ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Borough - Wikipedia

borough の訳語は英和辞典には 「自治都市」 の訳語がかいてありますが、 元々は小さな (town) であったものが時代と共に大きくなっていくようなので「自治区」と訳しています。しかも、ここでは世界中の borough を扱っており、 この訳語では少し都合が悪いところもあるかもしれません。

municipality は辞書には「自治体」のような訳語が書いてありますが、以下の翻訳で少し困ったので、 英々辞書を参考にしました。 Municipality - definition of municipality by The Free Dictionaryによると

1. A political unit, such as a city, town, or village, incorporated for local self-government.
市、町あるいは村のような政治単位で、地方自治のために法人化されている。

とあったので、municipality に「都市自治体」 の訳語を与えています。

自治区 (Borough, バラ)

自治区 (borough, バラ) は色々な英語圏の国の行政上の区分である。 原則として、自治区 (borough) の用語は壁で囲まれた自治の町 (self-governing walled town) を示す。 もっとも実際には用語の公的な使用は広く変化する。

  1. 歴史
  2. 語源
  3. 発音
  4. 定義
歴史

中世には、自治区 (borough, バラ) は何らかの自治 (self-government) が 与えられたイングランドの集落であった; バーグ (burghs, /ˈbərɡ/) は同等なスコットランド語である。 中世イングランドでは、自治区 (borough) は国会議員 (member of parliament) を 選出する資格もあった。 自治区 (borough) の用語の使用は、おそらくは アルフレッド大王 (Alfred the Great) の砦システム (バーガル・システム (burghal system)) に由来する。 アルフレッド (Alfred) は防衛砦のシステム (バー (Burhs)) を設置した; これらの特別な集落を維持するために、彼は彼らに一定の自治を承諾した。 ノルマン征服 (Norman Conquest) の後で、ある町々が自治を承諾されたときに、 バー / 自治区 (burh / borough) の概念が再利用され、自治集落を意味したように思われる。

ベイオウルフ (Beowulf) のバーグ (burg, 砦)

自治区 (borough) の概念は世界中で繰り返され (そして、しばしば違う意味で) 使用されてきた。 しばしば、自治区 (borough) は自分自身の地方政府を持つ単一の町である。 しかしながら、市 (cities) によっては市の再分割である (例えば、ニューヨーク、ロンドン、そしてモントリオール)。 このような場合には、自治区 (borough) は通常、市 (city) の地方政府から委任された 限定的な権力があるか、あるいはまったく権力がない。 他の場所では、例えば米国アラスカ州で、自治区 (borough) は地域全体を指定する; アラスカ最大の自治区 (borough) である ノース・スロープ自治区 (North Slope Borough) は面積では英国全体に匹敵する。 もっとも人口はイングランド南岸のスワネージ (Swanage) よりも少なく、およそ 9,600 名の住民がいる。 オーストラリアでは、自治区 (borough) は小さな自治の町であったが、 この指定はほとんど消え失せ、国に唯一の自治区 (borough) が残るのみで、 これはクイーンズクリフ自治区 (Borough of Queenscliffe) である。

行政単位としての自治区 (borough) はアイルランドと英国で見られ、 もっとはっきりというと、イングランドと北アイルランドである。 自治区はカナダの州 (province) であるケベック州でも存在し、 以前はオンタリオ州にも存在し、米国のある州でもイスラエルでも存在し、 以前はニュージーランドにも存在し、オーストラリアには唯 1 ヵ所残っている。

語源

単語のバラ (borough, 自治区) は古英語の単語のバーグ (burg), バー (burh) に由来し、 要塞化した居留地 (settlement) を意味する。 この単語は現代英語では bury, -brough、 スコットランド語の burgh、 スカンジナビア語の borg、 ドイツ語の Burg としても登場する。

