ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Burh - Wikipedia
バー (Burh)

バー (burh) (古英語の発音 [burˠx]) あるいはバーグ (burg) は 昔のイングランドの要塞あるいは要塞化された集落である。 9 世紀に、バイキングによる襲撃と侵略により、 アルフレッド大王 (Alfred the Great) を駆り立てたことは、 このような攻撃者に対して使用するバー (burh) と道路のネットワークの開発である。 あるものは新しく建設し、 別のものは鉄器時代の 「丘の砦」 (hillfort) や 「ローマの砦」 (Roman forts) の 遺跡にあり、元々の要塞建設の資材を使用した。 ルンデンバー (Lundenburh, 中世ロンドン) のように、多くは川沿いにあった; これは国内の供給線を容易にし、一方で、ロングシップ (longship, 長船) のような喫水の浅い船舶で、 攻撃者が王国内部に進入することを制限した。

バー (burh) は商業且つ時には行政の中心としての二義的な役割もあった。 この要塞化はイングランドの色々な王室造幣局 (royal mint) を保護するために使用された。

10 世紀のバーガル・ハイデッジ (Burghal Hidage, /ˈbəːɡ(ə)l/, [文書名]) で言及されたバー (burhs) の地図
  1. 名称
  2. 背景
  3. 建設
  4. 目的
名称

バー (burh) とバーグ (burg) は 原始ドイツ語の単語 (Proto-Germanic word、 ゲルマン祖語) から発展した古英語 (Old English) で、 burg-s のように再構成 (reconstruct) され、 動詞の *burg-an (「守るために取り囲む」, to shut in for protection)) と同起源である。 これらは ドイツ語の Burg、 オランダ語の burcht、 そしてスカンジナビア語の borg と 同起源で、 英語では "borough" (バラ)、 "burg" (/bərɡ/, バーグ) 、そして、 (とりわけイングランドの イースト・アングリア地区 (East Anglian region) と スコットランドで) "burgh" (/ˈbərɡ/, バーグ) のように発展した。

ベイオウルフ (Beowulf, /ˈbeɪəwʊlf/, [訳注:叙事詩]) の著者は burg, burth, そして beorth の
ような単語を使用、これは 1 つの語幹に由来し、すでに 3 つの異なる意味があった。

burig は burh と burgu (砦 (forts)、要塞化 (fortifications)) の複数形であった。 これは 与格 (dative) の形 (「砦に」 ("to the fort" あるいは "for the fort")) でもあった。 これは "bury" と "berry" に発展し、 荘園邸宅 (manor house)、あるいは大きな農家、あるいは要塞のそばの集落を述べるのに使用された。

ここで述べた英語の基礎に付け加え、 これらの名前は、 古英語の 翻訳借用 (calque) や 土着民地名の変形に使用され、 ブリソン諸語の (Brittonic) *-duon、ウェールズ語の caer、 ソールズベリー (Salisbury) のようなものが含まれる。

背景

バー (burh) は元々軍事防御施設として建設された。 H. R. ロイン (H. R. Loyn) によると、 『バー (burh) は中世イングランドのバラ (borough) と中世の町 (town) の 進化における、きわめて重大ではあるが、一段階を表しているのに過ぎない』。 古代のバー (burh) の境界は、しばしば、現代の都市バラ (urban borough) の限界でたどることができる。 これらの大半は アルフレッド大王 (Alfred the Great) によって意識して計画された政策で建設され、 子息の エドワード長兄王 (Edward the Elder)、 娘の エセルフレド (Æthelflæd) (マーシア人のレディー ('Lady of the Mercians'))、 そして彼女の夫のエセルレッド (Æthelred) (マーシアのチーフ・オフィサー (Ealdorman of Mercia)) によって継続された。 マーシアの記録はエセルフレド (Æthelflæd) によるバー (burhs) の建設を語っており、 幾つかは タムワース (Tamworth) と スタッフォード (Stafford) のように重要で、他は今では識別できない。

オクスフォードシャー、ウォーリングフォード (Wallingford) のバー (burh) の壁

幾つかは、既存のローマの構造に基礎を置き、 幾つかは、新規に建設された。もっともそれ以外は後に建設された。 エセルスタン (Æthelstan) はこれらのバー (burhs) に硬貨を鋳造する権利を与え、 10 世紀と 11 世紀には、バー (burh) の外で硬貨を鋳造してはならないはっきりした規則があった。

10 世紀の文書 -- 現在ではバーガル・ハイデッジ (Burghal Hidage, /ˈbəːɡ(ə)l/, [文書名]) と呼ばれ、1897 年に フレデリック・ウィリアム・メイトランド (Frederic William Maitland) によってこのように命名 -- がウェセックス (Wessex) に 30 ヵ所のバー (burh) とマーシア (Mercia) に 2 ヵ所を挙げている。 この時には、マーシア (Mercia) はウェスト・サクソン (West Saxon) の国王により支配されていた。 これらのバー (burh) はすべて、バイキングの襲撃に対してこの地域を守るために建設された。

