ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Tower Bridge - Wikipedia

タワー・ ブリッジ: Google map、 ストリートビュー: 橋の上、 フォトスフィア: 斜め横

タワー・ブリッジが建設された当初の バスキュール橋の駆動方法は、 タイン川のスイング・ブリッジの駆動方式と基本的に同じもので、 どちらもアームストロングの会社が製造したものです。 タイン川のスイング・ブリッジの訳注で説明していますが、 次のようにします。蒸気エンジンを使用して、水圧アキュームレーターに加圧水を蓄積し、 十分に加圧水が蓄積されてから、一気に加圧水を放出し、これが水圧モーター (hydraulic motor) を駆動し、 歯板と歯車 (rack and pinion) を駆動します。旋回橋とバスキュール橋の違う点は、歯板の設置方法で、 旋回橋の場合は円板を回転させ、バスキュール橋の場合は円弧を回転させます。 現在のタワーブリッジでは 「歯板と歯車」 の歯車を駆動するのが現代的な油圧モーターになり、 タイン川のスイング・ブリッジの方は蒸気エンジンの代わりに電動モーターに変化した点が違っています。

タワーブリッジ (Tower Bridge)

タワーブリッジはロンドンにある バスキュール橋と吊り橋が組み合わさった橋で、 1886 年 - 1894 年に建設された。 橋にはロンドン塔の近くに向けてテムズ川を横断し、 ロンドンの偶像的なシンボルになっている。 タワー・ブリッジはブリッジ・ハウス・エステート (Bridge House Estate) により所有・保守されている 5 つの ロンドンの橋の 1 つで、 ブリッジ・ハウス・エステートは シティ・オブ・ロンドン自治体 (City of London Corporation) により監督されている 慈善トラストである。 この橋はトラストの橋の中で シティ・オブ・ロンドンから サザーク (Southwark) に直接接続されていない唯一の橋である。 というのは北側は タワー・ハムレット・ロンドン特別区 (Tower Hamlets) だからである。


夕闇のタワーブリッジ

橋は 2 つの塔から構成され、 塔は 2 つの歩道橋により上層で結合され、 塔の岸側の吊り橋区間が引き起こす水平なテンションに拮抗するようにデザインされている。 吊り橋区間の力の垂直成分と 2 つの歩道橋の重量は 2 つの強固な塔により支えられている。 バスキュールの軸と操作機械は各塔の基底部に格納されている。 橋の現在の配色は 1977 年のもので、この時にエリザベス女王の即位 25 周年祝典で赤、白、青に塗装された。

橋の路面は車も歩行者も自由に出入りできるが、 一方で橋の 2 つの塔、高層歩道橋、ビクトリア時代のエンジン室は タワー・ブリッジ・エキシビション (Towe Bridge Exhibition) の一部を形成し、入場料が必要である。 最も近い ロンドン地下鉄の駅は: サークル線、ディストリクト線のタワー・ヒル駅、 ジュビリー線、ノーザン線のロンドン・ブリッジ駅、 ジュビリー線のバーモンドジー駅 (Bermondsey) である。 そしてドックランズ軽鉄道の最も近い駅はタワー・ゲートウェイ駅である。 ナショナル・レールの最も近い駅はフェンチャーチ・ストリート駅 (Fenchurch Street) とロンドン・ブリッジ駅である。

  1. 歴史
  2. デザイン
  3. 交通
  4. タワーブリッジ・エキシビション
  5. 反応
  6. 事件
歴史
発端

19 世紀の後半に、 ロンドンのイースト・エンドが宣伝されるようになると、 ロンドン橋の下流に新しい川の横断点が必要となった。 道路と同じ高さの通常の固定橋は建設できなかった。 というのはロンドン橋とロンドン塔の間の プール・オブ・ロンドン (Pool of London) の港湾施設への帆船の進入路を断ち切るからであった。

「橋ないしは地下道の特別委員会」 (Special Bridge or Subway Committee) が設置され、サー・アルバート・ジョセフ・アルトマン (Sir Albert Joseph Altman) が委員長となり、川の横断方法の解決を見つけることになった。 委員会は横断方法に関しての公開のコンテストを開催した。 50 件以上のデザインが提出され、その 1 つには土木技術者のサー・ジョセフ・バザルゲティ (Sir Joseph Bazalgette) のものがあった。 デザインの評価は論争で包まれ、1884 年になって、ようやく、 サー・ホーレス・ジョーンズ (Sir Horace Jones) のものが認められた。 ジョーンズはシティ・オブ・ロンドンの建築家で審査員の 1 人でもあった。

