ページの最終校正年月日 :

以下は

Plough - Wikipedia

の翻訳です。全訳ではなく、歴史まで訳しています。

犂 (スキ, プラウ, plough)

犂 (スキ) は英語では plough と綴り、米語では plow と綴る。 これは、種をまいたり、苗を植えたりする前に、 最初に土壌を耕作する時に使用される道具ないしは機械である。 これは記録されている歴史の大半で基本的な道具であり、 農業における重要な進展の 1 つを示している。

犂で耕作する主な目的は、 土壌の上部をひっくり返し、 新鮮な栄養分を地表にもたらし、 一方で雑草を埋め、前回の収穫の残りを埋め、 収穫や雑草の種を埋め、これらが朽ちるようにする。 これはまた、土壌を空気にさらし、湿気を良く保存するようにし、 別の作物を植えるために、種子がない土地を提供する。 現代的な方法では、犂で耕した畑は典型的には乾燥させて、 植え付けの前に滑らかにする (harrow)。 犂による耕作の熱狂者のために、 「国内犂耕作チャンピオンシップ」(National Poughing Championships) のような現代的競技が開催されている。 犂はもともと牛によって引かれ、 後に多くの場所で馬 (一般に荷馬) やラバによって引かれた。 産業国では、犂を引くための最初の機械的手段は蒸気動力 (犂耕作エンジンないしは蒸気トラクター) であり、 これらは次第に内燃機関によるトラクターに座を奪われた。 最近 20 年間に、場所によっては (土壌破壊や浸食が問題となる場所では) 犂の使用が制限され、 より浅い犂の耕作や、それ以外の侵略的でない耕作技術が好まれている。


伝統的な方法、家族による
馬と犂の仕事

南アフリカの作業中の犂、犂には裏返しが
できない 5 個の撥土板、左の 5 番目の
空の溝は次回の走行で最初に埋められる

牛を使って犂で耕す、17 世紀の精密画
中英語の詩「God Spede ye Plough」
の写本、 大英博物館所蔵
  1. 語源
  2. 部分
  3. 歴史
語源

英語では、他のゲルマン語系 (Germanic) の言語と同様に、 犂は伝統的には他の名前で知られていた。 例えば古英語では sulh, 高地ドイツ語 (Old High German) では medela, geiza, huohili, 古ノルド語 (Old Norse) では arðr (スウェーデン語では årder) であり、 恐らくはすべて「ひっかき犂」(スクラッチ・プラウ、scratch plow, ard) を意味している。

現在の単語の犂 (plough) は古ノルド語の plógr に由来し、従ってゲルマン語である。 しかし、これは比較的近年のことで (ゴート語 (Gothic) にはない)、 北イタリアの言語の一つに由来する外来語であると思われている。 同じ語幹を持つ単語は類似した意味で登場していた。 ラエティア語 (Raetic) の plaumorati (車輪の付いた重い犂) ( プリニウス, Pliny)、ラテン語の plaustrum (農場荷車, farm cart), plōstrum, plōstellum (荷車, cart), plōxenum, plōximum (荷車の荷物席, cart box) がある。 この単語は元々は車輪の付いた重い犂を指し示したはずで、 これは 5 世紀のローマ帝国の北西ヨーロッパではありきたりなものであった。

Orel (2003 年) は暫定的に インド・ヨーロッパ祖語 (Proto‐Indo‐European language、PIE) の語幹 *blōkó- に結び付けており、 ここから アルメニア語 の peɫem (dig, 掘る) と ウェールズ語の bwlch (砕く) が派生している。しかしながら、単語はインド・ヨーロッパ語に由来しないかもしれない。

部分

図式は現代の犂の基本的な部分を示している。


現代の犂
  1. ビーム (beam, 梁)
  2. つなぎ (米語 hitch、英語 hake)
  3. 垂直制御器 (vertical regulator)
  4. コールター (coulter, 挿絵のものはナイフ形のコールター、しかし円形コールターの方が普通)
  5. 犂べら先 (chisel, foreshare)
  6. 犂べら (刃、share, mainshare)
  7. 撥土板 (mouldboard)

表示されていないか、明示されていない他の部分には次のものがある。 フレーム (frame, frog), すべり (ランナー、runner), 地側板 (landside), 向こうずね (shin), くず板 (trashboard), ハンドル (stilts, handle)。

