ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Narrowboat - Wikipedia
ナロウボート (Narrowboat)

ナロウボート (narrowboat) あるいはナロウ・ボート (narrow boat) は特有のデザインのボートで、英国のナロウ運河に適合するように作られた。

ナロウボートは幅が 7 フィート (2.13 m) 以下でなければならない。 (大半の現代のボートは普通は幅が最大 6 フィート 10 インチ (2.08 m) で製造される。) 最大長は 72 フィート (21.95 m) である。 これより、広かったり、長かったりすれば、 英国の大半の運河網を航行できない。 全運河網にアクセスするには最大長は 57 フィート (17.37 m) である。

レジャー周航 (leisure cruising) 用の現代のナロウボート
イングランド、ダービーシャー州バックスワース (Buxworth) の
Bugsworth Basin

最初のナロウボートは英国産業革命の時の経済変化で鍵となる役割を演じた。 これらは木造のボートで、運河の曳舟道を歩く馬で牽引され、乗員により導かれていた。 馬は次第に蒸気エンジン、次にディーゼル・エンジンで置き換えられた。 鉄道の到来と共に、商用の運河交通は次第に減少し、 最後の定期長距離交通は 1970 年に消滅した。 しかしながら、少々の交通は 1980 年代まで、そしてそれ以後まで継続した。

19 世紀末までに、ナロウボートと、その備品、付属品にバラと城の絵を描くことが普通になった。 この伝統は 21 世紀まで継続したが、すべてのナロウボートがこのような飾りをつけたわけではなかった。

現代のナロウボートは休日、週末の休み、旅行、 恒久的な住居、あるいは一時的な住居として使用される。 通常、これらは鋼の船体と鋼の上部構造を持っている。 ボートの数は増えており、 カナル・リバー・トラスト (CRT, Canal & River Trust) により管理される 運河と川の許可証を持ったボート (このすべてがナロウボートではない) は 2006 年にはおよそ 27,000 隻、2014 年には 30,000 隻以上と見積もられている。

鋼のナロウボートの少数は、幾つかの河川クルーザーの真似をして、 中央の操縦室のホイール (操舵輪) を提供し、 後方の操舵甲板の必要性をなくしているが、 大半のナロウボートの操船は船尾のティラー (陀柄、tiller) によっている。 船尾には主に 3 つの配置がある: 伝統方式船尾、クルーザー方式船尾、半伝統方式船尾。

  1. 用語
  2. 大きさ
  3. 発展 -- 伝統的な可動ボート
  4. 現代のナロウボート
用語

「オクスフォード英語辞書」 (Oxford English Dictionary) のナロウボート (一語) の定義は:

伝統的な長くて、狭いデザインの (英国の) 運河ボートで、 ティラー (陀柄、tiller) で操船し、 仕様は幅が 7 フィート (およそ 2.1 m) を超えず、 長さが 72 フィート (およそ 21.9 m) を超えない。

オクスフォード英語辞書の以前の見出しには「ナロウ・ボート」の用語を使用し、 最も最近のものは 1998 年の 「運河ボート & 内陸水路」 の宣伝を引用し、 「ナロウボート」を使用している。

一語の「ナロウボート」は「カナル & リバー・トラスト」、「スコットランド運河」 (Scottish Canals) 及び、雑誌の「水路の世界」 (Waterways World) のような権威者に採用され、 ナロウ運河水門に適合できる商用ボートのスタイルと伝統で建設されたすべてのボートを指している。

何隻かのナロウ・ボートは川のハシケに基礎を置くデザインで建設され、 多くは用語の厳密な定義に一致するが、ナロウボート (あるいは ナロウ・ボート) をハシケとすることは 不正確である。 英国内陸水路の環境では、ハシケはもっと広く、貨物を輸送するボート、 あるいはこれをモデルにした現代のボートで、 7 フィート (2.13 m) よりは確実に広い。

ナロウ・ボートに対する別の歴史的用語にロング・ボート (long boat) があり、 これはミッドランド (Midland) で使用され、とりわけセバーン川とバーミンガムへの接続水路で使用された。

用語は完全に決着がついたわけでなく、 (a) ナロウボートのデザインに基づくボートで、ナロウ運河には広すぎるもの、 (b) ナロウボートと同じ幅のボートであるが、他のボートの型式に基礎を置くものがある。

