ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

British Waterways - Wikipedia

英国水路局 (British Waterways Board) がブリティッシュ・ウォーターウェイズの正式名称のようです。

ブリティッシュ・ウォーターウェイズ
(British Waterways)

ブリティッシュ・ウォーターウェイズはしばしば BW と短縮されるが、 英国政府により完全所有されていた特殊法人 (statutory corporation) であった。 これはイングランド、スコットランド、及びウェールズの大半の運河と 幾つかの河川、ドックの航行管理機関 (navigation authority) であった。

2012 年 7 月 2 日に、イングランドとウェールズのブリティッシュ・ウォーターウェイズ の資産と責任は新たに設立された慈善団体であるカナル & リバー・トラスト (Canal & River Trust) に移管された。 スコットランドではブリティッシュ・ウォーターウェイズはスコットランド・カナルズ (Scottish Canals) の商号 (trading name) の下に独立の公共企業体 (public corporation) として操業し続ける。

ブリティッシュ・ウォーターウェイズ委員会 (British Waterways Board) は当初は 1962 年の輸送法 (Trasport Act) の結果として設立され、 1963 年に英国輸送委員会 (British Transport Commission) の内陸水路の資産の管理をした。 ブリティッシュ・ウォーターウェイズの後援をしたのは: イングランドとウェールズでは環境・食料・農村地域省 (DEFRA, Department for Environment, Food and Rural Affairs)、 そしてスコットランドではスコットランド政府であった。

ブリティッシュ・ウォーターウェイズは英国内の 2,200 マイル (3,541 km) の運河、河川、そしてドックの管理・保守の任にあたり、 これには、これらの水路沿いの建物、構造、及び景観が含まれていた。 英国の半分以上の人口はブリティッシュ・ウォーターウェイズによりかって管理された運河や河川の 5 マイル以内に 住んでいる。 ブリティッシュ・ウォーターウェイズは水路に付け加え、 2,555 件以上の指定建造物 (listed structure) を所有・手入れもしていた。 指定建造物には 70 件の 「古代モニュメント一覧」 (scheduled ancient monument) が含まれていた。 更に 800 ヵ所以上が特別な指定がされ、 更に数百件が SSSI (特別自然環境保護区、 Sites of Special Scientific Interest ) であった。

ブリティッシュ・ウォーターウェイズはその慈善部門であるウォーターウェイズ・トラスト (Waterways Trust) を通じ、国立博物館 (National Waterways Museum) の 3 ヵ所 -- グロスター・ドックス (Gloucester Docks)、 ストーク・ブルーアーン (Stoke Bruerne)、 エルズミア・ポート (Ellesmere Port) -- で自分自身の歴史の博物館を維持していた。 ブリティッシュ・ウォーターウェイズの資産と責任がカナル & リバー・トラストに移管されて以来、 イングランドとウェールズのウォーターウェイズ・トラストはカナル & リバー・トラストと合併した。 しかしながら、スコットランドでは独立した慈善団体であり続けている。

  1. 歴史
  2. 組織
  3. 財政
  4. ウォータースケープ (水辺風景、Waterscape)
  5. 操業した水路
  6. 英国における他の内陸水路
歴史
形成

20 世紀初頭に運河網は使用の低下と鉄道と道路による輸送との競争から凋落した。 貨物は 1950 年代に至るまで運河 -- 今では鉄道会社に所有されて -- で運ばれていた。 鉄道が 1948 年に国有化された時に、鉄道会社が所有していた運河も 英国輸送委員会 (British Transport Commission) に移管された。 新しい委員会は水路の商用輸送に焦点を合わせたが、 1959 年の自動車道路の建設と開通、及び 1956 年の大気汚染防止法 (Clean Air Act) のような法律が水路を使用した石炭運搬船に影響を与え、この姿勢を維持できなかった。 契約による最後の長距離定期ナロウ・ボートはロンドンの近くのジャム工場に向かい、 1970 年 10 月に終了した。 もっとも、ライムジュース (lime juice) はブレントフォード (Brentford) からボックスムーア (Boxmoor) まで 1981 年まで運ばれ続け、 サーマストン (Thurmaston) からサイストン (Syston) に至る骨材は 1976 年から 1988 年まで続いた。

バーミンガムにおける BCN 本線
ガス・ストリート・ベイシン
近くのブリティッシュ・ウォーターウェイズの標識。

1962 年の輸送法 (Transport Act) の下で、 英国輸送委員会 (British Transport Commission) は幾つかの新しい組織に分割され、 これには英国鉄道委員会 (British Railways Board)、 ロンドン輸送委員会 (London Transport Board)、 そして英国の内陸水路はブリティッシュ・ウォーターウェイズ委員会 (BWB) の一部になった。

