ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

South Forty-Foot Drain - Wikipedia

サウス・フォーティ・フット・ドレインの地図
サウス・フォーティ・フット・ドレインの地図の kml ファイル

長さを表す foot の複数形は foot でも feet でも良い。

スルース (sluice) は導水路と訳すようにしていますが、 以下では用語が少しややこしくなるので、「スルース」 のカナ表記のままにとどめました。 (導水路を参照。)

サウス・フォーティ・フット・ドレイン
(South Forty-Foot Drain)

サウス・フォーティ・フット・ドレインは、 ブラック・スルース・ナビゲーション (Black Sluice Navigation) とも呼ばれ、リンカンシャー・フェンズの ブラック・スルース・レベル (Black Sluice Level) の 土地排水 (land-drainage) のための主水路 (main channel) である。 これはイングランド東部の、 ガスラム・ゴウ (Guthram Gowt) とボストンのザ・ヘイブン (The Haven) の ブラック・スルース・ポンプ場 (Black Sluice pumping station) の間にある。 このドレイン (排水路、Drain) は、その起源が 1630 年代にあり、 フェンの土地を農業用に利用可能にする最初の計画がリンジー伯爵 (Earl of Lindsey) により実施され、それ以来着実に改善された。 土地から排水された水は 1946 年まで潮の特別な状態の時に重力でザ・ヘイブンに進入したが、 1949 年にブラック・スルース・ポンプ場 (Black Sluice pumping station) が就役した。

サウス・フォーティ・フット・ドレイン、
ボストンとガスラム・ゴウの間のポイントン (Pointon)
ここで排水水路の起源がとても明らかである。

ドレインは 1971 年まで航行可能であり、1971 年にポンプ場の改良により、 進入水門が取り除かれた。 現在、環境庁により、 フェンズ水路接続 (Fens Waterways Link) の一部分として、航行可能な状態に上級化されかけており、 新しい進入水門が 2008 年 12 月に完成されることになり、 ドレインの最初の 12 マイル (19 km) への進入が与えられ、 南側の区間の上級化はスポールディングへの航行を可能にするグレン川 (River Glen) への接続も含め、 プロジェクトの第 2 段階になっている。

  1. 歴史
  2. 機能
  3. 水路
  4. ルート
歴史

リンカンシャー・フェンズは洪水にさらされた低地帯で、 何世紀もこれを防ぐ試みがあった。 中世には、この地域を排水するためにミッドフェン・ダイク (Midfen Dyke) が建設されたが、 1500 年までには、これは土地排水路ではなく、 ホーランド (Holland) の部分と、ケスティーブン (Kesteven) の部分の境界とみなされることになり、 これらはリンカンシャーの中世の 3 分割の 2 つとなり、この分割は 1974 年に廃止されるまで、州として機能した。 ボストンの南西の地域 -- 現在はブラック・スルース地区 (Black Sluice Area) と呼ばれ、 以前はリンジー・レベル (Lindsey Level) と呼ばれた -- を排水する最初の真剣な試みは 1635 年から 1638 年にあり、 リンジー伯爵はリンカンシャー排水溝委託委員会 (Commissioners of Sewers of Lincolnshire) が排水工事を実施することに同意し、 36,000 エイカー (150 km2) の土地が農地として利用可能となることになった。 伯爵と冒険家のグループは土地の助成金と引き換えに、工事費用を支払った。

