ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Court leet - Wikipedia
リート法廷 (Court leet)

リート法廷はイングランド, ウェールズ, そしてアイルランドの 歴史的な男爵法廷 (court baron) (荘園法廷のタイプの 1 つ) で、 「フランクプレッジの調査」 (view of frankpledge、偽りのない誓約の調査) とその付随警察司法権 (attendant police jurisdiction) を行使したもので、 後者は通常 ハンドレッド法廷 (hundred courts) に制限されていた。

  1. 語源
  2. 初期の歴史
  3. 役割
  4. 陪審員とオフィサー (The jury and officers)
  5. 後の歴史
語源

特別な法廷の手続きに言及して使用される単語の 「リート」 ("leet") は 13 世紀末にさかのぼり、 アングロ・フランス語 (Anglo-French) の lete と アングロ・ラテン語 (Anglo-Latin) の leta に由来し、 語源が不明で、恐らくは動詞の "let" に関連する。

初期の歴史

中世イングランドのとても初期に、荘園領主 (Lord of Manor) は彼の 農奴 (serf) と封建テナント (feudal tenants) に ある種の封建権利を行使、あるいは要求した。 これらの権利の行使は、彼の男爵法廷 (court of baron) で荘園管理問題 (manorial administrative concern) と 結合した。 しかしながら、この法廷は犯罪行動 (criminal acts) を処理する権力がなかった。

犯罪の裁判権 (criminal jurisdiction) は ハンドレッド法廷 (hundred courts) が保持していた; 田舎 (country) は ハンドレッド (hundreds) に分割され、この各々に 1 つの ハンドレッド法廷 (hundred court) が あった。 各 ハンドレッドは 100 ハイド (hide) から構成され、各ハイド (hide) は 1 つの家族全体を 支えるのに充分な色々な大きさの面積の土地から成っていた。 タイジング (tithing) は 10 ハイド (hide) の面積であり、 従って、元々はおよそ 10 家族に対応していた。 各家族の長 (head) は司法的にタイジング (tithing) の 他の (家族の) 長とフランクプレッジ (frankpledge, [訳注:偽りのない誓約]) と呼ばれる取り決めで結びつき、 これはタイジング (tithing) の中で、行動に対する連帯責任 (collective responsibility) を作り出していた。 ハンドレッド法廷はこのシステムを監視し、そのプロセスは「フランクプレッジの調査」 (view of frankpledge) と呼ばれ、 タイジング (tithing) は彼らの地区における悪事 (wrongdoing) を報告し、 犯人 (perpetrators) を手渡した。 悪事が些細であれば、これは ハンドレッド法廷で処理され、 重大な犯罪はシャイア法廷 (shire court) に引き渡された。

封建制 (feudalism) 以前は、 ハンドレッド法廷は彼らの地区内の行政問題も処理し、 これには橋の修理、道路状態などがあったが、 男爵法廷 (courts barson) が大まかには実践でこれに取って代わり、 荘園領主は犯罪問題に関しても同様に支配権 (authority) を主張し始めた。 まもなく国王は信頼される領主に法的な権限 (authority) を正式に許諾した (grant)。 この権限は領主の荘園で ハンドレッド法廷タイジング (tithing) に持っていたもので、この中の 最も重要なものが「フランクプレッジの調査」 (view of frankpledge) であった。 各荘園の中にあるタイジング (tithing) のグループはリート (leet) と呼ばれるようになり、 ここから、中世末期 (later Middle Ages) にこれらの裁判権はリート法廷 (court leet) と 呼ばれるようになった。

エドワード 1 世 (Edward I) の 権限開示令状 (quo warranto) の訴訟手続き (proceedings) は、厳密に荘園の権限を行使する男爵法廷 (court baron) と、 以前は ハンドレッド法廷に保持された権力を行使するリート法廷 (court leet) の間の鮮明な区別を 設立し、 リート法廷 (court leet) を保持する能力は王室が授与した認可に依存していることを強調した。 しかしながら、多くの場所では、 男爵法廷 (court baron) とリート法廷 (court leet) が一つの事業 (single operation) として、 一緒に会合することが普通であった。

役割

リート法廷 (court leet) は記録裁判所 (court of record) で, その義務は誓約 (pledge) (これは平和維持における自由人 (freeman) の誓いと、トレードにおける良い実践) を調べる (view) だけではなく、陪審員と共に審理 (try) し、 管轄内で起きた犯罪を処罰する; もっと重大な犯罪は国王の裁判に委任される。 陪審員が存在するのにもかかわらず、これは今日理解されるような陪審員による裁判 (trial by jury) ではなかった。 リート法廷 (court leet) は陪審員制度 (jury system) がまだ発達中に進展した; 陪審員は犯罪者 (wrongdoers) を非難し (indicted)、証人を立たせ、 罰の決定を助けた。

これは、食糧そして飲料の販売と、農業のような問題で、標準が固執することを 積極的に保証する方法としても発展した。 アルスターのリート法廷 (Alcester Court Leet) は次の言葉を含んでいる。

