ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ceremonial counties of England - Wikipedia

かなり、ややこしいので、あらかじめ整理できる範囲でまとめます。 英国はカウンティ (州) に分割され、元々カウンティには国王の代理が任命され、 この国王の代理がカウンティの統治を担当し、 レフテナント (lietenant) (あるいはレフテナント卿 (lord-lieutenant)) と呼ばれました。 (レフテナントは英国式発音のカナ表記で、米国式発音ではルテナント (中尉) になる。) 1888 年に歴史的カウンティとは別に 行政カウンティなるものが登場し、 これが現代的な地方政治の基礎となります (もっとも下院議員の選抜でカウンティを使用することはそれ以前からある)。 一方で、儀礼カウンティ (ceremonial county) への分割が作られ、 ここに昔のレフテナント卿が儀礼目的のために国王に選抜されるようになる。 ここで 3 種類のカウンティができることになります (行政カウンティ、儀礼カウンティ、歴史的カウンティ)。 但し、これ以後、現代化のためと思われますが、歴史的カウンティの使用は法律により制限され、 現在、歴史的カウンティの復活をする運動があるようです。 なお、行政カウンティは 1974 年に廃止され、それ以後は、 カウンティ、儀礼カウンティ、歴史的カウンティの 3 種類のカウンティが残っているようです。

ceremonial county を典礼カウンティと翻訳することもあるが、 適切と思えないので、この訳語は採用しなかった。

イングランドの儀礼カウンティ
(Ceremonial counties of England)
イングランドの歴史的カウンティと混同してはいけない。

レフテナント制のためのカウンティと地域 (The counties and areas for the purposes of the lieutenancies) は イングランドのレフテナント制地区 (lieutenancy areas of England) とも呼ばれ、 非公式には 儀礼カウンティ (ceremonial counties) とも 呼ばれ、これはレフテナント卿 (lord-lieutenants) が任命されるイングランドの地域である。

レフテナント制 (lieutenancy) の目的のためのカウンティと地域
儀礼カウンティ (ceremonial county), レフテナント制地域 (lieutenancy area) とも呼ばれる。
  1. 歴史
  2. シェリフ制カウンティ (Shrieval counties)
  3. 定義
  4. 1890 年のレフテナント制地域 (Lieutenancy areas)
歴史

レフテナント制 (lieutenancy) の目的のためのカウンティと行政目的のための カウンティの間の区別は新しいものではない; 場合によってはカウンティの一部分であるカウンティ法人 (county corporate) は自身のレフテナント (lieutenant) を任命する (もっとも包含カウンティ (containing county) のレフテナント (lieutenant) は この地位にも任命されている)、そして 3 つのライディング・オブ・ヨークシャー (Ridings of Yorkshire) は 17 世紀以来 レフテナント制 (ieutenancy) の目的のために、 3 カウンティとして処理されている。

1965 年の 広域ロンドンの創設前の儀礼カウンティ (ceremonial counties)
(各カウンティ法人を主カウンティの一部分として表示)

「1888 年の地方政府法」 (Local Government Act 1888) によりカウンティ議会 (county councils) が カウンティの四季裁判所 (Quarter Sessions) の行政機能を引き受けることになった。 これは 行政カウンティ (administrative counties) と 呼ばれる新しい実体を作った。 行政カウンティ (administrative county) はカウンティ自治区 (county boroughs) 以外のカウンティ全てから構成された; 更に、カウンティの伝統的な部分は行政カウンティを構成した、 例えばノーサンプトンシャー (Northamptonshire) のソウク・オブ・ピーターバラ (Soke of Peterborough) とケンブリッジシャー (Cambridgeshire) のアイル・オブ・イーリー (Isle of Ely) がこうであった。 法律が更に明記したことは行政カウンティ (administrative county) の一部分である領域はすべての目的用のカウンティの部分となることであった。 最大の変化はカウンティ・オブ・ロンドン (County of London) の創設であり、 これは行政カウンティ (administrative county) 且つ 「カウンティ」 ("county") のどちらにもなった; これは歴史的カウンティであるミドルセックス (Middlesex), ケント (Kent), そしてサリー (Surrey) の 部分を含んでいた。 他の違いは小さく、 都市型衛生地区 (urban sanitary districts) (そして後の都市型行政地区 (urban districts) と 都市自治区 (municipal boroughs)) がカウンティの境界をまたがることが許容されない制約の結果であった。