現代の犂や古い犂の幾つかでは、 撥土板は「犂べら」と「すべり」から分離されており、 撥土板を交換しなくても、これらの部品を交換することができる。 土と接触する犂の全ての部分は、摩耗により、いずれ壊れる。

訳注
  1. コールター (coulter) は colter とも書きます。 辞書によっては、これを「草切り刃」と訳していますが、この訳語は間違いです。 コールターの役目は地面を垂直に切ることです。この直後に前進してくる「犂べら」が地面を 水平に切り、これにより地面が帯状に切り取られ、撥土板でひっくり返されます。 現代のコールターは回転する円板だそうです (Coulter (agriculture))。
  2. シェア― (share) を「犂べら」とここでは訳しましたが、 以下で訳しにくい場合には単に「刃」と訳しています。
  3. 他の用語は適当に選んだだけでです。 例えば「向こうずね」は直訳でどこの部分を指すのか不明。
歴史
鍬 (くわ) による耕作 (Hoeing)

水牛を使って犂で耕す、 中国、 湖北省

農業が最初に発展した時、 単純な携帯式の掘削棒と鍬が、 非常に肥沃な土地で、溝を掘ったり種を植えるのに使用された。 このような場所にはナイル川の岸辺があり、 毎年の氾濫により土壌が若返っていた。 掘削棒、鍬、根掘り鍬 (mattock) は単一の場所で発明されたわけでなく、 鍬による耕作は農業がおこなわれた場所ではどこでも普通のものであった はずである。 鍬による耕作は熱帯や亜熱帯の地域では伝統的な耕作の方法である。 このような場所を特徴づける性質は 石混じりの土壌、急な傾斜、際だった根菜類、 距離を置いて植えられる大きい穀物である。 鍬による農業はこのような場所には最も適しているが、 何らかの方法でどこでも使用されている。 鍬の代わりに、幾つかの文明では豚を使用して、土壌を踏みつけたり、掘り起こしたりする。

訳注
  1. 「大きな穀類」は coarse grain の訳です。何を称して coarse と呼んでいるのか不明。 但し、イネは確実に入ると思うし、上の亜熱帯の中には日本が入ると思う。
  2. 日本には雨期 (梅雨) がありますから、気候的には亜熱帯という方がよい。
アード (ard, スクラッチ・プラウ, ひっかき犂, scratch plough)

古代エジプトのアード、紀元前 1200 年頃

幾つかの古代の鍬は、エジプトの mr のように、 先がとがっていて、十分に強固なため、岩混じりの土壌を開き、種を植える穴を穿つことができた、 このため、手持ちアード (hand ard) と呼ばれる。 しかしながら、 メソポタミア における牛の家畜化と 当時のインダス川の文明によって、 恐らくは 6000 年期 (6th millennium) までには人類は牽引力を手に入れ、 動物が牽引する真のアード (ひっかき犂) を作っている。 最も初期のものはバウ・アード (bow ard) と呼ばれ、 引き棒 (draft-pole) と、これに穴をあけて通した、より細い垂直のとがった棒 (ヘッドとかボディーと呼ばれる) からなり、この棒の一方の端にハンドルがあり、もう一方の端が犂べら (share) となり、 土壌の上部を引きずって、浅い溝を掘った。これは大半の穀類の収穫には理想的であった。 このアードは新しい土地をうまく切り開くことができないので、 鍬や根掘り鍬を使用して、雑草や 下生えを掘り起こし、 「手持ちのコールター」 (hand coulter) のような ristle を、犂べらの直前に使用して深い溝を掘ることもある。 アードでは、溝と溝の間を耕すことがないので、 縦方向にも横方向にも犂を引き、 これにより正方形のような畑の形になる傾向があった ( ケルト人の畑)。 アードは 毎年の洪水により自然に肥沃となる ローム質や砂質の土壌に最も適しており、 このような場所に ナイル川デルタ 肥沃な三日月地帯がある。 しかし、これ以外の、軽いあるいは薄い土壌の穀物生育地域にはそれほど適してはいない。 鉄器時代の後期には、ヨーロッパのアードにはコールター (coulter) が一般に装着されていた。

