ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Hundred (county division) - Wikipedia
ハンドレッド (カウンティの分割)
(Hundred (county division))

ハンドレッド (hundred) は行政的分割で、大きな領域の地理的部分である。 これが以前に使用されたのは: イングランド (England), ウェールズ (Wales), 米国のある部分 (some parts of the United States), デンマーク (Denmark), 南シュレースウィッヒ (Southern Schleswig), スウェーデン (Sweden), フィンランド (Finland), ノルウェー (Norway), Bishopric of Ösel–Wiek (Ösel–Wiek のビショップ管区), クロニア (Curonia), コサック・ヘーチマンのウクライナの国 (the Ukrainian state of Cossack Hetmanate) そして ニューサウス・ウェールズ英国植民地の カンバーランド・カウンティ (Cumberland County) において である。 これは今なお他の場所で使用され、これにはオーストラリア ( 南オーストラリア ノーザン・テリトリー (Northern Territory)) が含まれる。

英語と他の言語における 「ハンドレッド」 を意味する他の用語に含まれるのは: ワペンテイク (wapentake), herred (デンマーク語と ブークモール・ノルウェイ語 (Bokmål Norwegian)), herad ( ニーノショク・ノルウェー語 (Nynorsk Norwegian)), hérað (アイスランド語 (Icelandic)), härad or hundare (スウェーデン語 (Swedish)), ハルデ (Harde) (ドイツ語 (German)), hiird (北フリジア語 (North Frisian)), satakunta あるいはキーラクンタ (kihlakunta、フィンランド語 (Finnish)), kihelkond (エストニア語 (Estonian)), kiligunda (リヴォニア語 (Livonian)), キャントレフ (cantref) (ウェールズ語 (Welsh)) そして sotnia (スラブ語 (Slavic)) である。

アイスランドでは、 カウンティの類似の再分割はバロニー (barony) と呼ばれ、 ハンドレッド (hundred) はとりわけ大きなタウンランド (townland) の再分割である。 (大半のタウンランド (townland) はハンドレッドに分割されていない。)

  1. 語源
  2. イングランド
  3. アイルランド
  4. ウェールズ
  5. 北欧の国
  6. ウクライナ
  7. 米国
  8. オーストラリア
語源

カウンティのハンドレッド (hundred) への 再分割の起源は、 オクスフォード英語辞書 (OED. Oxford English Dictionary) によって、 「きわめてあいまい」 ("exceedingly obscure") と記述されている。 これは 100 ハイド (hide) の場所として言及されたかもしれない。 (アングロ・サクソンの初期の時代には、 1 ハイド (hide) とは貧農の 1 家族 (a peasant family) により耕され、1 家族を 支えるための土地に等しかったが、11 世紀までに 多くの地域では 4 家族を支えた。) あるいはハンドレッド (hundred) は元々武装した 100 名の人が定住した場所、 あるいは武装した 100 名に供給する責任があった場所かもしれない。 (注意することは初期には、数の "100" (ハンドレッド) 自身が明確ではなく、 ショート・ハンドレッド (short hundred) の 100、 あるいは、ある場合にはロング・ハンドレッド (long hundred) の 120 を意味した。)

同等な伝統的ドイツのシステムがあった。 古高ドイツ語 (Old High German) では、huntari はガウ (gau, 領土) の分割である; しかし OED はこの 2 つの間の関連は確立していないと信じている。

イングランド
行政機能

イングランドでは 11 世紀から、 ウェールズでは比較的小規模に 16 世紀から、 そして 19 世紀中頃に至るまで、 毎年の集会 (annual assembly) は、封建制の下で 地方レベルで色々な程度の権力があった。 主な重要性は、課税にもっと定期的に使用され、 6 世紀間の課税によって分割は今日に至るまで生き延びた。

小さなシャイヤ (shire) の分割のグループ分けは 1832 年から 1835 年に かけて議会選挙区 (parliamentary constituency) を定義するのに使用された。 1885 年の議席の再配分では、カウンティの異なる再分割である 小治安裁判所の分割 (petty sessional division) が使用された。 ハンドレッドは 1801 年から 1841 年の 最初の国勢調査を管理するためにも使用された。