ナロウボートには船舶接頭辞 NB がつくことがある。

大きさ

ナロウボートの特徴となる造作はその幅で、 これは英国のナロウ運河を航行するために幅が 7 フィート (2.13 m) より狭くなければならない。 幾つかの古いボートはこの限界に非常に近く (しばしば 7 フィート 1 1/2 インチ、 あるいは 2.17 m、あるいは少し広い)、ある種のナロウ水門の使用で問題が起きる。 このような水門は長年の地盤沈下から小さくなっているからである。 現代のボートは普通は最大 6 フィート 10 インチ (2.08 m) で製造され、 全運河網を簡単に通り抜けることが保証されている。

細長の理由から、幾つかのナロウボートはとても長いように見える。 最大の長さは、およそ 72 フィート (21.95 m) で、 これは運河網で最長の水門の長さに匹敵する。 現代のナロウボートは短い傾向があり、英国運河の連結網 のどこにでも航行できるようになっており、 これは、より広い、しかし短いボート用に建設された運河を含んでいる。 主要網の最短水門はカルダー・ヘッブル水路のソルターヘッブル中間水門 (Salterhebble Middle Lock) で、およそ長さ 56 フィート (17.07 m) である。 しかしながらカルダー・ヘッブル水路はワイド運河 (wide canal) であり、 水門は幅がおよそ 14 フィート 2 インチ (4.32 m) である。 これにより、「運河網でどこにでも行ける」ナロウボートの最長のものは、 水門の直線の長さよりもわずかに長い (およそ 58 フィートあるいは 17.68 m である), というのは (少々突っ込んで) 斜めにおけるからである。 孤立水路の幾つかの水門は 40 フィート (12.19 m) もの短さである。 水門を通り抜けることを避けるのが可能であれば、 ナロウボートは時々少し長く建設できる。 ウォルバーハンプトンのボートは、ウォルバーハンプトンの周りで操業していたが、 長さは 87 フィートで、幅が 7 フィート 9 インチであった。

英国運河で船団を雇うと、普通は 30 フィート (9.14 m) 以上の色々な長さのナロウボートから構成され、 人数の違うパーティーや、異なる予算によって、一隻のボートを雇って航行できる。

発展 -- 伝統的な可動ボート

最初のナロウボートは英国産業革命の経済変化で重要な役割を演じた。 これらは木造ボートで、運河の曳舟道を歩く馬により、 牽引され、乗員 -- しばしば子供 -- により導かれていた。 ナロウ・ボートは主に貨物を運ぶためにデザインされていたが、 幾つかのパケット・ボート (packet boat) は 乗客、荷物、郵便及び小包を運んだ。

ボート乗りの家族は元々陸に住んでいたが、 1830 年代に運河は成長する鉄道網からの競争に苦しみ始め、 家族 (とりわけ独立したボート一隻の所有者/船長の家族) は 船で生活するようになった、 これは部分的には彼らがもはや家賃を支払えなかったからであり、 部分的にはボートをより激しく、より速く、より遠くまで動かすために余分の手助けを必要としたからで、 部分的には家族と共に行動するためであった。

1858 年になっても 「よく知られた話」 (Household Words) の記事で述べることによると 「グランド・ジャンクション運河会社はボート乗りの家族が乗船することを許可しない」 であった。 記事の無停止ボート (non-stopping boat) / 高速ボート (fly boat) の 乗員 (船長、2 名の乗員、1 名の若者) が典型的であると述べられていた。

ボートの後部は「ボート乗りの船室」となり、 絵葉書と博物館で馴染みなもので、 空間の節約の工夫で有名で、 内部を魅力的にしているのは: 暖かいストーブ、湯気をあげるヤカン、輝く真鍮、装飾的なレース、 塗装した家庭用品、そして飾った皿がある。 このような描写がほとんど考えていないことは: (時には大きな) 家族の実際の快適さ、容赦なく過酷で長い 1 日の労働、1 つの小さな船室で寝ること。 しかしながら、多くの陸の労働者は、より不健康な状態で、 より劣悪な設備で、より大変な室内の仕事に耐えていた。 船の生活は、そもそも移動労働者で、 子供が学校に通うことが不可能となる。 大半のボート乗りは事実上文盲で、 陸に住んでいたものから排斥され、 陸に住んでいたものは自分たちが上流であると考えた。

