ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Improvement commissioners - Wikipedia

commissioner は単に委員と翻訳するよりも、コミッショナーとカナ表記する方がよさそうですが、 実際の使用例では commissioner と commission が混在し、 単にカナ表記だと理解しにくい可能性があるため、これらを「委員」,「委員会」としました。 これは英国初期の地方政府の一型式で (議会 ?)、現在の (世界中の) 地方政府の機能の一つになっていると考えられるのではないかと思います。

改良委員 (Improvement commissioners)

改良委員会 (Boards of Improvement commissioners) は 特別目的の都市型地方政府委員会 (ad hoc urban local government boards) で、 18 世紀と 19 世紀に グレート・ブリテン及びアイルランド連合王国 (United Kingdom of Great Britain and Ireland) とその先駆である グレート・ブリテン王国 (United Kingdom of Great Britain) と アイルランド王国 (Kingdom of Ireland) で作られた。 およそ 300 の委員会 (board) が作られ、 各々個別議会法 (private Act of Parliament) -- 典型的には改良法 (Improvement Act) と呼ばれる -- によって作られた。 委員会の権力は、これを創設した法律により変化した。 これらが含んでいたのは: 街路 (street) の舗装、 清掃、 照明、 見張りの提供、 あるいは色々な「公共の不愉快なもの」 (nuisance) を処理した。 権力が限定されたものは、 照明委員 (lighting commissioners)、 舗装委員 (paving commissioners)、 警察委員 (police commissioners) と呼ばれた。

より古い都市型政府の形式 (urban government forms) に含まれたものに: 古代自治区の法人 (corporations of ancient borough)、 教区の教区委員、 ある場合には荘園領主があった。 これらは産業革命の、より大きな人口には不十分であった: 理論上最も強力なものは法人で、これは最も腐敗したものであった; そして多くの新しい産業の町は自治区の身分 (borough status) がなかった。 ビンフィールド (Binfield) が述べるように、 英国 (Great Britain) で最初の改良委員会 (improved commission) は 1765 年に設立された 「マンチェスター警察委員会」 (Manchester Police Commission) で、 その次に 1769 年の 「バーミンガム街路委員」 (Birmingham Street Commissioners)、 ウェッブ達 (the Webbs, [訳注:ウェッブ夫妻、ウェッブ兄弟などの意味]) が一覧に挙げるのは、 シティ・オブ・ロンドン シティ・オブ・ウェストミンスターにおける 下水と街路清掃のために 1662 に作られたスコットランド・ヤード委員 (Commissioners of Scotland Yard)、 そして次に 1736 年のニュー・セーラム (New Sarum)、 1748 年のリバプール (Liverpool)、 ひいては 1698 年からの色々な港湾委員 (harbour commissioners) である。 ジョーンズ (Jones) とファルカス (Falkus) は創設されたこのような組織の数を次のように与えている:

時期 (年)1725-17491750-17591760-17691770-17791780-17891790-1799
4 17 31 36 39 33

改良法は委員に固定資産税 (rate) を課す権力を与えて、 彼らの仕事の資金繰りをさせた。 法律によっては委員として活動する人々の個人名を与え、 新メンバー選出 (co-option) によってメンバーの数を補充した。 他の委員会は固定資産税納付者 (ratepayers) 全員が投票する選挙をしたり、 あるいはある一定以上の固定資産税納付者全員を自動的に委員にした。 19 世紀中頃に、委員会によっては チャーティスト (chartist) の支配下になった。 例えば、 マンチェスター警察・ガス委員会 (Manchester Police and Gas Commissions)、 リーズ改良委員会 (Leeds Improvement Commission)、 ブラッドフォード道路委員会 (Bradford Highway Commission)) そして シェフィールド道路委員会 (Sheffield Highway Commission) であった。

改良委員に次第に取って代わったのは: (1835 年からは) 改革された 都市自治区 (municipal borough) と (1848 年からは) 衛生委員会 (board of health) であった。 これらは 個別議会法を奨励することによって、 委員会の権力を吸収した。 港湾委員は多くの場合に分離したままとなり、 彼ら, あるいはその後継組織の多くは、英国の町の 港湾機関 (competent harbour authority、[訳注:厳密には水先案内に責任を取る港湾機関]) である。

アイルランドでは最初の、そして最も良く知られた改良委員会は 1757 年の 「ダブリン大通り委員会」 (Dublin Wide Street Commission) であり、これが及んでいたのは: これはダブリン法人 (Dublin Corporation) 及び隣接するリバティーズ (Liberties, [訳注:ダブリンの中心部、インナー・シティーの南西部]) であった。 ニュータウン・ペリー (Newtown Pery) は 1807 年から 1853 年まで、改良委員会により統治され、 1853 年に リムリック市 (Limerick city) に吸収された。 「1840 年の都市法人法 (アイルランド)」 (Municipal Corporation (Ireland) Act 1840) により大半の法人は廃止されたが、 特別目的の改良委員 (ad hoc improvement commissioners) は 1828 年, あるいはそれ以後の議会法の条項により標準化された町委員 (town commissioners) によって取って代わられた。

