ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Hide (unit) - Wikipedia
ハイド (単位) (Hide (unit))

ハイド (hide) はイングランドの土地評価 (land measurement) の単位で、 元々、一家族を養えるのに十分な土地の量を表示することが意図されていた。 これは伝統的には 120 エーカー (49 ヘクタール) であると理解されていたが、 実際は、価値と税の評価の量であり、 これには 食物地代 (food-rent) (feorm, [訳注:税の一種]) の義務 (obligation)、 橋と要塞 (fortification) の保守と修理、 軍隊のマンパワー (manpower) (フュルド (fyrd))、 そして (最終的に) ゲルド地税 (geld land tax) がある。 ハイド (hide) の計算方法は今では明らかでない: 同じハイド数を持つ異なる資産が、同じカウンティにおいてさえ、広さが随分違っていた。 イングランドの ノルマン征服 (Norman Conquest of England) の後で、ハイド数の査定 (hidage assessment) が 1086 年 の ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) に記録され、1 年に £1 の収入を 生成する土地が 1 ハイドと査定される傾向があった。 ノルマン人の国王 (Norman kings) は 12 世紀の末まで、課税評価にこの単位を使用し続けた。

1 ハイドは 4 ヤードランド (yardland) あるいは 4 バーゲート (virgate) に分割された。 これは、ここから デーンロウ (Danelaw) で使用された単位であるカルケート (carucate) に名目上同等である。

  1. 元々の意味
  2. 神聖ローマ帝国の使用
  3. アングロ・サクソン時代のイングランド
  4. ノルマン征服の後
  5. 他の用語との関連
元々の意味

ハイド (hide) のアングロ・サクソンの単語は hid (あるいはその同義語である hiwisc) であった。 どちらの単語も同じ語根 (root) である hiwan に由来すると思われ、 hiwan は家族 (family) を意味する。

ベーダ (Bede) は彼の イングランド教会史 (731 年頃) (Ecclesiastical History (c. 731)) で領土の広さを家族の数で述べ、 例えば、ラテン語で terra x familiarum は 「10 家族の領土」 (a territory of ten family) を意味する。 同じ単語のアングロ・サクソン版である hid あるいは hiwan は terra ... familiarum の代わりに使用される。 同じ時期の他の文書は同じ等値 (same equivalence) を示し、 明らかなことは単語のハイド (hide) は元々貧農 (peasant) と彼の 家族 (household) あるいは一家 (family) を養うのに十分な 土地を意味した。 一家 (family) は拡張された意味を持っていたかもしれない。 一家 (family) が直接の家族 (family) あるいはもっと広いグループ を意味したかどうかは不明である。

チャールズ - エドワード (Charles-Edward) が示唆することは、 初期の使用では一本のスキ (plow) で作業した一家族の土地を言及し、 しかも一ハイドの土地の所有権は自由人 (freeman) の 身分を与えた。 ステントン (Stenton) は自由人を 「独立した貧農家族のマスター」 ("independent master of a peasant household") として言及している。

神聖ローマ帝国の使用

土地のハイド (hides) は 神聖ローマ帝国 (Holy Roman Empire) の自由戦士 (free warriors (miles)) を装備するのに使用された税徴収の基礎を形成した。 807 年に明記されたことは、セーヌ川の西の地域は、例えば、 4 ハイドあるいは 5 ハイド所有する臣下 (vassal) は招集があれば、 完全武装して直接参集することに責任があった。 しかしながら、各々 1 ハイドしか所有していない 3 名はグループ化 され、このうち 2 名は 3 番目の人を武装し、彼が彼らの名前で戦争に赴いた。 半バイトを所有している者は 6 名のグループ毎に 1 名を用意する責任があった。 これは、領主が戦場に完全に武装・食料供給した軍隊を戦場に連れていくことを 確実にする一つの方法として発生した。

アングロ・サクソン時代のイングランド

初期のアングロ・サクソンのイングランドでは、 ハイド (hide) は村あるいは地所 (estate) からの 食物地代 (food rent) (feorm と呼ばれた [訳注:税の一種]) の量を査定するための基礎として使用され、 すべての公的な義務が査定される単位として使用された。 これに含まれるものは: 橋と要塞の保守・修理、 町の防衛に配置される軍隊、あるいは フュルド ('fyrd') と 呼ばれる防衛軍の食糧である。 例えば、一時期、5 ハイドが国王の軍務に 一名の完全武装の兵士を提供することが期待され、 各ハイドからの一名が バー (burh) の守備隊の義務をすること、 及び最初の建設と維持の助けをすることになった。