同じ年に著しい寒さにより、一度に多くのボートが係留場所に凍結され、何週間も移動できなかった。 これが BWB が運河でナロウ・ボートによる輸送の大半をやめる決定をした理由の 1 つであった。 この時には運河網はほんの 2000 マイル (3000 km) に縮小し、 19 世紀初頭の最盛期の半分になっていた。 しかしながら、基本的な運河網はまだ無傷であったが、 多くの閉鎖があり、重複するルートや支線に影響していた。

1968 年の輸送法

1968 年の輸送法により、 国有化された水路は BWB に明示されるように 3 つのカテゴリーに分類された。

ブリティッシュ・ウォーターウェイズ委員会は商用水路と航行水路がそれぞれの交通と使用に適したように保つことが法律の下で要求された。 しかしながら、義務は最も経済的な方法ですることという通告下にあり、 また BWB は残余水路を保守したり、航行可能にすることは要求されなかった。 その結果、多くの残余水路は見捨てられたり、 地方自治体への移管に直面し、 自治体は法律により水路を維持することに貢献することになった。 付け加えると、このような残余水路の多くを新しい道路や自動車道路がボートの航行手段を与えずに横断した。

20 世紀末

20 世紀が進展するにつれ、運河のレジャー・ボートの使用は拡大し続け、 1980 年代初頭に 20,000 隻 (?) に達した。 付け加えると、ボランティアの復元グループの工事により、 幾つかの水路を以前の状態に復元することに成功した。 しかしながら、1970 年代と 1980 年代の着実な進展にもかかわらず、 例えばイングリッシュ・ヘリテッジ (English Heritage) のような組織が批判したことは、 新たに命名されたブリティッシュ・ウォーターウェイズが歴史的構築物の保存で [ブリティッシュ・ウォーターウェイズの当局者に] 適切な訓練や、専門的な忠告を 与えそびれていることであった。

しかしながら、1990 年末までに、運河網とブリティッシュ・ウォーターウェイズは運河の保守で生成される収入で繁盛し、 1998 年には始めて £100,000,000 に達し、 宝くじ遺産基金 (Heritage Lottery Fund) が、かっての運河網を復元して、運河網が再び拡張するのを可能とし、 追加の資金が 1999 年にブリティッシュ・ウォーターウェイズのために当時副首相であったジョン・プレスコット (John Prescott) により表明された。 2000 年代初頭までに、ボート数はかっての産業革命時の数を越え、運河網は際立った安全工事の完成により、 公的に安全であると分類された。

廃止

2009 年、ブリティッシュ・ウォーターウェイズはもっと広く、もっと確実に資金を得る方法を探し、 £3000万 の予算不足を塞ごうとし、 これは水路におけるボランティアの可能性を利用して、水路の共同体がより大きな役割をすることを可能とすることを 前提にしていた。 ブリティッシュ・ウォーターウェイズの計画は現在の運河システムの任を担いながら、 慈善トラストに移行することが含まれ、 これに環境庁 (Environment Agency) により操業されている他の水路を獲得することが追加されていた。

2010 年 3 月に政府が予算表明の時点で BW を相互組織とする意図があることが表明され、 計画が促進された。 しかし、これ以上の詳細は公表されなかった。 BW はこの表明を歓迎し、委員長の Tony Hales が述べたことは、この計画は運河とそれに付随するインフラを保存することになり、 前世紀に直面した低落と遺棄に逆行しないための安全装置である。 また、運河のことに関して、巨大な一般の支援が得られることになるであろうとも述べた。

同じ年の 9 月までに、提案は立法化されたかも知れない; 廃止されることになる特殊法人の漏洩リストを BBC が手に入れ、 これにはブリティッシュ・ウォーターウェイズが含まれ、注意書きが付いていた: 「政府外公共機関 (Non-Departmental Public Body) として廃止して、相互組織とする」。 翌月にブリティッシュ・ウォーターウェイズの公的な表明により、漏洩リストが確認され、 新しい慈善団体が設置されて、ブリティッシュ・ウォーターウェイズが世話をしていた イングランドとウェールズの 2,000 マイル (3,200 km) の運河と河川の面倒を見ることになった。