19 世紀始めの コーンウォールのハンドレッド スタッフォードシャー (Staffordshire) のハンドレッドの地図、 1650 年頃、北が右

カウンティ分割のシステムは当時確立したカウンティのシステムのように 安定せず、カウンティに属するハンドレッドの数がしばしば異なった。 国内の多くの場所で、 ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) は後に確立したものとは随分と違う分割を 含んでいた。 各カウンティの分割の数は随分変化した。 レスターシャー (Leicestershire) は 6 分割であり (これはドゥームズデイ・ブック (Domesday) の 4 分割から増え)、 一方で デボン (Devon) は、大きさが 3 倍近くあるが、32 分割である。

19 世紀末までに、 カウンティの幾つかの単一目的の再分割 -- 例えば貧民法連合 (Poor law unions)、 衛生地区 (sanitary districts)、 そして道路地区 (highway districts) -- が登場し、 1894 年の 都市型行政地区 (urban district) と 地方型行政地区 (rural district) の導入と共に、 大半が教区の役割の代わりとなり、 それ程ではないが、ハンドレッドの役割が広範囲でなくなった。 分割の名称はその名称を現代の複数の地方政府行政地区 (local government district) に 与えた。

ハンドレッド

イングランドの西部と南部では、 ハンドレッドは コモン・ロー (common law) の下で、軍事と司法の目的のための シャイヤ (shire) の分割であった。 コモン・ロー (common law) には色々な程度のコモン封建所有権 (common feudal ownership) があり、 完全な 宗主権 (suzerainty) から些細な王室あるいは教会特権と所有権にまで渡っていた。 1894 年の地方政府法 (Local Government Act) による行政地区 (district) の導入までに、 ハンドレッドは、 色々な行政機能を持つ教区と、 形式的で儀式的な機能を持つカウンティの間の、 大きさが中間の広く使用された唯一の評価単位であった。

ハンドレッド ("hundred") の用語は エドマンド 1 世 (Edmund I, 939 年 - 946 年) の法律で、 土地の広さとして、そしてハンドレッド法廷 (hundred court) が役目を果たす地域として、始めて記録されている。 ミッドランズ (Midlands) では、しばしばこれらは、およそ 100 ハイド (hide) の地域にわたったが、 南部ではそうではなかった; 示唆されることは、これが古代の 西サクソンの大きさで、10 世紀に マーシア (Mercia) が、新規に設立された イングランド王国 (English Kindom) の一部分になった時に、厳密に適用されたことである。 この世紀の中頃のハンドレッド布告 (Hundred Ordinance) により、 法廷は毎月会合し、泥棒は地区 (district) のすべての指導者により追及されることになった。

ノルマン時代に、ハンドレッドはハイド (hide) の数を基礎に置くゲルド (geld, 税) を 支払うことになった。 どれほど支払うかを評価するために、書記 (clerk) とナイト (knight, 騎士) が国王により各カウンティに派遣された; 彼らはカウンティのシャイヤ・リーヴ (shire-reeve) (あるいはシェリフ (sheriff)) と地元のナイトの選抜グループと会議をした。 各ハンドレッド (hundred) からは 2 名のナイト (knight) がいた。 ゲルド (geld, 税) をどれだけ支払うか決定した後で、 各ハンドレッドの執行人 (bailiff) とナイト (knight) は金をシェリフに届けることに責任を負い、 シェリフはこれを国庫 (Exchequer) に届けることに責任を負った。

ハンドレッドの上位にシャイヤ (shire) があり、シェリフ (sheriff) の支配下にあった。 ハンドレッドの境界は教区とカウンティの境界のどちらにも独立であったが、 しばしば揃えられた。 これが意味することは、ハンドレッドがカウンティの間で分離され、 教区がハンドレッドの間で分離された。 例外的に、 ケント サセックスのカウンティでは、 ハンドレッドとシャイヤ (shire) の間に大きさが中間の部分分割があった: 幾つかのハンドレッドを一緒にして、ケントではレイズ (lathe) を作り、 サセックスではレイプ (rape) を作った。 イングランドのノルマン征服の時には、ケントは 7 つのレイズ (lathe) に分割され、 サセックスは 4 つのレイプ (rape) に分割された。

ハンドレッド法廷 (Hundred courts)

時間と共に、ハンドレッドの主な機能は法律統治 (administration of law) と平和維持になった。 12 世紀までに、ハンドレッド法廷は 1 年に 12 回開催された。 これは後に 2 週間ごとに増加したが、 1234 年の布告 (ordinance) は 頻度を 3 週間ごとに減らした。 ハンドレッドによっては、法廷は固定した場所で開催された; 一方他では、法廷は開催毎に異なる場所に移動した。 ハンドレッド法廷の主な義務は 10 人組システム (frankpledge system) の維持 であった。 法廷は 12 人の自由保有権者 (freeholder) あるいは自由民 (freeman) から構成された。 13 世紀の法律 (statute) によれば、自由保有権者 (freeholder) は領主 (lord) の荘園法廷 (manorial court) に出席しなくてもよく、従って彼らに関連するどのような訴訟もハンドレッド法廷で扱うことになった。