工事費用は £45,000 であり、 ボストンからの導水路の建設が関連し、スカーベック (Skirbeck) 導水路と呼ばれた。 ボストンからグレート・ヘイル (Great Hale) までの 8 マイル -- サウス・フォーティ・フット・ドレインと呼ばれた -- の建設、 ここからガスラム (Guthram) までの 2 本のドレイン -- ダブル・トウェルブ (Double Twelve) と呼ばれた -- の建設、 及びクレイ・ダイク・ドレイン (Cray Dyke Drain) の建設があった。 この計画は、 地元のフェンの人々 -- 魚釣りと (水鳥の) 狩猟 (wildfowling) で生計を立てていた -- とコモンナー (庶民、commoner) -- 洪水がない時には、共有地で動物を放牧させる権利を持っていた -- には人気がなかった。 彼らは自分たちに都合がよいように議会に裁定させようとしたが、 3 年間試みた後で、法的な救済の考えを見捨て、直接行動に出た。 彼らは大半の構造物を破壊し、建物や収穫を破壊したことは言わずもがなことで、 スカーベック導水路を焼却した。 リンジー伯爵と排水溝委託委員会との契約は議会により無効になり、 この地域を排水する別の試みまで更に 100 年がかかった。

ホーランド・フェン (Holland Fen) を排水し、 ウィザム川を洪水から防ぐための試みで、 フィッツウィリアム伯爵 (Earl Fitzwilliam) と呼ばれる冒険家が 1720 年にドレイン (排水溝) を建設し、これがウィザム川と大まかに平行して走り、 Lodewick's Cowt で終了していた。ここは導水路で、現在のグランド・スルース (大導水路、Grand Sluice) の場所の近くの ウィザム川に建設したものであった。 このドレインは何年もの間、フィッツウィリアム伯爵のドレインと呼ばれたが、現在は ノース・フォーティ・フット・ドレイン (North Forty-Foot Drain) と呼ばれている。 この計画は完全には成功でなかった。

ホーランド・フェン・ポンプ場
これは水をクレイ・ダイク (Clay Dike) から
サウス・フォーティ・フット・ドレインに汲み上げる。
第二の導水路

1762 年に、ウィザム排水議会法 (Witham Drainage Act) が議会を通過し、とりわけ第 2 地区と第 6 地区の委託委員が構成し、 これが及んでいた場所は: アスガービー (Asgarby)、 エワービー (Ewerby)、 グレート・ヘイル (Great Hale)、 ヘッキントン (Heckington)、 ホーランド・フェン (Holland Fen)、 ハウウエル (Howell)、 リトル・ヘイル (Little Hale)、 及び サウス・カイム (South Kyme) であった。 ボストンの南と西の大半の地区 -- 91 平方マイル (240 km2) 程 -- が 1763 年の大洪水 (Great Flood) で水浸しになり、 これを背景にして、 「ブラック・スルース排水・水路法 1765 年」 (Black Sluice Drainage and Navigation Act 1765) が獲得され、 これによりブラック・スルース委託委員が作られ、彼らが税金を集める権利と排水工事を実施する権威 が与えられた。 この計画は大まかにはリンジー伯爵の元々の計画の復活であった。 元々のデザイン工事は、 ウィザム委託委員からの借金で、土木技術者のラングレイ・エドワーズ (Langley Edwards) により実施された。 少々の測量はジョン・ランデン (John Landen) により実施され、彼はピーターバラのフィッツウィリアム伯爵の 地所の執事で熟練したアマチュアの数学者であった。 2 人は合同で 「工事の測量技術者」 に任命され、計画の技術者として振る舞い、 一方、 ジョン・チャップマン (John Chapman) と Richard Strattard は助手であった。 新しい導水路はブラック・フルース (Black Sluice) と呼ばれ、 スカーベック導水路の直接の交代としてボストンに建設され、 3 つの開口部があり、全体の幅が 40 フィート (12 m) であった。 ドレインの 8 マイル (13 km) はボストンからグレート・ヘイルまで洗い落とし、 これ以後はメイン・ドレインが上級化されて新しい 14 マイル (23 km) の水路が掘削され、 サウス・フォーティ・フット・ドレインがグレン川 (River Glen) の堤防のガスラム (Guthram) まで 事実上延長された。 全部で 65 マイル (105 km) の高地の川が、 堤防の洗い流し・持ち上げで改良された。 £16,000 と見積もられる経費が債権の発行によって集められたが、プロジェクトで経費を使いすぎ、 別の議会法が 1770 年に獲得されて、 排水税を集めることが認可され、差額が賄われた。 工事がほぼ完了して、ランデンとエドワーズがプロジェクトを去った 1769 年中頃までに、 計画には £24,000 の経費がかかった。 彼らの代わりにエドワード・ヘア (Edward Hare) が工事監督となり、チャップマンと Strattard は助手として継続した。 ランカシャー・フェンの記録をとどめた H. ホイーラー (H. Wheeler) と呼ばれる歴史家が書いていることによると、 「工事は効率的に実施され、うまくデザインされていたので、完全に予想に応えた。」

