ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Swansea Canal - Wikipedia

スウォンジー運河の地図 (現在水がある区間のみ)
スウォンジー運河の地図の kml ファイル

スウォンジー運河 (Swansea Canal)

スウォンジー運河 (ウェールズ語: Camlas Abertawe) は 1794 年から 1798 年にかけて、 スウォンジー運河水路会社 (Swansea Canal Navigation Company) によって建設された運河であり、 サウス・ウェールズでスウォンジーからアベルクラフ (Abercraf) の ヘンノイアズ (Hen Neuadd) まで 16.5 マイル (26.6 km) を走った。 運河には急な勾配があり、 36 基の水門が必要とされ、 全長で 373 フィート (114 m) 上昇することが可能であった。 主な貨物は石炭、鉄、及び鋼で、事業には利益があった。

ポントアルダウエ (Pontardawe) の運河

1873 年に、グレート・ウェスタン鉄道に売却され、 1895 年に至るまで、継続的に利益を出した。 この後、退潮する期間があり、1931 年に最後の商用交通が水路を利用した。 その後、次々に所有者が変わって、運河の一部が閉鎖されて埋められた。 しかし、およそ 5 マイル (8.0 km) には水があった。 スウォンジー運河協会 (Swansea Canal Society) が 1981 年に造られて、復元計画に活発に関連した。

  1. 背景
  2. 歴史
  3. 操業
  4. 凋落
  5. 現在
  6. ルート
  7. 興味ある地点
背景

運河は上流スウォンジー峡谷の石炭を輸送するために建設され、 輸出するためにスウォンジー・ドックに持ち込まれたり、下流スウォンジー峡谷の初期の冶金産業に使用された。 1830 年 - 1840 年の時期に運河の周りの町が発展した: アベルクラフ (Abercraf), クラダハ (Clydach), ペンウィルト (Penwyllt), ポントアルダウエ (Pontardawe), イニーズムードウィ (nysmeudwy), アスタラベラ (Ystalyfera)、 及び アストラドガンライス (Ystradgynlais) が初期の産業が発展するにつれ、登場することになった。

1817 年に Fforest Fawr (フォレスト・フォー、英語:Great Forest of Brecon, ブレコンの偉大な森) は囲い込まれて (エンクロージャーされて) 畑に分割された。 これは 61.5 平方マイル (159 km2) の広さがあり、 国王によって所有され、元々ノルマン人の貴族 (lord) のための狩猟場に使用されていた。 国王は 1812 年にこれを売って、ナポレオン戦争の戦費に使用することを決意した。 しかし、公有地に羊と牛を放牧する権利を持つ地元の人々は反対をした。 12.6 平方マイル (33 km2) は売却されて、 エンクロージャー委員会の経費をまかない、 全体のおよそ 1/3 が 1819 年に売りに出された。 この土地のおよそ 2/3 がジョン・クリスティ (John Christie) と呼ばれる産業家且つロンドンの事業家が買収した。 クリスティはすでにペンウィルト (Penwyllt) で石灰岩の石切り場を開発し、 そこに石灰釜も開発することを決意していた。 1820 年に、彼はブレコン (Brecon) に移住し、ブレコン森林トラムロードを開発した。 この路線網はまもなく 100 マイル (160 km) 以上の軌道となり、 軌道はセニーブリッジ (Sennybridge) とフォレスト・フォー (Fforest Fawr) の 農場 (クリスティはこの土地を石灰の適用により改良しようとした) を以下の場所に接続した: 炭焼きセンターとフォレスト・フォーの下流の石炭の産出場、 ペンウィルト (Penwyllt) の石灰釜とアストラドガンライス (Ystradgynlais) の製鉄所、 及び、他の産業のために下流のスウォンジー運河のドック。 システムを完成する前に彼は破産した。