訳注
単に川が氾濫すれば農業に良いわけではありません。 日本の川の大半が戦前はコントロールされておらず、 氾濫原と称する部分があり、ここでは作物を植えることはできませんでした。 戦後に至って、重機を使用して護岸工事が行われ、河川が氾濫すること ほとんどなくなりました。 これにより農耕に使用できる場所が大幅に増えた。
撥土板の付いた犂

それほど肥沃ではない土地で、定期的に収穫するためには、 土壌をひっくり返して、栄養分を地表に持ってこないといけない。 重大な進展は撥土板の付いた犂 (mouldboard plough, 米語では moulboard plow, あるいは turnplough, frame-plough) で、 これは犂べらで溝を掘るだけではなく、土壌をひっくりかえす。 コールター (coulter, skeith) が付け加えられ、(フレームの前面にある) 犂べらの直前で大地を垂直に切断する。 犂べらは撥土板の底面前部でフレームの地面の側と楔形をなしており、 フレームは犂べらの下部 (地表下の部分) を支えている。 フレームの上部は (前の方から) 動力 (馬) との継ぎ手、コールター、地面の側のフレームと続く。 装置の大きさと、一度に犂が掘ることができる溝の数に依存して、 1 個もしくは複数個の車輪 (支持車輪と呼ぶ) が付いたキャリッジ (運び台) を追加することがある (車輪が付いた犂)。 1 個の溝を掘る犂の場合には前方には 1 個の車輪が付いているのみで、 犂を操作する人のために後部にハンドルが付いている。


水牛を犂の牽引に使用
ラオス、 シーパンドン

畑で引きずると、コールターは土壌を縦に切り、 犂べらは、前に作った溝 (furrow) から (コールターによる) 垂直な切り口まで、水平に切り裂く。 これにより、長方形に切り取られた土が、犂べらで持ち上げられ、 撥土板で上方に持ち上げられてひっくり返される。 これにより、犂が前進するにつれ、表土の薄片が切り取られて、持ち上げられ、 ひっくり返され、更に溝の中に裏向きに落とされ、犂が以前に作った裏向きの土壌に もたれかかる。 土壌が持ち上げられて、横 (通常は右) に移動して出来る地面のギャップは溝 (furrow) と呼ばれる。 切り取られた土は持ち上げられて、隣の溝に 45° の角度でもたれかかり、 前回の犂の前進によって切り取られた土の裏側に乗る。

このようにして、犂の一連の前進により、 一列の切り取られた土が、部分的に溝に横たわり、 部分的に以前に持ち上げられた土の上に横たわる。 目で見ると、幾つもの列の向こうに、 (まだ犂で耕作していない) 大地が左にあり、 (切り取られた土の半分の幅の) 溝があり、 切り取られた土がほとんど上下を逆にして、以前に切り取られた土の およそ半分の部分に横たわり、そしてこれが畑の上を続く。 土壌の層と、これをめくって出来た溝が古典的な「うね」 (furrow) である。

訳注
  1. 最後の文に関して、 原文では最初の「溝」は gutter で、furrow も溝なのですが、「うね」と訳しています。 「うね」は持ち上がった部分を表していますが、 これは英語と日本語の感覚の違いです。
  2. 耕された状態は 改善されたデザインの写真を見ればどうなるかが非常にはっきりします。

撥土板の付いた犂は畑を準備するのに必要な時間を多いに軽減し、 その結果、農民はより広い土地を耕すことが可能となった。 付け加えると、 (撥土板による) 低い部分と (そのそばの) 高い部分により、 水路が形成され、土壌が乾きやすくなる。 積雪が問題となる地方では、 雪解け水が速く乾き、速く作付けすることが可能となる。

撥土板の付いた犂には 5 つの重要な部分がある。

  1. 撥土板 (mouldboard)
  2. 犂べら (刃、share)
  3. 地側板 (landside)
  4. フレーム (frame, frog)
  5. 尾部 (tailpiece)

撥土板の付いた犂の復元

犂べら (share) から犂の後部に延びる「すべり」(runner) は 犂の向きを制御する。 なぜならば、これは新しい溝を形成する場合に地面の側の底部に沿っているからである。 保持している力は土の重さであり、 この間に土は撥土板の曲面の上に持ち上げられ、回転する。 この「すべり」の理由から、 撥土板の付いた犂は、「ひっかき犂」よりも向きを変えることが困難であり、 撥土板の付いた犂の導入により、畑の形が変化して、 ほとんど正方形の畑から、もっと長い長方形の形に変化した (ここから長さの単位である ハロン (furlong, 溝の長さ、220 ヤード) が導入された)