ウィザム川でグランド・スルースが建設され、1766 年 10 月 15 日に開通し、 これにより潮が川に進入して、ホーランド・フェンにあふれることが防止された。 ボストン港委託委員 (The Boston Harbour Commissioners) が 1766 年のボストン港議会法により創設され、 彼らはザ・ヘイブン (The Haven) の改良工事を実施し、 これによりブラック・スルースの水位が低下し、 その結果、サウス・フォーティ・フット・ドレインからの排水がもっと効率的になった。 一連の風車 (windmill) が駆動するスクープ・ホイール (scoop wheel) により、 水がドレインに汲み上げられた。 1783年にエドワード・ヘア (Edward Hare) により作られたこの地域の地図には、このような風車が 46 基見えており、 これにより 32,000 エイカー (130 km2) の農地が排水された。 極端な高潮が 1810 年、そして 1820 年に再び起き、これにより広範囲な洪水となり、 洪水の防御を改良することが更に考察された。

ウィザム川の改良で、フィッツウィリアム伯爵ドレインの Lodewick Cowt に至る最後の区間が埋め立てられ、 水路はサウス・フォーティ・フット・ドレインと合流するように迂回された。 これはノース・フォーティ・フット・ドレインと改名され、現在は Cook's Lock とホーランド・フェンのポンプ場 (複数) に 給水している。

第三の導水路

システムの改良に関しての報告が 1843 年に測量技術者の W. ルーウィン氏 (Mr. W. Lewin) により提供され、 1845 年には サー・ジョン・レニー (Sir John Rennie) により提供された。 レニーの計画は 集水ドレイン (catchwater drain) の条項を含むもので、 西の高地から水がフェンランドに入る前に集水するものであった、 しかしこの建設を認可する議会法は敗北し、 1846 年に W. キュービット氏 (Mr. W. Cubit) の報告が既存のインフラの改良を提案し、委託委員により認められた。 新しいブラック・スルースは 20 フィート (6.1 m) の航行水門を含み、 元々の導水路の南に建設され、 シル (cill) の高さが 6 フィート (1.8 m) 低くなり、 これによりサウス・フォーティ・フット・ドレインの傾きが 1 マイルにつき 3 インチ (5 cm/km) 増加することになった。 支流ドレインの多くも増大した。 1846 年はポンプに蒸気エンジンの使用が開始された時期でもあった。 10 年後にブラック・スルース地区の 18,000 エイカー (73 km2) に及ぶ地図は 9 基の蒸気動力の排水エンジンと、 8 基の風力排水エンジンが使用されていることを示している。

「ウィザム川河口改良議会法 1880 年」 (The River Witham Outfall Improvement Act 1880) はウィザム川河口の更なる改良を認可し、これに 「ブラック・スルース委託委員」 は £65,000 を貢献した。 これにより、ブラック・スルースの定水位の高さが更に 4 フィート (1.2 m) 下がった。 オイル・エンジンとケロシン・エンジンが 1910 年から蒸気エンジンと風力エンジンに取って代わるようになり、 1935 年までに、このような 15 基のポンプがサウス・フォーティ・フット・ドレインに汲み上げ始めた。 「土地排水議会法 1930 年」 (Land Drainage Act 1930) の通過により、 「委託委員」 (Commissioners) は 「ブラック・スルース内部排水委員会」 (Black Sluice Internal Drainage Board) に交代され、一方で、この地帯の川の責任は 「ウィザム川・スティーピング川集水委員会」 (Witham and Steeping Rivers Catchment Board) に手渡された。 戦争が差し迫り、「河川委員会」 (River Board) は 1939 年に ブラック・スルースとサウス・フォーティ・フット・ドレインを引き受け、 進展が第 2 次世界大戦により中断されたが、 ブラック・スルース・ポンプ場を建設し、ボストンからドニントン橋 (Donington Bridge) までの 11 マイル (18 km) を拡幅するための £374,000 の計画は 1946 年に完成した。 ポンプ場は 100 インチ (2.5 m) のポンプを収容し、 各ポンプは 900 馬力 (670 kW) のラストン製 (Ruston) の 5 シリンダー垂直ディーゼル・エンジンにより駆動された。