歴史

1760 年代のスウォンジー港の開発と共に、 タウエ峡谷 (Tawe valley) の豊かな鉱物資源を海岸まで運ぶ方法が考察された。 1790 年にウィリアム・パドレー (William Padley) は可能性のある運河のルートを求めて峡谷を測量し、 1791 年に近くのニース運河 (Neath Canal) を認可する議会法の通過により、 公の会合が求められた。 1793 年 4 月 5 日の会合で、運河の技術者にトーマス・シースビー (Thomas Sheasby) が任命されて測量をした。 計画はビューフォート公爵 (Duke of Beaufort) と他のトレーダーが反対した、 彼等は川を遡上してランドア (Landore) とモリストン (Morriston) の近くで運河が終了することを望んだ、 彼等はここにすでに波止場を持っていたからである。 スウォンジー会社はスウォンジーに入るルートを好み、経費のための資金提供を申し入れた。 一方、公爵、彼の子息のウスター侯爵 (Marquess of Worcester)、及び公爵の代理人は資金提供の予約を撤回した。 これにより、騒ぎが起きて他のものが資本予約をし、 £52,000 がほとんど直ちに集まった。

究極的に、妥協が成立し、運河はスウォンジーで終了するが、 侯爵は Nant Rhydyfiliast から Nant Felin までの 1.4 マイル (2.3 km) の運河を建設し、 彼はこの場所の通行料を課すことが許された、この通行料は運河会社が運河の他の部分の使用に課す料金を越えてはいけなかった。 公爵の区間はトレウイズバ (Trewyddfa) 運河と呼ばれたが本線の一部であった。 建設を認可する議会法は 1794 年 5 月 23 日に通過し、ウォンジー運河会社は株式を発行して、 £60,000 を集め、必要であれば更に £30,000 を集める権限が与えられた。 彼等は運河の 8 マイル (13 km) 以内のどの場所にもトラムウェイを建設し、4 マイル (6.4 km) 以内の場所に運河の支線を建設すること が認可された。 新しい会社は普通とは違う段階を踏んで、5 株以上を持ったすべての株主を運営委員会に任命し、 経営委員会を選ぶことをしなかった。 更に直接労働で建設し、請負業者を任命しなかった。 チャールズ・ロバーツ (Charles Roberts) はプロジェクトの責任を負った技術者で、トーマス・シースビー (Thomas Sheasby) が助手を務めた。

スウォンジーからゴドレルグライク (Godrergraig) までの運河の最初の区間は 1796 年に開通し、 16.5 マイル (26.6 km) の全長が完成したのは 1798 年 10 月であった。 土木技術の工事に含まれたのは 36 基の水門、 及びタウエ川 (Afon Tawe) の主な支流を横断するための 5 基の水道橋 -- クラダハ (Clydach)、 ポントアルダウェ (Pontardawe)、 イニーズムードウィ (Ynysmeudwy)、 アスタラベラ (Ystalyfera)、及び クムギエズ (Cwmgiedd) におけるもの -- であった。 主区間の水門は 69x7.5 フィート (21.0x2.3 m) であるが、 公爵の区間のものは長さが 65 フィート (20 m) しかなく、これによりボートの最大長が 制限された。 水門はスウォンジーのほぼ海面レベルから運河を 373 フィート (114 m) 上昇させて、 アベルクラフ (Abercraf) に到達する。 スウォンジーでは波止場は川に沿って建設され、 ここで貨物は沿岸船に積み替えられた。 このようなプロジェクトの普通と違い、 最終経費は予算内に十分に収まり、1798 年中頃までにプロジェクトの経費は £51,602 になった。 運営委員会のアプローチは明らかにうまくいった、 というのは会社が終わりになるまで、これはうまく維持したからである。

操業

ボートは長さ 65 フィート (20 m)、幅 7 フィート 6 インチ (2.29 m) で、 完全積載した時に 22 トンを運んだ。 この運河で建設された最後のナロウボートはゴドレルグライク (Godrergraig) の ボート造船所の 1918 年の 'グレース・ダーリン' (Grace Darling) であった。

運河の開通は谷沿いに産業活動の増大を引き起こし、幾つかの製造会社が流域に工場を設置した。 4 本の短い支線運河が建設され、 トラムウェイの軌道網が次第に鉱山と石切場を運河に接続した。 1804 年に、54,235 トンの石炭と下級無煙炭 (culm) が運ばれ、利益が十分にあって、 3% の配当を支払うことが可能となった。 収入と配当は着実に増え、1840 年に £10,522 と 14% になり、 一方 1860 年には £13,800 と 18% になった。 交通量に関しての記録はほとんどないが、スウォンジー・ドックから搬出された 石炭と下級無煙炭 (culm) の量に基づいた評価から、1839 年には 386,000 トンぐらいに見積もられている。 1824 年に テナント運河 (Tennant Canal) がスウォンジー・ドックまで開通したことにより、 スウォンジー運河の川沿いの波止場が改良され、通行料が削減されてトレードレベルが維持された。