とりわけ重大な犯罪では、 ハンドレッドは国王の管轄下になった; 主任治安判事 (chielf magistrate) はシェリフで、彼の巡回裁判所 (circuit) はシェリフのツアーン (tourn) と呼ばれた。 しかしながら、多くのハンドレッドは私的な手に渡り、 ハンドレッドの支配権 (lordship) はこの地区の主要な荘園に配属 (attach) され、 世襲制になった。 ヘイレン・キャム (Halen Cam) が見積もることでは、ノルマン征服の前でさえ、 130 以上のハンドレッドが私的な手に渡った; 一方、1316 年の検死 (inquest) により、この時までに 628 の 命名されたハンドレッドのうちの 388 は国王に所有されずに、臣民 (subject) によって 所有されていた。 ハンドレッドを領主 (lord) が支配した場合には、 執事 (steward) が、 裁判官 (judge) 且つ荘園領主 (lord of the manor) の主任官吏 (chief official) として行動し、 シェリフ (sheriff) の代わりに任命された。

ハンドレッド法廷の重要性は、17 世紀から退潮し、 この権力の大半は 1867 年のカウンティ法廷の設立と共に消滅した。 暴動により引き起こされた損害を修復するハンドレッド住民の残りの義務は 1886 年の 「暴動 (損害) 法」 (Riot (Damage) Act) により終了し、 この時、経費がカウンティ警察の税 (rate) に移された。 ハンドレッド法廷の管轄区は 1977 年の 「裁判統治法」 (Administration of Justice Act) により削減された。

チルターン (Chiltern)

訳注
チルターン・ハンドレッズ (Chiltern Hundreds) は バッキンカムシャー (Buckinghamshire) にある 古代の行政地区で、 3 つのハンドレッドから構成されている。

チルターン・ハンドレッズ (Chiltern Hundreds) の執事 (steward) は 英国議会法 (British Parliamentary law) により 法的虚構 (legal fiction) として著名である。 一人の国王執事 (Crown Steward) が、この地域の法と秩序を維持するために任命されたが、 これらの義務は 16 世紀に実施されることが終わり、 17 世紀の最中に何らの恩恵も得ることがなくなった。 このポジション (position) はそれ以来、 国王の (以前は) 報酬を与えられた職 (office) として、 英国下院からの辞職を可能にする手続き上の手段 (device) として使用された。

ワペンテイク (Wapentake)

ワペンテイク (wapentake) は北部の デーンロウ (Danelaw) において、アングロ・サクソン (Anglo-Saxon) のハンドレッドに 相当するものであった。 ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) でワペンテイクがハンドレッドの代わりに使用されたのは: ダービーのファイブ・バラ (Five Boroughs of Derby), レスター (Leicester), リンカン (Lincoln), ノッティンガム (Nottingham) そしてスタンフォード (Stamford) であり、 そして時には ノーサンプトンシャー (Northamptonshire) でも使用され、 ヨークシャー (Yorkshire) の部分でも使用された。 ワペンテイク (wapentake) の法律はハンドレッドのものと類似し、少々の変動がある。 1 世紀の歴史家の タキトゥス (Tacitus) によれば、スカンジナビアでは、 ワペンテイク (wapentake) は武器を振り回すことによって議会で通過した投票結果 (vote) を言及する。 カウンティ -- 例えば レスターシャー (Leicestershire) などのような -- によっては、 ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) の時代に記録された ワペンテイク (wapentake) はハンドレッドに進化した。 他 -- 例えば リンカーンシャー (Lioncolnshire) -- では、この用語が使用され続けた。

もはや地方政府の一部分ではないが、地方監督区 (rural deanery) と以前の ワペンテイク (wapentake) あるいはハンドレッドの間に やりとりがある; とりわけ イースト・ミッドランズ (East Midlands)、 バッキンガム大執事管区 (Buckingham Archdeaconry) そしてヨーク・ダイオセス (York Diocese, diocese = bishop の管区) にある。

ウォード (Ward, 区)

ウォード (ward) の用語は、 カンバーランド (Cumberland), ダラム (Durham), ノーサンバーランド (Northumberland) そしてウェストモーランド (Westmorland) における 類似のカウンティの分割である。