新しい名称の 「カナル & リバー・トラスト」 とロゴは 2011 年 10 月に明らかにされ、 トラスとは 2012 年 4 月 5 日に慈善団体の地位が譲渡された。 2012 年 7 月 2 日に、ブリティッシュ・ウォーターウェイズのイングランドとウェールズの すべてお水路の責任はカナル & リバー・トラストに移管された。 しかしながら、スコットランド政府が決定したことは: スコットランドの水路を新しい慈善団体の一部とすることがなく、 ブリティッシュ・ウォーターウェイズ・スコットランドは国が所有する団体のまま、 スコットランドの運河を操業することであった。

組織

ブリティッシュ・ウォーターウェイズはワットフォード (Watford) の本部から操業し、 リーズ (Leeds) の追加の経営事務所 (administrative office) と 13 ヵ所の 地域水路事務所 (regional waterway office) があった。

エイボン川 (ブリストル) の堤防修理

戦略レベルでは 10 名の非経営委員会委員があり、彼らは委員長の Tony Hales によって指揮され、 環境・食料・農村地域省大臣 (Secretary of State for Environment, Food and Rural Affairs) とスコットランド政府により選任された (前者により 8 名、後者により 2 名)。 これに追加して、執行長官 (Chief Executive) である Robin Evans によって率いられた 9 名の 執行ディレクター (executive director) がいた。

地域レベルでは、ブリティッシュ・ウォーターウェイズは 13 の地域水路に分割され; 各々に水路マネージャーが任命された。これらの地域は

財政

ブリティッシュ・ウォーターウェイズ (BW) の資金は 商活動、政府助成金、慈善団体からの助成金と寄付の 混合でまかなった。 2010 年/2011 年に BW は: 商活動から £10360万 を集め、これには水路免許が含まれた; 政府の助成金 £5890万 を受領し、これは 環境・食料・農村地域省 (DEFRA, Department for Environment, Food and Rural Affairs) から発行された万尾で会った; 更に第三者からの寄付金 £1400万 を手に入れた。 しかしながら、会社の営業利益は £370万 の赤字で、 これは政府が BW に与えた助成金の 16% の大きな削減と、 継続する修復プログラムと工事に £9210万 の経費がかかった結果であった。

ブリティッシュ・ウォーターウェイズは大きな運河そばの資産の有価証券を所有し、 これが水路網の資金繰りに多大な貢献をしていた。 これは 2008 年以前の 5 年間に £13000万 になっていた。 2008 年現在、英国大蔵省 (HM Treasury) のチームは公共部門の節約と効率化の観点から、 この有価証券の処理を見直していた。 2008 年 10 月に BW に考えられた別の収入源は水hンの土地に 50 基の風力発電機を設置することで、 これでおよそ 100 メガ・ワットを発電できた。

ウォータースケープ (水辺風景、Waterscape)

ブリティッシュ・ウォーターウェイズはボート以外の利用者に対して運河を奨励する責任から、 2003 年にホームページ 「ウォータースケープ」 を立ち上げ、 英国内陸水路の公的情報とレジャー資源にした。 ホームぺージは環境庁 (Environment Agency) と湖沼地方公社 (the Broads Authority) と共に作業し、 イングランド、スコットランド及びウェールズの運河、河川及び水路の全てを網羅していた。

2008 年の売り込みキャンペーンの一部として、 ウォータースケープはウィルス・ゲームのクレイジー・ダック (The Crazu Duck) を打ち上げた。 これは人々に英国の水路の事実と歴史を教えるために設定されたものであった。

ウォータースケープのホームページは 2012 年 7 月 3 日に削除され、 カナル & リバー・トラストの新しいホーム・ページで置き換えられた。

操業した水路

次の水路とドックはブリティッシュ・ウォーターウェイズが所有し、世話をしたものであった。

英国における他の内陸水路

環境庁 (Environment Agency) は以下の航行管理機関 (navigation authority) である:潮汐の影響を受けないテムズ川の区間、フェンズ (Fens) とイースト・アングリア (East Anglia) の河川、及びこれ以外の幾つかの水路。 一方、ロンドン港公社 (the Port of London Authority) はテムズ川の潮汐区間に責任がある。 ノーフォーク湖沼地方 (Nofolk Broads) は湖沼地方公社 (the Broads Authority) の責任である。 ケム川 (River Cam), ベージングストーク運河 (Basingstoke Canal), ブリッジウォーター運河 (Bridgewater Canal), マンチェスター船舶運河 (Manchester Ship Canal), 及びチェルマー・ブラックウォーター水路 (Chelmer and Blackwater Navigation) もブリティッシュ・ウォーターウェイズの管轄の外であった。