他のヨーロッパの言語に同起源の言葉があり、中世に ドイツ語から借りたものである。 これには、アイルランド語の brog、 壁あるいは城壁を意味するウェールズ語の bwr あるいは bwrc、 フランス語の bourg (ブール, 町)、 カタロニア語 (Catalan) の burg (カタロニアには Burg と呼ばれる町がある)、 イタリア語の borgo、 ポルトガル語とカスティリア語の burgo (ここから地名の Burgos ( ブルゴス))、 ポーランドの Lębork ( レンボルク) と Malbork ( マルボルク) の -bork、 スロベニア (Slovenian) の Maribor ( マリボル) の -bor がある。

'burg' 要素は城 (castle) あるいは砦 (fortress) を意味し、 しばしば丘 (hill) あるいは山を意味する 'berg' と混乱する (iceberg (アイスバーグ、氷山)、inselberg (インセルバーグ、島状丘) を比較せよ)。 従って、 ベルゲン (Bergen) あるいは ハイデルベルグ (Heidelberg) の 'berg' 要素は砦 (fort) ではなく、 丘に関係する。 ある場合には、地名の 'berg' 要素は burg / borough の方に合流した; 例えば fernaberga (fern-hill, シダの丘) からファーンバラ (Farnborough) になった。

発音

イングランドの多くの場所で、 'borough' は独立な単語としては /ˈbʌrə/ ( 発音) と発音し、地名の接尾辞としては /bərə/ と発音する。 接尾辞として、時々 "-brough" とつづる。

米国では、"borough" は /ˈbʌroʊ/ と発音する。 地名の接尾辞 "-burg(h)" として登場する時は /bɜːrɡ/ と発音する。

訳注
上の発音の説明は少し問題があるかもしれない。 多くの英々辞書では英国式と米国式の発音で違っている場合にはちゃんと明示してある。 例えば Borough - definition of borough by The Free Dictionaryでは区別している。 (スピーカー・アイコンの形が違っており、米国式はボローで上と違っている。) 所が Borough | Definition of Borough by Merriam-Websterでは区別していない。
定義
オーストラリア

オーストラリアでは、"borough" の用語は地方政府の領域のために時々使用される用語である。 現在の所、オーストラリアには唯一の自治区 (borough) である ビクトリア (Victoria) の自治区・オブ・クイーンズクリフ (Borough of Queenscliffe) がある、 もっとも過去にはもっとあった。 しかしながら、ある場合には公式の肩書として使用される代わりに、 地方議会の名称に組み込まれることもあり、例えば、 タスマニア (Tasmania) のキングバラ都市自治体 (Municipality of Kingborough) がある。

カナダ

ケベックでは自治区 (borough) の用語は一般的にアロンディスマン (arrondissement, 郡, (大都市の) 区) の英訳として使用され、 都市自治体 (municipality) あるいは行政地区 (district) の行政区分 (administrative division) を言及する。 8 つの都市自治体 (municipality) が自治区 (borough) に分割されている; ケベックの自治区 (borough) の一覧を参照 (未翻訳)。

オンタリオ州 (Ontario) では以前は メトロポリタン・トロント (Metropolitan Toronto) の郊外の都市自治体 (suburban municipalities) を示すのに使用され、 これに含まれたものは、 スカー自治区 (Scarborough), ヨーク (York), ノース・ヨーク (North York) 及びエトビコー (Etobicoke、/ɛˈtoʊbɪkoʊ/) で、市に転換する前であった。 イースト・ヨーク自治区 (Borough of East York) はこの地位を得たトロント最後の都市自治体 (municipality) であり、 1998 年 1 月 1 日にトロント市政府の 1 部分になった時に、これを放棄した。

コロンビア

コロンビア都市自治体 (Colombian Municipalities) は自治区 (borough, スペイン語の localidades の英訳) に細分され、 地方政府のための地方執行部 (local executive) と行政委員会 (administrative board) が付いている。 これらの自治区 (borough) はネイバーフード (neighborhoods、近隣) に分割されている。

主な市はヨーロッパやアメリカの市と同じ造作を持つ localidades があり、 これに含まれるのは: ボゴタ (Bogotá) の ソアチャ (Soacha), Bello, La Estrella, Sabaneta, Envigado 及び メデジンの Itagüí がある。

