ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

River Ouse, Yorkshire - Wikipedia

ウレ川とウーズ川の地図
ウレ川とウーズ川の地図の kml ファイル

ウーズ川、ヨークシャー (River Ouse, Yorkshire)

ウーズ川 (River Ouse, /ˈuːz/ OOZ) はイングランドの ノース・ヨークシャーの川である。 水文学的には (hydrologically) この川はウレ川 (River Ure) の続きで、 ウレ川とウーズ川を合わせた長さは 129 マイル (208 km) で、 英国で 6 番名に長い川である。 (ウレ川を含めると) 1 つの州の中に完全に含まれる川の中で最長である。 ウーズ川単独の長さはおよそ 52 マイル (84 km) である。

ヨーク市のウーズ川 ウーズ川の集水域

この川はウレ川 (River Ure) ともっと小さなウーズ・ギル・ベック (Ouse Gill Beck) が リントン・オン・ウーズ (Linton-on-Ouse) の近くのカディー・ショー・リーチ (Cuddy Shaw Reach) で合流して形成され、 これはスウェイル川 (River Swale) とウレ川の合流点の 6 マイル下流である。 川は次にヨーク市とセルビー町、グール町を通り抜け、 ファックスフリート村 (Faxfleet) の近くで、 トレント川とトレント・フォールズ (Frent Falls) で合流し、 ハンバー河口 (Humber Esturary) を形成する。

訳注
Cuddy Shaw Reach は陸地測量部 (Ordnance Survey) の地図に載っている地名。 Cuddy Shaw Reach - Geograph Britain and Ireland の地図を参照の事。

ウーズ川の支流システム (これに含まれるのは:ダーウェント川、エアー川、 ドン川、ワーフェ川 (Wharfe)、ロザー川 (Rother)、ニッド川 (Nidd)、 ウレ川、及びフォス川 (Foss) である) は北イングランドの高地を排水し、 これにはヨークシャー・デイルズ (Yorkshire Dales) とノース・ヨーク・ムーアズ (North York Moors) が含まれる。

訳注
ヨークシャー・デイルズ (dale = 谷)、ノース・ヨーク・ムーアズ (moor = 湿地帯) はどちらも国陸公園に指定されていて、 グーグルの地図で範囲がわかる。

ウーズ川の流域 (valley) は広く、平坦、平野で、 川の集水域 (catchment) の激しい雨は近くの集落に深刻な洪水をもたらす。 近年に、ヨーク、セルビー、 そして中間の村は深刻な洪水に見舞われた。

  1. 水源
  2. 語源
水源

ウーズ川の伝統的な水源はグレート・ウーズバーン村 (Great Ouseburn) にあり、 石の柱にマークされ、次のように書かれている: 「ウーズ川水源 .... ウーズギル泉 (Ousegill Spring Ft.)、 ヨークまで 13 マイル、ボローブリッジ (BOROUGHBRIDGE) まで 4 マイル」。 この場所は現在のウーズ・ギル・ベックの流れから 38 ヤード (35 m) 離れ、 これは小さな川で、以前は Usekeld Beck と呼ばれ、 「ウーズ川の泉あるいは水源」の意味であった。 ( 古ノルド語 (Old Norse) の kelda は「泉」の意味。)

ウーズ川の開始点は現在はウーズ・ギル・ベック川がウレ川と合流する場所と 理解され、グレート・ウーズバーン (Great Ouseburn) の 1.6 マイル (2.5 km) 南東である。

語源

名前の起源は確かでない。 名前はおよそ 780 年頃に始めて Usa として記録されている。 これはブリトン-ケルト語起源 (Brythonic-Celtic origin) と憶測され、 udso に由来し、インド-ヨーロッパ語の wed (水) に由来すると想定されている。 他の情報源ではケルト粗語 (Proto-Celtic) を想定している。

