ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fyrd - Wikipedia

フュルド (Fyrd) は アングロ・サクソンの軍隊の一形式です。

フュルド (Fyrd)

フュルド (古英語 (Old English) の発音 [fyrˠd]) は初期の アングロ・サクソンの軍隊の一形式で、 自由人 (freeman) や給与者 (paid man) から動員されて シャイア (Shire) の領主の地所を守った、 あるいは選抜された代表から動員されて王室遠征隊 (royal expedition) に加わった。 フュルド (fyrd) の任務は通常短期間で、参加者は自分自身の武器と食料を 持参することが期待されていた。フュルドの組織 (composition) は、 とりわけ バイキングによる襲撃と侵略の反応として長年の間に発展した。 防衛と徴兵制のシステムは アルフレッド大王 (Alfred the Great) の治世の間に再編成され、 彼は ウェセックス王国 (kingdom of Wessex) に 33 の要塞化した町 (あるいは バー burh) を設置した。 各町を維持するのに必要な課税の額はバーガル・ハイディッジ ( Burghal Hidage ((/ˈbɜːrɡəl ˈhaɪdɪdʒ/))) と呼ばれる文書で制定された。 各領主は個々に保有する土地を ハイド (hide) で査定した。 土地保有に基づき、彼は バー (burhs) を維持・防衛するために人員・武器に貢献しなければ ならなかった。 この要求に従わなければ、厳しい罰になった。

究極的にフュルド (fyrd) は経験を積んだ兵士が中心となり、 ここに シャイアの普通の村人と農民が補足し、領主に付き添った。

  1. 定義
定義

中世初期のゲルマン民族 (Germanic) の支配者は地方徴兵により供給される 歩兵隊 -- フュルド(fyrd) -- に依存し、 初期のアングロ・サクソン時代のイングランドの幾つかの王国の 軍事力が依存したのはこのシステムであった。 アングロ・サクソンの文書では、 軍事任務 (military service) は fyrd-faru, fyrd-færeld, fyrd-socn, あるいは単にフュルド (fyrd) として表現されている。 フュルド (fyrd) はアングロ・サクソンの シャイア (shire) の地方民兵であり、 ここにすべての自由人 (freeman) が奉仕する必要があった。 軍務を拒否する者は罰金を課せられたり、土地を失った。 イネ (Ine) の法律によれば

土地を持っている貴族が軍務を放置すれば、彼は 120 シリングを支払い、土地を失うことになる; 土地を持っていない貴族は 60 シリングを支払うことになる; 平民は軍務を放置すれば 30 シリングの罰金を支払うことになる。

地方の襲撃を処理することは シャイアのフュルド (fyrd) の責任であった。 国王は全国の民兵 (national militia) を招集して、王国を守らせることが できるが、とりわけ バイキングによる 速攻の襲撃 (hit and run raids) の場合には、通信と補給の問題により、 全国の民兵は十分速く招集できないので、ほとんど招集されなかった。

歴史家はフュルド (fyrd) が 従士 (thegn) と傭兵 (mercenary) を含んでいたか否かで 意見を異にしている。 始めは、軍隊は恐らく全く歩兵だけであったことであろう。 しかしながら アルフレッド (Alfred) の時代から騎乗歩兵 (mounted infantry) の軍隊があったことであろう、 彼らは問題がある場所に素早く馬で駆けつけて、馬から降りて襲撃軍を追い払ったことであろう。 また、 アルフレッド (Alfred) の再編成の後で、彼の軍隊には 2 つの要素があった。 選抜フュルド (select-fyrd) と呼ばれる最初のものは、最もあり得ることは、 完全に忠実な騎乗歩兵の軍隊で、 従士 (thegn) とその家臣 (retainer) から構成され、 伯爵 (earls) と リーブ (reeves) によって支援されていた。 2 番目は地方民兵 (local militia) あるいは一般フュルド (general-fyrd) で、 シャイア (shire) とバラ (borough district) の防衛の責任があり、 自由人 (freeman) -- 例えば小さなテナント農民と地方 従士 (local thegn) 及びリーブ (reeve) -- から構成されていた。 11 世紀には、歩兵隊は ハウスカール (housecarl) の精鋭軍 (elite force) の追加により強化された。 しかしながら、もっと最近の研究により示唆されることは、選抜フュルド (select fyrd) のみがいたことと、 騎乗要素は ウェセックス (Wessex) によって提供されていたことである。

アングロ・サクソン年代記 (Anglo-Saxon Chronicle) が バイキングの軍隊 (Danish Army) に対して使用する 古英語 (Old English) の用語は "here" である: ウェセックスのイネ (Ine of Wessex) は およそ 694 年に刊行された 法典 (law code) で "here" の定義を 侵略軍あるいは 35 名以上から成る襲撃部隊として与えている。 しかし、"here" と "fyrd" の用語は、イングランドの民兵に関する限りでは、後の文献では区別なく使用されている。