アイルランド

2014 年の地方政府改革法 (Local Government Reform Act 2014) により 指定された 4 ヵ所の自治区行政地区 (borough district) がある: クロンメル (Clonmel), ドロヘダ (Drogheda), スライゴ (Sligo), そして ウェックスフォード (Wexford) である。 2018 年に報告された地方境界の見直しは、 人口が 30,000 名以上の国勢調査の町を含むどのような地区にも自治区の地位 (borough status) を与えることを提案した。 これには ダンドーク (Dundalk), Bray, 及び ナバン (Navan) の町が含まれることになる。 これには 2014 年の法律に修正が必要で、大臣の ジョン・ポール・フェラン (John Paul Phelan) により 2019 年に約束された。

歴史的には、アイルランドの下院 (House of Commons) (の議員を選出するため) に 117 の議会自治区 (parliamentary borough) があり、 そのうち 80 が、1800 年の統一法 (Acts of Union) により選挙権を奪われ、 11 ヵ所を除いてすべてが、「1840 年の都市法人法」(アイルランド) (Municipal Corporation (Ireland) Act 1840) の下で廃止された。 「1896 年の地方政府法」 (アイルランド) (Local Government (Ireland) Act 1896) の下で、 これらの 6 つがカウンティ自治区 (county borough) になった: ダブリン (Dublin), ベルファースト (Belfast), コーク (Cork), デリー (Derry), リムリック (Limerick, /ˈlɪmrɪk/) そしてウォーターフォード (Waterford) である。 1921 年から、 ベルファースト (Belfast) とデリー (Derry) は北アイルランドの一部になって 1922 年の アイルランド自由国 (Irish Free State) の設立で英国内にとどまった。 ゴールウェイ (Galway, /ˈɡɔːlweɪ/) は 1937 年に自治区 (borough) になり、1985 年にカウンティ自治区 (county borough) に格上げされた。 アイルランド共和国におけるカウンティ自治区 (county borough) は 「2001 年の地方政府法」 (Local Government Act 2001) の下で 「市」 ("cities") に再指定された。

ダン・レアリー (Dún Laoghaire, /dʌn ˈlɪəri/) は 1930 年から自治区 (borough) となり 1994 年に ダン・レアリー=ラスダウン・カウンティ (Dún Laoghaire–Rathdown county) に合併した。

「2014 年地方政府改革法」 (Local Government Reform Act 2014) の時に、 5 つの自治区議会 (borough council) があり、 2 段階目 (second-tier) の地方政府の単位である「自治区」 (borough) と「町」 (town) の議会 (council) はすべて廃止された。 ダブリン (Dublin), コーク・シティー (Cork City) そして ゴールウェイ・シティー (Galway City) の外にある各地方政府政府 (authority) は都市行政地区 (municipal district) と呼ばれる地域に分割された。 以前は上で列挙した自治区議会 (borough council) に包含されていた 4 つの地域では、 これらはその代わりに自治区行政地区 (Borough District) と呼ばれた。 キルケニー (Kilkenny) は以前には自治区行政地区 (borough council) があったが、 この行政地区 (district) は歴史的な市の資格 (city status) が認められてキルケニー市都市行政地区 (Municipal District of Kilkenny City) と呼ばれた。

イスラエル

英国委任統治都市法 (British Mandate municipal law) から受けついたイスラエルの法律の下で、 都市自治区 (municipal borough) を創設する可能性が存在する。 しかしながら、どのような自治区 (borough) も法の下で 2005 年 - 2006 年に実際に創設されなかったが、 この時、 Neve Monosson と Maccabim-Re'ut は、どちらも、それぞれ 1953 年と 1984 年に創設された自治体集落 (communal settlement、ヘブライ語 yishuv kehilati) であったが、 Yehud と Modi'in の町との合併の内部で、都市自治区 (autonomous municipal boroughs、 [訳注:autonomous は冗長だが、borough に与えられた自治が大きくないと思われる]) (ヘブライ語 vaad rova ironi) に宣言された。 類似の構造はイスラエルで何年もの間に、異なる法的地位 (legal status) の下で創設され、 とりわけ、 ハイファの Kiryat Haim, テルアビブ・ヤフォ (Tel Aviv-Yaf) の ヤッファ (Jaffa)、 そして エルサレム (Jerusalem) の Ramot と Gilo がある。 しかしながら、 Neve Monosson は内務省 (the Ministry of the Interior) により法の下で実際に宣言された完全な 都市自治区 (municipal borough) の最初の実例で、 このモデルはまもなく Maccabim-Re'ut で同じように採用された。