基本的なデザインの進展に「鉄の犂」、犂べら (share) の端の着脱可能な水平な刃がある。 着脱可能な「犂べら」が付いた最も初期の犂は古代近東の紀元前 1000 年頃に登場し、 そして最も初期の鉄の「犂べら」は紀元前 500 年頃の中国に登場する。 初期の撥土板は基本的には、コールターによって形成される切り口のくさびであり、 これが土壌を横に回転させる。 犂べらは表土の下に切り口を水平方向に広げ、 撥土板が持ち上げると、広い場所の土壌がひっくり返される。 撥土板は英国では 6 世紀後半以降に知られている。

ロイ (loy) による耕作
訳注
ロイ (loy) とはアイルランドの鋤 (スキ)。通常の鋤よりも狭く、足をかける場所は右側のみ。

ロイによる耕作は人力による耕作で、アイルランドの非常に小さな農地もしくは丘陵地で行われ、 馬を使用できないか、もしくは馬を購入できない場合に行われる。 これは 1960 年代に至るまで貧弱な土地で使用された。 これはアイルランドの湿った気候に適しており、切り取った土をひっくり返してできる深い溝が、排水溝となる。 これにより沼地でも山の斜面でもポテトを生育させることが可能となるが、 これ以外の方法では耕作することができなかった。

重い犂

基本的な「撥土板の付いた犂」では、 溝の深さは「すべり」により調節される。 そのため簡単に持ちあげられるように犂の重さには制限がある。 これにより、犂の製造には木材をあまり使用できない (但し、金属の刃先は可能である。) このような犂は随分脆弱で、北ヨーロッパの重い土壌を切り開くには適していなかった。 「すべり」の代わりに車輪を導入することにより、犂の重さが増加することが可能となり、 更には金属をかぶせたもっと大きな撥土板を使用することが可能となった。 このような重い犂は食糧の増産につながり、まもなく紀元 500 年頃に随分人口が増えた。

漢王朝 (BC 202 年 - AD 220 年) 以前には、中国の犂はほぼ完全に木製で、 犂べらのみが鉄の刃を持っていた。 漢時代には、犂べら全体が鋳鉄製となり、 これらが、重い撥土板を持つ鉄の犂としては、知られているもので最初のものである。


曲がった撥土板のついた
中国の鉄の犂、 1637 年

ローマ帝国でも 3 世紀後半や 4 世紀に車輪が付いた重い犂が製造されており、 考古学的証拠はとりわけローマ帝国の英国に見受けられる。 ローマ帝国の時代以後で、議論の余地がないものは 643 年のもので、 北イタリアの文書に登場する。 重い犂に関連する言葉やその使用は スラブ語で登場し、 この地方で早くから使用されていたと示唆される。 ヨーロッパで撥土板の付いた犂の一般的採用は、 8 世紀後期から 9 世紀前半の「三年輪作」 の採用と同時に起きており、 北ヨーロッパの単位面積当たりの農業生産の改善につながった。

訳注
製鉄において、8 世紀にはカタロニア炉が完成しています。 後のアメリカでもカタロニア炉が非常に多く作られたようで、 これも恐らく農機具の製造を目的としたものと思われます。

フランスの歴史学者の Marc Bloch の研究により、 中世フランスの農業史には 2 つの異なる犂に対しての名前が存在することが判明した。 「アード (araire) は車輪がなく、畑を引きずる必要があった。 一方、回転犂 (turnplough, charrue) は車輪の上に搭載されていた」

改善されたデザイン

コールター、犂べら、撥土板の付いた基本的な犂は 1000 年の間使用された。 デザイン上の大きな変化は 啓蒙時代に至るまではありきたりなものではなく、 啓蒙時代にデザイン上の急激な進展があった。 英国、ロザラム (Rotherham) のジョセフ・フルジャム (Joseph Foljambe) は 1730 年に、 ロザラムの犂の基礎に新しい形態を使用した。 重い犂とは異なり、 ロザラムの犂 (あるいはロザラムのスイング・プラウ) は完全に コールター、撥土板とハンドルから構成されていた。 これは伝統的なデザインよりも軽量で、英国でとても人気が出た。 工場で広く生産された最初の犂であるかも知れない。

