ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Tithing - Wikipedia
タイジング (Tithing)

タイジング (tithing あるいは tything) は歴史的、イングランドの法的、行政的、あるいは領土的な単位で、 元々は 10 ハイド (hide) (従ってハンドレッド (hundred) の 1/10) であった。 タイジングは後に荘園や行政教区 (civil parish) の分割と見なされた。 タイジングのリーダーあるいはスポークスマンはタイジングマン (tithingman) と呼ばれた。

  1. 語源
  2. 歴史
語源

名詞のタイジング (tithing) は ten + thing のように分解する、 すなわち 10 ハイド (hide) の広さの地区に住む家族の thing (集まり) である。 比較可能な言葉はハンドレッドを表すデンマーク語の herredthing、 英語の husting (演説) である。

先史時代の英語の発音の変化によって、この単語の最初の部分が、単語の ten (= 10) と随分違って見える。 古英語 (Old English) になった 西ゲルマン語群 (West Germanic) の方言では、 n が th の直前に位置する場合には発音が省略される傾向がある。

この名詞と混同していけないのは: 動詞の tithe (= 10 分の 1 税を課する)、その現在分詞 tithing、あるいは tithing の布告である。もっともこれらは、部分的には同じ起源を共有している。

歴史

この言葉は 10 世紀に起源があり、この時はタイジング (tithing) は 10 ハイド (hide) を構成する場所の 家族を意味した。 これらの家族の各々の長はタイジングマン (tithingman) を呼ばれた; 歴史的には、彼らは全て男で 12 才以上 (当時の背景では成人) であった 各タイジングマン (tithingman) はタイジングのすべてのメンバーの 活動と振る舞いの個々に責任があり、これはフランクプレッジ (frankpledge) と呼ばれるシステムであった。 犯罪の非難をされた人が出てこなければ、彼のタイジングは罰金を科された。 もし彼がフランクプレッジ (frankpledge) の一部分でなければ、 町全体が罰金を科された。

ウェセックス (Wessex) により支配されている地域と違い、 ケント (Kent) には サクソン (Saxons) ではなく、 ジュート (Jutes) が定住し、 中世に至るまで、分離した豊かな王国として歴史的独自要素 (element of historical identity) を 保持した。 ウェセックス (Wessex) と マーシア (Mercia) は彼らの ハンドレッドを Shires にグループ化したが、 ケント (Kent) は ハンドレッドを lathe にグループ化した。 サセックス (Sussex) も分離した王国であったが、ここは同様に ハンドレッドを rape にグループ化した。 用語の異なる選択はタイジング (tithing) のレベルまで続いた; ケント (Kent), サリー (Surrey) の一部、そしてサセックス (Sussex) では同等な用語は borgh, borow, あるいは borough であった。(この最後の borough は認可された、あるいは特権が与えられた町のもっと通常の 意味での borough と混同してはならない); タイジングマン (tithingman) に同等なものは、従って、 borsholder, borough-holder, あるいは headborough であった。

ノルマン征服 (Norman Conquest) は封建制 (feudal system) を導入し、 これは行政単位としての ハンドレッドの重要性を取り除いた。 行政と軽微な裁判に焦点を合わせ、タイジング (tithing) は荘園の分割と見なされるようになった。 封建制 (feudal system) の後の崩壊 (break-down) はここから始まらなかった、というのは 治安判事 (Justice of Peace) の導入による 小治安裁判所 (petty sessions) が荘園法廷の多くの行政・裁判機能を 取り除いたからである。 宗教改革 (Reformation) により、行政教区 (civil parish) は最も重要な地方行政の概念として荘園の代わりになり、 タイジング (tithing) は教区の分割と見なされるようになった。

フランクプレッジ (Frankpledge) は終に、 陪審制 (Jury system) と教区巡査 (petty constabulary) のどちらにも発展した。しかしタイジング (tithing) 自身は実際の重要性を失い、 使用されなくなった。 これにもかかわらず、活発なタイジング (tithing) は 19 世紀になってもイングランドの田舎の ある部分で見いだされ続け、タイジング (tithing) と ハンドレッドは決して公式に廃止されなかった。