ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Villein - Wikipedia

ヴィレンは典型的な農奴です。

ヴィレン (Villein)

ヴィレン (villein) はコッター (cottar) あるいはクロフター (crofter) とも呼ばれ、封建制度 (feudal system) で 土地に結び付けられた 農奴 (serf) である。 ヴィレン (villein) は奴隷の身分 (salvery) よりももっと権利と社会的地位を持っていたが、 幾つかの法的制約下にあり、これにより自由人 (freeman) とは違っていた。

  1. 語源
  2. ヴィレンの身分 (villeinage)
語源

ヴィレン (villein) は封建制で、貧農 (peasant) (テナント農民 (tenant farmer)) を 表すことに使用された用語で、 彼らは法的に荘園領主 (lord of the manor) と結びつけられたり -- ヴィレン・イン・グロス (villein in gross) -- あるいはヴィレン・リガーダント (villein regardant) の場合には 荘園に結び付けられた。 ヴィレン (villein) は自由貧農 (free peasant) (あるいは自由人 (freeman)) と奴隷 (slave) の間の社会空間を占めた。 中世ヨーロッパの貧農 (peasant) の大半はヴィレン (villein) であった。 別の用語は農奴 (serf) である、 もっともこれは奴隷 (slave) を意味するラテン語のセルブス (servus) に 由来している。 ヴィレン (villein) は従って、結び付けられたテナント (bonded tenant, [訳注:テナント=賃借人]) であり、 地主の同意なしには土地を離れることができなかった。

訳注
ヴィレン・イン・グロスは奴隷と同じように独自に売買され、 ヴィレン・リガーダントは荘園に結び付けられて (土地ごと) 売買されるたヴィレンのこと。 農奴農奴/ヴィレンを参照。

ヴィレン (villein) は後期ラテン語 (Late Latin) のヴィラヌス (villanus) に由来し、 ローマのヴィラ・ルスティカ (Roman villa rustica、田舎の農家) あるいは大きな農業地所 (agricultural estate) で雇用された人を 意味する。 (土地に) 結び付けられた農奴制 (tied serfdom) の制度はローマ帝国末期の ディオクレティアヌス皇帝 (Emperor Diocletian, 284 年 - 305 年在位) の布告に由来し、 土地から貧農が逃亡することと、その結果の食糧生産の低落を防止する試みであった。 布告により貧農は彼らの場所を登録し、そこを決して離れないことを余儀なくされた。

ヴィレン (villein) の低い社会地位の理由から、用語は軽蔑的になった。 現代のフランス語では、ヴィラン (vilain) は「醜い」 (ugly) あるいは「言うことを聞かない」 (naughty) を意味する。 イタリア語では、ヴィラーノ (Villano) は「無礼な」 (rude) あるいは「不作法な」 (il-mannered) を意味する。 スペイン語のヴィヤーノ (Villano) に関しては、 スペイン王立アカデミー (RAE) は「村や町の近所あるいは住民」の意味を保存しているが、 軽蔑的使用も受け入れ、これは現代英語の「ヴィレン」 (villain, 悪党) に極めてよく似ている。

ヴィレンの身分 (villeinage)

ヴィレン (villein) の身分は中世西ヨーロッパでは重要で普通であった。 ヴィレンは土地が付いていたり、付いていない小さな家を一般に借りた。 領主との契約の一部分として、 彼らは、金銭や物資の賃貸料に付け加え、 領主の領土 (demesne) を耕作したり、他の業務 (service) のために彼らの 時間の幾分かを使用することが期待されていた。 これらの業務 (service) はとても煩わしかった。ヴィレンは娘たちが 荘園 -- 息子の継承借地 -- の外で結婚などすると罰金を支払うことが要求された。 ヴィレンは土地に結び付けられ、領主の同意なしに移住することができなかった。

ヴィレン (villein) は自由人 (freeman) が免除されている特別な税と罰金を支払わなければ ならなかった、 例えば filstingpound (体罰に対する保険) と layrwite (結婚せずに子供をもうけた時に罰金)。 Merchet は自由を求めるヴィレンの嘆願に対してしばしば使用された、というのは これを支払うことがヴィレンの身分を証明したからである。

しかしながら、彼らの領主を除いては、彼らは法の目では自由人であった。 ヴィレンは一般に奴隷とは違い、自分たち自身の資産を持つことができた。

ヴィレンの身分は、その他の農奴と対比して、西ヨーロッパの封建制では最も普通であり、 ここでは土地の所有が ローマ法の根源から発展をした。

色々な種類のヴィレンの身分の変種が西ヨーロッパに存在した。 そしてこれらの全てを満たすような正確な定義に到達することは不可能である。 異なる時代と国々によって、わずかに違う方法でヴィレンの身分を処理した。 ヴィレンによっては、領主に対してはっきりと定義され、限られた責任があった。 一方、他では基本的に領主の気まぐれにまかされていた。

ヴィレンの身分は常には不本意な取り決めではなかった。 中世初期には、家族は自発的にヴィレンの身分になって、土地の借地権 (tenure) が保証された。 ヴィレンはできることに随分と制限があるが、解放されることも可能である。 多くのヴィレンは生まれの理由からではなく、土地の理由からヴィレンになった。 異なる土地に移住することに領主が同意すれば、彼らは自由人になることができた。

ヴィレンの身分は純粋に搾取的な関係ではなかった。 中世には、土地は生計の手段と生き延びることを保証した; ヴィレンであることによって、土地を利用することが保証された。 地主は合法的に可能な場合にもヴィレンをめったに追放しなかった、というのは彼らは労働力の価値があったからである。 ヴィレンの身分は (コッター (cotter) のような) 土地のない労働者、放浪者よりもずっと好ましかった。

ヴィレンの身分は中世を通じて、どんどん普通ではなくなった、 とりわけ 黒死病 (Black Death) が田舎の人口を減少し、労働者の交渉力を増大してからはとりわけのことになった。 更に、多くの荘園の領主は (支払いをすれば) ヴィレンを喜んで解放した。 個人の身分としては、1500 年までにヴィレンは大方が消滅したが、 ヴィレンの借地として保持された土地は、(解放されない限りは) これ以後 コピーホールド借地 (copyhold tenancy) と呼ばれるものにより 保持され続け、後者は 1925 年まで廃止されなかった。 ヴィレンの身分は 1789 年の革命まではフランスで継続した。