現代

ケロシン・エンジンとオイル・エンジンは 1950 年代に電動ポンプ場に道を譲り、 委員会は 6 箇所の電動ポンプ場と 1 箇所のディーゼル・ポンプ場を建設して、 余分に 11,000 エイカー (43 km2) の土地の排水を改良しようとした。 1960 年に、70,000 エイカー (280 km2) の土地の排水を更に改良することが決定された。 これは £140万 の計画の 1 部分で、 これに含まれたものは、 ブラック・スルースに 2 つの余分なポンプを追加して、これ以外の既存のポンプを交換し、 ドニトン橋からリッピングゲール・ランニング・ダイク (Rippingale Running Dyke) までの 7 マイルのサウス・フォーティ・フット・ドレインを拡幅することであった。 ドレインと導水路の管轄はこの時、リンカンシャー河川委員会に手渡されていた。 工事は 1962 年に開始して 1968 年に完了し、 1968 年/1969 年冬の激しい湿った天候の最中に洪水を防止する上で成功であることが判明した。 上級化されたポンプ場では、3 基の 900 馬力 (670 kW) と 2 基の 925 馬力 (690 kW) の ディーゼル・エンジンにより、1 分間に 800,000 ガロン (60 m3/s) を汲み上げることができる。 ドレインと導水路の責任は 1990 年に国内河川局 (National Rivers Authority) に移され、次に 1995 年に環境庁 (Environment Agency) に移された。

すべての改良にもかかわらず、深刻な洪水が 1999 年に置き、 この時、ドレインの堤防がピンチベックの近くで決壊した。 環境庁とブラック・スルース内部排水委員会のスタッフは資産が氾濫する前に、 決壊を成功裏に修理し、次に洪水防御の見直しが実施された。 報告が勧告したことは、堤防を何か所か改良することであったが、 工事資金が利用可能でなく、当時は工事が実施されなかった。

機能

サウス・フォーティ・フット・ドレインはおおよそ南から北に走っている個所で 行政区 (district) の境界の役目をしている。 ドニトン・ハイ・ブリッジ (Donington High Bridge) の南で、 ドレインは西のサウス・ケスティーブン (South Kesteven) と東のサウス・ホーランド (South Holland) を分離している。 境界はグレン川 (River Glen) に沿って南に続いている。 ドニントンの北で、東のボストン市と西のノース・ケスティーブン の境界はドレインに沿っている。 ドレインがミッドフェン・ダイク (Midfen Dyke) を横断する時に -- ノッティンガムからボストンに至る鉄道がグレート・ヘイル・ポンプ場 (Great Hale pumping station) でドレインに合流する直前 --、 境界は北に向かい、中世のコースに従う。

ボストンのブラック・スルースポンプ場
ここでドレインがザ・ヘイブンに合流する。

ドレインの主な仕事は

を集め、ザ・ヘイブン (The Haven) で潮汐の影響を受けた水域に流しだすことで、 ボストンのブラック・スルースの東や北に流れ出る。 ウィア・ダイク (Weir Dyke) の名前の由来はタン・エンド (Tongue End) のボー・オー川 (Bourne Eau) の堰にあり、 この堰はブラック・スルース委託委員により建設されたもので、 洪水時に余剰の水がグレン川に流出できない時に、堤防から溢れるように作ってある。 この溢れ流出堰 (overfall weir) はタン・エンドのポンプ場が 1966 年に建設された時に冗長なものになった。