  1. リスト
リスト

表に関する注意: ICD は改良委員地区 (improved commissioners district) の意味である。

1848 年以前
改良委員地区 カウンティ 設立年 議会法
スコットランド・ヤード委員 (Commissioners of Scotland Yard) ミドルセックス (Middlesex) 1662 (14 Car. 2 c. 2)
ニュー・セーラム (New Sarum) ICD ウィルトシャー (Wiltshire) 1736 (10 Geo. 2 c. 6)
グロスター (Gloucester) ICD グロスタシャー (Gloucestershire) 1750 (23 Geo. 2 c. 15)
大通り委員会 (Wide Streets Commission) ダブリン (Dublin) 1758 (31 Geo. 2 c. 19)
チェスター (Chester) ICD チェシャー (Cheshire) 1762 (43 Geo. 2 c. 47)
バーミンガム街路委員 (Birmingham Street Commissioners) ウォリックシャー (Warwickshire) 1769 1769 年のバーミンガム改良法 (The Birmingham Improvement Act 1769)
ウィンチェスター (Winchester) ICD ハンプシャー (Hampshire) 1771 (11 Geo. 3 c. 9)
バース (Bath) ICD サマセット (Somerset) 1789 (29 Geo. 3 c. 73)
チチェスター (Chichester) ICD サセックス (Sussex) 1791 1791 年のチチェスター舗装・改良法 (Chichester Paving and Improvement Act 1791)
エクセター (Exeter) ICD デボン (Devon) 18 世紀末
ワージング (Worthing) ICD サセックス (Sussex) 1803 ワージング・タウン法 (The Worthing Town Act) (43 Geo. 3 c. 59)
リッチフィールド (Lichfield) ICD スタッフォードシャー (Staffordshire) 1806
ノリッジ (Norwich) ICD ノーフォーク (Norfolk) 1806
シェフィールド (Sheffield) ICD ヨークシャー (Yorkshire) 1818 1818 年のシェフィールド改良法 (The Sheffield Improvement Act 1818)
ヨーク (York) ICD ヨークシャー (Yorkshire) 1825 (6 Geo. 4 c. cxxvii)
ウォンティジ (Wantage) ICD バークシャー (Berkshire) 1828 (9 Geo. 4 c. 90)
ライド (Ryde) ICD ハンプシャー (Hampshire) 1829
セント・レオナード・オン・シー (St Leonards-on-Sea) ICD サセックス (Sussex) 1832 「より良い見張り、照明等、セント・レオナード・オン・シー」のための法律 (Act for "better watching, lighting etc. the town of St Leonards-on-Sea")
ハーン・ベイ (Herne Bay) ICD ケント (Kent) 1833
カンタベリー (Canterbury) ICD ケント (Kent) 1833 (3 & 4 Will. 4 c. 11)
ダウンハム・マーケット (Downham Market) ICD ノーフォーク (Norfolk) 1835 (5 & 6 Will. 4 c. 52)
クレディトン (Crediton) ICD デボン (Devon) 1836 (6 & 7 Will. 4 c. 25)
ミルトン・ネクスト・シッティングボーン (Milton next Sittingbourne) ICD ケント (Kent) 1837 (1 Vict. c. 20)
ウォルトン・オン・ザ・ネーズ (Walton on the Naze) ICD エセックス (Essex) 1841 1841 年のウォルトン改良法 (The Walton Improvement Act 1841)
セバーン・ナビゲーション委員 (Severn Navigation Commissioners) グロスターシャーとウスターシャー (Gloucestershire and Worcestershire) 1842
ヴェントナー (Ventnor) ICD ハンプシャー (Hampshire) 1844
ウェストミンスター改良委員 (Westminster Improvement Commissioners) ミドルセックス (Middlesex) 1845 1845 年のウェストミンスター改良法 (Westminster Improvement Act 1845)
訳注
Geo 2, (ジョージ 2 世)、Geo 3 (ジョージ 3 世) などは国王の名称。
1848 年より後
改良委員地区 カウンティ 設立年 議会法
ウィットルシー (Whittlesey) ICD ケンブリッジシャー (Cambridgeshire) 1849 1858 年のウィットルシー改良法 (The Whittlesea Improvement Act 1849) (12 & 13 Vict. c. 32)
チジック (Chiswick) ICD ミドルセックス (Middlesex) 1858 1858 年のチジック改良法 (The Chiswick Improvement Act 1858) (21 & 22 Vict. c. 69)
ウェスト・ワージング (West Worthing) ICD サセックス (Sussex) 1865
ウェルズ・ネクスト・ザ・シー・ハーバー委員 (Wells next the Sea Harbour Commissioners) ノーフォーク (Norfolk) 1884