ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Carruca - Wikipedia
カルカ (Carruca)

カルカ (carruca あるいは caruca) は 北ヨーロッパ (Northern Europe) の中世農業に重要であったヘビー・プラウ (heavy plow, 重い犂) の一種であった。 カルカ (carruca) は重い鉄製の プラウシェア (plowshare, 犂の刃) を 使用し、重い土壌を反転 (turn) するのに使用され、 8 匹の牛のチーム (a team of eight oxen) を必要とした。 カルカ (carruca) はコールター (coulter, 犂の刃) と 撥土板 (moldboard) も使用した。 これはイングランドのカルケート (carucate) にその名前を与えた。

重い鉄製撥土板 (moldboard) の プラウ (plow, 犂) は中国の漢王朝 (Han Empire) の 1 世紀と 2 世紀に発明された。 語学上の証拠に基づけば、カルカ (carruca) は AD 568 年までに スラブ人により使用された。 これは -- アラマンニ法典 (Lex Alemannorum) の用語から判断すると -- 643 年までにイタリアの ポー平原 (Po Valley) に存在し、720 年までに南西ドイツに存在した。

カルカ (carruca) は 9 世紀末のバイキングのイングランド侵略により、イギリス諸島 (British Isles) に 導入されたかもしれない。

カルカはファロウ (furrow, 犂の作る溝) をひっくり返すことができ、北ヨーロッパのより重い土壌を利用できる機会 を与え、ひいては、高い排水力を提供し; 全体として、中世の農業経済にとり、重要な技術的進展であった。 カルカの使用には貧農 (peasant) の間の協調が必要であった。 というのは、ほとんどが犂を引くための十分な牡牛 (oxen) を持っていなかったからである。 車輪付きの犂 (wheeled plough) に先行した スクラッチ・プラウ (scratch plow, ひっかき犂) は 南ヨーロッパの軽い砂だらけの土壌に理想的で、色々な場所で -- イングランド、大陸、そして ビザンティン帝国 (Byzantine Empire) でも -- 使用され続けた。 スクラッチ・プラウ (scratch plough, ひっかき犂) は四角い畑を作る傾向がある、 というのは畑を 2 度耕し (plough)、2 度目は 1 度目に直行するからである。 それに反し、カルカ (carruca) は長方形の小牧場 (paddock) に最も効果的である。 この様式は伝統的な所有権の取り決めと衝突するため、 カルカ (carruca) は恐らく、耕作されていない土地を開墾する時に最も頻繁に使用された。

  1. デーン族領域の車輪付き犂 (The wheeled plough in the Danish region)
  2. 文献
デーン族領域の車輪付き犂 (The wheeled plough in the Danish region)

よく知られたバイキングの定住地であるデーンロウ (Danelaw, デンマーク語: Danelagen) は 9 世紀以後のイギリス諸島 (British Isles) における永続的なスカンジナビア人の存在を示し、 バイキングの定住者が車輪付き犂 (wheeled plough) を導入した考えは、 はっきりとした歴史の可能性のある調和 (possible congruencies of history) の 1 つかも 知れない。 デーン族領域の法 (Danish landscape laws) のホフ (Hoff) の評価 (Hoff 2006、[訳注:以下の文献参照]) は多くの側面を取り込んだ。 「耕作地」節の「農業システム」の小節 (ドイツ語: Der bewirtschaftete Boden, Anbausysteme) で、 ホフ (Hoff) は 1000 年程度 (2 世紀 - 12 世紀) の時期から始まる農業の発展の筋を引いた -- 言及された地域に含まれるのは、デンマーク、オランダ、北西ドイツ、そしてイングランドである。 ([訳注:ここがデーン族 (Dane) の住んでいた所]) デーン族領域 (Danish region) の車輪付き犂の最も初期の日付は 11 世紀のもので、 Sønder Vium ([訳注:デンマークの地名]) のものである。 ホフ (Hoff) がコメントすることは 「これらの散在する犂の跡 (ploughmarks) は農業システムの構造と機能に関して 何の情報も与えない」。 同じ節の「農業システム」 ("Agricultural system") でホフ (Hoff) は デーン族領域の法 (Danish landscape laws) からのテキストの、 車輪付き犂 (wheeled plough) 使用の証拠を集めたが、 後に解決される用語の不確定性 -- 移行期を反映 -- もあった。 移行期はホフ (Hoff) により正確に決定されていないが、12 世紀 - 14 世紀の期間が示唆されている。

文献