8 ヵ所のバー (burh) のみが中世に都市の地位を達成した: これらは チェスター (Chester), ブリッジノース (Bridgnorth), タムワース (Tamworth), スタッフォード (Stafford), ハートフォード (Hertford), ウォリック (Warwick), バッキンガム (Buckingham) そして モールドン (Maldon) であった。 最大のものは ウィンチェスター (Winchester), ウォーリングフォード (Wallingford) そしてウォリック (Warwick) で、 一方 ウォーリングフォード (Wallingford) と ウェアラム (Wareham) は最も良く保存された実例で、 がっしりした堀 (ditches) と堤防 (bank) がまだ見える。 ウォーリングフォード (Wallingford) の 9000 フィート (2,700 m) の 堤防の建設は 120,000 人時 (man hours) 以上 を使ったと見積もられている。 バー (burh) の町は通常規則的な通り (street) のレイアウト (layout) があり、 この幾つかはなお保存されている。 バー (burh) はイングランドの都会生活 (urban life) の起源であると広く思われている。 大抵の場合、 アルフレッド (Alfred) によるバー (burh) の再建で、 名前の変更がなかった、というのは選択された場所は、すでに何らかの要塞の構造が あったからである。

建設

バー (burh) は色々な方法で作られ、 依存したのは、周りで利用可能な資材、 集落の大きさ、あるいは、これが防御する地域の大きさであった。

バー (burh) の周りの壁で囲った防御施設
アルフレッドの首都ウィンチェスター、
ローマの基礎の上のサクソンと中世の工事

しばしば、バー (burh) は既存の要塞の遺跡に建設された。 時々、アングロ・サクソンはローマの町の壁を単に修理した。 例えば ウィンチェスター (Winchester), エクセター (Exeter), ヨーク (York), バーグ・キャッスル (Burgh Castle), ポートチェスター (Portchester) そしてドーバー (Dover) がある。 他の場合には、彼らは鉄器時代の要塞の遺跡に建設した、例えば ドーバー (Dover) があり、古い堀と城壁を利用した。

しかしながら、アングロ・サクソンは単に古い要塞を使用したのではない。 サクソンにより建設されたバー (burhs) の多くは、 全く新しい要塞化した場所で、 海岸の戦略的場所、 港や、道路を見下ろす所、 そしてトレード・ルートの近くであった。 随分と多くの新しい町は平たんな土地に長方形のレイ・アウトで建設され、 例えば オクスフォード (Oxford), ウォーリングフォード (Wallingford), クリックレイド (Cricklade) そしてウェアラム (Wareham) がある。

伝統的には、バー (burhs) は最初はどっしりした一連の堤防を建設し、 その前に堀を作った。 堤防は典型的には材木で上張りをして、木の鋲で留めた。 この上に、高さ 10 フィート (3.0 m) までの木杭の パリセイド (palisade) を載せ、歩道がついていた。 タムワース (Tamworth) のような町では、城壁は腐り、時と共に外に押されて、堀と堤防が劣化した。 これを解決するために、アングロ・サクソンの建設者は堤防の表面を石で上張りし、 防御を強化し、寿命を延ばした。

目的

目的は、港と町、そして周辺の農家、村、そして村落の防御を提供することであった。 アングロ・サクソン年代記 (Anglo-Saxon Chronicle) によれば、アルフレッド (Alfred) は一連のバー (burhs) を建設し、 バーガル・ハイデッジ (Burghal Hidage) で 30 以上が 列挙されている。 明らかにアルフレッド (Alfred) が意図したことはイングランドの農場や村はバー (barh) から 20 マイル (32 km) 以上離れていないことであった。 良く整備された軍隊の道路 (herepaths と呼ばれた) のネットワークを、彼が建設し、 バー (burhs) を相互に接続し、 全住民が避難所 (彼らの地方のバー (burhs)) に素早く進入できるようにした。 herepaths によりアルフレッド (Alfred) の部隊はもっと素早く移動して敵と交戦できるようにした。 必要であれば他のバー (burhs) からの増援を容易に呼べることも意味していた。 ライアン・ラベル (Ryan Lavelle) が信じたことは、各バー (burh) には騎馬隊がおり、 バイキングとの交戦に用意していたことである。 あり得ることはウェセックス (Wessex) の高い丘にはのろしのシステムがあり、侵略者の事前の警告があったことである。 従って、中央にバー (burhs) があるこの要塞化と防衛の統合化されたネットワークにより、 アルフレッドはバイキングが戦略的に重要な町と港を獲得することを困難にすることができた。

バー (burhs) はトレードと製造の中心地、安全な避難所としての二次的な役割もあった。 兵器工場、鍛冶屋、王室造幣局とトレード基地 (trading post) はすべてバー (burh) の中にあった。 これらは、サクソン軍が従軍中の補給基地として使用されたであろう、 従ってアングロ・サクソン軍が、武器、新鮮な馬、食糧で継続的に補給されることを可能にした。

アルフレッドの在位中に、国王ファード (royal fyrd) (国王軍、[訳注:民兵]) と地方ファード (local fyrd、地方軍) の間にははっきりとした境界があった。 地方ファードはバー (burh) の建設と防衛に責任があり、一方、国王ファードは国王の下で仕えた。