ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Carucate - Wikipedia
カルケート (Carucate)

カルケート (carucate あるいは carrucate) (中世ラテン語: carrūcāta or carūcāta) は 土地面積の中世の単位で、 8 匹の牡牛の犂の 1 チーム (a plough team of eight oxen) が 1 シーズン (a single annual season) に耕す (till) ことができるおよその土地である。 これは異なる地方名で呼ばれ、課税評価の形式が違っていた。

農場に由来する大きさの単位
1. ロッド (rod) は長さの歴史的単位で、5 1/2 ヤードに等しい。 これは中世の牡牛の突き棒 (ox-goad) に由来するかもしれない。 1 チェーン (chain) は 4 ロッドである。
2. ファーロング (furlong) (ファロウ (furrow, プラウ耕作でできる溝) の長さを意味する) は牡牛 (oxen) のチームが休息を取らずに耕すことが できる距離であった。これは標準化されて正確に 40 ロッド (rods) あるいは 10 チェーンになった。
3. エーカー (acre) は 1 人と 1 匹の牡牛が 1 日に耕すことができる土地の広さであった。 伝統的なエーカーは長くて細い、これは犂の向きを変える困難さと、川への出入りがしやすいためである。
4. オックスギャング (oxgang) は 1 耕作シーズンに 1 匹の牡牛で耕すことができる土地の広さであった。 これは村ごとに違っているが、典型的には 15 エーカーほどであった。
5. バーゲット (virgate) は 1 耕作シーズンに 2 匹の牡牛で耕すことができる土地の広さであった。
6. カルケート (carucate) は 1 耕作シーズンに 8 匹の牡牛で耕すことができる土地の広さであった。 これは 8 オックスギャング (oxgang) あるいは 4 バーゲット (virgate) に等しい。
  1. イングランド
  2. スコットランド
  3. ウェールズ
イングランド

カルケート (carucate) はカルカヘビー・プラウ (carruca heavy plough, カルカ重い犂) にちなんで命名され、 これは 9 世紀末にイングランドに登場し始めた。 これはバイキングのイングランド侵略の最中に導入された可能性がある。 カルケートは デーンロウ (Danelaw) ではプラウランド (ploughland, 犂の土地) あるいはプラウ (plough, 犂) (古英語: plōgesland, "plough's land" (犂の土地)) とも呼ばれた。 常にではないが、通常、冬の野菜が適切な場合と、 輪作 (crop rotation) で休閑することが望ましい場合は除外される。 各カルケートに課される税金は「カルケッジ」 ("carucage") と呼ばれる。 カルケートは名目上、120 エーカー (49 ヘクタール) と見なせるが、 ハイド (hide) のある定義と有効に同一視できるが、 時と共に変動し、土壌と肥沃さに依存することから、この実際の数値は随分と変動する。 デーンロウ (Danelaw) のカルケートは 8 個に細分される: これは、くびきをかけられた一対の牡牛 (oxen) が一年間に耕すことができる面積 を基礎とするオックスギャング (oxgangs) あるいはボベイト (bovates) である。 イングランドの残りの地方では、 土地はハイド (hide) で計算され、 ハイドは 4 つのヤードランド (yardland) に分割され、 これは後にバーゲート (virgate) と呼ばれた。

スコットランド

スコットランドの南部と東部ではプラウゲート (ploughgate) がスコットランド語の同等なものであった。 イングランドよりも更にもっと、スコットランドの土壌の質が変動したため、 プラウゲート (ploughgate) は色々な大きさになった。 もっとも面積は名目上は 100 スコットランド・エーカー (Scots acres) と理解された。 多くの情報源によれば、4 プラウゲート (ploughgate) は 1 ドー (daugh) を構成するが、他の場所では 1 プラウゲート (ploughgate) はちょうど 1 ドー (daugh) に同等なようであった。 デーンロウ (Danelaw) と同じように、 プラウゲート (ploughgate) はオックスギャング (oxgang) に細分されるが、 これは再び通常 8 等分によっている。

ウェールズ

畜牛 (Cattle) と牡牛 (ox) は「古代ケルトの法」 (Laws of ancient Celts) の中心部分で、 ウェールズの中世 (Welsh Middle Ages) までに、 牡牛は「ウェールズの法」 (Welsh Law) の不可欠な部分 (integral part) となり、 土地の価値、個人所有の富、そして補償 (例えばガラナス (Galanas, [訳注:殺人の慰謝料])) の決定を査定するのに 使用される法定評価 (legal valuation) の重要な部分であった。 カルケート (Carucates) は 「ハウェルの法」 (Cyfraith Hywel (Law's of Hywel Dda), [ウェールズの法とも呼ばれる]) を通じて見いだされる。

1086 年に ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) はウェールズにおける幾つかのコモト (commotes) を記録している。 これらのコモト (commotes) (アングロ・ノルマン (Anglo-Norman) の所有下にあるが、なおウェールズの法と慣習の部分であった) は軍事任務と課税のために査定された。 イングランドによる財産の債務はハイドで与えられたが、 ウェールズの債務は、カルケート (carucates) で評価された。 これは、 ヘレフォードシャー (Herefordshire) のアーチェンフィールド (Archenfield) にも事実であり、 これは、この地域がウェールズ・システムで維持されたことを 意味しているのかもしれない。

訳注
  1. コモト ( commote) とはウェールズ中世の非宗教的な細分のこと。
  2. アーチェンフィールド (Archenfield) はヘレフォードシャーの南西部分で、元々は イングランドとウェールズの境界部分である。