ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Local board of health - Wikipedia

本文を読めばわかりますが、

1848 年の公衆衛生法により地方衛生委員会 (local boards of health) ができ、 1858 年の地方政府法により、これが地方委員会 (local boards) となり、 この管轄区が地方政府地区 (local government districts) となります。

更に 「1875 年の公衆衛生法」により、「地方政府地区」は都市型衛生地区 (urban sanitary district) となり、 「1894 年の地方政府法」 により都市型衛生地区は 都市型行政地区 (urban district) になった

本文からは以上のようにまとめられますが、 1848年-1894年にイングランドとウェールズで作られた地方委員会 にもう少し違う形で集約しています。

地方衛生委員会 (Local board of health)

地方委員会 (local boards) あるいは 地方衛生委員会 (local boards of health) は 1848 年から 1898 年までの イングランドとウェールズの都市型地域 (urban areas) における 地方機関 (local authorities) であった。 これらはコレラの疫病に対応して形成され、 下水コントロール、街路の清掃、 環境衛生の危険 --- 畜殺場が含まれた --- を規制する権力が与えられ、 地区に適切な水を確実に提供した。 地方委員会はまもなく 1873 年に都市自治区法人 (corporation of municipal borough) と合併、あるいは 1894 年に都市型行政地区 (urban district) になった。

  1. 1848 年の公衆衛生法以前
  2. 1848 年の公衆衛生法
  3. 1858 年の地方政府法
  4. 地方委員会の数
  5. 衛生地区と都市型行政地区
1848 年の公衆衛生法以前
改良委員 (Improvement Commissioners) を参照。
1848 年の公衆衛生法

最初の地方委員会は 「1848 年の公衆衛生法」 (Public Health Act 1848 (11 & 12 Vict. c.63)) の 下で創設された。 この法律の目的は イングランドとウェールズの町と人口の多い場所の衛生状態を 改善するためであった、設定されたことは: 単一の地方組織の下で、水の供給;下水;排水; 清掃;舗装;環境衛生の規制であった。 この法律はイングランドとウェールズのどの場所にも適用できた。 但し、 シティ・オブ・ロンドン (City of London, ロンドン市) と メトロポリス (Metropolis, [訳注:カウンティ・オブ・ロンドン (County of London) のこと]) のこれ以外の少々の 場所はすでに下水委員会の規制下にあった。

訳注
英国の議会法は次のようにして番号付けられている:
"39 & 40 Geo. 3 c. 67", meaning the 67th Act passed during the session that started in the 39th year of the reign of George III and which finished in the 40th year of that reign. ( List of Acts of the Parliament of Great Britain, 1720–1739 - Wikipedia)
翻訳: 「39 & 40 Geo. 3 c. 67」はジョージ 3 世 (George III) の治世の 39 年目の年から開始して、40 年目の年で終了した会期の 67 番目の 法律。(c = chapter, 章)

この法律は エドウィン・チャドウィック (Edwin Chadwick) の催促により、 ジョン・ラッセル卿 (John Russell) の ホイッグ党政府 (Whig Government) が通した。 これを支援した報告は: (1843 年に作られた) 町衛生 (Health of Town) に関しての国王委員会のもの、 英国の多くの市の貧弱で非衛生な状態に関しての (1844 年に作られた) 「町衛生協会」 (Health of Towns Associations) の (複数) 支部からのものであった。

一般衛生委員会

この法律により、 法律を処理するために 「一般衛生委員会」 (General Board of Health) を 中央機関 (central authority) として創設した。 3 人の委員がいた: 委員会の長は 「女王陛下の森林、土地収益、工場と建物」 (Her Majesty's Woods and Forests, Land Revenues, Works and Buildings) の第一委員で、 他の 2 人の委員は委任状により任命された。 委員会は元々 5 年後に解散することになっていたが、議会法 (acts of parliament) が毎年通過して、 これが継続することが可能となった。 チャドウィック (Chadwick) は委員に任命され、委員会は彼と強く結びつけられた。 1852 年にエドワード・ゴット (Edward Gotto) が採用されて、国の 「衛生調査の一般委員会」を遂行した。

委員会は 1858 年 9 月 1 日に存在が終に終了した。

地方衛生委員会の形成

地方委員会は 2 つの方法で形成できた:

後者の場合一般委員会 (General Board) によって任命された監督検査官が審理したのは: 下水、排水、給水、埋葬地の状態、及び 町の衛生状態に関連する他の問題で、 ここで必要性から地方委員会地区の境界が定められた。

提案された地方委員会地区の境界が既存の地方単位と 同じであれば、法律が勅令 (Order in Council) により適用された。 新しい地区が創設されていれば、これは一般委員会 (General Board) の暫定的な命令により実施され、 議会により追認された。

地方委員会の構成員のこと

地方委員会の構成員 (members of local boards) は次のいずれかであった。

地方委員会地区が自治区 (borough) と一致したり、 完全に自治区の限界内にあった場合には、すべての構成員は法人により選抜された。 地区が都市自治体 (municipality) の完全に外であれば、 すべての構成員は選挙で選ばれた。 部分的に自治区の内部且つ外部にある地区では、 委員会は選抜された構成員と選挙で選ばれた構成員の混合であった。 選抜された構成員は法人の構成員である必要はなかった。 自治区の市長は職権上の委員会構成員であった。

