ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Manorial court - Wikipedia
荘園法廷 (Manorial court)

荘園法廷は封建時代にイングランドの最下級裁判所 (lowest courts of law) であった。 これらは扱う問題 (subject matter) と地理のいずれにおいても制限を受けた 民事裁判件 (civil jurisdiction) があった。 これらは、荘園領主の管轄である問題を処理した: 主に不法行為 (tort)、 地方契約そして 土地保有権 (land tenure) であった。 そして、その権力が及んだのは: 荘園の土地 -- 領地 (demesne) --に住んでいる者, 及び 領主が他の人を封じた土地とそこに土地を持つ者のみである: 歴史家は荘園法廷を主に -- 封建制の責任に基づく -- 主に領主のものと、 国王権力の分離した委任に基づくものに分割した。 離した。 荘園法廷には 3 つのタイプがある: 名誉法廷 (court of honour); 男爵法廷 (court baron); そして慣習法廷 (court customary) (これはハルモート法廷 (halmote court) とも呼ばれた)。

各荘園にはカスチュマル (custumal, [訳注:慣例法集]) と呼ばれる文書で公表されたそれ自身の法律があり、 これらの法律に違反した者は荘園法廷で裁判にかけられた。 神明裁判 (trial of ordeal) あるいは 免責宣誓 (compurgation, kɔ̀mpəːgéiʃən) による初期のアングロ・サクソンの方法はノルマン人により、 12 人の地元の自由人 (freemen) から構成される陪審員団 (jury) による裁判に変更された。 領主あるいは彼の執事が議長 (chairman) となり、教区事務員 (parish clerk) が荘園巻物 (manorial rolls) に記録した。

  1. 荘園法廷
  2. 王室法廷 (Royal courts)
荘園法廷

荘園法廷の三形式はこれらを利用する人の重要性により区別される。 名誉法廷 (court of honour) は領主の主要テナントのためにあり、 男爵法廷 (court baron) は自由テナント (free tenant) のためにあり、 慣習法廷 (court customary) は自由人でないテナント (unfree tenants) のためにある。

名誉法廷 (Court of the honour)

名誉法廷は、クーリア・ドーチス (curia ducis) ("duke's court" (公爵の法廷)) あるいはクーリア・ミリトルム (curia militurm) ("soldier's court" (兵士の法廷)) とも呼ばれ、 最も重要な領主のテナント -- とりわけ騎士の任務の義務を負っているもの -- から構成されていた。 他の 2 つの荘園法廷とは違い、この管轄は幾つかの荘園に及び得た。 これは領主の最も重要なテナントを扱う以上、当初は主要な荘園法廷であった。 そして少なくとも 1267 年まで、下級荘園法廷の控訴を扱う上級裁判所として行動したかもしれない。

男爵法廷 (Court baron)

男爵法廷 (court baron) の主な仕事は単一の荘園内の領主の自由人テナント (free tenant)に かかわる紛争の解決で、 荘園領主に対して義務がある封建奉仕 (feudal service) をテナントたちに強制させること、 そして相続 (inheritance) あるいは購入によりコピーホールド (copyhold) を手に入れた 新しいテナントを受け入れることがあり、彼らは荘園領主に罰金 (fine) を支払う義務があった。 イングランドの法学者であるエドワード・コーク (Edward Coke) はこの法廷を彼の 「完全なコピーホールダー (1644 年)」 ("The Compleate Copyholder (1644)") で、

the chief prope and pillar of a manor which no sooner faileth than the manor falleth to the ground
(荘園の主な prope [訳注:意味不明] 且つ柱であり、これは荘園が地に落ちるよりも先に失敗することがない。)

と述べている。 男爵法廷を構成したのは:荘園領主あるいは彼の執事、そしてテナントの代表グループであり、後者は 「荘園の忠誠の誓い」(manorial homage) と呼ばれ、 その仕事は、法廷への提示と、陪審員団として行動することであった。

男爵法廷 (court baron) は元々 3 週間ごとに開催された、 もっとも、14 世紀には益々頻繁でなくなり、15 世紀にはしばしば、1 年にたった 2 度しか開催されなかった。 出席することが要求された者を招集したのは: 日曜日の教会における告知 (announcement)、 あるいは教会の扉にピン止めされた掲示によっていた。 妥当な掲示は通常 3 日間する必要があった。法廷への出席は封建制の義務 (feudal duty) であった、 そして出席しそびれたものは専断的に罰金が科せられた (amerced, i.e. arbitrary fined)。 しかしながら、1267 年以後は、一般に荘園の自由でないテナントのみを出席するように強制できた。

13 世紀までに、「ル・クール・ド・バロン」 (Le Court de Baron, 男爵法廷 (仏語)) のような先例を編集したものが登場し始めた、 これは部分的には男爵法廷を標準化し、形式化するためであったが、 コモン・ロー法廷 (common law courts) からの増大する競争に呼応するためで、これは君主の権威の下に全国で運営されていた。 15 世紀と 16 世紀の間に法律組織により、慣習が 「法律に確かな場所」 ("a secure place in law") を保持していることがますます認められると、 原告は借地権 (tenure) に関する違いを解決するために男爵法廷 (court baron) ではなく、 コモン・ロー法廷 (common law court) に頼ることができた。

慣習法廷 (Court customary)

慣習法廷 (court customary)、あるいはハルモート法廷 (halmote court)、は自由人でない領主のテナントに対する 男爵法廷 (court baron) の対応物であった。 男爵法廷の使用が退潮すると、慣習法廷は荘園法廷の支配的なタイプとなり、次第に 自由テナントと自由でないテナントの間の法廷の違いが消滅した。

王室法廷 (Royal courts)

場合によっては、荘園法廷 (manonial court) は事実上の リート法廷 (court leet) として機能した。

荘園の領主は中央政府から、少ない支払いの見返りに、カウンティ (county) を監督する シェリフ (sheriff) あるいはオフィサー (officer) のポストを与えられた。 このような場合には、荘園法廷の管轄区は事実上、カウンティ全域になった。

その代わりに、領主は国王の認可 (franchise) を獲得して、犯罪問題の法廷を開くことができた。 この管轄 (jurisdiction) は リート法廷 (court leet) のもの且つ フランクプレッジの調査 (view of frankpledge) であり (2 つの用語は同じ集まり (assembly) を定義する)、 荘園の自由人は荘園地域内で王室法廷 ("crown" court) の陪審員団であった。