アングロ・サクソン時代のイングランドのテナントは彼らの土地所有を基礎にした 3 つの義務があった: 軍務、要塞工事、橋の修繕のいわゆる共通の義務であった。 土地の所有者が、他の王室の任務を免除されても、この 3 つの義務は留保された。 この実例には 858 年の認可状があり、ここで ケントのエゼルベルト (Æthelberht of Kent) は彼の 従士 (thegn) の Wulflaf と 土地を交換した。 これが条件として要求したことは、Wulflat の土地が、 軍務、橋の建設、要塞工事を除き、 すべての王室任務 (royal services) と非宗教的義務から解放されることであった。

クヌートの法 (law) によると:

要塞や橋の修理、あるいは軍務を怠れば、誰でも、 イングランド法治地域で国王への補償として 120 シリングを払うことになる。 そして、この額は デーンロウ (Danelaw) の既存の規則 (regulation) により固定されている。

イングランドは 8 世紀末以後、 バイキングによる襲撃に苦しみ、 当初は主に修道院が襲撃された。 襲撃された最初の修道院は 793 年で、北東の海岸から離れた リンディスファーン島 (Lindisfarne) にあり、 アングロ・サクソン年代記 (Anglo-Saxon Chronicle) は バイキングを異教徒人 (heathen men、ヒーズン・メン) と記述している。 襲撃は 860 年代まで断続的に継続し、この時に バイキングは襲撃する代わりに 戦術を変えて、大軍を派遣してイングランドを侵略した。 この軍隊は アングロ・サクソン年代記 (Anglo-Saxon Chronicle) には 大異教徒軍 ("Great Heathen Army") として 記述された。 デーン人はまもなく 878 年に アルフレッド大王 (Alfred the Great) により エディントンの戦い (Battle of Edington) で 打破された。 このすぐ後に 「アルフレッドとグスルムの条約」 (Treaty of Alfred and Guthrum) が続き、この条約の下で、 イングランドは ウェセックス (Wessex) の アングロ・サクソン人 (Anglo-Saxons) と バイキングの間で分割された。 しかしながら、大陸で活発な別のバイキングの軍隊 (Danish army、デーン人の軍隊) による脅威が継続した。 大陸で暴れまわる バイキングの軍隊は、 アルフレッド (Alfred) に彼の ウェセックス王国 (Kingdom of Wessex) を防御することを 促した。 彼は海軍を建設し、陸軍を再編成して、 バー (burh) と呼ばれる要塞化した町の システムを設置した。

システムの各要素は バイキングの襲撃と侵略によりさらされるウェスト・サクソン (West Saxon) の軍事体系 の欠陥を改善することを意味した。 もしも、既存のシステムの下で、彼が軍隊をすばやく招集して、 機動性のある バイキングの侵略をインターセプトできなければ、明らかな 解答は野戦常備軍 (standing field force) を持つことである。 これによりウェスト・サクソン・フュルド (West Saxon fyrd) を国王と随行者の散発的な招集 から、騎乗した常駐軍に変更することが必要となれば、そうするだけであった。 もしも彼の王国に敵軍の前進を邪魔する拠点がなければ彼はそれを作った。 敵が海から襲えば自分の海軍で反撃をした。 バー (burh) と常駐軍を維持するために、課税と徴兵のシステムを設定した。 これは文書に記録され、今では バーガル・ハイディッジ ( Burghal Hidage ((/ˈbɜːrɡəl ˈhaɪdɪdʒ/))) と呼ばれ、 33 の要塞化した町が課税額 (ハイド (hide) と呼ばれる) と共に一覧にされている。 特徴的に アルフレッド (Alfred) の刷新 (innovation) の全ては伝統的な ウェスト・サクソン (West Saxon) の実践にしっかりと根ざし、 3 つの 「共通の債務」 ('common burdens') を利用し、 この債務 (burden) は、すべての勅許保有地 (bookland) と王室貸付土地 (royal loanland) の 全ての保有者が国王に負っているものであった。 アルフレッド (Alfred) が彼の天才を明らかにしたのは、 野戦軍 (field force) と バー (burh) を一貫した軍事システムの 一部分としてデザインしたことである。

フュルド (fyrd) は 1066 年に ハロルド王 (King Harold) により、ひどく利用された。 例えば ハラルド・ハードラーダ (Harald Hardrada) と ノルマンティーのウィリアム (William of Normandy) の侵略に抵抗することで利用された。

アングロ・ノルマン (Anglo-Norman) の国王である イングランドのヘンリー 1 世 (Henry I) は 即位式で エドワード懺悔王 (Edward the Confessor) の法律を回復することを約束し、 ウェスト・サクソン (West Saxon) の王室の先祖を持つスコットランドの王女と結婚し、 彼の封建義務に補足するために全イングランド軍としてフュルド (fyrd) を招集した。 これは オルデリック・ビターリス (Orderic Vitalis) が報告することで、 ヘンリー 1 世 (Henry I) の兄弟のロバート・カートホース (Robert Curthose) の失敗した侵略に反撃するためで、 1101 年の夏と 1102 年の秋のどちらにもあった。

初期の米国の軍事組織の見解は、フュルド (fyrd) を植民地バージニアを守るための抽象的な原理と考えた。