようですが、 カウンシルは行政府であって、立法府 (legislature) ではないようです。 Local government in Englandの前書きから引用すると、

イングランドの地方政府 (local government) にかかわる立法 (legistration) は国会 (Parliament) と英国政府 (Government of the United Kingdom) によって決定される。というのはイングランドには広域ロンドン (Greater London) 以外に委譲議会 (devolved parliament) あるいは 地方議会 (reginal assembly) がないからである。

参考までにCouncilからも引用します。こちらの方は米国の人が書いたと思われます。

カウンシル (council) は一緒になって、協議 (consult)、審議 (deliberate) あるいは決定をする人々のグループである。 カウンシルは立法府 (legislature) として機能することもあり、とりわけ町、市、郡 (county) のレベルではこうなっているが、 州 (state) あるいは国のレベルでは立法府 (legislative body) はカウンシルとは見なされない。 そのような (町、市、郡の) レベルでは分離した執行部がなく、カウンシルが事実上全政府を代表するからである。 ..... カウンシルのメンバーはカウンシラー (councillor)、カウンシルパーソン (counsilperson)、 あるいは男女別にカウンシルマン (council man) あるいはカウンシルウーマン (councilwoman) と呼ばれる。

イングランドのカウンシル (council) は大勢いるので議会と訳しても差し支えないような気がしますが、 以下では誤解を招かないように 「カウンシル」 とカナ表記します。

イングランドの行政地区
(District of England)

イングランドの行政地区は地方政府を目的として使用されるイングランドの国内分割の階層の一つである。 イングランドの地方政府の構造は一様でないため、現在の所、行政地区への分割は 4 つの型式がある: 全部で 326 の行政地区 (district) があり、36 の大都市型自治区 (metropolitan borough)、32 のロンドン自治区 (London borough)、 201 の非大都市型行政地区 (non-metropolitan borough)、55 の単一地方政府 (Unitary authority)があり、 これに加えてロンドン市 (City of London) とシリー諸島があり、これも行政地区ではあるが、 以上のどのカテゴリーにも属さないものである。 幾つかの行政地区は自治区 (borough)、市 (city)、王立自治区 (royal borough) の名称を持つが、これらは純然として儀礼的なもので、行政地区の身分を変えるものではない。 すべての自治区と市、および幾つかの行政地区では市長 (mayor) が統率するが、 大半の場合には市長とは行政地区のカウンシルが選んだ儀礼的な代表【訳注:カウンシルの議長】の ことである。しかしながら -- 地方自治の改革以後 -- 時には (市長は) 直接選挙によって選ばれ、 市長はカウンシルの代わりに大半の政治的決断をしている。


行政地区 (イングランド)
  1. 歴史
  2. 大都市型自治区
  3. 非大都市型行政地区 (シャー行政地区)
  4. 単一地方政府 (Unitary authorities)
  5. ロンドン自治区 (London borough)
  6. 地図
歴史

1890 年代の行政地区 (district) の設立以前にはイングランドにおける地方政府の基本的な単位は 教区教会 (parish church) の教区委員会 (vestry) により監督される教区 (parish) であった。 教区委員会は教区の問題と宗教とは関係のない政治の問題を処理した。 教区は荘園システムの後継で、歴史的にはハンドレッズ (村落、百、Hundreds) にグループ化された。 ハンドレッズはかっては少々の管理的な行政機能を行使した。 しかしながら、これらの権力は、市および司法の権力がカウンティー (county) の町に集中するにつれ衰退した。 1834 年に教区は救貧区連合 (Poor Law Unions) にグループ分けされ、 貧民救助法 (Poor Law) の行政領域が創設された。これらの領域は後に戸籍と衛生の提供の基礎として使用された。 1894 年に、これらの初期の再分割に基づき、都市型行政地区 (urban district) と 地方型行政地区 (rural district) を行政州 (administrative county) の再分割として導入した。 この行政州は 1889 年に創設されたものである。 1900 年の別の改革により、 ロンドン州の再分割として 28 の大都市型自治区 (metropolitan borough) が創設された。 一方、この時から教区レベルの地方政府は行政教区 (civil parish) に移管された。