ヨークシャー (Yorkshire) を除いては、再分割されたカウンティ (county) はそれにも関わらず、 儀礼カウンティ (ceremonial county) として存在し続けた。 例えば、行政カウンティ (administrative county) の イースト・サフォーク (East Suffolk) とウェスト・サフォーク (West Suffolk) は、 カウンティ自治区 (county borough) のイプスウィッチ (Ipswich) と共に、 唯一つの儀礼カウンティのサフォーク (Suffolk) を構成すると考えられ、 行政カウンティ (administrative county) のワイト島 (Isle of Wight) は 儀礼カウンティのハンプシャー (Hampshire) の一部分であった。

「儀礼カウンティ」 の用語は過去の遺物 (anachronism) である; 時には、これらは 「陸地測量部の地図」 (Ordnance Survey map) に"カウンティ"あるいは"地理的カウンティ"として示され、 「1888 年の地方政府法」 (Local Government Act 1888) では、単に"カウンティ" として言及された。

マイナーな境界補正 (例えば、オクスフォードシャー (Oxfordshire) の町であるケイバーシャム (Caversham) は 1911 年に カウンティ自治区のレディング (Reading) の一部分となり、従ってバークシャー (Berkshire) の一部分となった) を除いては、 これらの地域は 1965 年の 広域ロンドン (Greater London)、 ハンティンドン (Huntingdon) そして ピーターバラ (Peterborough) の創設までほとんど変化しなかったが、 これにより ミドルセックスのレフテナント卿 (Lord Lieutenant of Middlesex)、 カウンティ・オブ・ロンドンのレフテナント卿 (Lord Lieutenant of the County of London)、 そして ハンティンドンシャーのレフテナント卿 (Lord Lieutenant of Huntingdonshire) の職が廃止され、 広域ロンドンレフテナント卿 (Lord Lieutenant of Greater London) と ハンティンドンとピーターバラのレフテナント卿 (Lord Lieutenant of Huntingdon and Peterborough) が創設された。

1974 年から 1996 年の儀礼カウンティ (ceremonial counties)
(ロンドン市 (City of London) は表示されていない)

1974 年に行政カウンティ (administrative counties) と カウンティ自治区 (county borough) が廃止され、 重大な改革が制定された。 この時点でレフテナント制 (lieutenancy) が再定義され、 新しい 大都市カウンティ (metropolitan county) と 非大都市カウンティ (non-metropolitan county) を直接使用することになった。

1996 年の更なる再整理に続き、 エイボン (Avon), クリーブランド (Cleveland), ヘレフォード&ウスター (Hereford and Worcester), ハンバーサイド (Humberside) が廃止された。 これは 地方政府カウンティとレフテナント制 (lieutenancy) に 使用される儀礼的あるいは地理的カウンティの区別の復活と、 「儀礼カウンティ」 ("ceremonial counties") の用語の採用になった。 「儀礼カウンティ」は法令では使用されなかったが、取り決めが効果を持つ前に、 下院で使用された。

1974 年に作られたカウンティ・オブ・エイボン (County of Avon) は大半がグロスターシャー (Gloucestershire) とサマセット (Somerset) の 間で分割されたが、 ブリストル市 (city of Bristol) はそれ自身でカウンティの地位を回復し、これはエイボン (Avon) の形成で失われたものであった。 クリーブランド (Cleveland) はノース・ヨークシャー (North Yorkshire) とダラム (Durham) の間で分割された。 ヘレフォート&ウスター (Hereford and Worcester) は復元されたカウンティのヘレフォードシャー (Herefordshire) と ウスターシャー (Worcestershire) に分割された。 ハンバーサイド (Humbershide) は リンカーンシャー (Lincolnshire) と 新しい儀礼カウンティのイースト・ライディング・オブ・ヨークシャー (East Riding of Yorkshire) の 間で分割された。 Rutland は儀礼カウンティとして復元された。 多くのカウンティ自治区は 「ユニタリー自治体」 (unitary authorities) として再設立された; これはこの地域を行政カウンティとして設立することが関連したが、 通常は儀礼カウンティとしてではなかった。

大半の儀礼カウンティは、従って、 1889 年から 1974 年の地方自治体の領域 (local authority areas) を 構成する実体である。 英国カウンティ協会 (Association of British Counties)( -- 伝統的なカウンティのロビー活動組織 -- は儀礼カウンティを古代のカウンティに復元することを提案した。