スウォンジーの港湾施設は 1852 年に上級化され、 この時タウエ川は東に向かう新しい水路に変更され、 元々の水路には積み替え波止場があったが、「フローティング・ハーバー」 (浮かぶ港、floating harbour) になった。 水門が建設されて、ボートがノース・ドック上流の 半潮位ベイシン (half-tide basin) に直接進入できるようになり、 運河の支線が新しい港の端に沿って建設された。

訳注
「浮かぶ港」 とは潮汐の影響を受ける川で、 水門により一定の水位を保つ港のこと。
凋落

鉄道をタウエ川に沿って建設する最初の提案は、運河との直接競争になるが、1830 年になされた。 もっと本気の鉄道の提案は 1845 年になされ、 この時、運河会社は運河をウェールズ・ミッドランド鉄道 (Welsh Midland Railway) に年間 £4,264 で リースすることに同意したが、計画がつぶれた。 運河をニース・ブレコン鉄道 (Neath and Brecon Railway) に年間 £9,000 でリースする 1864 年の 別の計画もつぶれた。 1860 年代は運河にとり、厳しい時で製鋼産業が製鉄産業にとってかわり、製鉄所は縮小したり閉鎖した。 1871 年に、会社は グレート・ウェスタン鉄道に近づいて、 スウォンジー運河本線に £109,666 の価格と ビューフォート公爵のトレウイズバ (Trewyddfa) 運河に £40,000 の価格を交渉した。 売却は 1873 年 1 月 31 日に行われた。

グレート・ウェスタン鉄道は運河を衰退させるのではなく、 うまく経営し、1895 年まで利益があり、この年に最初の損失があった。 もっとも 1898 年と 1902 年の間には運河は少し持ち直した。 運河で運ばれた石炭のトン数はとても多く、 1888 年だけでも、385,000 トンが運河を下って、スウォンジーまで輸送された。 スウォンジー運河で運ばれた最後の商用貨物は 1931 年のことで、 この時石炭がクラダハ (Clydach) からスウォンジーまで運ばれた。 ボートはそれ以後も運河で操業を続けたが、これは保守工事のためで、 馬が牽引するボートは 1958 年に最後にクラダハで記録されている。

運河は一連の議会法の条項の下に次第に見捨てられ、 これは 1928 年と 1931 年のグレート・ウェスタン鉄道法で開始した。 運河は 1947 年に国有化され、 英国輸送委員会 (British Transport Commission) の一部分となり、 委員会の 1949 年と 1959 年の法律により更に閉鎖された。 残りは 1962 年に英国輸送委員会の条項により閉鎖され、 この時、運河の制御がブリティッシュ・ウォーターウェイズに手渡され、 ここが 2012 年に至るまで水路と構造物の保守の責任を担い、 2012 年にカナル & リバー・トラスト (Canal and River Trust) が取って代わった。

現在

運河の多くの埋め立ては過去 50 年間に実施された。 北の区間はアストラドガンライス (Ystradgynlais) の周りの A4067 道路の創設により 影響され、クラダハ (Clydach) より下流の南の区間は 1982 年に埋め立てられた、 これは A4067 道路の中央分離帯に関連した工事の結果であった。 クラダハ (Clydach) からポントアルダウエ (Pontardawe) に至るまでの、 運河の丁度 5 マイル (8 km) のみに水があり、 ここは人気の高いトレイル (trail) の一部分となり、全国自転車網のルート 43 の一部分である。

運河は水道橋からロウアー・クリダハ川 (Lower Clydach River) に注ぎ、 この川はこの場所でタウエ川 (River Tawe) に合流している。 実行中の計画で、運河を浚渫し、 スウォンジー峡谷の周りで広範囲に繁茂している イタドリ (Japanese knotweed) を 取り除くことになっている。 運河は水鳥とウナギの重要な生息地である。 地元の若者は運河の堤防で、よくウナギをとる準備をする。

1981 年にスウォンジー運河協会が作られ、運河の残りの区間の復元に向けて働いた。 協会は運河の物理環境を改良するために多くの事を実施し、復元された ニース・テナント運河 (Neath and Tennant Canal) と協力して 35 マイル (56 km) の航行ルートの開発を提案した。