サウス・フォーティ・フット・ドレインとブラック・スルース・ポンプ場 (Black Sluice pumping station) はドレインに流れ込む大半のサイド・チャンネルと共に、 環境庁の責任である。 ザ・フェンズを排水する排水溝 (drainage ditches) の管理はブラック・スルース内部排水委員会 (Black Sluice Internal Drainage Board) の責任で、 委員会は領域内の 34 箇所のポンプ場 (pumping station) と 3 箇所の自重移動地 (gravity station) を維持している。このうち、21 箇所がドレインの堤防にあり、 直接ポンプでドレインに汲み上げ、 一方、一ヶ所はブラック・ホール・ドロウブ (Black Hole Drove) ポンプ場で、 環境庁の管理するドレインの部分と 排水委員会 (Drainage Board) の管理する部分の境界として機能している。

水路

1971 年以前にはドレインは航行可能で、1939 年にはボストン (Boston) から Gutham (原文のまま) Gowt までの 24 マイル (34 km) が航行可能と記録されていた。 長さ 70 フィート (21 m)、幅 18 フィート (5.5 m) までのボートで、 喫水がおよそ 7 あるいは 8 フィート (2.1 あるいは 2.4 m) であれば、 ドニントン橋まで水路を使用できたが、 これ以上は喫水が 3 から 4 フィート (0.9 から 1.2 m) に減少した。 水路は商用船舶のみに開放され、プレジャー・ボートは明白に禁止されていた。 航行権があるか否か、あるいはブラック・スルース委託委員が単にこれを許可したのか否かは不明である。 進入水門は 72x20 フィート (21.9x6.1 m) で、 大半のトレードはボストンとドニントン橋の間で、プレジャー・ボートは 1962 年より前には許可されなかった。 航行は 1971 年に終了し、この時、水門が閉鎖・取り除かれたが、ほとんど抗議がなかった。 もっと最近に 「イースト・アングリア水路協会」 がドレインを航行可能にする考えを売り込み、 これはレジャー用施設の改良をするもっと大きな計画の 1 部分であった。 フェンズ・ツーリズム協会 (Fens Tourism consortium) の一部である地元当局者は 実現可能性調査を実施し、この報告は 2004 年に環境庁による 「フェンズ水路接続」 (Fens Waterways Link) で正式に採用され、 地元当局者、イースト・アングリア水路協会、及び内陸水路協会の支援があった。

ブラック・スルースの新水門で
ザ・ヘイブンからドレインに航行が可能である。

計画には全部で 150 マイル (240 km) の水路が関連し、 このうち 50 マイル (80 km) が新しい航行路で、一方、残りは 既存の水路で、上級化したり、アクセスの改良がされたりすることになる。 完成すれば、これが接続するのは: ウィザム川、グレン川、ウェランド川、ネン川、及びグレート・ウーズ川で、 環境庁によるヨーロッパで最大の水路補強プロジェクトの前触れである。 2007 年に、彼らはボストンとスポールディングの間の接続資金を獲得した。 ボストンのブラック・スルース・ポンプ場のそばの新しい水門 -- ザ・ヘイブンとサウス・フォーティ・フット・ドレインを接続するもの -- の工事が 2008 年 2 月 8 日に正式に開始して 2008 年 12 月に完成し、 正式な開通式が 2009 年 3 月 20 日に開催された。 水門プロジェクトは計画の第 1 段階で £850万 の経費を合同で資金繰りしたのは: ヨーロッパ地域開発資金 (European Regional Development Fund)、 イースト・ミッドランド開発局 (East Midlands Development Agency)、 及びリンカンシャー州議会 (Lincolnshire County Council) であった。 水門は満ち潮の両側のある時期 -- したがってドレインからザ・ヘイブンの移動には上昇する時 -- に使用できるようにデザインされている。 水門は一方は普通のマイター・ゲート (mitre gate) で、 潮汐側には回転扇型ゲートを使用し、どちらのゲートも 12.1 トンである。