1880 年代のドイツで
曳舟道の馬に牽引されたボート
イングランド、 チェシャー州
マックルズフィールド運河の歴史的仕事
用ナロウボート「忘れないで」が無動力
僚船 Lilith を牽引。エンジンが馬の
代りになった時のなじみなパターン。

蒸気動力とディーゼル動力が 20 世紀の初頭に引き馬に徐々に取って代わり、 少ない人手で、第 2 の動力のないボート -- 僚船 (butty, buttyboat, butty boat) と呼ばれる -- を牽引することにより、もっとずっと多くの貨物を移動することが可能となった。 もはや世話をする馬はいないが、牽引する時には僚船を操船しなければならない。 そこで僚船のボート乗りは必要であれば、引き綱を長くしたり、短くできた。 引き綱は船首に結び付けられておらず、その代わりに恒久的な走行ブロックを通じて、 僚船を動かす、あるいは可変な中間部があって、最後尾で操作した。 グランド・ユニオン運河のように広い運河では 2 隻は横に結び付けられ (並んで)、 可動な水門の通過ではユニットとして処理された。

ナロウボートで貨物を運ぶことは、1945 年から減少し、 最後の定期長距離交通は 1970 年に消滅した。 しかしながら、ある交通は 1980 年代、そしてその後に継続した。 200 万トンの骨材が 1976 年と 1996 年の間にグランド・ユニオン運河 (ソアー川) で輸送され、後には幅の広いハシケが使用された。 骨材はデナム (Denham) とウェスト・ドレートン (West Drayton) の間で (広い) グランド・ユニオン運河 で運ばれ続け、 ボウ・クリーク (これはリー水路とストート水路が最後に放出される場所) の 潮汐河口でも運ばれ続けた。

幾人かの人々は 21 世紀に最善を尽くして、運河で運ぶ貨物輸送の伝統を生かし続けている。 この大半は定期的なものでなく、一度きりの配送で、 あるいは石炭のような物資を他のボート乗りに売るものであった。 熱狂家は、しばしば「歴史的ナロウ・ボート所有者クラブ」の会員として、 現存するナロウ・ボートを復元することに専念し続けている。 Hadar のような多くのレプリカがあり、 伝統的デザイン -- ふつうはバラと城 -- で飾り立てて塗装している。 馬がけん引しないボートには、改装した遅い回転の年代物のディーゼル・エンジンが ついていることがある。 蒸気駆動のナロウ・ボートが何隻かあり、 例えば以前のフェローズ・モートン & クレイトン社 (Fellows Morton and Clayton、運送会社名) の蒸気ボートのプレジデント (President) がある。

塗装された飾り

19 世紀末までに、ナロウボートと、その備品、付属品にバラと城の絵を描くことが普通になった。 共通の場所に含まれるのは:船室に至る扉、 水の缶、あるいは水の樽、ボートの名称と所有者を示す飾り立てた文字列のある舷側がある。 この伝統は全ての地域で起きたわけでなく、 チェスターフィールド運河はナロウ・ボートにそのような装飾を与えなかった 1 つの水路である。

伝統的なイングランドのナロウボートの装飾
水の缶のバラと船室に至る開いた扉の城

運河のボートに見いだされるバラと城の起源は不明である。 これらの記述された最初の言及は雑誌の「よく知られた話」 (Household Words) の 1858 年版の 「運河に関して」の表題を持つ一連の記事の 1 つに登場し、 この絵の型式はこの日までに存在していたことがわかる。 しばらくの間、人気の高い提案は、ローマ帝国に何らかの起源があるものであった。 しかしながら、ローマ帝国とボート乗りの共同社会には重要な関連があるようには見えなかった。 他の提案に含まれるものは:時計製造産業からのスタイルの移動 (とりわけ文字盤の装飾), 漆産業、あるいは陶器産業があった。 確かに、スタイルの類似と地理的な一致があったが、 確固とした関連の証拠がなかった。 スカンジナビア、ドイツ、トルコ、バングラデシュの民芸 (folk art) に類似のスタイルがあった。

18 世紀には、オランダのハシケで、類似に塗装したヒンデローペン (Hindelopen) が テムズ川から航行した唯一の実例である。 1914 年 7 月 22 日のミッドランド・デイリー・テレグラフ紙の記事もあり、 これによると、水の缶の塗装の実践は少なくとも、アーサー・アトキンス氏 (Mr Arthur Atkins) によるものである。

この実践は運河の商用利用が低下すると衰退したが、 レジャー・ボートの登場と共に最近に復活したようである。 バラと城でナロウボートを飾るのは今日の運河では普通の光景である。 もっとも、これらは伝統的な手作業の仕事ではなく、 より安い電子印刷した熱転写ビニールを利用しているが...