1998 年 10 月 23 日に、豪雨の後で、運河の水位が上がり、ポントアルダウエ (Pontardawe) で、 水が曳舟道に漏れ、盛土 (もりど) を流れた。 流れにより、堤防が決壊し、これにより広範囲な洪水になった。 30 戸の家屋、幾つかの産業施設、街中央の店が影響を受け、場所によっては 4 フィート (1.2 m) の水深があった。

ルート
北側の区間

スウォンジー運河の上流ターミナルはタウエ川 (Afon Tawe) の S 字曲がり ('S'-bend) に近いアベルクラフ (Abercraf) の西にある大きなベイシンであった。 製鉄所が近くにあり、2 本のトラムウェイが北東の丘であるクリバース山 (Cribarth) の頂上近くの石灰岩の石切場 (複数) に接続していた。 頂上の近くには 33 ヵ所の大きな石切場と多くの小さな石切場があり、 ここに 10.5 マイル (16.9 km) のトラムウェイが接続していた。 高度差は 18 基のインクラインド・プレーン (inclined plane) で処理され、 これは、運河が開通した 1794 年から、石切場が終了した 1890 年代の間の色々な時に建設された。

訳注
ここのインクラインド・プレーンは運河のインクラインド・プレーンではなく トラムウェイのインクラインド・プレーンです。 斜面 (インクラインド・プレーン)を参照。

ジョン・クリスティ (John Christie) により建設された本線は 4 基の連続するインクラインがあった。 初期のトラムウェイは 2 フィート 3 インチ (686 mm) のゲージで建設されたが、 これは後に 3 フィート 6 インチ (1,067 mm) に取って代わられた。 パブのレオーラ・アームズ (Rheola Arms, レオーラ紋章) はベイシンと川の間に挟まれ、 ラム & フラッグ・イン (Lamb and Flag Inn, 子羊と旗の宿) は橋を渡ってすぐの、川の南岸にあった。 運河は南西に向かい、 Ynys-bydafau にある 2 基のカイルボント水門 (Cae'r Bont Locks) を通り抜ける。 レンガ造りがあり、ある人達は立て坑を見ている。 2 つ目の水門のそばに石灰釜があり、更には 1825 年にクリスティにより建設された ドックと乾ドックもあった。 ドックからトラムウェイが川を横断して、3 基のインクラインド・プレーンにより、 マニズ・ア・ドラム山 (Mynydd y Drum) に上昇した。 この一部分は元々はグウォーンクラウド炭鉱 (Gwaunclawdd Colliery) のトラムロードで、マニズ・ア・ドラムの多くは露天掘りにより、 はぎ取られてしまったが、炭鉱への入口は生き延びている。 現代の A4067 は運河に沿って走り、ベイシンから最初の水門を越えて、すぐの所に至り、 次に川を渡って南側に曲がる。

運河は川の西側を走り続け、3 基のアニス・イハブ水門 (Ynys Uchaf Lock) の 1 つを通り抜け、 そこにもう 2 基の水門がある。 道路は川を再横断し、曲がり角から再度、運河のコースの後を追う。 Ynys Isaf に到着する前に、運河のもっと広い区間がある。 2 基の Ynys Isaf 水門は村落の南西のシップ・イン (Ship Inn, 船の宿) のどちらかにあった。 幾つかの水道橋の最初のものが、ギエズ川 (Afon Giedd、アボン・ギエズ) の上を越えて、運河を通し、ここには石灰釜があった。 アストラドガンライス (Ystradgynlais) 水門は Bryn-y-groes の近くにあった、 というのは川の東のアストラドガンライスの街の設立は後世の発展だからである。 別の広い区間があり、これは 1878 年までにすでに 「古い石切場」 (Old Quarry) とマークされていたが、 1904 年までにパント・マウル炭鉱 (Pant-mawr Colliery) に関連した石炭積載場所 (coal stage) があった。 スター・イン (Star Inn, 星の宿) とアニスクドゥイン・アームズ (YnysCedwyn Arms、宿?) は共に東岸にあった。 Gorof ではもう 2 基の水門があり、1 基は橋の北で、もう 1 基は橋の南であった。 2 番目の水門のそばに水車もあり、運河に設置された 42 基の 1 つであった。