ジョーンズの技術者であったサー・ジョン・ウォルフ・バーリー (Sir John Wolf Barry) が橋脚上に 2 つの塔を持つバスキュール橋のアイデアを考案した。 中央スパンが 2 つの等しいバスキュールあるいはリーフ (葉) に分割され、 これが持ち上げられて河川交通を通した。 2 つのサイド・スパンは吊り橋で、サスペンション・ロッド(Suspension rod, 吊り棒) は 「橋台」 と 「上層歩道橋の中を通過する棒」 の両方に固定された。

訳注
ストリート・ビューから分かりますが、吊り橋はサスペンション・ロープで支えられているのではなく、 曲がった棒で支えられています。これがサスペンション・ロッドです。

立面図と大きさ
建設

建設は 1886 年に開始し、(完成までに) 8 年かかった。 主な請負業者は: サー・ジョン・ジャクソン (Sir John Jackson, 基礎)、 アームストロング男爵 (水圧装置)、 ウィリアム・ウェブスター (William Webster)、 サーH.H.バートレット (Sir H. H. Bartlett)、 サー・ウィリアム・アロル社 (Sir William Arrol & Co.) で、 432 人の建設労働者が採用された。 E.W.クラットウェル (Crutwell) が建設工事の常駐技術者であった。

訳注
工事開始時点ではアームストロングはまだナイトで男爵になっていません。 従って、正確にはサー・アームストロングです。

2 つの巨大な橋脚が 70,000 トンのコンクリートを詰められて、 川底に沈められ、建設を支えた。 11,000 トン以上の鋼が塔と歩道橋の枠組みに提供された。 これは次にコーンウォール花崗岩とポートランド石 (石灰岩の一種) で覆われ、 共に鋼を保護し、橋に心地よい外見を与えた。

ジョーンズは 1886 年に亡くなり、 ジョージ D. スチーブンソン (George D. Stevenson) がプロジェクトを引き継いだ。 スチーブンソンは元々のレンガの正面をもっと華麗なビクトリアン・ゴシック様式で置き換え、 これにより橋が独特なランドマークとなり、 意図的に、橋を近くのロンドン塔と調和させた。 全建設経費は £1,184,000 (2015 年の £1.22億 に同等) であった。


建設中のタワーブリッジ、1892 年
開通

橋は公式に 1894 年 6 月 30 日にウェールズ皇太子 (将来の エドワード 7 世) と彼の妻 ( デンマークのアレクサンドラ) により開通式が挙行された。

橋は北岸のアイアン・ゲート (Iron Gate) と南岸のホースリーダウン・レーン (Horselydown Lane) を接続した。 これらの通りは今では、それぞれタワーブリッジ・アプローチとタワーブリッジ・ロードと呼ばれている。 橋が開通するまでは 400 m 西のタワー・サブウェイ (Tower Subway) がタワー・ヒルから川を横断して サザーク (Southwark) のツーリー・ストリート (Tooley Street) に至る最短の道であった。 タワー・サブウェイは 1870 年に開通し、 世界で最も早い地下鉄の一つであったが、たった 3 ヶ月後に閉鎖し、 歩行者用のトンネルとして再開した。 タワー・ブリッジが一旦開通すると、 歩行者の大半が無料の橋を使用するようになった。 トンネルは収入の大半を失って 1898 年に閉鎖した。

塔の間の高層の開放歩道橋は売春婦やスリのたむろする所として不愉快な名声を得た。 というのは階段以外にアクセス方法がなく、ほとんど誰も使用しなかったからで、1910 年に閉鎖された。

第二次世界大戦

第二次世界大戦の最中に既存のエンジンが敵の行動により被害を被ることに備え、 第 3 のエンジンが 1942 年に設置された。 このエンジンは 150 馬力の並列複合エンジン (cross compound engine) で、ビッカース・アームストロング社 (Vickers Armstrong Ltd.) が ニューキャッスル・アポン・タインのエルスウィック工場 (Elswick works) で建造したものであった。 直径 9 フィート (3.7 m) のはずみ車があり、30 rpm の速度に調整 (govern) されていた。 このエンジンは 1974 年にシステムが現代化された時に余分なものとなり、 シティ・オブ・ロンドン自治体により、 フォーンセット産業蒸気博物館 (Forncett Industrial Steam Museum) に寄付された。