現代のナロウボート

カナル & リバー・トラスト (CRT) -- 慈善トラスト、元のブリティッシュ・ウォーターウェイズ -- により管理される運河と河川の許可を受けたボートの数は 2006 年に 27,000 隻と見積もられた。 2014 年にこの数は 30,000 隻以上に増大した。 2006 年には、私的に係留されたり、他の水路にいる、おそらくもう 5000 隻の許可を受けていない ボートがいた。 CRT の大半のボートは鋼 (あるいは時にはアルミ) のクルーザーで一般にはナロウボートと呼ばれている。

ケネット・エイボン運河の現代のナロウボート

現代のナロウボートは休日、週末の休み、旅行、 恒久的な住居、あるいは一時的な住居として使用される。 普通は、これらは鋼の船体と鋼の上部構造を持つが、 これらが 1970 年代にレジャー用に始めて開発された時には 強化プラスティック製ガラス (ファイバー・グラス) あるいは木材が、しばしば船べり (gunwale) よりも上の高さで使用された。 より新しいボートは、1990 年以後は普通は現代のディーゼル・エンジンで駆動され、 内部が高い標準で装備されることがある。 少なくとも、内部の頭上余地は 6 フィート (1.8 m) あり、 しばしば、あるいは普通は、陸上の家と類似の設備がある; 中央暖房、水洗トイレ、シャワーあるいは浴槽さえあり、 4 口のガスコンロ (four-ring hobs)、 オーブン (oven)、 グリル (grill)、 電子レンジ (microwave oven)、 そして冷蔵庫; ある場合には衛星テレビ (satellite television)、 と 4G 技術を使用した移動通信システム (mobile broadband) がある。 外部的には伝統的なボートとの類似は、 忠実な模倣 (疑似「リベット」、伝統的な塗装面のコピー) から、 「解釈」(きれいな直線と、単純化された塗装面)、 そして自由スタイルのアプローチ (伝統的なボートに見せかけるものがないもの) まである。

これらは個人によって所有されたり、友人の間で共有されたり (あるいはもっと公式には、組織化された組合で所有)、 レジャー企業 (holiday firm) に貸し出されたり、周航ホテル (cruising hotel) として使用される。 少々のボートは恒久的に住むことがあり; 1 つの場所に留まる (居住ナロウボートの長期係留場所は現在見つけることがとても困難) か、 あるいは運河網を動き回る。 (おそらく、最も寒い月には固定場所にいる、この時は多くの運河区間が修理のために -- 休業で -- 閉鎖される。)

支援インフラがレジャー・ボートにサービスを提供するために、開発され、 あるナロウボートはエンジン保守、ボート点検のためのサービスを提供するための足場 (platform) として 使用され、 一方、他のナロウボートは燃料供給船 (fuel tenders) として使用され、 ディーゼル燃料、固型燃料 (石炭、木材)、 キャラー・ガス (Calor Gas, 液化ブタンガスの商標名で、LPG の供給企業名) を提供する。

型式

大半のナロウボートの操船はティラー (陀柄、tiller) によっており、 これは仕事用ナロウボートと同じである。 操船者はボートの船尾で、 船室からの階段の頂上にある 昇降口 (hatchway)/後方扉 の後方に立つ。 操船場所は 3 つの基本的な型式から成り、各々は内部空間を最大にする 異なる必要性に適合している; もっと伝統的な外見を持つこと; もっと大きな後方甲板があって、誰もが夏の季節、あるいは長い夕方を楽しむことができること; 悪天候時の雨除け/風よけ (protection)。 どの型式にも賛同者がいる。 しかしながら、境界は固定されたものでなく、 あるボートではカテゴリーが不鮮明である。 というのは新しいデザイナーは異なる配置と組み合わせを試みるからである。