シェリフ制カウンティ (Shrieval counties)

シェリフ制カウンティ (shrieval county) は 「1887 年のシェリフ法」 (Sheriffs Act 1887) で定義され、 「1997 年のレフテナント制法」 (Lieutenancies Act 1997) によるレフテナント制 (lieutenancies) の定義と同様に修正された 各々 (シェリフ制カウンティ) では一人のハイ・シェリフ (high sheriff) が 任命された (但し、ロンドン市 (City of London) では 2 名が任命された)。

定義

「1997 年のレフテナント制法」 (Lieutenancies Act 1997) は 大都市カウンティ非大都市カウンティ (これは「1972 年の地方政府法」及びその改正 (Local Government Act 1972 as amended) により創設され、)、 更には 広域ロンドン シリー諸島 (Isles of Scilly) (これは 1972 年の法律の新システムの外側にあった) の観点から、 レフテナント制 (lieutenancies) の目的からカウンティを定義した。 用語は法律では使用されなかったが、これらのカウンティは時々、儀礼カウンティ (ceremonial counties) と呼ばれた。 カウンティは別表 1 (Schedule 1), 節 2-5 (paragraphs 2-5 及びその改正) (最も最近のものは 2009 年と 2019 年) によって定義された。 これらの改正は 1997 年に設定され、カウンティが及ぶ実際の領域を変更することがなく、 地方政府の構造変化の結果として、地方政府地区の観点からその組み合わせを変更するのみである。

1997 年以来のレフテナント制地域 (Lieutenancy areas since 1997)

現在定義されているように、イングランドにはレフテナント制 (lieutenancies) の目的のために 48 のカウンティがある。([訳注:mi2=平方マイル])