水路、道路、小道そして溝 (ditches) の適切な状態を定期的・周期的に調査すること; 違法な囲いであろうと、そうでなかろうと、公的な権利への あらゆる侵害の方法に対して防御すること; ランドマークを保存すること; 町で見張り・防御すること (to keep watch and ward in the town), そして共有地 (common lands) を監督し, この権利を調整し, 牛の牧草地のように, いかなる場合も過度な行使を抑制し, 食物の混ぜ物に対する防御をすること, 重さと寸法を調査し, 一般に人々のモラルに目を向け, そして各社会的な罪悪と不都合 (ill and inconvenience) に対する救済手段を見つけること。 認知すべきより大きな犯罪は: 暴力 (assault)、放火 (arson)、強盗 (burglary)、窃盗 (larceny)、 故殺 (manslaughter)、殺人 (murder), 反逆 (treason), そして コモン・ロー (common law) のすべての重罪 (felony) であった。

この法廷は一般に一年間に数回のみ開催され、時には年に一度であった。 地元の人や、陪審員 (jury) 自身により、 法廷に問題が提示・導入された。 処罰は罰金や投獄の形であった。

陪審員とオフィサー (The jury and officers)

リート法廷 (court lee) への出席は管轄下の者にはしばしば強制的で、 欠席すれば罰金が科せられた。 法廷が罰金を科す能力は常に制限があったが、制限は何世紀もの間にインフレを考慮に入れて 更新されることがなかった; 現在でも存在しているリート法廷 (courts leet) では、 罰金は単に名目的 -- 例えばラクストン (Laxton) の場合には 2 ペンス (2p) -- になっている。

リート法廷 (courts leet) は一般に フリーホールド・テナント (freehold tenants, [訳注:自由土地保有権者]) から構成された陪審員団 (jury) がいた。 というのは 農奴 (bondsman) は宣誓できないからであった。 (陪審員 (jury) は宣誓した人の意味である。) 陪審員 (jury) の役目はアングロ・サクソンのドゥームスマン (doomsmen、裁判官) の役目と類似し、 (領主に任命される執事以外の) オフィサー (officer, 役人) を選抜することも含まれ、 法廷の注意を問題に向けさせ、これについて決定した。

法廷のオフィサー (officer) には次の何人か、あるいはすべてが含まれた。

後の歴史

治安判事 (magistrates) の導入により、荘園領主から次第に権力が離れていった。 治安判事は後に 「フランクプレッジの調査」(view of frankpledge) の支配権 (authority) が与えられ、これはリート法廷 (court leet) の 残存する重要性を事実上無効にし、これらは次第に開催されなくなり、大方は消滅した。 封建制の崩壊と、 宗教改革 (Reformation) のその後の興隆に引き続き、 行政教区 (civil parishes) が男爵法廷 (court baron) の残存する権力 (authority) を大体引き継ぎ、 タイジング (tithings) は教区の分割と見なされた。

にもかかわらず、リート法廷 (courts leet) は 20 世紀末まで技術的に残存した、 もっとも、いまだに活動しているものは少数を除きほとんど全てが、単に儀礼的なものとなり、 彼らの地方地域を宣伝・記念する一つの方法になっていた。 これにもかかわらず、これらの犯罪に対しての法的な裁判権は 1977 年になって 「1977 年の司法行政の法律」 (Administration of Justice Act 1977) によって、ようやく廃止された。 しかしながら、一つの例外が許容された:ノッティンガムシャー、ラクストン (Laxton) 荘園のリート法廷 (court leet) であり、 これは司法上操業し続けた; ラクストン (Laxton) は農業の開放耕地制 (open-field system) を維持し、((囲い込みのプロセスの結果) これ以外のすべての場所では 18 世紀までに交換 (replace) された) その結果、開放耕地制 (the field system) を管理するために、この法廷が必要であった。

「司法行政の法律」(Administration of Justice Act) は他のリート法廷の司法裁判権 (legal jurisdiction) を廃止したが、 「このような法廷はどれも、存在し続けてよく、そのような他の事業がもしあれば、慣習であったように処理し続けてよい」 と強調した。 この法律 (Act) の表 4 (schedule 4) は慣習と思われる「事業」 ("business") を明記し、 これは地方の懸案事項 (local concern) の問題 -- ある場合には共有地の管理 -- に関わる起訴 (presentment) することを含んでいた。

今日存在するリート法廷

次のリート法廷 (courts leet) は 「1977 年の司法行政の法律」 (Administration of Justice Act 1977) による 廃止から除外され、2010 年になお機能していることが知られている。

その上、次のリート法廷 (courts leet) が活動中である。 設立しなおされたか、継続したものであるが、法的根拠がない。 (1977 年の法律で保存されていない。)

それに反して、次の法廷は法令の支援により、1977 年の法律で保存されたが、 これらがなお活動中であるか否かは明らかでない。

次のリート法廷 (courts leet) は不明な理由からここに掲載されている。 1977 年の法律によって除外されたわけでもないし、 今でも機能しているか否か不明であるのにもかかわらずのことである。