イスラエルにおける都市自治体 (municipal) の合併 (merger) を容易にするために自治区 (borough) の 仕組みを使用することは内務省 (Interior Ministry) の公表された意図であった。 これは 2003 年の広範囲の合併の後にあり、この合併は一般に共同体の集落 (communal settlement) の感情 (sensitivity) を無視し、大抵は失敗であった。

メキシコ

メキシコでは、英語からスペイン語への翻訳が メキシコ・シティー (Mexico City) に適用され、 用語の自治区 (borough) は delegación (delegation (委任)) になり、メキシコ・シティー内の 16 の行政地区を言及し、 現在はアルカディア (Alcaldias) と呼ばれる (「メキシコの自治区 (Borough) とメキシコ・シティーの自治区 (Borough)」 を参照 (未翻訳))。

オランダ

オランダではロッテルダム (Rotterdam) とアムステルダム (Amsterdam) の都市自治体 (municipalities) は行政自治区 (administrative borough) あるいは deelgemeenten に分割され、 これは、自分自身の自治区議会 (borough council) と自治区市長 (borough mayor) がいる。 他の大きな市は、国勢調査のために通常は行政地区 (district) に分割されている。 deelgemeenten は 2014 年に廃止された。

ニュージーランド

ニュージーランドでは、以前は自治区 (borough) の用語は 1000 人以上の自治の町 (self-govering towns) を 示すために使用した。 もっとも 19 世紀の国勢調査では人口が 200 名しかない自治区 (borough) が見える。 20,000 名以上の自治区 (borough) は声明 (proclamation) により 「市」 (city) になることができた。 自治区 (boroughs) と市 (cities) はまとめて都市自治体 (municipalities) と呼ばれ、周りのカウンティ (counties) から分離した社会的に異なった場所 (enclave) であった。 自治区 (borough) は大きな市の郊外で増殖した: 1980 年代までに現在のオークランド市 (City of Auckland) には 19 の 自治区 (borough) と 3 つの市があった。

1980 年代に自治区 (borough) と市 (city) は周辺のカウンティと合併を始め、 都会と田舎の人口がある行政地区 (district) を構成した。 1989 年の全国的な地方政府の改革はこの行程を完成した。 カウンティと自治区 (borough) は廃止され、すべての境界が描きなおされた。 新しいシステムの下で、大半の領土政府 (territorial authority) は都会と田舎の土地にわたることになった。 より人口が多い議会 (council) は「市」 (city) と分類され、 もっと田舎 (council) の議会は行政地区 (district) と分類された。 ファーカーターナ行政地区 (Whakatāne District, /fɑːkɑːˈtɑːnə/) 内で社会的に異なる場所 (enclave) である カウェラウ行政地区 (Kawerau District) のみが、 周辺の田舎を含まない小さな町議会 (town council) の伝統に従い続けている。

トリニダード・トバゴ (Trinidad and Tobago)

トリニダード・トバゴ (Trinidad and Tobago) では、 自治区 (Borough) は地方政府の単位である。 トリニダード・トバゴ共和国 (Republic of Trinidad and Tobago) には 3 つの自治区 (borough) がある

英国

イングランドとウェールズ

「イングランドの地方政府の歴史と英国の自治区 (Borough) の地位」を参照 (未翻訳)。

古代自治区と都市自治区 (Ancient and municipal borough)