バトル・オブ・ブリテンの 1956 年の祝典中に
タワーブリッジに係留された英国空軍
No. 201 飛行中隊の ショート・サンダーランド
現代化

1974 年に、元々の操業機械は大体、電気油圧駆動システム (electric-hydraulic drive system) に置き換えられた。 これは BHA クロムウェル・ハウス (Cromwell House) によりデザインされ、 元々の最後の小歯車 (pinion) が油圧モーターで駆動されてかみ合っていた。 1982 年に、タワー・ブリッジ・エクシビションが開設され、 展示場所は、橋の 2 つの塔、長期間閉鎖された高層歩道橋、そしてビクトリア時代のエンジンルームであった。 後者には今なお、元々の蒸気エンジンと元々の水圧機械の幾つかを収容している。

コンピュータ・システムが 2002 年に設置され、バスキュールを遠隔操作で昇降させることになった。 これは信頼できないことが判明し、 2005 年に、センサーを交換するまでは、何度か開放位置と閉鎖位置で橋が詰まった。

2008 年 -2012 年の外装直し

2008 年 4 月に £400万 で外装直し (facelift) を実施することと、完成するまでに 4 年かかることが表明された。 工事が必要とすることは: 既存のペンキを完全に引きはがし、青と白に塗装し直すことであった。 各区間は足場とプラスチックのシートで囲み、 古いペンキがテムズ川に落ちて汚染することを防止した。 2008 年中頃に開始し、 請負業者は一時に橋の一郭で作業し、混乱を最小にしたが、 少々の道路閉鎖は不可避であった。 塗装が 25 年間保持されることを意図した。

歩道橋の内部の刷新は 2009 年中頃に完成した。 歩道橋内部にエレニ・シアリス (Eleni Shiarlis) によりデザインされた多目的照明システムが設置された。 これは歩道橋を展示場として使用したり、(照明) 機能として使用するためのものである。 新しい照明システムはフィーチャー・ライティング (feature lighting, 展示品の照明) とアトモスフェリック・ライティング (atmospheric lighting) を提供し、 後者は注文品の RGB LED 発光体を使用し、上部構造に隠し、 ドリルを使用せずに固定できるようにデザインされている。 (これは橋がグレード I の指定建造物であることによる要求事項である。)

訳注
アトモスフェリック・ライティング (atmospheric lighting) の意味が少しはっきりしないが、下の写真で橋がライト・アップされており、 この写真で歩道橋が内部の光で輝いており、この照明のことを指すのではないかと思う。

4 本のサスペンション・ロッドの修復は 2010 年 3 月に完成し、最新式のコーティング・システムが使用され、 異なるペンキを 6 層まで塗ることが要求された。

2012 年のロンドン・オリンピックとパラリンピック

橋はロンドンで開催される 2012 年の夏季オリンピックの宣伝の呼び物にされた。 2012 年 6 月に、オリンピックの 5 輪が橋から吊るされて、ゲーム開始まで 1 ヶ月であることを示した。 5 輪は制作するのに £259,817 かかり、 25×11.5 メートル (82×38 フィート) の大きさで、 13 トン (14 英トン) の重量があった。


2012 年オリンピックの 5 輪を付けたタワーブリッジ

2012 年 7 月 8 日に、西側の歩道橋は英国の作曲家のサミュエル・ボードリ (Samuel Bordoli) により 200 フィート (61 m) の長さの生演奏の音楽彫刻となり、 オリンピックの 5 輪の背後にテムズ川上 42 m の高さの橋に沿って、 30 名のクラシック音楽の演奏家が配置された。 サウンドは歩道橋の前後に広がり、橋の構造に反響した。

オリンピックが終わると 5 輪がタワーブリッジから外され、2012 年夏季パラリンピックのシンボル (emblem) で置き換えられた。

2016 年の重要な保守工事

タワーブリッジは 2016 年 10 月 1 日 日曜日 から 12 月 30 日 金曜日まで、すべての交通が閉鎖される。 これは構造的な保守工事をするためである。 工事には次が含まれる。