現在のイングランドにおける行政地区への再分割が定着したのは 1965 年に始まり、 この時広域ロンドンと 32 のロンドン自治区が創設された。 これらはいまだに使用されている最も古い行政地区の形式である。 1974 年に大都市型州 (metropolitan county) と非大都市型州 (non-metropolitan county、シャー州 (shire county) とも呼ばれる) がロンドン以外でも創設され、大都市型行政地区 (metropolitan district) と非大都市型行政地区 (non-metropolitan district) に分割された。 ロンドン自治区と大都市型行政地区の地位は 1986 年に変化し、 この時、ロンドン自治区と大都市型行政地区は大都市型州カウンシルの機能と幾つかの権力を吸収し、 広域ロンドン・カウンシルは廃止された。 (現在の) ロンドンでは、基盤を異にしているが、広域ロンドン政府と権力を分かち合っている。

1990 年代に、別の種類の行政地区である単一地方政府が創設された。 これは州と行政地区の機能と身分を併せ持つものである。

大都市型自治区

大都市型自治区 (metropolitan borough) は大都市型州 (metropolitan county) の再分割である。 これらは単一地方政府と類似している。これは大都市型州カウンシルが 1986 年に廃止されているからである。 州カウンシルの大半の権力が行政地区 (=自治区) に手渡されたが、幾つかのサービスは (複数の行政地区の) 合同の委員会や組織により 運営されている。行政地区は典型的には 174,000 名から 1,100,000 名の人口がある

非大都市型行政地区 (シャー行政地区)

非大都市型行政地区 (シャー行政地区とも呼ばれる) は第二段階の地方政府で、 州カウンシルと権力を分かち合うものである。 これらはシャー州の再分割で、最も普通の行政地区である。 このような行政地区は人口が 2,5000 名から 200,000 名である。

訳注
シャー州と呼ばれるのは州名の末尾に shire が付いているから。 シャー行政地区はこの細分である。

二段階システムでは、州カウンシルは幾つかの地方事業に責任がある: 例えば教育、社会福祉、道路。 一方、行政地区カウンシルは他のサービスを担う:例えばゴミ集め、地方計画、公共住宅。

非大都市型行政地区の数は時間と共に変化した。 元々は 296 あったが、1990 年代と 2000 年代の単一地方政府の創設後には、 201 に数が減少した。

単一地方政府 (Unitary authorities)

これらは単段階行政地区で、領域内のすべての地方事業の遂行に責任を持ち、 州、行政地区の機能を兼ね備えるものである。 これらは 1990 年代の中ごろに非大都市型行政地区から創設され、 しばしば大きな町や市を含み、これにより二段階構造よりも効率が良いと判断されるからである。 付け加えると、ラトランド (Rutland)、ヘレフォートシャー (Herefordshire)、ワイト島 (the Ile of Wight) のような、より小さな州の幾つかは単一地方政府である。 全部で 55 の単一地方政府があり、このうちの 9 は 2009 年に導入された。

単一地方政府は実際の所、非大都市型行政地区を若干修正したものである; 大半が唯一の行政地区から構成される州として創設され、 行政地区カウンシルはあるが州カウンシルがないものである。 バークシャー (Birkshire) は異常で、非大都市型行政州ではあるが州カウンシルがなく、 6 つの単一地方政府から構成されている。 コーンウォール (Cornwall)、ダラム (Durham)、ワイト島 (the Ile of Wight)、 ノーサンバーランド (Northumberland)、シュロップシャー (Shropshire) そしてウィルトシャー (Wiltshire) は唯一つの行政地区を持つ州として創設されたが、非大都市州カウンシルも行政地区カウンシルもない。 実際の所、これらは単一地方政府と同じように機能している。

ロンドン自治区 (London borough)

ロンドン自治区は広域ロンドンの再分割である。 これらは 1965 年に創設された。1965 年から 1986 年にかけて、 二段階政府が広域ロンドンに存在しており、 自治区は権力を広域ロンドン・カウンシル (Greater London Council, GLC) と分かち合っていた。 GLC が廃止された時、自治区は単一地方政府と類似の身分を得た。 2000 年に広域ロンドン政府 (Greater London Authority) が創設され、 二段階構造が復元した。もっとも権力のバランスと責任は変化している。

訳注
Greater London Authority (広域ロンドン政府) によると、広域ロンドン政府は直接選挙で選ばれた市長と、 25 名からなるカウンシルで構成されており、 ロンドンの交通、警察、消防に責任を持っているそうです。
地図