伝統的船尾

多くの現代の運河ボートは伝統的な配置を維持し、 乗員が上陸するための後方扉の後方に、柵のない「カウンター」(counter) あるいは甲板がある。 カウンターから操船することは可能であるが、これは十分に安全でない。 というのは足を踏み外せば、下でプロペラーが回転しているからである。 ティラーの延長 (tiller extension) により、操船者は階段の一番上の段に安全に立つことができる。 (仕事用のボートでは、この段は石炭箱の頂上になることであろう。) 寒い日には操船者はもっと後方扉に近づくことができ、 比較的快適である。 下半身は船室の暖かさにあり、 上半身のみが昇降口から現れ、風雨にさらされている。 天気が良い時には、多くの伝統的な船尾操船者は昇降口の端に腰をかける、 ここは見晴らしの良い場所で、まわり中がよく見える。 伝統的なボートでは船首の凹甲板 (well-deck) が主に外を眺める場所である。 というのは伝統的な船尾は十分に広くなく、操船者以外が安全に立つことができないからである。 内部的には伝統的な船は 「ボート乗りの船室」 の前にエンジン・ループがあるか、 囲んだエンジンを目に見えない場所に押し込んで居住空間を広げている。

グロスターシャー州ソール (Saul)
伝統的船尾のナロウボート

クルーザー船尾

このスタイルの名称は大きな開放後方甲板から生まれ、 グラス・ファイバー製の河川クルーザー (river cruisers) に共通な後方操縦席に似ており、 河川クルーザーの操縦席は更に 20 世紀のクルーザーと大きな戦艦に使用されている楕円船尾に由来している。 「クルーザー」ナロウボートでは、船尾は伝統的なボートとはずいぶん違って見える; 昇降口と後方扉は伝統的なものより随分前方にあり、 カウンターと後方扉の間に広い開放甲板を作り、 後方と側面の周りの手すり (とおそらく組み込み式のイス) により保護されている。 大きな後方甲板は良好な屋外食事場所、あるいは社交空間を提供し、 良好な天気と夏の休暇シーズンに、人々が 甲板に集まることを可能にしている。

クルーザー船尾のナロウボート
ターデビジ (Tardebigge)

冬には (あるいは完全な夏の気候でなければ) 操船者は風雨から保護されていないかもしれない。 囲まれたエンジン・ルームがなければ、エンジンの熱はボートを暖かくしないし、 甲板の上には無駄な空間があるかもしれない。 「クルーザー」型式の後尾はエンジンを、 ボートの船体の中ではなく、甲板の下に置くことができる。 これは (天候の理由から) エンジンへのアクセスを厄介なものにするが、 甲板全体、あるいはその 1 部を持ち上げて、 技術者がエンジン区画の中に立つことを可能にしている。 「クルーザー」型式の後尾はエンジンが居住空間の完全に外にあるという主な利点がある。 この配置では、通常、エンジン区画に次も含まれる: バッテリー、隔離スイッチ、燃料タンク、ほとんど使用されない装備、予備、そして装置である。

半伝統的船尾

半伝統的船尾は 「クルーザー」 船尾の 「社交的」 恩恵を獲得して、 一方で、もっと伝統的デザインを維持し、悪天候と寒い季節に操船者の保護を提供する。 「クルーザー」船尾と同様に、甲板は昇降口と後部扉から後方に拡張され、 この場合は甲板の大半は壁の側面で保護され、 壁は船室から後方に延長し、 操船者と仲間にもっと避難場所を与え、腰を下ろすロッカーがある。 エンジンは甲板の下にあって、 「クルーザー」船尾とほぼ同じで、船室とエンジン区画が分離され、 船室に至る階段は半伝統的社交空間の疑似側面を通り過ぎたところにある。

僚船船尾

僚船 (butty、バティ) は動力のないボートで伝統的には (普通は) 木造のティラー (陀柄、tiller) (これは elum と呼ばれ、helm のなまったもの) が付いた大きな舵 -- 操船はプロペラーの生成する水の力の恩恵を被らない -- を持っている。 ティラーは係留したときには、邪魔にならないように取り除いて、 逆向きに舵のソケットに装着する。 何隻かの僚船は NB シリウス (NB Sirius) のような動力ナロウボートに転換された。

用語の butty (バティ) は仲間を意味する方言に由来する。

中央操縦席ナロウボート

少数の鋼のナロウボートは後部操作甲板の必要性をなくし、 幾つかの河川クルーザーの真似をして中央操縦席でのホイール (操舵輪) 操作を提供している。