橋は議会法に要求されるように水上交通にはまだ開放されている。 橋は 3 回の週末以外は歩行者に開放され、 閉鎖される時には無料の渡し舟がある。

デザイン
橋の構造

橋は長さ 800 フィート (240 m)、 2 つの塔は高さ 213 フィート (65 m) で、 塔は橋脚の上に建設されている。 塔の間の中央スパンは長さ 200 フィート (61 m) で、 2 つの等しいバスキュールあるいはリーフ (葉) に分かれ、 86度 の角度まで持ち上げることができ、 河川交通を通過させることができる。 バスキュールは各々 10,000 トン以上の重さがあり、必要とされる力を最小にするために平衡が取られ、 5 分で開けることができる。


タワーブリッジの塔とスパン

2 つのサイド・スパンは吊り橋で各々長さ 270 フィート (82 m)、 サスペンション・ロッド (吊り棒、suspension rod) は 「橋台」 と 「上層歩道橋の中を通り抜ける棒」 の両方に固定されている。 上層歩道橋は満潮の時に、水面上 143 フィート (43 m) である。

主要道路面には車道の 2 車線と両側に歩道があり、 吊り橋区間とバスキュールの開口部にまたがり、歩道は車道と柵により分離されている。 車道は塔の中を通り、一方歩道は塔の外側を通過する。

橋の煙突の 1 つは、しばしば街灯と間違えられるが、ロンドン塔の守衛室の古い暖炉につながっている。 これは長期間使用されていない。

水圧 (or 油圧) システム

元々の持ち上げ機械は加圧水を動力とし、これは幾つかの水圧アキュームレーターに蓄えられた。 このシステムはハミルトン・オーウェン・レンダー (Hamilton Owen Render) によりデザイン・設置された。 一方、ニュー・キャッスル・アポン・タインのサー W.G.アームストロング社による装置は 750 psi (5.2 MPa) の圧力で 2 基の 360 馬力 (270 kW) の 水平直列複合エンジン (twin-tandem compound stationary steam engine) -- マイヤー膨張スライドバルブ (Meyer expansion slide valve) を装着 -- が水圧アキュームレーターに (水を) 注ぎ込んだ。 各々のエンジンは圧力ポンプ (force pump) をピストンのテール・ロッドで駆動した。 アキュームレーターは各々直径 20 インチ (51 cm) のラム (ram, ピストンのこと) から構成され、 この上に非常に重い重りがのせられ望ましい水圧を維持した。


元々の蒸気エンジンの 1 つ

全水圧システムはガス灯のシステムと共にウィリアム・サグ社 (William Sugg & Co. Ltd.) -- ウェストミンスターのガス会社としてよく知られていた -- により設置された。 ガス照明はすぐにも白熱電灯に格上げされた。

1974 年に、元々の操業機械は大体、電気油圧駆動システムに置き換えられた。 これは BHA クロムウェル・ハウスによりデザインされた。 元々のシステムで、まだ使用されている」唯一の部品は (駆動システムの) 最後の小歯車 (pinion) で、 これがバスキュールに装着されている歯板にかみ合っている。 これらは現代的な油圧モーターと歯車で駆動され、作動液 (hydraulic fluid) が水ではなく油を使用している。 元々の水圧機械の装置は保持されているが、もはや使用されていない。 これは公開され、橋の博物館の基礎をなし、橋の南端のエンジンルームに保存されている。 博物館には蒸気エンジン、2 基の水圧アキュームレーター、 バスキュールを駆動した水圧エンジンの 1 つがあり、 それ以外の関連したものがある。

信号と制御

橋を通り抜ける河川交通を制御するために、 幾つかの異なる規則と信号が使用された。 日中の制御は 2 つの橋脚の (東西) どちら側にもある小さな小屋の上に搭載した赤い腕木信号で提供された。 夜間には色のついたライトがどちらの方向にも使用された。 どちらの橋脚でも 2 つの赤のライトは橋が閉まっていることを示し、2 つの緑のライトは橋が開いていることを示した。 霧の時にはドラも鳴らした。