1904 年までに、パント・マウル炭鉱 (Pant-mawr Colliery) からのトラムウェイが運河の西岸を走り、下流水門の頭部を横断して、 ミッドランド鉄道のアニスクドゥイン (Ynyscedwyn) 支線からの鉄道側線に到達していた。 Pen-y-Gorof の西には更に 2 基の水門があった。 アニスクドゥイン (Ynyscedwyn) 支線は下流水門の近くでアニスクドゥイン (Ynyscedwyn) 工場支線と合流し、 水門の尾部を横断した。 鉄道は、より以前のクレイポン (Claypon) の延長トラムウェイ (Tramway Extension) のルートをたどり、このトラムウェイは ジョセフ・クレイポンJ (oseph Claypon) により 1832 年から 1834 年に建設されたものであった。 彼は 1829 年にクリスティの破産によりブレコン森林トラムウェイの所有者になった。 これはドラム炭鉱 (Drum Colliery) とガーノス (Gurnos) 波止場を接続し、ここで機関車を使用するつもりであった。 もっとも機関車を端から端まで使用するのは不可能であった。 というのは中間に大きなインクラインがあったからである。 これは動力があり、(重力による) 自走式ではなかった。 というのは彼はガーノス (Gurnos) からブレコン森林トラムウェイへの交通を発展させたかったからである。 複線の Ynysgedwyn インクラインは現存するサウス・ウェールズで最も印象的な構造の 1 つで、 1,400 ヤード (1,300 m) の長さで 696 フィート (212 m) 上昇する。 傾きは麓で 1 から 8 まで上昇し、頂上で 1 から 5 まで上昇する、頂上にはエンジン棟の遺跡がある。 トラムウェイが運河を横断した橋のすぐ下には支線運河が建設されて、アニスクドゥイン (Ynyscedwyn) 製鉄所の任務に就いた。 運河はスポーツ・グラウンド (sportsground) とグラウンド (playing field) の端に沿って曲がり、 かっての曳舟道は今では公的な歩行路となっている。

アニスクドゥイン (Ynyscedwyn)
無煙炭製鉄所、1845 年頃
孤立した水道橋、アスタラベラ
(Ystalyfera) でトゥルフ川を
越えて運河を通した。

運河の本線は南西に続き、次に南に曲がる。 A4067 道路は運河を短期間離れ、鉄道軌道に従い、 運河は小さな道と公的な歩行路で跡がわかり、 B4599 ガーノス・ロードの ラウンドアバウトに到達する。 運河の短い区間がラウンドアバウトの下流で現存し、 ここで運河は水道橋でアボン・トゥルフ (Afon Twrch, トゥルフ川) を横断する。 この水道橋は水硬性モルタル (hydraulic mortar, セメントの事、スミートンの塔参照) を使用して建設された英国で 最初の建築物の 1 つであり、1995 年に復元された。もっともこの時には、(すでに) 水がなかったが ....。 ガーノス (Gurnos) には 2 基の水門があった、1 つは製粉所 (corn mill) のそばにあり、 2 つ目は鉄道駅のそばにあった。 A4067 道路は駅の下流で運河の河床と一緒になり、 西の側面にはカナル・テラス (Canal Terrace, 現在は通り名) があった。 かってテラスのそばに、小さなレンガ積みがあり、運河沿いにはもう少し進んだ所に、もっと大きな 「アスタラベラ鉄ブリキ工場」 (Ystalyfera Iron and Tinplate Workks) があった。 ここには 11 基の高炉の列があり、サウス・ウェールズでこのような施設としては最大のもので、ブリキ工場としては世界最大であった。

運河はブリキ工場の西に通過したが、道路はその東端に沿って通過する。 アスタラベラ (Ystalyfera) からゴドレルグライク (Godre'r-graig) までは運河は事実上まっすぐであるが、 道路はわずかに東にずれている。 道路は水路をより狭くしたが、7 基の水門の 6 基の残骸はまだ見え、他の産業建築物で、 運河と関連し、まだ現存しているものがある。 狭くなった水路は -- 幅が 6-8 フィート (1.8-2.4 m) -- はカナル & リバー・トラスト (Canal and River Trust) により所有され、アボン・タウエ (Afon Tawe、タウエ川) の給水線になっている。 ゴドレルグライグ (Godre'r-graig) までに、運河は西を向くが、道路は南進し続ける。 分離する場所とイニーズムードウィ (Ynysmeudwy) の間の運河の 1 マイル (1.6 km) ほどは ニース・ポート・トールボット・カウンティ・バラ (Neath Port Talbot County Borough) によって所有され、自然保護区として管理されている。