カンバーランド
(Cumberland),
ノーサンバーランド
(Northmuberland),
ウェストモーランド
(Westmoreland)
ダラム
(Durham)
アイルランド

アイルランドではバロニー (barony, 男爵領) に分割されている。

ウェールズ

ウェールズではキャントレフィ (cantrefi, 100 の農場の意味、単数形 キャントレフ (cantref)) と呼ばれる古代の ケルト人の分割システムが何世紀もの間存在し、 ウェールズ法の統治 (administration of the Welsh law) に特別重要であった。 キャントレフィ (cantrefi) の古さは、これらがしばしば方言 (dialect) の境界を記していることで明示されている。 幾つかは元々、それ自身王国であり; それ以外は後に作られた人為的な単位である。 キリスト教の到来と共に、ケルト教会に基づくラン (llan) (教区に類似) は しばしばより古いキャントレフィ (cantrefi) の境界を取り込み、 同じことがノルマンの 「ハンドレッド」 がウェールズの人々に強制された時に起きた。

ハンドレッド (左), キャントレフィ (右) の一覧、 ヘルゲストの赤本 (Red Book of Hergest) 1285 年以前 キャントレフ (Cantref)

各キャントレフ (cantref) はそれ自身の法廷があり、 これは uchelwyr [訳注:貴族の意味] -- キャントレフ (cantref) の主な地主 -- の集会 (assembly, 議会) であった。 この議長は: もしも国王がいれば国王となり、 もしもいなければ代理となった。 裁判官以外には、 書記 (clerk)、 案内係 (usher)、 そして時には 2 人の専門的な弁護人 (pleader) がいた。 キャントレフ (cantref) 法廷が扱ったのは、 犯罪、 境界の決定、 そして相続であった。

北欧の国

hundare (ハンドレッド (hundred)) の用語は スヴェアランド (Svealand) と現在のフィンランド (Finland) で使用された。 この名前は、 4 隻の戦争漕艇 (rowed war boat) -- 各々に 12 組のオールと 1 人の司令官 -- に、乗り組む 100 人を組織する地区を意味すると想定されている。

中世デンマークの地図、herreder と sysler が見える。 国全体が herreder に分割、赤の輪郭。 色の付いた部分はユトランド半島 (Jutland) の syssel 分割を示す。 ジーランド島 (Zealand) の 4 つの ecclesiastic sysler は含まれていない。

そのうちに、この分割は härad あるいは Herred の 導入で取って代わられ、 これはこれ以外の北欧の国の用語であった。 この言葉は ノルド祖語 (Proto-Norse) の *harja-raiðō (warband) あるいは ゲルマン祖語 (Proto-Germanic) の *harja-raiða (戦争装置 (war equipment), ワペンテイク (wapentake) を比較せよ) のいずれかに由来する。 skipreide -- 住民が戦争船 (war ship) を装備・人員配置する責任を持つ海岸線の一部 -- と類似する。

ハンドレッドは ノールランド (Norrland) -- スウェーデンの人がほとんどいない北部 -- では組織されなかった。 スウェーデンでは、田舎 (countryside) のハーラ (härad, [訳注:地区]) は典型的には幾つかのソッケン単位 (socken unit, 教区) に分割され、 ここでは教会と世俗の行政単位がしばしば一致していた。 これは 1862 年の都市改革 (municipal reform) を通して基礎的な重要性を失い始めた。 härad は元々 landskap (プロビンス) の再分割であったが、 1634 年の政府改革 (government reform) によって län ("カウンティ") が プロビンスの全ての行政機能を引き継いだ。 härad は Riksdag of the Estates (スウェーデン議会 1436–1866) の最中に、 貧農 (peasan) を代表する 1 名選挙区としても機能した。 häradsrätt (ハンドレッド法廷) は田舎 (countyside) の第一審 (first instance) の法廷 であり、1970 年に廃止され、 tingsrätt (現代のディストリクト法廷) によって取って代わられた。

今日、ハンドレッドはスウェーデンでは何の行政的役割にも就いていないが、 少々の司法ディストリクト法廷はなおその名称を有しており (例えば、 Attunda tingsrätt)、 時々言い回し (expression) で使用される、例えば Sjuhäradsbygden (7 ハンドレッドのディストリクト).