訳注
  1. ロザラム (Rotherham) の Google マップ
  2. ロザラムの犂が工場で生産されたのは産業革命よりも前のようです。
  3. Foljambe の発音は Foljambe to Greaves | Surname Pronunciation に Full-jum としてあったので、これに従いました。

犂による耕作のチャンピオン
オーストラリア、1900 年頃

ジェームス・スモール (James Small) は更にデザインを改良した。 彼は数学的な方法を使用して、色々なデザインを実験し、 1 つの形に到達して、1 つの鉄の塊から鋳造した。これはスコット・プラウ (訳注:スコットランドの犂の意味) と 呼ばれた。 単一の鋳鉄の犂は米国のチャールズ・ニューボールド (Charles Newbold) によっても開発され、特許が取られた。 これは再び、ニューヨーク、シピオ (Scipio) の鉄鍛冶屋のジェスロ・ウッド (Jethro Wood) により改良された。 彼はスコット・プラウを 3 つの部分に分け、壊れた部分のみを取り替えられるようにした。 1837 年にジョン・ディア (John Deere) は鋼の犂を始めて導入した;これは鉄のデザインのものよりは随分頑丈であったため、 米国の地方で、それ以前は耕作に不向きと思われていた土壌で作業が可能となった。 この改良の後に冶金の進展があった;鋼のコールター、犂べら、そして壊れることを防止するための 柔らかい鉄の撥土板、冷却犂 (chilled plough) は表面硬化させた鋼の初期の例であった、 そしてまもなく撥土板の表面が十分に強固となりコールターがなくなった。

訳注
ジェスロ・ウッドとジョン・ディアは米国の開拓時代に活躍した人で、 ジェスロ・ウッドのプラウは米国東部の土壌に適していたが、米国中西部の土壌 (プレーリー) に適しておらず、 ジョン・ディアのプラウがこの問題を解決した。 農業が盛んになるためには農機具が必要となり、このためには製鉄産業が必要となる。 更に、このあとで鉄道が登場し、鉄の機械が必要となり、製鉄産業が更に盛んととなる。 それどころか、そのうちに鉄道は農産物の輸送に使われることになり、農業も更に進展することになる。 つまり、農業が発展し、農業用の機械を国内で生産できれば自然に産業が育つ。
犂の片側耕作

最初の撥土板の付いた犂は土壌を一方向 (伝統的には右方向) のみにひっくり返した。 撥土板の形状による結果である。 従って、畑は長い帯状に耕作する必要があった。 犂は常にどの土地でも時計方向に動き、 長い辺を耕作し、短い辺では耕作せずに引きずった。 帯状の領域の長さは牛 (後には馬) が休みを取らずに快適に作業できる距離に限定されていた: 1 ハロン (furlong = "furrow's length" = 溝の長さ = 220 ヤード = 200 m) × 1 チェーン (chain = 22 ヤード = 20 m)、 これは 1 エーカー (0.4 ヘクタール) の面積であり、エーカーの起源である。 片側のみ耕作をすると、土壌が次第に両側から中央線に移動する。 もしも帯状の領域が毎年同じ場所であると、土壌は尾根に集積し、地形的に尾根と溝ができ、 古代の畑でいまだに見ることができる。


犂の片側耕作
犂耕作の競技
訳注
  1. チェーン (chain) とはガンター氏測鎖 (Gunter's chain) による長さ (1620 年) のことで、 この測量器具は円周儀と併用されていましたから、 長方形の畑はガンター氏測鎖と円周儀で測量したようです。 円周儀 の挿絵を参照のこと。 またガンターは三角関数の用語であるコサインとコタンジェントの 発明者ですから、農地の測量には三角関数も使用された可能性があります。 三角法の歴史の「訳注:sin 以外の語源」を参照。
  2. 上の写真をクリックして、拡大写真をご覧ください。 犂の片側耕作は、中心線から始めて、両側に拡大することがわかります。 土が中心線に向かってもたれかかっている。
回転ひねり犂 (turnwrest plough)