中間の区間

次の 5.5 マイル (8.9 km) の大半に水があり、 そのある部分は復元されている。 復元されていないキルマイヌイン (Cilmaengwyn) 水門の後で、 B4603 道路が運河を横断し、このほとんど直後にクウムデュ水道橋 (Cwmdu Aqueduct) がある。 水道橋の下の小さな橋は製陶橋 (Pottery Bridge) と呼ばれ、 1850 年以来、近くに製陶所 (pottery) があった。 陶土が運河によりハシケで持ち込まれ、 広範な種類の製品が労働者により製造され、 そのピークには 112 名の人がいた。 この多くの製品は今では収集可能である。 1898 年にはこの場所はブリキ工場で占有され、 工場には川の反対側の鉄道に接続されている側線が任に就いていた。

イニーズムードウィ上流水門 (Ynysmeudwy Upper Locks) とイニーズムードウィ下流水門が橋の下流にあった。 1878 年までに、下流水門では、 ナント・ドゥ峡谷炭鉱 (Cwm-nant-du Collieries、cwm=valley) を特許燃料工場 (Patent Fuel Works) に接続する鉄道が横断し、 川を横断して鉄道線に合流した。 炭鉱は 1898 年に使用されなくなり、短い鉄道区間のみが残り、 水門と川を越える接続が取り除かれた。 次に、運河本線の支線が川岸まで作られ、末端にドックが作られた。 ポントアルダウエ (Pontardawe) ではさらに進むことが Ynysgylennen 橋により妨害され、 この橋が低くなっているのである。 運河はもう少し続き、 ハーバート・ストリート橋 (Herbert Street Bridge) の下を通過し、 上流クラダハ水道橋 (Upper Clydach Aqueduct) の上を通り、暗渠に消えている。

イニーズムードウィ下流水門
復元された水門小屋

暗渠の区間はかってドックと 2 つのポントアルダウエ水門 (Pontardawe Locks) があった。 ポントアルダウエ・ブリキ板工場 (Pontardawe Tin Plate Works) が水門間の運河のすぐ東にあり、 1878 年までは鉄道の側線が任につき、これは工場に至るために川を横断していた。 トレバノス (Trebanos) に近づいて、運河が暗渠から再登場し、 トレバノス水門とグリーン水門 (Green Lock) に到達する。 トレバノス水門のそばの フェザント・ブッシュ・ブリキ工場 (Pheasant Bush Tin Works) は 1898 年に使用されなくなった。 コーエド・グウィリム・パーク (Coedgwilym Park) までに運河は西に少し曲がり、 B4603 ポントアルダウエ道路橋 (Pontardawe Road bridge) の下を通過し、 次に別の短い暗渠の区間があって議会倉庫 (Council depot) の下を通る、 この倉庫は水門のある場所であった。 議会倉庫のまわりを歩くことができ、 両端の高さの違いは随分はっきりとわかる。 示唆されることは、水門 6 はこの地点の倉庫の下で今なお無傷であることで、 ここでは運河は大きな金属製の格子を通り抜けて暗渠に落ちている。 水門の下流から、 イニースペンルッチ・グライゴラ炭鉱 (Ynyspenllwch Graig-ola Colliery) に至る短いトラムウェイがあった。 モンド水門 (Mond Lock) が次にあり、 B4603 道路が水門の尾部を横断していた。 橋の下にはモンド・ニッケル工場 (Mond Nickel Works) があり、 1900 年に設置され、 これは ルードウィッヒ・モンド (Ludwig Mond) 博士が純粋なニッケルを製造するための行程を発見した後のことであった。 ニッケルの鉱石はカナダから輸入され、この場所が選ばれたのは無煙炭、水、スウォンジーへの 輸送接続、そして利用可能な労働力からであった。 運河はローワー・クラダハ川 (Lower Clydach River) を水道橋で横断し、 水道橋で川に排水され、水のある区間は更に 50 ヤード (46 m) ほどで突然に終了する。