水門は 12 マイル (19 km) 近くの水路を解放した。 上級化の 1 部分として、新しい 48 時間の係留場所が、 ドレインに進入するボートのためにザ・ヘイブンに建設され、 ボストンのブラック・スルース・ポンプ場近くの サウス・フォーティ・フット・ドレインにはスィンズヘッド橋 (Swineshead Bridge) とハバーツ・ブリッジ (Bubbert's Bridge) に建設された。 水路の上限は当初はドニントン・ハイ・ブリッジ (Donington High Bridge) で、 ここでスワトン・オー (Swaton Eau) がサウス・フォーティ・フット・ドレインに合流し、 幅の広い区間が提供され、ここでボートを展開できる。 この橋より向こうではドレインは公式にはカヌーとカヤックのみに適切である。 しかしながら、8 隻のナロウ・ボートが 2009 年のイースターの時に水路を航行した。 ドニントン・ハイ橋より後方では、 水路はより狭く、同じように深くないが、3.7 マイル (6.0 km) 程先に進んだ キングストンズ橋 (Kingston's Bridge) に全部が成功裏に到達した。 ここではドウズビー・フェン (Dowsby Fen) からの放水口と ゴスバートン (Gosberton) ポンプ場により 70 フィート (21 m) のボートが展開する十分な幅があった。 更なる前進は橋の路面を作り替えるために設置された足場により妨害され、 水がないからではなかった。

ドレインは環境庁により、ブラック・スルース水路と改名された。 水路を使用するためには環境庁の認可が必要である。 ドレインには恒久的な係留場所がないため、 認可は 1 日か 7 日である。 水位は冬の間には低くして維持される。 冬には流れが速く、ドレインは夏よりも多くの降雨を処理する必要があり、 夏に航行水位が維持される。 隣接するウィザム川と同様に冬の水位と夏の水位の変更は普通は 4 月の初めに実施される。

発展

フェンズ水路プロジェクトの第 2 段階はドニトン橋、クロウランド (Crowland)、 及びカウビット・ウォッシュイズ (Cowbit Washes) の間の接続が関連し、 後者 2 つは、スポールディング (Spalding) 近くのウェランド川沿いにある。 この段階の資金繰りをもっと実行可能にするために、2 つに分割して、 2a の段階はドニントンからグレン川沿いの サーフリート・シース・エンド (Surfleet Seas End) に至る区間までで、 2b の段階はここから先である。 最初の技術的な評価と第 2 段階の計画許可を得ること -- これにはドニントンから A151 道路の下を通るまでサウス・フォーティ・フット・ドレインを拡幅すること、 新しい水門、 そしてガスラム・ゴウ (Guthram Gowt) におけるグレン川とのジャンクションが関連するが -- に関しては、イースト・ミッドランド開発局により資金が提供された。 この区間にはブラック・ホール・ドロウブ (Black Hole Drove) ポンプ場が関連し、 このポンプ場はドレインを横断して建設されたため航行の障害となっている。 この段階の主な契約は 2009 年 4 月に与えられることになるが、 技術的な評価から、1 つより多くのルートを考える必要があり、 この後で最良の解決が選択される。 明らかな解決はグレン川とドレインを最短距離で接続することであるが、 リンカンシャー水路パートナーシップは接続するために長さ 9.3 マイル (15.0 km) までの新しい水路 を作ることも考えている。 この間に、経済状態が変化し、資金源が簡単に利用できなくなり、 2010 年末までに、次の建設段階の明確な日程が設定されなかった。