回転ひねり犂ではどちらの側でも耕作ができる。 撥土板は移動でき、ある溝では右にひっくり返し、 次に犂の反対側に移動して、左にひっくり返す (コールターと犂べらは固定)。 このようにして、隣接する溝で反対側に耕作でき、 犂による耕作が連続的に前進することが可能となり、地理的な尾根と溝を回避できた。

裏返せる犂 (reversible plough)

裏返せる犂は「撥土板の付いた犂」を 2 つ背中合わせに搭載し、 一方が右にひっくり返し、残りが左にひっくり返した。 一方が地面で作業中であれば、他方が空中にひっくり返った状態になる。 一回の耕作の後に一組の犂がひっくり返され、もう一方が使用される。 これにより次の溝に復帰し、再び一貫した方向で畑を耕すことができる。


4 枚刃の裏返せる犂
Kverneland 製

馬が牽引する 2 枚刃の犂
乗車して複数の溝をうがつ犂 (riding and multiple-furrow plough)

初期の鋼の犂は、千年以上前のものと同様に、 歩行する犂であり、 犂を操作する人が、犂のいずれかの側でハンドルを持ち、方向を決めた。 鋼の犂は、土壌を引きずることがとても易しく、 根や土くれに反応して、刃を常に調整することが、もはや必要ではなくなった。 犂は簡単にこれらを切り裂くことができたからである。 その結果、長くを待たずして、乗車して操作する犂が登場した。 このような犂では車輪は犂を地面の上で調節可能な位置に保持し、 一方で犂を操作する人は以前は歩いていた場所では座席に座るのみである。 方向は今や引きずり集団によって大半が制御されるのみであり、 レバーにより微調整が可能となった。 これにより乗車して操作する複数の撥土板を持つ犂が登場し、 犂による耕作が劇的に向上した。

一匹の牽引馬は通常は清浄な軽い土壌では 1 つの溝を作る犂を引くことができる。 しかし、重い土壌では 2 匹の馬が必要で、 1 匹が地面を歩き、もう一匹が溝を歩く。 2 つ以上の溝をうがつ犂では 2 匹以上の馬が必要で、 通常は 1 匹以上の馬が耕した場所を歩かなければならず、 これにより歩行が困難となる。通常この様な馬は半時間ごとに 10 分の休憩を取った。

ニュージーランドに見られるような重い火山性のロームの土壌では、 2 つの溝をうがつ犂を引くには、4 匹の重い荷馬が必要となる。 耕作地が長方形ではなく正方形に近ければ、 2 匹ずつ引き綱につなぐよりは、横に 4 匹をつなぐ方が経済的である。 従って、1 匹は常に耕した土の上にいる。 馬の力と耐久性の限度から、2 つより多い溝をうがつ犂は 1 つの農場での使用が非経済的である。

アーミッシュ の農民は春の犂による耕作に およそ 7 匹の馬もしくはラバのチームを利用する傾向がある。 これは、アーミッシュの農民が互いの犂の耕作を往々にして助けあっているからで、 時々正午に交換した。 この方法を使用すれば、 軽い土壌であれば 1 日当たり、およそ 10 エーカー (40000 m2) を耕すことができ、 重い土壌であれば、およそ 2 エーカー (8100 m2) を耕すことができる。

蒸気による犂耕作 (Steam ploughing)

移動可能な蒸気エンジンの到来により、 1850 年頃からヨーロッパでは犂に蒸気動力を適用できるようになった。 土壌の状態は往々にして柔らかすぎて、 重い牽引エンジンを支えることができなかった。 その代わりに、カウンターバランス (平衡錘(すい)) と 車輪を付けた犂 -- バランス・プラウと呼ばれる -- を 2 台の犂耕作エンジンで、畑越しに牽引した。 2 台のエンジンは畑の反対側で動作した。 バランス・プラウは対面する 2 台の犂を持ち、 1 台が地面にある時には、もう 1 台が空中に持ちあげられていた。 一方向に牽引されると、ケーブルのテンション (張り) により 耕作をする犂が地面に降りる。 犂が畑の端に到達すると、 犂がバランスにより傾き、もう一つの犂が地面に降りて、畑を逆方向に耕作する。