レフテナント制のためのカウンティ人口(2018)面積人口密度構成 (大都市及び非大都市カウンティあるいはユニタリー自治体地区)
人口 km2mi21/km21/mi2
ベッドフォードシャー
(Bedfordshire)
669,338 36 1,235 477 41 542 1,400 13 Bedford, Central Bedfordshire and Luton
バークシャー
(Berkshire)
911,403 24 1,262 487 40 722 1,870 10 Bracknell Forest, Reading, Slough, West Berkshire, Windsor and Maidenhead and Wokingham
ブリストル
(Bristol)
463,405 43 110 42 47 4,224 10,940 2 Bristol
バッキンガムシャー
(Buckinghamshire)
808,666 30 1,874 724 32 432 1,120 22 Buckinghamshire and Milton Keynes
ケンブリッジシャー
(Cambridgeshire)
852,523 28 3,390 1,310 15 252 650 34 Cambridgeshire and Peterborough
チェシャー
(Cheshire)
1,059,271 19 2,343 905 25 452 1,170 21 Cheshire East, Cheshire West and Chester, Halton, and Warrington
ロンドン市
(City of London)
8,706 48 2.90 1.12 48 2,998 7,760 4 City of London
コーンウォール
(Cornwall)
568,210 40 3,562 1,375 12 160 410 41 Cornwall and the Isles of Scilly
カンブリア
(Cumbria)
498,888 41 6,767 2,613 3 74 190 47 Cumbria
ダービーシャー
(Derbyshire)
1,053,316 21 2,625 1,014 21 401 1,040 25 Derbyshire and Derby
デヴォン
(Devon)
1,194,166 11 6,707 2,590 4 178 460 39 Devon, Plymouth and Torbay
ドーセット
(Dorset)
772,268 31 2,653 1,024 20 274 710 32 Dorset and Bournemouth, Christchurch and Poole[9]
ダラム
(Durham)
866,846 26 2,676 1,033 19 324 840 28 County Durham, Darlington, Hartlepool and that part of Stockton-on-Tees north of the centre line of the River Tees
イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー (East Riding of Yorkshire) 600,259 37 2,477 956 23 242 630 35 East Riding of Yorkshire and Kingston-upon-Hull
イースト・サセックス
(East Sussex)
844,985 29 1,791 692 33 472 1,220 20 East Sussex and Brighton and Hove
サセックス
(Essex)
1,832,752 7 3,670 1,420 11 499 1,290 15 Essex, Southend-on-Sea and Thurrock
グロスタシャー
(Gloucestershire)
916,202 23 3,150 1,220 16 291 750 30 Gloucestershire and South Gloucestershire
広域ロンドン
(Greater London)
8,899,375 1 1,569 606 37 5,671 14,690 1 The London boroughs
広域マンチェスター
(Greater Manchester)
2,812,569 3 1,276 493 39 2,204 5,710 5 Greater Manchester
ハンプシャー
(Hampshire)
1,844,245 6 3,769 1,455 9 489 1,270 17 Hampshire, Portsmouth and Southampton
ヘレフォードシャー
(Herefordshire)
192,107 45 2,180 840 26 88 230 46 Herefordshire
ハートフォードシャー
(Hertfordshire)
1,184,365 13 1,643 634 36 721 1,870 11 Hertfordshire
ワイト島
(Isle of Wight)
141,538 46 380 150 46 372 960 26 Isle of Wight
ケント
(Kent)
1,846,478 5 3,738 1,443 10 494 1,280 16 Kent and Medway
ランカシャー
(Lancashire)
1,498,300 8 3,075 1,187 17 487 1,260 19 Blackburn with Darwen, Blackpool and Lancashire
レスターシャー
(Leicestershire)
1,053,486 20 2,156 832 28 489 1,270 18 Leicestershire and Leicester
リンカンシャー
(Lincolnshire)
1,087,659 18 6,975 2,693 2 156 400 42 Lincolnshire, North Lincolnshire and North East Lincolnshire
マージーサイド
(Merseyside)
1,423,065 9 647 250 43 2,200 5,700 6 Merseyside
ノーフォーク
(Norfolk)
903,680 25 5,380 2,080 5 168 440 40 Norfolk
ノース・ヨークシャー
(North Yorkshire)
1,158,816 14 8,654 3,341 1 134 350 44 Middlesbrough, North Yorkshire, Redcar and Cleveland, York and part of Stockton-on-Tees south of the centre line of the River Tees
ノーサンプトンシャー
(Northamptonshire)
747,622 33 2,364 913 24 316 820 29 North Northamptonshire and West Northamptonshire
ノーサンバーランド
(Northumberland)
320,274 44 5,014 1,936 6 64 170 48 Northumberland
ノッティンガムシャー
(Nottinghamshire)
1,154,195 15 2,159 834 27 535 1,390 14 Nottinghamshire and Nottingham
オクスフォードシャー
(Oxfordshire)
687,524 35 2,605 1,006 22 264 680 33 Oxfordshire
ラトランド
(Rutland)
39,697 47 382 147 45 104 270 45 Rutland
シュロップシャー
(Shropshire)
498,073 42 3,488 1,347 13 143 370 43 Shropshire and Telford and Wrekin
サマセット
(Somerset)
965,424 22 4,170 1,610 7 232 600 36 Bath and North East Somerset, North Somerset and Somerset
サウス・ヨークシャー
(South Yorkshire)
1,402,918 10 1,552 599 38 904 2,340 9 South Yorkshire
スタッフォードシャー
(Staffordshire)
1,131,052 17 2,714 1,048 18 417 1,080 24 Staffordshire and Stoke-on-Trent
サフォーク
(Suffolk)
758,556 32 3,801 1,468 8 200 520 38 Suffolk
サリー
(Surrey)
1,189,934 12 1,663 642 35 716 1,850 12 Surrey
タイン&ウィア
(Tyne and Wear)
1,136,371 16 540 210 44 2,105 5,450 7 Tyne and Wear
ウォリックシャー
(Warwickshire)
571,010 39 1,975 763 31 289 750 31 Warwickshire
ウェスト・ミッドランズ
(West Midlands)
2,916,458 2 902 348 42 3,235 8,380 3 West Midlands
ウェスト・サセックス
(West Sussex)
858,852 27 1,991 769 30 431 1,120 23 West Sussex
ウェスト・ヨークシャー
(West Yorkshire)
2,320,214 4 2,029 783 29 1,143 2,960 8 West Yorkshire
ウィルトシャー
(Wiltshire)
720,060 34 3,485 1,346 14 207 540 37 Swindon and Wiltshire
ウスターシャ―
(Worcestershire)
592,057 38 1,741 672 34 340 880 27 Worcestershire
1890 年のレフテナント制地域 (lieutenancy areas)