ウーズ (Ouse) はかってはウレ (Ure) と呼ばれたことも示唆されたことがあるが、 この主張に関しては支持する証拠がないようである。 名前がウレ (Ure) のケルト語の名前に由来する提案はオールドバラ (Aldborough) の ローマの名称イズラ (Isurā、ヨークシャーの意味) を想定し、時間と共に Isis に進化し、 終にサクソン語 (Saxon) の Ouse に進化したものであり、 小さな支流のウーズ・ギル・ベックがもっと大きなウレ川 (Ure) の名称を乗っ取ったことを ある程度示している。 しかしながら、ウーズ (Ouse) の名称は 8 世紀以来ほとんど変化していないのである。

ヨーク地方はノルウェイとデンマークの人が定着し、 地名の幾つかは古いノルウェイー語 (Norse) があり得る。 語源辞書の Etymologisk ordbog (ISBN 82-905-20160-6) は普通のデンマーク語とノルウェイ語を扱い、単語の語源と元々の意味を与え: Os -- 河口。 古いノルウェイ語では Oss, 変形が Ouso である。

水路

ウーズ川はその全長で航行可能である。 海洋船はグール (Goole) まで川を利用し、 グールには内陸港と エアー・カルダー水路への進入点がある。 川はナバーン (Naburn) まで潮汐の影響を受け、 その結果生じる潮津波 (bore) は地元ではエジア (aegir) と呼ばれる。

ナバーンには水門と堰があり、 長さ 150 フィート (45.7 m) で、幅 15 フィート (4.6 m) のボートはヨークまで到達できる。 ヨーク上流にはリントン・オン・ウーズ (Linton-on-Ouse) に別の水門と堰があり、 これにより長さ 66 フィート (20 m) のボートがウレ川に前進できる。 水門に隣接して、リントン水力プラントがあり、450 戸分の電力を生成できる。

航行管理機関 (navigation autority) はトレントフォールズ (Trent Falls) からスケルトン (Skelton) のグール鉄道旋回橋 (Goole railway swing bridge) に至るまでは連携英国港湾管理機関 (Associated British Port, 民営) が実施し、この場所より上流は、カナル & リバー・トラストが実施する。

18 世紀、19 世紀には川には随分商用交通があり、 主にセルビー (Selby) から下流にあり、 セルビーには税関があった。 1829 年にエアー・カルダー水路の開通後は大半の交通はグール港に集中した。 これは継続したが、河川トレードの主力であった石炭のトレードは終了した。

集落
  • ローワー・ダンスフォース
    (Lower Dunsforth)
  • アルドウォーク
    (Aldwark)
  • リントン・オン・ウーズ
    (Linton-on-Ouse)
  • ニュートン・オン・ウーズ
    (Newton-on-Ouse)
  • ナン・モンクトン
    (Nun Monkton)
  • ベニングボロー
    (Beningbrough)
  • オーバートン
    (Overton)
  • ネザー・ポップルトン
    (Nether Poppleton)
  • ヨーク
    (York)
  • サウス・バンク
    (South Bank)
  • フルフォード
    (Fulford)
  • ビショップソープ
    (Bishopthorpe)
  • ナバーン
    (Naburn)
  • アカスター・マルビス
    (Acaster Malbis)
  • アカスター・セルビー
    (Acaster Selby)
  • カーウッド
    (Cawood)
  • ケルフィールド
    (Kelfield)
  • リコール
    (Riccall)
  • バールビー
    (Barlby)
  • セルビー
    (Selby)
  • ヘミングボロー
    (Hemingbrough)
  • バームビー・オン・ザ・マーシュ
    (Barmby on the Marsh)
  • ブース
    (Booth)
  • フック
    (Hook)
  • スケルトン
    (Skelton)
  • グール
    (Goole)
  • スウィンフリート
    (Swinefleet)
  • ソルトマーシェ
    (Saltmarshe)
  • リードネス
    (Reedness)
  • リトル・リードネス
    (Little Reedness)
  • ホワイトギフト
    (Whitgift)
  • ブラックトフト
    (Blacktoft)
  • オウズフリート
    (Ousefleet)
  • ファックスフリート
    (Faxfleet)
ヨーク市ビショップの
ウーズ川の A64 の横断
ヨーク市のウーズ川、
スケルダーゲート橋から見る。
後方にウーズ橋