ローワー・クラダハ川水道橋、
ここで水があふれてクラダハ川に流れる。
南側の区間

次の水門は現在のターミナルの南西のアニスタウエ (Ynystawe) の産業団地にあった。 1879 年に、これを取り囲んでいたのは: ガス工場、 レンガ工場、クラダハ鋳造所 (Clydach Foundry)、 ブリキ工場 (tinplate works)、 近くのクーム・クラダハ鉄道駅 (Cwm Clydach railway station, クラダハ峡谷鉄道駅) から放射している鉄道側線網であった。 運河は南に向きを変えて、 川のそばを走り、次に南西に向きを変えて、 スウォンジー峡谷鉄道 (Swansea Vale Railway) に平行に走った。 どちらのコースも現在の A4067 道路が目印である。 M4 自動車道のジャンクション 45 (Junction 45) が運河のルートの上に建設された。 ティルペンリ (Tirpenry) では、運河は西にはずれ、 一方、鉄道はミッドランド・ブリキ工場 (Midland Tinplate Works) とモリストン・ブリキ工場 (Morriston Tinplate Works) に沿って通過した。 A4067 はこの地点では鉄道コースに従ったが、 少し南に進んでから、運河の河床に再び従っている。 この地点から南側で、 運河は 1900 年頃の色々な種類の産業工場で取り囲まれていた。 これに含まれたものは: ティルペンリ化学工場 (Tir Penry chemical works)、 ユニオン化学工場 (Union chemical works); モリストン製陶及びコバー立て坑 (Morriston Pottery and Copper pit, コパー立て坑は炭鉱であった); フォレスト亜鉛工場 (Forest spelter works) 及び モリストン亜鉛工場 (Morriston spelter works); ローズ銅工場 (Rose copper works)、 プラスマルル炭鉱 (Plas Marl coal pit) 及びランドア銅工場 (Landore copper works); ミルブルック製鉄所 (Millbrook Iron works)、 ランドア・ブリキ工場 (Landore tinplate works) 及び ランドア・シーメンス鋼工場 (Landore Siemens steel works) であった。 トラムウェイが運河を横断して、ハフォド銅工場 (Hafod copper works) に到達しており、 これは運河から更に少し東にあった。 次にハフォド・リン酸塩工場 (Hafod phosphate works、ここには東岸のすぐ上流のドックとの水門があった)、 ハフォド・ニッケル・コバルト工場 (Hafod nickel and cobalt works、 ここには別の水門があり、この下流の西岸の乾ドックと接続していた)。 運河の最後の区間はモーファ道路 (Mofa Road) の位置で示され、 鉄道軌道のそばを走り、スウォンジーのハイ・ストリート鉄道駅 (High Street railway station) に 至っていた。 東にはノース・ドック (North Dock) があり、波止場網ともう 2 つの水門があった、 1 つの水門はドックに通じ、最後の (運河の) 支線はノース・ドックの主要部の任に就かせるために建設された。 ノース・ドックは 1930 年に閉鎖され、 これはタウエ川の東に新しいドックを開発した結果であった。 もっとも南端の半潮位ベイシン (half-tide basin) は 1969 年まで残った。

元々のルートをクラダハ (Clydach) まで復元することは可能ではないが、 スウォンジー湾を横断するダムの建設以来、川の水位はすべての潮の状態で維持され、 従って、スランサムレット (Llansamlet) に到達することに使用でき、 ここからフェンドロッド川 (Fendrod River) を運河化して大きな湖に到達できる。 湖はタウエ川の東にあり、 ここから 3 マイル (4.8 km) の新しい運河とタウエ川を越える水道橋があれば元々の運河の遺物と接続できる。

興味ある地点
地点座標備考
アベルクラブ・ベイシン
(Abercraf basin)
51.7983°N 3.7300°W
ギエズ川水道橋
(Afon Giedd aqueduct)
51.7851°N 3.7570°W
トゥルフ川水道橋
(Afon Twrch aqueduct)
51.7683°N 3.7800°W
水のある区間の始まり 51.7432°N 3.8092°W
クウムデュ水道橋
(Cwmdu aqueduct)
51.7365°N 3.8245°W
上流クラダハ水道橋
(Upper Clydach aqueduct)
51.7196°N 3.8528°WEnd of watered section
下流の水のある区間の開始 51.7113°N 3.8624°W
下流クラダハ水道橋
(Lower Clydach aqueduct)
51.6939°N 3.8981°WEnd of lower watered section
スウォンジー・ドックス波止場
(Swansea Docks wharfs)
51.6251°N 3.9392°W