ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Food render - Wikipedia
食物年貢 (Food render)

食物年貢 (Food render) あるいは食物地代 (food rent) (古英語: foster) は 現物税 (tax in kind) の一形式 (古英語: feorm) であり、 アングロ・サクソン時代のイングランドで課せられ、絶対必要な食糧品 (essential foodstuffs) から構成され、 レジオネス (regiones)、 multiple estate, あるいはハンドレッド (handreds) のような領土 (territory) から、 領土のロイヤル・ビル (royal vill) の国王家族 (royal household) の国王達のメンバーに提供された。

訳注
  1. レジオネス ( regiones, 単数形 regio) は small shire (小シャイア) とも呼ばれ、アングロ・サクソン時代イングランドの初期の領土の分割。
  2. multiple estate はアングロ・サクソン時代の土地保有の一形式。
  3. ロイヤル・ビル ( royal vill) とはアングロ・サクソン時代の英国で、 国王などの王室メンバーが 定期的に訪問する王国地方領土の中央集落のこと。

中世初期の ブリテン諸島 (British Isles) はローマ帝国領英国 (Roman Britain) の都会経済を支えた 絶対必要な食料品 (essential foodstuffs) の高度なトレードがなかった。 これは単一の場所で、静的にとどまる農業的に非生産的な大きな家族を養うのに必要なものであった。 従って、国王と側近は彼らの王国の再分を常に周遊し、 王室資産のネットワークに滞在して、ここで彼らは領土の住民により養われることを期待できた。 歴史家のトーマス・チャールズ=エドワード (Thomas Charles-Edwards) の言葉では 「王室家族に食料を持ち込むよりは、王室家族を食料に持ち込む方がもっと意味があった」。

食物年貢 (food renders) は国王が他の従属した王国から 引き出した貢物 (tribute) とは違っていた。 食物年貢 (food renders) は色々な範囲の食料 (foodstuff) から成り、 これはバランスのとれた食事で、贈与者の領土で消費された。 もしも国王あるいは彼の家族のメンバーが訪れなければ、贈与者はその年の義務から解放された。 国王は従属王国を定期的に旅行することがなかった、 しかしながら、そのような地区からの貢物は家畜の形を取り、容易に支配王国に輸送することができた。

7 世紀末の ウェセックスのイネ (Ine of Wessex) の法律が 10 ハイドの地所から予期される食物年貢を次のように 一覧にしている: 蜂蜜大樽 10 個、 300 ローフ (loaf) のパン、 ウェールズ・ビールを 12 アンバー (amber)、 透明ビール (clear ale) を 30 アンバー (amber)、 完全に成長した 2 匹の乳牛あるいは雄ヤギ (wether)、 10 匹のガチョウ、 20 匹のめんどり、 10 個のチーズ、 バターを 1 完全アンバー (full amber)、 5 匹のサケ、 重さ 20 ポンドの飼料、 そして 100 匹のウナギであった。 訪問客の丘では放牧も利用可能であった。

訳注
アンバー (amber) はアングロ・サクソン時代の容積の単位。

イングランドにおける慣習の食物年貢 (food render) は 12 世紀, 13 世紀を通して退潮した、 というのは貨幣がもっと容易に利用可能になったからであった。 しかしながら、ウナギ地代 (eel-rents) は少なくとも 14 世紀を通じて大量に収集され、 中世末を通じて少々収集された。 最後の活発なウナギ地代は 17 世紀の記録に登場している。