ハンドレッドがフィンランドの西側でいつ組織されたのかは完全には明らかでない。 サタクンタ・プロビンス (Satakunta) の名称は、おおよそ 100 を意味し (sata はフィンランド語で 100 を意味する)、 北方十字軍 (Northern Crusades), キリスト教化 (Christianization), そして スウェーデンへの組み込み (incorporation into Sweden) より以前からの影響が示唆される。

ハンドレッドは、キーラクンタ (kihlakunta [訳注 教区]) として、2009 年まで、 複数の国の機関 (state authority) のための基礎的な行政分割であった。 各々は lääni (プロビンス/カウンティ) の下位で、それ自身の警察、ディストリクト法廷、 そして検事がいた。 典型的には市 (city) は都市型キーラクンタ (urban kihlakunta) を構成するが、 幾つかの地方型都市 (rural municipality) は地方型キーラクンタに属することになる。 地方型ハンドレッド (rural hundred) では、 lensmann (地方自治体 (local state authority) の長官 (chief)) は nimismuy (任命された人) あるいは古風に vallesmanni (スウェーデン語) と呼ばれた。 スウェーデン時代 (1809 年まで) に、 彼の主な責任は駅馬車の駅 (stagecoach stations) と馬車宿 (coaching inn) の 保守と旅行中の政府役人に食事と宿を提供し、 犯罪者の輸送、警察の責任を提供し、 ディストリクト法廷の手続き (tingsrätt) を配置し、税を徴収した。 そして時々狩猟を手配して、 オオカミと熊を間引いた。 2009 年に行政単位として、プロビンスの廃止に引き続き、 各機関 (each authority) の領域 (territory) は別々に境界を定めた、 すなわち警察ディストリクトと法廷ディストリクトは数が等しくなくても良くなった。 "härad" の称号 (title) は 8 - 10 年間の任務のあとで、 俗人裁判官 (lay judge) に与えられる herastuomari (フィンランド語) あるいは häradsdomare (スウェーデン語) の名誉タイトルとして生き延びた。

herred あるいは herad の用語は 1863 年から 1992 年の間に、 コミューヌ (kommune) (heradskommune) の用語に加えて、 地方型都市 (rural municipality) に対してノルウェーで使用された。 今日、西ノルウェーの 4 つの都市 (municipality) が、ウルビク (Ulvik) と Kvam のように、自身を herad と呼んでいる。 ノルウェーのディストリクトによっては、歴史的理由から、その名称に単語の herad が含まれている。 このようなディストリクトには東ノルウェーのクロツヘラ (Krødsherad) そして Heradsbygd が含まれる。

ウクライナ

17 世紀と 18 世紀に、"sotnia" は ヘーチマン国家 (Cossak Hetmabate) と スロボダ・ウクライナ (Sloboda Ukraine) において、 行政領土的、司法的、軍事的単位の "polk" であった。 「ウクライナ百科事典」 (Encyclopedia of Ukraine) は単語の軍事翻訳を company として採用した。

米国

デラウェア州、ニュージャージー州、そしてペンシルバニア州の カウンティは、 開拓者に馴染みなイングランドの習慣に従って 17 世紀に ハンドレッド (hundred) に分割された。 これらはデラウェア州で生き延び (「デラウェア州のハンドレッドの一覧」 (List of hundreds of Deraware) (未翻訳) を参照)、 1960 年代までに税金の申告と選挙区 (voting district) として 使用されたが、現在は何の行政的役割もない: この公式の法的使用は不動産の記述における使用のみである。

ハンドレッドはメリーランド州のカウンティの分割としても使用された。 メリーランド州の キャロル・カウンティ (Carroll County) は 1836 年の形成時には: ボルチモア・カウンティ (Baltimore County) からはハンドレッドの ノース・ハンドレッド (North Hundred), パイプ・クリーク・ハンドレッド (Pipe Creek Hundred), デラウェア・アッパー・ハンドレッド (Delaware Upper Hundred), デラウェア・ロウアー・ハンドレッド (Delaware Lower Hundred) を選び、: フレデリック・カウンティ (Federick County) からは パイプ・クリーク・ハンドレッド (Pipe Creek Hundred), ウェストミンスター・ハンドレッド (Westminster Hundred), ユニティ・ハンドレッド (Unity Hundred), バーン・ハウス・ハンドレッド (Burnt House Hundred), パイニー・クリーク・ハンドレッド (Piney Creek Hundred), そして トーニータウン・ハンドレッド (Taneytown Hundred, /ˈtɔːnitaʊn/) を選んだ。 メリーランド州の サマセット・カウンティ (Somerset County) は、 1666 年に設立され、最初は 6 つのハンドレッドに分割されていた: マタポニー (Mattapony), ポコモーク (Pocomoke), Boquetenorton, ワイコミコ (Wicomico), そして ボルティモア (Baltimore) の複数のハンドレッドであった、 後にハンドレッドがもう 5 つ追加された: ピッツ・クリーク (Pitts Creek), アクアンゴ (Acquango), クアポンコ (Queponco), バッキンガム (Buckingham), そしてウースター (Worcester) であった。

