ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Greater London Authority - Wikipedia
広域ロンドン自治体
(Greater London Authority)

広域ロンドン自治体 (GLA, Greater London Authority) は、口語的にシティ・ホール (City Hall, 市役所) と呼ばれ、ロンドン地域の権限移譲された地域政府組織 (devolved regional government body) で、 ロンドン市 (City of London) と儀礼カウンティである 広域ロンドンから構成されている。 これは 2 つの政治的な枝 (branch) である、 執行市長職 (executive Mayoralty) (現在はサディク・カーン (Sadiq Khan) が率いる) と 25 名からなる ロンドン会議 (London Assembly) から構成され、後者は前者のチェックと バランスの手段として任務に就いている。 2016 年 5 月以来、どちらの枝 (branch)もロンドン労働党 (London Labour Party) の コントロール下にある。 自治体 (authority) は、住民投票に引き続き、2000 年に設立され、 その権限の大半を 「1999 年の広域ロンドン自治体法」 (Greater London Authority 1999) と 「2007 年の広域ロンドン自治体法」 から得ている。

訳注
英国の地方自治体は立法権 (条例を作る権限) がない。権限委譲というのは、 例外的に条例を作る権限が与えられた自治体の意味。

これは戦略的地域自治体で、 権利を持っているのは: 輸送 (transport)、 警察 (policing)、 経済発展 (economic development)、 消防と緊急計画 (fire and emergency planning) であった。 3 つの機能組織 -- ロンドンの輸送 (Transport for London)、 警察と犯罪の市長オフィス (Mayor's Office for Policing and Crime)、 ロンドン消防署長 (London Fire Commissioner) -- はこれらの領域のサービス提供に責任がある。 ロンドン市長の計画政策は法令の「ロンドン計画」 (London Plan) に詳述され、 これは定期的に更新され、刊行されている。

広域ロンドン自治体は政府の直接の助成金で大半が資金繰りされている。 これは、また徴税命令自治体 (precepting authority) でもあり、 少々の資金は地方議会税 (local council Tax) で徴収されている。 GLA が英国の権限移譲された地方政府システムでユニークなのは: 構造の点 (これは大統領制様式のモデルを採用)、 選挙、そして権力の選択である。 自治体 (authority) は一連の共同委員会と特殊法人の代わりに設立され、 1986 年の広域ロンドン議会 (Greater London Council) の廃止以来始めて、広域ロンドン地方政府における、選挙で選ばれた上層 (upper tier) を提供した。

  1. 目的
  2. 背景
  3. 設立
  4. 権力と機能
  5. 政治支配
目的

GLA は 1579 km2 (610 平方マイル) の広域ロンドンの戦略的行政に責任がある。 これは、32 のロンドン自治区議会 (councils of 32 London boroughs) 及びロンドン市法人 (City of London Corporation) と 地方政府の権力を分かち合っている。 これは広域ロンドン地方自治体間の協調を改良するために作られ、 ロンドン市長の役目は、ロンドンを代表するためにロンドンに一人の人格を与えることである。 市長は政策と GLA の予算を提案し、 Transport for London のような首都の戦略的幹部 (strategic executive) に提案をする。 ロンドン会議 (London Assembly) の主要な目的は、 ロンドン市長の行動と決定を吟味して、市長の責任を問うことである。 議会は 1 年毎に、市長の予算を承認するか修正をしなければならない。 GLA はシティ・ホール (City Hall) に拠点を置き、 これはテムズ川の南岸の新しい建物で、タワー・ブリッジ (Tower Bridge) の隣にある。

GLA はおおまかには儀礼市長 (ceremonial Lord Mayors) がいるロンドン市法人 (Corporation of the City of London) とは違い、これは 1 平方マイルのシティであるロンドンの主要金融センター (London's chief financial centre) をコントロールしているまでである。

背景

1986 年に、広域ロンドン議会 (Greater London Council) が マーガレット・サッチャー (Magaret Thatcher) の保守党政府により廃止された。 多くの人が推測したことは、GLC を廃止する決定がなされたのは、 ケン・リビングストン (Ken Livingstone) の下における財政支出の多い左派の労働党政権の存在であった、 もっとも GLC の廃止圧力が持ち上がったのは、リビングストン (Livingston) が政権を取る前からであり、 大まかにはアウター・ロンドン自治区議会 (outer London borough council) の間の信念に駆動されたもので、 彼らは GLC の機能も同様に実行できると考えた。

廃止により、GLC の戦略的機能は中央政府によりコントロールされる組織、 あるいはロンドン自治区議会 (London borough councils) が推薦する合同委員会に移管された。 サービス供給機能 (service delivery function) の幾つかは議会 (council) 自身に移管された。 続く 14 年間に、ロンドン全体には選挙で選ばれる単一の組織がなかった。 労働党は GLC の廃止を支持せず、市全域の選挙で選ばれた自治体 (authority) を 何らかの形で再設置することを政策にした。