2011 年末までに異なる 10 のルートが考察され、その評価が 2012 年春に伝えられることになっていた。 Halcrow Group -- 技術コンサルタント会社 -- が評価を伝えることに責任を負い、 各ルートが提供する恩恵、 航行のみならず、水質、水資源、野生生物の生息地を考察することになっている。 調査はルートの短い一覧を提供することになっており、 これは更に協議の対象になる。 2012 年中頃までに、10 ルートの利点が考えられ、これには経済的、環境的、技術的問題が 関連し、接続回廊の大まかな輪郭が 9 月に出版されることになっている。 このあとで、地主と出資者との相談が実施されて最終ルートが決定され、 この後で、水路、付随する水門、橋、係留場所、ポンプ場のデザインが開始する。 10 ルートの評価プロセスの最後までに 2 ルートが残った。 1 つはルート 1 の元々の提案で、ルートの大半にサウス・フォーティ・フット・ドレインの 既存のコースを使用するものであり、 一方、第 2 のルートは新しいルートで、ルート 11 と指定されたものであった。 ルート 11 は 2014 年夏までに望ましいルートになった。 これに関連することはサウス・フォーティ・フット・ドレインをドニントンからサーフリート (Surfleet) に至る経路で、 ブラック・ホール・ドロウブ (Black Hole Drove) ポンプ場の近くの点まで拡幅することであった。 新しい水門がこの場所に必要となり、ドレインの残りのルートをたどるのではなく、 新しい水路に接続されることになる。 この水路は A151 道路を新しい橋の下で通過し、グレン川への接続には別の新しい水門が関連する。 ルートに近接する他の水路の環境調査から明らかになったことは、 幾つかは国内的に重要な植物と無脊椎動物の生息地を提供することである。

先駆

サウス・フォーティ・フット・ドレインとネン川を接続する考えは新しいものではなく、 そのような接続の最初の計画は 1809 年に提案された。 この年に、 オークハム (Oakham) のオークハム運河と スタンフォード (Stamford) のスタンフォード運河の間の新しい運河 -- これは 1785 年に議論されていた -- が復活し、 これはスタンフォードからピーターバラ (Peterborough) のネン川 (River Nene) への 7 マイル (11 km) の接続と、マーケット・ディーピング (Market Deeping) の近くからの 接続の大きな計画の 1 部で、マーケット・ディーピングではスタンフォード運河はウェランド川に、 そして北方のサウス・フォーティ・フット・ドレインに再接続するものであった。 この法案は、 スタンフォード運河グランド・ジャンクション運河に接続する競合計画 -- これもサウス・フォーティ・フット・ドレインとの接続を含んでいた -- と共に 1811 年に議会に提示されたが、 どちらの法案も成功しなかった。この考えは 1815 年と 1828 年に再び持ち上がったが、 更なる行動は取られなかった。

ルート
地点座標備考
タン・エンド
(Tongue End)
52.754°N 0.289°W ウィア・ダイク (Weir Dyke)、 ボーン・オー (Bourne
Eau) がグレン川 (River Glen) に合流する箇所の近く
ガスラム
(Guthram)
52.788°N 0.265°W エンジン・ドレイン (Engine Drain) とウィア・ダイク
(Weir Dyke) が合流して SFF
(サウス・フォーティ・フット・ドレイン) になる。
Caswall's Bridge 52.832°N 0.271°W SFF の両側にポンプ場
キングストンズ橋
(Kingston's Bridge)
52.849°N 0.276°W トウェンティ・フット・ドレインは
リンジー・レベル構造の再使用部
ドニントン・ハイ・ブリッジ
(Donington High Bridge)
52.905°N 0.257°W ここからガスラムまでの SFF はフェンズ水路接続の
一部として拡幅される。
Eau End 52.934°N 0.242°W 東側のドレインは中世のミッドフェン・ダイク
(Midfen Dyke) の一部分である。
Wragmer Stake 52.956°N 0.224°W SFF は北東に向きを変える
ビッカー・ヘイブン
(Bicker Haven)
52.967°N 0.202°W SFF はボストンに向けて東に向きを変える
ノース・フォーティ・
フット・ドレイン
(North Forty-foot drain)
52.970°N 0.045°W 2 つのシステムの接合部
ブラック・スルース
(Black Sluice)
52.966°N 0.026°W SFF の終了、新しい水門の場所