タルボット・カウンティ (Talbot County) (1661 年 2 月 12 日以前のある時点で設立) の 元々の境界jは、9 つのハンドレッド (hundred) を含んでおり: スレッドヘイブン・ハンドレッド (Threadhaven Hundred), Bolenbroke Hundred, ミル・ハンドレッド (Mill Hundred), タカホウ・ハンドレッド (Tuckahoe Hundred), ウォレル・ハンドレッド (Worrell Hundred), ベイ・ハンドレッド (Bay Hundred), アイランド・ハンドレッド (Island Hundred), ロウアー・ケント・アイランド・ハンドレッド (Lower Kent Island Hundred), チェスター・ハンドレッド (Chester Hundred) であった。 1669 年に、 チェスター・ハンドレッド (Chester Hundred) が ケント・カウンティ (Kent County) に与えられた。 1707 年に クイーンアンズ・カウンティ (Queen Anne's County) が タルボット・カウンティ (Talbot County) の北部から作られ、 タルボット・カウンティ (Talbot County) のハンドレッドは 7 に 減少した (ロウアー・ケント・アイランド・ハンドレッド (Lower Kent Island Hundred) は前者の一部分になった)。 この中でベイ・ハンドレッド (Bay Hundred) のみが、 タルボット・カウンティ (Talbot County) のディストリクト 5 (District 5) として法的に存在し続けたまゝである。 幾つかの法人化されていない共同体と現在の セント・マイケルズ (Saint Michaels) の一部分を含む地理的地区は ベイ・ハンドレッド (Bay Hundred) の名称で呼ばれ続け、州政府と地方政府は 水辺トレイル案内 (water trail guides) から共同体のプールに至るまで、この名称を使い続けており、 一方、地方紙は報道でこの名称を定期的に使用し続けている。

アメリカの独立に引き続き、「ハンドレッド」 (hundred) の名称は人気を失い、 「選挙区」 ("election district") で置き換えられた。 しかしながら、昔のハンドレッドの名称は、土地の権利証書 (deed) で登場し続ける。

初期の植民地のバージニアのプランテーションによっては、 名称にハンドレッドの用語を使用し、 例えば、マーチンズ・ハンドレッド (Martin's Hundred)、フラワーデュー・ハンドレッド (Flowerdew Hundred)、そして ウェスト&シャーリー・ハンドレッド (West and Shirley Hundred) がある。 バーミューダ・ハンドレッド (Bermuda Hundred) は英国植民地バージニアの最初の法人化された町であった。 これは、 1613 年にサー・トーマス・デイル (Sir Thomas Dale) により設立され、 ジェームズタウン (Jamestown) の 6 年後のことであった。

1785 年の土地布告 (Land Ordinance) となったものを議論している最中に、 トーマス・ジェファーソン (Thomas Jefferson) の委員会は西部の公有地 (public land) を 「10 地理マイル平方の 100 倍」 ("hundreds of ten geographical miles square") に分割することを望んだ。 この代わりに法律は 公有地測量システム (Public Land Survey System) の 6 マイル平方のタウンシップ を導入した。

オーストラリア

南オーストラリアで 土地権利 (land title) は一区画ハンドレッドの土地がある場所を記録している。 権利のシステムにリストされている南オーストラリアのカウンティの考えに類似して、 ディストリクトを言及する時には一般に使用されることがなく、 一般の公衆にはほとんど知られていない。 但し、土地権利 (land title) を移動するときは例外である。 ノーザン・テリトリー (Northern Territory) の現在の ダーウィン (Darwin) 地区の土地が始めて測量された時に、 テリトリー (territory) は南オーストラリア (South Australia) により管理され (administered)、 測量された土地はハンドレッドに分割された。 カンバーランド・カウンティ (シドニー) も 19 世紀にはハンドレッド (複数) を割り当てたが、これらは後に無効になった。 1 ハンドレッドは伝統的に 100 平方マイル (one hundred square miles) あるいは 64,000 エイカー (26,000 ヘクタール) である。 もっとも、これはしばしば正確ではない。というのは境界が地方の地形 (topography) に沿っているからである。