設立

労働党は選挙で選ばれた単一の市長と、選挙で選ばれた市長を監視する議会 (assmebly) の 政策を採用した (これは 1990 年に トニー・バンクス (Tony Banks) によって始めて提案された政策である); このモデルは多くの米国都市の「市長-議会政府」 (mayor-council government) に基づき、 部分的には、新しい組織が昔の GLC にできる限り類似しないようにすることを目的にした。 労働党が 1997 年の総選挙で勝利してから、 政策は 「ロンドンの市長と会議」 (A Mayor and Assembly for London) (1998 年 5 月) と 題した白書で概略された。

ロンドン自治区の複数議会 (London Borough councils) の 選挙と同時に 1998 年 5 月に GLA の設立に関しての住民投票があり、 投票の 72% が賛成であった。 「1999 年の広域ロンドン自治体法」 (Greater London Authority Act 1999) が 国会を通過し、 1999 年 10 月に王室の同意を得た。 議論のある選挙運動で、当時の首相である トニー・ブレア (Tony Blair) はリビングストン (Livingston) の指名を阻止しようとして、自身の候補を押し付けた。 反発して、リビングストン (Livingstone) は無所属候補として立候補し、 労働党から追放され、2000 年 3 月にロンドン市長として選ばれた。 市長と議会が選ばれたが、まだ権力がない中間の時に引き続き、 GLA は 2000 年 7 月 3 日に正式に設立した。

権力と機能
機能と組織

GLA が責任を持っている領域は輸送、警察、消防と救援、開発、そして 戦略的計画である。 GLA は直接には自身ではサービス提供しない。 その代わりに、仕事は GLA の傘下に入って、市長と会議 (mayor and assembly) の 政策支持の下で仕事をする機能組織によって実施される。 これらの機能組織は (「1999 年の広域ロンドン自治体法」 (Great London Authority Act 1999) の項 424 (1) で定義され) 以下のものである:

2005 年 11 月に政府は GLA の権力の見直しをする諮問文書 (consultation document) を出版し、 追加の権力の提案をし、これに廃物処理、計画、住宅、そして学び (learning) と技術 (skill) が含まれた。 諮問と最終提案の結果は 2006 年 7 月 13 日に 「地域と地方政府のための開発」 (Development for Communities and Local Government) により出版された。

計画 (Planning)

GLA は広域ロンドンの土地使用の協調に責任がある。 市長は戦略的計画である 「ロンドン計画」を作る。 個々のロンドン自治区議会 (London Borough councils) は 計画に従うことが拘束されている。 市長は、もしも全体としてのロンドンの利益に反すると考えられれば、 ロンドン自治区によって作られた計画決定を覆す権力がある。

エネルギー政策

2006 年現在、ロンドンは 1 年に 4200万トン の炭素排出量 (carbon emission) があり、 全英国の 7% で、このうち 44% が住宅に由来し、 28% が商的な建物、 21% が輸送、 7% が産業に由来する。

市長のエネルギー戦略の炭素排出量削減の計画は 2010 年までに 20%、 2050 年までに 60% であった。 (もっとも、この最初の目標の達成はありえない。)( これを達成するために取られた手段に含まれるものは: ロンドン気候変動局 (London Climate Change Agency) と ロンドン・エネルギー・パートナーシップ (London Energy Partnership) の創設、 と国際大都市気候リーダーシップ・グループ (International Large Cities Climate Leadership Group) の設立である。

ロンドン持続可能開発委員会 (London Sustainable Development Commission) が計算したことは、 住宅が 60% 削減の目標を満たすためには、 既存の住宅に使用されるエネルギーを 40% 削減することに付け加え、 すべての新しい開発は (ゼロ・エネルギー・ビル (zero energy building) 技術を使用して) カーボンニュートラル (carbon-neutral) となるように、 建設しなければならないことである。

サービス 広域ロンドン
自治体
ロンドン
自治区議会
教育 (Education)
住宅 (Housing)
計画の適用 (Planning applications)
戦略的計画 (Strategic planning)
輸送計画 (Transport planning)
乗客輸送 (Passenger transport)
道路 (Highways)
警察 (Police)
消防 (Fire)
社会サービス (Social services)
図書館 (Libraries)
レジャーとリクリエーション (Leisure and recreation)
ゴミ集め (Waste collection)
ゴミ処理 (Waste disposal)
環境衛生 (Environmental health)
税の徴収 (Revenue collection)
政治支配

2021 年の選挙後に、 労働党は GLA で最大の政党となり、市長と共に 11 名の議員が労働となり、 これに続くのは 9 名の 保守党、 3 名の グリーン党 (Greens)、 そして 2 名の 自由民主党 (Liberal Democrats) であった。

選挙
訳注
原文には各選挙ごとに、別ページがあって、そこにリンクが張られています。