古代自治区都市自治区を参照。

中世には多くの町 (town) が国王により自治 (self-governance) が譲渡され、 この時点で町は自治区 (borough) と呼ばれた。 公式な自治区 (borough) の地位は 「王室認可状」 (Royal Charter) を参照せよ (未翻訳)。 これらの自治区 (borough) は一般に自己選出法人 (self-selecting corporation) (すなわち、メンバーが死亡あるいは辞職すれば、代わりが互選 (co-option) された) により統治された。 時々、自治区 (borough) は執行人 (bailiffs) により統治された。

改革法案 (Reform Bill、まもなく 「1832 年の改革法」 (Reform Act 1832) になる) の 議論で、そのような町法人 (town corporation) の政治形態の多様性が嘆かれ、 王立委員会 (Royal Commission) がこれを調査するために設置された。 これにより 「1835 年の都市法人法」 (Municipal Corporations Act 1835) の都市政府 (municiopal government) の 規則化になった。 178 の古代自治区 (ancient boroughs) は都市自治区 (municipal boroughs) として作り直され、 すべての都市法人 (municipal corporations) は資産所有 (property ownership) に基づいた 標準選挙権 (standard franchise) によって選ばれることになった。 改革されない自治区 (borough) は自治区 (borough) の地位が廃止されたり、 後に、改革・廃止された。 幾つかの新しい都市自治区 (municipal boroughs) は、 新しい法案が有効になった後で、その条項により、 新しい産業の市 (city) で形成された。

1974 年のイングランドとウェールズの地方政府の大規模な改革の一部分として、 都市自治区 (municipal borough) は終に廃止された (ますます意味がなくなった (irrelevant))。 しかしながら、多くの市の伝統 (civic traditions) は、 その後継である行政地区議会 (district councils) への認可状 (charter) の授与 (grant) に より継続した。 最も小さな自治区 (borough) に関しては町評議会 (town council) が類似の地域に作られ、 一方、これ以外の少々の場所では認可状受託者 (charter trustee) が作られた。 後継組織 (successor body) に許されることは、 昔の法人 (corporation) の王位の象徴 (regalia) を使用し、 元々の認可状で提供されるように剣と矛 (sword and mace) を 担う人としての儀式的な役人 (office holder) を任命することである。 評議会 (council) あるいは受託者 (trustees) は 紋章 (coat of arms) を使用するために 枢密院命令 (Order in Council) あるいは王室認可 (Royal Licence) を申請することができる。

議会自治区 (Parliamentary borough)

1265 年から、各自治区 (borough) の 2 名の住民 (バージェス (burgesses)) が、 各カントリー (country) の 2 名の騎士 (knights) と共に、イングランド議会 (Parliament of England) に 召喚された。 従って、議会の選挙区 (parliamentary constituencies) は古代の自治区 (borough) に由来する。 下院 (House of Common) における代表権 (Representation) は下院自身により決定され、 これにより、小さな集落によっては、 実際の法人 (corporation) がないのにも関わらず、議会の代表のために自治区 (borough) が設置された。

1832 年の改革法 (1832 Reform Act) は多くの腐敗自治区 (rotten borough) から選挙権を奪い (腐敗自治区 (rotten borough) は重要性が退潮した自治区 (borough) のことで、 非常にわずかな人口しかなく、投票資格のある人が一握りしかいないもの)、 議会選挙区は古代自治区 (borough) から逸脱を始めた。 多くの古代自治区 (borough) は都市自治区 (municipal borough) のまゝであったが、 これらは改革法 (Reform Act) により選挙権を奪われた。

カウンティ自治区 (County borough)

カウンティ自治区を参照。

「1888 年の地方政府法」 (Local Government Act 1888) は新しい種類の自治区 -- カウンティ自治区 (county borough) -- を設立した。 これらは、'counties-to-themselves' になるようにデザインされた; 行政地区 (administrative division) が新しい 行政カウンティ (administrative counties) に並行することになった。 これらは、従って、しばしば、既存の都市自治区 (municipal borough) を含んでおり、 これ以後、 行政カウンティとカウンティ自治区 (county borough) の下の地方政府の 2 段階目の一部分となった。

カウンティ自治区 (county borough) は、都市自治区 (municipal borough) と同様に、1974 年に廃止され、行政上の目的から、 親のカウンティ (county) に再吸収された。

