ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Catchwater drain - Wikipedia

集水ドレインはグーグル地図ではキャッチウォーター・ドレインとカナ表記している。 要所要所にある。

集水ドレイン (Catchwater drain)

集水ドレインは土壌ドレイン (land drain, 土地排水溝) で、 低地の平坦な土地のすぐ上で、 傾いた土地を横断して掘削された溝である。 このような平坦な土地にはイングランド東部のザ・フェンズがあり、 ここは海から何 10 km も離れているが、土地によってはおよそ海面の高さである。 集水ドレインの目的は、より高い所から排水される水が、 傾いた土地を下りきって平坦な土地に到達する前に集めることで、 平坦な土地に到達すれば、水を取り除くことが困難、 もしくは高価となるからである。 水は表面を流れていても、地中にあってもよく、 集水されて、堤防をめぐらした川によって低地を横断して取り除かれる。

集水が実施される他の状況もある。 丘の頂上、あるいは丘の中腹が雨水を捕捉するのに使用されることともあり、 雨水は集水ドレインを通して貯水池に集める。 ここから、家屋、村、あるいは町が給水されることもある。 集水ドレインは流量を少なくするために、 水を通さない表面を流す前に、速度を落とすために使用することもある。

タンビー・ウッドサイド (Tumby Woodside)
で北に面する集水ドレイン