橋を通過する船も信号を表示しなければならなかった。 少なくとも直径 2 フィート (0.61 m) の黒いボールを見える所に高く持ち上げなければならなかった。 夜は 2 つの赤いライトを同じ位置に置いた。 霧の時には船の蒸気警笛を繰り返し鳴らすことが要求された。 もしも黒いボール (あるいは夜間には赤いライト) が歩道橋の中間にぶら下げらていれば、 これは橋を開くことができないことを示した。 これらの信号はおよそ 1000 ヤード (910 m) 下流のチェリー・ガーデン桟橋 (Cherry Garden Pier) で繰り返され、 橋を通過しようとするボートは、ここで彼らの 信号/ライト をつり上げ、もしも適切であれば、 ブリッジ・マスターに注意させるために警笛を鳴らした。

信号装置の制御機構の幾つかは保存され、橋の博物館で動作しているのを見ることができるかもしれない。

交通
道路

タワー・ブリッジは今でもテムズ川の多忙な横断点である。 40,000 名以上の人 (自動車、自転車、歩行者) が毎日橋を渡っている。 橋はロンドン中環状道路 (Inner Ring Road) にあり、 ロンドン渋滞税ゾーン (congestion charge zone) の境界にある。 (ドライバーは橋を横断するだけでは課金されない。)

橋の完全性 (integrity) を維持するために、 シティ・オブ・ロンドン自治体は時速 20 マイル (32 km/h) の速度制限と 18 トンの重量制限を課している。 カメラ・システムが橋を横断する車両の速度を測定し、 ナンバープレート認識システムを使用して、違反ドライバーに固定した罰金を請求する。

第 2 のシステムが車両の他の変数を測定している。 誘導ループ (induction loop) と圧電センサー (piezoelectric sensor) を使用して、重量、シャーシの高さ、各車両の軸数が測定される。

河川

バスキュールは 1 年におよそ 1000 回持ち上げられる。 河川交通は随分減少したが、なお道路交通よりも優先権がある。 今日では、橋の開放には 24 時間前の通知が要求され、開放時間が橋のホームページに事前に掲載される。


背の高い船のワイド・スワン (Wyde Swan) がタワーブリッジを通過、
橋は 2012 年8 月のロンドン・オリンピック用に装飾されている。
オリンピックの 5 輪がマストを通すために畳まれていることに注意。

船舶の通過で持ち上げる時に、バスキュールは船舶が橋の下を安全に通過するのに十分な角度まで 持ち上げるのみである。 但し、君主が船上にいる場合には別である。 この場合には船舶の大きさに関わらず全開する。

タワーブリッジ・エキシビション

タワーブリッジ・エキシビションは橋の 2 つの塔、高層歩道橋、及びビクトリア時代のエンジンルームに収容された展示である。 これは映画、写真、双方向ディスプレーを使用して、 タワーブリッジを建設した理由と方法を説明している。 かって橋のバスキュールを駆動した元々の蒸気エンジンのそばに行くことができ、 橋の南端に近い建物に収容されている。


高層歩道橋の内部
(展示スペースとして使用)

エキシビションには入場料が必要である。 入口は橋の路面の西側から北の塔に入った所であり、 ここからエレベーターでレベル 4 まで上昇し、高層歩道橋を横断し、南の塔に到達する。 塔と歩道橋に橋の歴史の展示がある。 歩道橋から、シティー、ロンドン塔、プール・オブ・ロンドンが一望され、 床がガラスの区間もある。 南の塔からエンジン・ルームに行くことができ、 元々の蒸気エンジンは、橋の南の進入路のそばにある別の建物の中にある。

反応

橋は疑いもないランドマークであるが、 20 世紀初頭の評論家はその美学に関して批判的であった。 「橋は下品な派手さと仰々しさの悪徳を表し、構造の実際の事実を歪曲している」 とヘンリー・ヒースコート・スティハム (Henry Heathcote Staham) は書き、 一方 フランク・ブランギン (Frank Brangwyn) が述べる所では 「タワーブリッジより、もっと馬鹿げた橋が戦略的な川にかけられたことはない」。

建築史家のダン・クリュックシャンク (Dan Cruickshank) が BBC の 2002 年のドキュメンタリー・シリーズ 「英国の最もすぐれた建物」 のために選んだ 4 つの選択の 1 つがこの橋であった。