大都市自治区 (Metropolitan borough)

大都市自治区を参照。

1899 年にカウンティ・オブ・ロンドン (County of London) の地方政府 (local government) の改革の一部分として、 ロンドンの色々な教区が新しい entity -- 大都市自治区 (metropolitan boroughs) -- として再編された。 広域ロンドン (Greater London) が 1965 年に ミドルセックス (Middlesex), サリー (Surrey) の一部分, ケント (Kent), エセックス (Essex), ハートフォードシャー (Hertfordshire) 及びカウンティ・オブ・ロンドン (County of London) から作られた時に、 これらは更に再編された。 これらの議会地区 (council areas) は今では 大都市自治区 ("metropolitan borough") ではなく、 ロンドン自治区 ("London boroughs"、 ロンドン特別区) と言及されている。

新しい大都市カウンティ (metropolitan counties) ( 広域マンチェスター (Greater Manchester), マージーサイド (Merseyside), サウス・ヨークシャー (South Yorkshire), タイン & ウィア (Tyne and Wear), ウェスト・ミッドランズ (West Midlands), 及び ウェスト・ヨークシャー (West Yorkshire)) が 1974 年に創設された時に、 これらの細分 (sub-divisions) もすべてではないが、多くの場合に、 大都市自治区 (metropolitan borough) になった; 多くの場合に、これらの 大都市自治区 (metropolitan boroughs) は 廃止されたカントリー自治区 (county borough) を要約 (recapitulate) したものである (例えばストックポート (Stockport))。 シャー・カウンティ行政地区 (shire county districts) が カウンティ議会 (county councils) から得るよりも、 大都市自治区 (metropolitan boroughs) は大都市カウンティ議会 (metropolitan county councils) からよりも、わずかに 多くの自治を得ていた。

1986 年に大都市カウンティ議会 (metropolitan county council) の廃止で、 大都市自治区 (metropolitan boroughs) が独立になり、現在もこれが続いている。

現在の他の用途 (Other current uses)

イングランドの他の場所では 行政地区 (district) と ユニタリー自治体地区 (unitary authority area) の幾つかは 「バラ」 ("borough", 自治区) と呼ばれる。 1974 年まで、これはある種の形式の地方政府 (local government) (都市法人 (municipal corporation) あるいは自治組織 (self-governing body)) が存在する町を示す地位であった。 1974 年以来、これは 王室認可状 (royal charter) により行政地区 (district) (これは単一の町であっても、幾つかの町あるいは田舎の (複数の) 地方を含んでいてもよい) に授与される純粋に儀式的な様式となった。 自治区の地位 (borough status) により議会委員長 (council chairman) は市長 (mayor) の称号を担う資格がある。 行政地区 (district) は英国国王 (British Crown) に申請し、 後者は英国枢密院 (privy council) の助言に基づいて自治区 (borough) の地位を授与する。

北アイルランド

北アイルランドでは、地方政府は 1973 年に編成しなおされた。 北アイルランドに 26 の行政地区 (district) を創設した法律の下で、 行政地区議会 (district council) の地域は既存の都市自治区 (municipal borough) を含み、 古い都市自治体 (municipality) の認可状 (charter) を採用するとことで問題を解決でき、 従って自治区 (borough) の地位を享受し続けた。 以前の自治区 (borough) を含んでいない行政地区 (district) はイングランドの行政地区 (district) と類似の 方法で認可状、(charter) を申請できる。

スコットランド

Burgh を参照 (未翻訳)。

米国

米国では、自治区 (borough) は州のレベルよりも下層の地方政府の単位である。 この用語は現在 7 州で使用されている。

次の州は、この用語を次の意味で使用している、あるいは使用したことがある。

オレゴン州 (Oregon) ヒルズボロ (Hillsboro); ノースカロライナ州 グリーンズボロ (Greensboro); マサチューセッツ州 ティングズボロ (Tyngsborough); そして ニューハンプシャー州 Maynesborough, のような地名は、 米国における地理的単位としての borough の使用を反映している。