ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Royal vill - Wikipedia

vill の意味を調べておきます:

Vill Definition & Meaning - Merriam-Websterによると
1 : a division of a hundred : township (ハンドレッドの分割 : タウンシップ)
2 : village (村)
Vill Definition & Meaning | Dictionary.comによると
1 a territorial division under the feudal system; township. (封建制下の領土の分割; タウンシップ)
2 village. (村)

Webster も Dictionary.com も最初の意味が該当するようです。 (ハンドレッドに関しては ハンドレッド (カウンティの分割) を参照。)

ロイヤル・ビル (Royal vill)

ロイヤル・ビル (royal vill)、ロイヤル・タン (royal tun)、あるいは ヴィラ・レガリス (villa regalis (= royal villa, 王室ビラ)) は アングロ・サクソンのイングランド (Anglo Saxon England) の地方領土 (rural territory) の 中央集落 (central settlement) であり、ここに国王と王室家族 (royal household) が 王国の定期周遊 (regular circuit) で訪れた。 ロイヤル・ビルは王国の再分の行政の中心であり、 再分が食物地代 (food rent) の食料 (provision) を 通して、王室家族 (royal household) を支えた場所であった。 ロイヤル・ビル (royal vill) は初期のアングロ・サクソン時代の レジオネス (regiones, [訳注: 小シャイア (small shire) とも呼ばれた]) の中心として同一視され、 より小さな複数の地所から構成され、この複数の地所にレジオネスは 8 世紀までに次第に分割された。

中世初期に ブリテン諸島 (British Isles) は、 絶対必要な食料品 (essential foodstuffs) 高度な長距離トレードがなく、 農業的に非生産的な家族を唯一の場所で養うことができなかった。 従って、国王と側近は彼らを支える義務を持つ領土の間を常に移動することによってのみ、 自分達を養うことができ、 この目的のために王国中に分布する広間と宿泊設備のネットワークを維持した。 これらのロイヤル・ビル (royal vills) は王室 (royal household) と 地方住民の間の接点も提供した。

相当な数のアングロ・サクソン (Anglo-Saxon) のロイヤル・ビル (royal vills) が 発掘され、これには ノーサンブリア (Northumbria) の イエバリング (Yeavering) と ベイジングストーク (Basingstoke) の カウデリーズ・ダウン (Cowdery's Down) が含まれ、 宴会と他の社交場のための大きな木造広間がある集落が明らかになった。