委員会構成員を選挙で選ぶ資格がある人々は、 彼らが所有する資産の多寡に応じて複数票を所持していた。 50 ポンド以下の価値がある資産の所有者には一票があり、 250 ポンド以上の資産を所有する者には 6 票があった。 その結果、委員会の構成員は一般に豊かな資産の所有者あるいは専門的職業の一員であった。

地方委員会の権力

地方衛生委員会の権力と義務は法律で列挙されていた:

1858 年の地方政府法

1848 年の法律は 「1858 年の地方政府法」 (Local Government Act 1858) (21 & 22 Vict. c. 98) で交代された。 この法律は 1858 年 9 月 1 日に、衛生地区のすべての既存の委員会で有効になった。 この法律は地方委員会を構成する手続きを少々変更した。 術語にも変化があった: 1858 年の法律によって創設された機関 (authority) は単に 「地方委員会」 (local board) と呼ばれ、 その地域を 「地方政府地区」 (local government district) と呼んだ。

地方政府法オフィスと地方政府委員会

一般衛生委員会 (General Board of Health) が 1858 年に廃止された時に、 地方政府については、その責任が、 内務大臣 (Secretary of State of the Home Department) に手渡され、ここで 地方政府法オフィス (Local Government Act Office) が作られて地方委員会 (local boards) を処理した。 1871 年に、別の機関 (agency) が作られ、「地方政府委員会」 (Local Government Board) と呼ばれ、 ここの長はしばしば内閣の一員になった。 地方政府委員会は貧民法委員会 (Poor Law Board) の義務も引き受けた。

地方委員会の構成

法律を採用して地方委員会を構成する手続きは法律の 12 - 17 項に提示され、 1848 年のものと類似であった。

変更に含まれたものは:

委員会の構成員を選挙で選ぶ方法は同じであった。 もっとも、既存のあるいは新しい委員会は今や区 (ward) に分割された。

追加の権力

1874 年の町警察条項の法律 (Town Police Clauses Act 1847) は町政府 (government of towns) の モデル条項 (model clauses) を含んでおり、 これは既存の自治法人 (borough corporations)、 地方衛生委員会 (local boards of health)、 あるいは改良委員 (improvement commissioners) によって、 全部あるいは部分的に採用することができた。 これらの適用はとても不規則であった。 そこで、これらは 1858 年の法律に組み込まれ、 すべての地方委員会 (local boards) はこれらの権力を手に入れた。

条項 (clauses) が及んだ領域は:

地方委員会 (local board) は 「1833 年の照明と見張り」 (Lighting and Watching Act 1833) により提供された 任意の照明、照明の柱 (lamp post)、ガスの柱 (gas post) も 引き継ぎ、 そして市場が必要な場所、あるいは不適切な場所に、 市場を提供する新しい権力が与えられた。

地方委員会の数

地方委員会の数は 1873 年にピークに達し、721 になった。 この年に、「1872 年の公衆衛生法」 (Public Health Act 1872) により、 地方委員会は同じ地区を占める 都市自治区 (municipal borough) と 改良委員 (improvement commissioners) に合併した。 419 の地方委員会は 「1848 年の公衆衛生法」 (Public Health Act 1848) の下で形成され、 残りの 302 は 「1858 年の地方政府法」 (Local Government Act 1858) の下で形成されていた。

地方委員会の数は 1862 年 - 1863 年に膨らんだ。 というのは共同体は 「1862 年の道路法」 (Highways Act 1862) の下で、 「道路地区」 (highway district) にグループ化されるのを避けるために (上記の) 法律を採用したからである。 これらの地方政府地区の多くは人口が 500 名より少なく、 幾つかは 100 名より少なかった。 更なる法律が 1863 年に通過し、新しい地方政府地区の人口を 3000 名以上に制限した。 これらの小さな地方機関 (authority) は 1930 年代のカウンティの見直し命令まで、 都市型行政地区 (urban district) として生き延びた。

衛生地区と都市型行政地区

「1875 年の公衆衛生法」 (Public Health Act 1875) により 地方政府地区 (local government district) は「都市型衛生地区」 (urban sanitary district) として指定され、 地方委員会 (local board) は都市型衛生機関 (urban sanitary authority) となった。 しかしながら、地区名と委員会名 (titles of the district and board) は変化することがなく、 地方委員会 (local board) は衛生機関 (sanitary authority) としての余分の義務を引き受けた。

地方委員会と地方政府地区は 「1894 年の地方政府法」 (Local Government Act 1894) により終に廃止され、 この時全ての都市型衛生地区 (urban sanitary district) は都市型行政地区 (urban district) になった。 新しい 「都市型行政地区議会」 (urban district council) が 行政地区 (district) を統治することになった。 新しい議会は国会選挙 (parliamentary elections) の選挙資格者全員によって 直接選挙で選ばれ、地方委員会で使用された 資産による重み付き選挙システムの代わりになった。