独製のバランス・プラウ
左回転刃が作業終了の直後
右回転刃が大地に食い込み
畑を戻ろうとしている

耕作エンジン Heumar
Ottomayer カンパニー製 (独)
ペアーにして、バランス・プラウと使用
1929 年製、220 馬力、21 トン

一セットの犂は右向き、もう一方は左向きで、 これにより畑を連続的に耕すことができる。 これは「回転ひねり犂」や「裏返せる犂」と同様である。 この犂による耕作エンジンと付随するバランス・プラウの発明者は 19 世紀中頃のジョン・ファウラー (John Fowler) である。 彼は英国の農業エンジニアで発明家であった。

米国では平野の堅い土壌から直接に蒸気トラクターで 牽引することができた。このような蒸気トラクターには大きな Case, Reeves や Sawyer-Massey の耕作エンジン (breaking engine) があった。 14 箇所で接地するギャング・プラウ (一組の犂) が使用された。 往々にして、このような大きな犂は集団で使用され、 一つの畑で 10 台もの蒸気トラクターが各々犂を牽引することがあった。 このようにして、何百エーカーもの土地が 1 日で耕された。 蒸気エンジンだけが大きな装置を牽引する力がある。 内燃機関が登場した時には、 大きな蒸気トラクターと比較すれば、内燃機関は力もなく、また丈夫でもなかった。 刃の数を減らすことによって仕事ができただけであった。

訳注
ケース (Case), リーブス (Reeves), ソーヤー-マセー (Sawyer-Massey) は企業名です。
切り株ジャンプ犂 (スタンプ・ジャンプ・プラウ, Stump-jump plough)

「切り株ジャンプ犂」は 1870 年代のオーストラリアの発明であり、 新しい農地を切り開く時に対処するためにデザインされた。 新しい農地では多くの木の切り株や、岩があり、 除去することがとても不経済であったからである。 犂には移動可能な重りがあって、これが犂べらを定位置に保持していた。 木の切り株や、岩のような障害物に遭遇した時に、 犂の引き綱やリンクが壊れるのを避けるため、犂べらが上方に投げ出され、 障害物をクリアーした。障害物を通り抜けた後で、 重りを地面に戻せば犂による耕作を継続できた。


ディスク・プラウ
オーストラリア、1900 年頃

より単純なシステムが後に開発され、凹面の円板 (あるいはこれの組) が使用され、 進行方向と大きな角度でセットされ、凹面の形状が円板を土壌に食い込ませた。 何か堅いものが円板の円周にぶつかると、 円板が上に巻きあがり、障害物を回避した。 装置は前方に牽引され、鋭い円板の端が土壌を切り開き、 回転する円板の凹面は土壌をを持ちあげ、横に投げる。 これは撥土板のように良い仕事をするわけではない (しかし、これは不利であると思われていない。 なぜならば、これにより風による浸食を抑えるからである), これは土壌を持ち上げて切り開くのである。

現代の犂

現代の犂は通常は複数の「裏返せる犂」であり、 トラクターには 3 点リンクで搭載されている。 これらの犂には 2 個以上 7 個までの撥土板を持っている。 -- 更に半搭載された犂 (これを持ちあげるために犂の中ほどに車輪が追加されている) は 18 個もの撥土板を持つことができる。 トラクターの油圧装置が装置を持ち上げたり、裏返しにしたり、 更には溝の幅と深さを調節する。 いまだにトラクターとの牽引リンクを設定する必要があり、 これにより犂が土壌と適切な角度となる。 この角度と深さは現代のトラクターでは自動的に制御できる。 後方の犂の補完として、2 つないしは 3 つの撥土板の犂をトラクターの前方に 搭載することもできる。 但し、トラクターが前方の 3 点リンクを装備している必要がある。


第一次大戦における「女性国土軍」の
募集ポスター、英国女性が犂で耕作
訳注
このポスターは本当の戦争がどのようなものであるかを示しています。 片っ端から徴兵してしまうと、食糧の生産ができなくなり、極端な食糧不足となります。 上のようなポスターは日本では当然あり得なかった。 明治維新以後、第二次大戦に至るまで、日本軍は食糧の強奪でその存在を維持したからです。 従って、戦前、戦中には食糧不足が露呈していないのですが、戦後にそれが発覚した。 連合軍は日本に膨大な食糧援助をせざるを得なかった。これによって、 どれだけ大量の食糧を日本軍が他国から強奪し続けていたのかがわかります。 しかし理不尽な話です。食料強盗をし続けていた連中が食料の援助を受けた。