ゲルド (geld) と呼ばれる土地税は 990 年に始めて課せられ、 これはデーンゲルド (Danegeld) とよばれた。 というのは、これは当時、国を攻撃したり、襲撃していたデーン人 (Dane) を 買収するために使用されたからである。 これは何回かの折に、同じ目的のために再び徴収された。 土地をハイド (hide) で査定する既存のシステムはゲルド (geld) を 徴収するために使用された。 ゲルド (geld) はハイド (hide) 毎に決められた税を課した (例えば 1 ハイドは 2 シリング)。 その後、同じシステムは一般の課税に使用され、 ゲルド (geld) は要求されたように徴収された。

ハイド (hide) は面積の評価ではなく、価値の評価であったが、 その査定の論理は理解するのがやさしくなく、とりわけ査定が時々変化し、 常に一貫していなかった。 アングロ・サクソン時代の終わりまでに、 土地面積の課税可能価値 ('taxable worth of an area of land') の評価 (measure) であったが、 面積、ここで仕事をする動物チームの数、あるいはその人口との 固定した関係はなく、 あるいは地所の耕作に適した土地に限定されているわけでなかった。 ベイリー (Bailey) によると、 「ありきたりであったことは、1086 年のハイド (hide) は大地の上で随分変動する大きさであり、 古い考えの 120 エーカーは承認できない」。 ベーダ (Bede) の時代と ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) の間に経過した 350 年間のシステムの発展の多くの詳細は不明のままである。 サー・フランク・ステントン (Sir Frank Stenton) によると、 「多くの偉大な学者の仕事にもかかわらず、初期のイングランドの教科書のハイドは理解しにくい意味を持つ用語のまゝである」。 査定が一貫して 5 ハイド (hide) あるいは 5 の倍数でされる傾向がある事実は、 固定した、あるいはおおよそのエーカーのことを話しているのではないことがわかり、 これは 11 世紀のみならず、7 世紀, 8 世紀の認可状にもあてはまっている。

にもかかわらず、ハイド (hide) は課税目的のための土地査定の人為的なシステムの基礎となり、 これは長時間継続した。 ハイド (hide) の最も一貫性のある側面はサリー・ハービー博士 (Dr. Sally Harvey) により (とりわけ ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) を言及して) 次のように記述されている: メートランド (Maitland) とヴィノグラドフ (Vinogradoff) がどちらも、ずっと以前に気が付いているように、 ドゥームズデイ (Domesday) を通して、1 ハイド (hide) の土地は £1 の価値があり、別の言葉では、 土地が一ハイドであると査定されるためには £1 の収入を生成することであった。

ハイド (hide) を言及する、幾つかの初期の文書が現存するが、 これはハイド (hide) の概念の発展段階として見なすことができるのみで、全体像を見ることができない。

「トライバル・ハイデッジ」 (Tribal Hidage) と呼ばれる文書は、とても初期のリストで、 7 世紀頃のものと思われるが、後の信頼できない写本のみから知られている。 これは 部族、 大君主 (overload) に貢物を支払う義務のある小さな王国、 そして、各々に課せられた相応の債務、あるいは割り当てのリストである。 これはハイドに関して表示されていた。 もっとも、我々には、これらがたどり着いた方法と、 現金の負債に変換された方法の詳細は不明である。

「バーガル・ハイデッジ」 (Burghal Hidage) (10 世紀初期) はバラ (borough) の一覧で、 近隣地区のハイドの査定を与え、各々はハイド数に比例して、 要塞の維持と要員の配置に貢献し、この責任を負っていた。

「カウンティ・ハイデッジ」 (County Hidage) (11 世紀初頭) は各カウンティで査定された全ハイド数を一覧表にし、 この時までに、与えられた地区の全ハイド数は上から強制されたようである。 各カウンティはハイドの概数が割り当てられ、これに責任を負うことが要求された。 例えば 11 世紀の初期の頃に、 ノーサンプトンシャー (Northamptonshire) は 3200 ハイドを 割り当てられ、一方 スタッフォードシャー (Staffordshire) は 500 ハイドしか割り当てられなかった。 この数は更にカウンティのハンドレッドの間に分割された。 理論的には各ハンドレッド (hundred) には 100 ハイド (hide) があったが、 この比率はしばしば維持されなかった。 その理由は、例えば、ハンドレッドの変更、 あるいは、これらを包含する地所の変更、 あるいは実際の現金債務が高すぎるか、低すぎると気がづいた時に査定が変更された、 あるいは現在は不明な他の理由からであった。

ハンドレッドの中のハイドは次に、村, 荘園, あるいは地所 -- 通常はブロック、あるいは 5 の倍数のハイド -- に分割された。 もっとも、これは常には維持されなかった。 標準からの逸脱は、地所があるハンドレッドから別の ハンドレッドへの移動の結果であったり、 地所の大きさの補正からであったり、 あるいは地所が責任を持つハイド数の変更からであった。

各地方共同体 (local community) が決定した仕事は: ハイド (hide) の割り当てを、共同体が保持する土地の間への分割の方法であった。 異なる共同体は異なる基準を使用し、 これは所有している土地のタイプと、 共同体内における個人の富の計算方法に依存した。 唯一の包括的定義が可能でないことは自明である。

