ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Copyhold - Wikipedia

英々辞書によると ( Copyhold Definition & Meaning - Merriam-Webster) Copyhold とは:

a former tenure of land in England and Ireland by right of being recorded in the court of the manor
荘園法廷で記録されることによる、イングランドとアイルランドでの以前の土地の保有権 (借地権) のこと。

コピーホールド (copyhold) は フリーホールド (freehold) と対比して作られた言葉です。 フリーホールドを「自由土地保有権」と翻訳すれば、コピーホールドは「コピー土地保有権」となりますが、 こちらの方は実際は借地権です。

英和辞典の Weblio ( copyholdの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書) では copyhold のことを

(荘園主の記録による、昔の)土地謄本保有権、謄本保有権による所有地

としてあります。また、Copyhold - Wikipediaからは 日本語版の Wikipedia の小作制度 にリンクが張ってありますが、正確さの点で問題があります。 というのはコピーホールドと対比されるフリーホールドも小作人の場合があるからです。 (農奴制 (Serfdom)の冒頭を参照のこと。)

コピーホールド (Copyhold、コピー借地権)

コピーホールド借地権 (copyhold tenure) はイングランドで中世以来、 一般的で慣習的な借地権 (tenure) の形式であった。 土地は荘園の慣習に応じて保持され、 土地保持の方法はその名称を、テナント (tenant、賃借人) が受理した 「権利証書」 ("title deed") が荘園法廷の巻物 (manonial court roll) の 関係する項目のコピーであった事実に由来していた。

  1. 原理 (principle)
  2. 継承 (Inheritance)
  3. 廃止
原理 (principle)

各テナントに与えられる特権と、 その見返りに 荘園領主 (lord of the manor) 且つ/あるいは最高領主 (Lord Paramaount) に提供することになる正確な奉仕 (service) は 執事 (steward) が保持する巻物 (roll) あるいは本に記述され、 執事は関連する項目のコピーをテナントに与えた。 この結果、これらのテナントは後にフリーホールダー (freeholder) と対比してコピーホールダー (copyholder、コピー借地権保有者) と呼ばれた。 「コピーホールド」 ("copyhold") の実際の用語は 1483 年に記録され、 「コピーホールダー」 ("copyholder") は 1511 年 - 1512 年に記録されている。 コピーホールダーの具体的な権利と義務は荘園ごとに随分と変化し、多くは慣習により定められた。 当初は、領主に対する少々の仕事と奉仕 (service) がコピーホールダーに要求された (例えば、年間 4 日の仕事)。しかし、これらは同等な賃貸料で代用された。 各荘園の習慣は土地の色々な資源を利用する権利を並べ、 これには木材、牧草地、そして共有地で許可される動物の数があった。 コピーホールドにより、非常に普通に、 コピーホールダーの死亡時に荘園領主に ヘリオット (heriot) と呼ばれる一種の死亡税の支払いが要求された。

継承 (Inheritance)

主に 2 種類のコピーホールドの借地権が発展した。

コピーホールド (copyhold land) は頻繁には遺言書に登場しなかった。 これは、今述べたように、相続 (inheritance) は慣習により既に決められていたからである。 従って、これは遺言書で他の人に与えたり、遺贈したりできなかったのであった。 ある場合には地所の遺言執行人は遺言者の死後 1 年間はコピーホールド (copyhold) を保持し、 この 1 年間はコモン・ロー (common law) の同じ概念と並行して遺言執行人の年と呼ばれた。 遺言執行人の年、あるいはヘリオット (heriot) の利益の処分に関する言葉は、しばしばコピーホールド (copyhold) を指摘する。

廃止

コピーホールド (copyhold) は 19 世紀における「コピーホールド法」 (Copyhold Acts) の結果、 次第に解放された。 (通常の土地の保有権 (holding) -- フリーホールド (freehold) あるいは 999 年のリースホールド (leasehold) -- に変わった。) この頃までには、荘園領主に対する強制労働 (servitude) は単に形ばかり (token) になり、「忠誠猶予の罰金」("fine in respite of fealty") の支払いにより コピーホールド (copyhold) を購入して赦免された。 1841 年、1843 年、1844 年、1852 年、1858 年と 1887 年の コピーホールド法 (Copyhold Act) は 1894 年のコピーホールド法 (Copyhold Act) で確固たるものになった。

1925 年の「資産法の法律」 (Law of Property Act) の 5 部 (Part V) が終にこれらの最後の火を消した。