タワーブリッジの部分的なレプリカが中国の 蘇州市に建設された。 レプリカがオリジナルと違う点は、持ち上げ機構がないことと、4 つの別々の塔があることである。

事件

1952 年 12 月に、78 番の 2 階建てバスが南岸から橋を横断中に橋が開いた。 その当時は、門番が警告ベルを鳴らし、橋に誰もいなくなってから、 ゲートを閉鎖し、そのあとで見張りが橋を持ち上げる命令をした。 この行程は救援の見張りが任務に就いたときに失敗した。 バスが南側のバスキュールの橋の近くに達した時に、バスキュールが上昇し始めた。 ドライバーのアルバート・ガンター (Albert Gunter) は瞬時に加速する決定をし、 3 フィート (0.91 m) のギャップを飛び越え、 6 フィート (1.8 m) 落下して北側のバスキュールに着地した。 北側のバスキュールはまだ上昇を開始していなかった。 深刻な負傷者はいなかった。 シティー自治体は彼の勇敢な行動を讃え、 £10 (2015 年の £260) をガンターに与えた。

ホーカーハンター・タワーブリッジ事件は 1968 年 4 月 5 日に起きた。 この時イギリス空軍 (RAF, Royal Air Force) 第 1 飛行中隊の ホーカーハンター FGA 9 ジェット戦闘機 -- 空軍大尉アラン・ポロック (Alan Pollock) が操縦 -- がタワーブリッジを通り抜けた。 RAF の 50 周年を儀礼飛行で祝賀しないことに不愉快となり、 ポロックは自分で何かをしようとした。 許可なくしてポロックはホーカーハンターを操縦して、低高度でテムズ川を下り、 英国議会を過ぎ、タワーブリッジに向けて飛行し続けた。 彼はホーカーハンターを橋の歩道橋の下をくぐらせた。 彼が後に述べたことによると、これは橋が目の前に迫った時に後から思いついたことであった。 着陸すると逮捕され、医学的な理由から RAF を除隊させられ、軍法会議で弁護する機会を失った。

1973 年の夏に、単一エンジンのビーグル・パップ (Beagle Pup) がタワーブリッジの歩道橋の下を 2 度くぐった。 操縦していたのは 29 才の株式仲買所 (stockbroker) の事務員であるポール・マーティン (Paul Martin) で、株式市場の不正の罪により保釈中であった。 彼はシティの建物をブンブン飛び、北の 湖水地方 (Lake District) に向けて飛行し、 ここで墜落して死亡した。これは事件の 2 時間後のことであった。

訳注
ビーグル・パップ

1997 年 5 月に、米国大統領ビル・クリントンの自動車行列が橋の開放により分断された。 テムズ川の帆船ハシケのグラディス (Gladys) がセント・キャサリン・ドック (St. Katherine Dock) の集合に行く途上で、予定通りに到着した。橋はグラディスのために開放された。 クリントン大統領はテムズ川沿いのレストラン「ル・ポン・ド・ラ・ツール」 (Le Pont de la Tour) で、英国首相のトニー・ブレアと昼食を取り、 時間にそれほど正確ではなく、橋がまさに上昇する時に到着した。 橋の開放により自動車行列が分断され、警護要員が仰天した。 タワーブリッジのスポークスマンは次のように言ったと言われている。 「我々は米国大使館に接触しようとしたが、彼らは電話に出なかった。」

1999 年 8 月 19 日にシティ・オブ・ロンドンの自由人 (Freeman) であるジェフ・スミス (Jef Smith) は橋の上で 2 匹の羊を追い立てた。 彼は自由人に与えられた古代の権利を行使し、 古い市民の権利を強調し、権利が侵食されている事を強調した。

2003 年 10 月 31 日の夜明け前に、 「正義を求める父親」 (Fathers 4 Justice) の運動家である デイビッド・クリック (David Crick) がタワーブリッジ近くの 100 フィート (30 m) のタワー・クレーンに上り、 スパイダーマンの扮装で 6 日間の抗議を開始した。 彼の安全と彼が落下した場合のドライバーへの安全の理由から、 警察はその一帯に非常線を張り、 橋と周辺の道路を閉鎖して、シティとロンドン東部に広範囲の交通渋滞を引き起こした。 ロンドン警視庁 (Metropolitan Police) は 5 日間にわたる閉鎖を維持したことで批判された。 閉鎖は一部の市民の目には厳密には必要でなかったからである。

2009 年 5 月 11 日に、6 名が北の塔のエレベーターに閉じ込められ、 エレベーターが 10 フィート (3 m) 落下して負傷した。