ノルマン征服の後

ノルマン征服 (Norman Conquest) の後で、ノルマン人の国王 (Norman king) は使用されていたシステムを継続し続けた。 既存のハイド査定に時々ゲルド (Geld) が課せられた。 1084 年に ウィリアム 1 世 (William I) はすべてのハイドに例外的に重い 6 シリングのゲルド (geld) を課した。 当時、ハイドの価値は 1 年におよそ 20 シリングで、牡牛 (ox) の値段は 2 シリングであった。 従って、1 ハイドの所有者は牡牛 3 匹に等価で、彼の土地の年間の価値の 1/3 に近い税負担があった。 もっと正常な税は 1 ハイド毎に 2 シリングであった。

ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) は 1086 年の ウィリアム 1 世 (William I) の命令で実施した調査の結果を記録し、 調査した地域を通して、地所の査定額をハイド (あるいは場合によってはカルケート (carucates) やスルング (sulung)) で述べている。 通常、これは 1086 年と 1066 年の情報を与えているが、 カウンティ (county) によっては異なり、この日付の一方のみの情報を示している。 この時までに査定は多くの変則 (anomalies) を示していた。 テナント - イン - チーフ (tenants-in-chief) により所有された土地のハイド査定の多くは、 税の免除と削減を発行するために 1066 年と 1086 年に少なくなっている。 再び、これはハイドが税の査定であって、土地の面積でないことを示している。

訳注
テナント - イン - チーフ (tenants-in-chief) の定義は Tenant-in-chief definition and meaning - Collins Dictionary によると、
(in feudal society) a tenant who held some or all of his lands directly from the king ((封建社会の) テナントで、土地の一部あるいは全部を国王から直接得ている人。

時々、ハイドの査定は荘園全体とそこに含まれる領土 (すなわち領主自身の領土) の 両方に与えられている。 サリー・ハービー博士 (Dr Sally Harvey) が示唆することは ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) の耕作地のデータは、 完全な査定のやり直しに使用することを意図したものであったが、 もしそうであっても、これは決して実施されなかった。 パイプ・ロール (Pipe Rolls) が利用可能な場所で示していることは、課税はおおまかには古い査定に基づいていた、 もっとも少々修正と免除があった。

最後の記録された課税は 1162 年 - 1163 年で、 ヘンリー 2 世 (Henry II) の治世の時であったが、 この税は公式には廃止されず、 ヘンリー 2 世 (Henry II) は 1173 年と 1175 年のあいだにこれを使用することを考えた。 古い査定が 1193 年 - 1194 年に土地の税で使用され、 国王リチャード (King Richard) の身代金の資金を集めた。

他の用語との関連

1 ハイドは通常 4 バーゲイト (virgate) から成っていたが、例外的に サセックス (Sussex) は 8 バーゲイト (virgates) であった。 類似の評価 (measure) は、 北の デーンロウ (DanelawO で使用されて、カルケート (carucate) と呼ばれ、8 ボーベイト (bovate) から構成され、 ケント (Kent) は 「スルング」 ("sulung") を基礎とするシステムを使用し、4 ヨーク (yoke) から構成され、 これはハイドより広く、時々、2 ハイドに同等として処理された。 これらの基準は異なる起源があり、1 家族の耕作地とは対照的に、 ワン・プラウ・チーム (one plough team、[訳注:動物のチームにより牽引する犂 (スキ) 一式]) により耕作できる 量の土地を意味していたが、後に人為的な財政上の査定になった。

ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) のカウンティによっては (例えば ケンブリッジシャー (Cambridgeshire))、 ハイド (hide) は時々 120 エーカー (30 acres to the virgate) から構成されるものとして 示されているが、 ダービー (Darby) が説明するように 「エーカー (acres) は無論面積の単位ではなく、 ゲルド・エーカー (geld acres) が面積の単位、すなわち査定の単位である。」 ("The acres are, of course, not units of area, but geld acres, i.e. units of assessment") 別の言葉では、これは税の査定を、 査定された土地の何人かの部分所有者の間で、ハイドにより分割する方法である。 10 ハイドと査定され、1 ハイド当たり 2 シリングのゲルド (geld) を支払う村で、 40 概念エーカー (notional acres) (あるいは財務エーカー (fiscal acres)) の土地の所有者は 2 シリングの 1/3 (40/120) -- すなわち 8 ペンス -- の責任がある。 もっとも彼の土地は広さで現代の 40 法令エーカー (statute acres) より、 随分多いかもしれないし、少ないかもしれない。

苗字のフーバー (Huber) (フーバー (Hoover) とも英語化されている) は同等なドイツ語単語の Hube に基づき、 これは農民が所有する土地の単位である。