ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Smeaton's Tower - Wikipedia
スミートンの塔 (Smeaton's Tower)

スミートンの塔はエディストーン灯台の 3 代目で、最も顕著なものである。 これは灯台のデザインで進展する重要な一歩であった。 使用されたのは 1759 年から 1877 年に至るまでで、 多くは分解されて、デボン州プリマスのプリマス・ホー (Plymouth Hoe) に再建された。 ここで今では、そのデザイナーであるジョン・スミートン -- 祝福された土木技術者 -- の記念碑として立っている。


スミートンの塔
訳注
プリマス・ホーは公園 (public place) です。下の写真の緑地帯です。中央にスミートンの塔が見える。
Google フォト・スフィア: スミートンの塔
  1. 建設
  2. 歴史
  3. 現在の使用
建設

王立学会はこの仕事にスミートンを推薦し、 スミートンはオークの木を灯台のモデルにした。 彼は 「水硬性石灰」 の使用を再発見した。 これはローマ時代に使用されたコンクリートの一型式であった。 【訳注:ローマのコンクリート参照。】 この技術により、コンクリートを水面下で使用することが可能となり、 これはスミートンが 「ありつぎ」(dovetail joint) と大理石の 「目くぎ」(dowel) で花崗岩のブロックを接続した方法である。 建設は 1756 年にミルベイ (Millbay) の現場で開始した。 この場所にスミートンは桟橋を建設し、港の南西の角に、石を荷揚げして加工する作業場所を建設した。 3 フィート 6 インチのゲージの木のレールが 4 輪の平面トロッコ (flat truck) 用に敷設された。 平面トロッコは建設場所で石を移動することに使用された。 エディストーン・ボート ( Eddystone Boat ) と呼ばれる 10 トンの船が、ここに基地を置き、 仕上げられた石を岩礁 (reef) まで輸送した。 この船は 21/4 トンの基礎石を 1756 年の 6 月 12 日の朝に運んだ。

塔の底部の断面図における
「ありつぎ」のデザイン
エディストーン岩礁の灯台
の当時の彫刻
訳注
「ありつぎ」 と 「目くぎ」 はどちらも木工技術で、洋の東西を問わない。 アイアンブリッジでも類似のことをしている。

工事は 1759 年の 8 月に完成し、建設費は £40,000 (現在の価格で £5,525,926) であった。 多くのコーンウォールのスズ鉱山の鉱夫達が建設に採用された。 これは 強制徴募を避けるためで、この時期には随分あった。 トリニティ・ハウスはプリマスの 海軍本部と取り決めて、 各労働者に灯台の労働者であること証明するためにメダルが交付された。 灯台は高さが 72 フィートあり、 基底部の直径が 26 フィート (8 m) で頂上部の直径が 17 フィート (5 m) であった。

訳注
トリニティ・ハウス (Trinity House) はイングランド、ウェールズの灯台の管轄組織で、 航行補助の目印の配置と保守が仕事。(Trinity House)
歴史

構造が完成してから、 灯台の 24 本のろうそくが 1759 年 10 月 16 日に点火された。 各ろうそくの重さは 2 ポンド (0.91 kg) から 5 ポンド (2.3 kg) の間であった。 光のそばに置かれた時計が半時間ごとにチャイムを鳴らすように設定され、 灯台の管理人に消えたろうそくを取り換える必要があることを注意した。

1810 年に灯台のろうそくは、石油ランプと反射鏡で置き換えられた。 更なる大規模な修復が技術者のヘンリー・ノリス (Henry Norris) により 1841 年に実施され、 塔の基礎に近い岩の穴が埋められた。 灯台は 1877 年まで使用されたが、 この時、灯台が立っている岩が侵食され始めていることが発見された。 大きな波が押し寄せるたびに、灯台は右に左に揺れた。

スミートンの塔は 1879 年に操業を停止し、 隣接する岩の上にあるダグラスの塔が点灯された。 1882 年にスミートンの塔の上部が分解されて、 プリマス・ホー (Plymouth Hoe) の新しい基礎の上に スミートンの記念碑として再建され、 三角形のオベリスクに取って代わった。 このオベリスクは 19 世紀初期にトリニティ・ハウスが航行の助けになるように建設したものであった。 スミートンの塔は 1884 年の 9 月 24 日にプリマス市長により一般公開された。

昔の塔の基礎と切り株は現在の灯台の近くのエディストーン岩礁の上に残っている。 基礎はあまりに強固で分解できなかったので、ビクトリア人はそのままにした。 灯台は 1860 年から 1894 年にかけて、英国の 1 ペンス硬貨に描かれ、 1937 年から 1967 年にかけて再び描かれた。


スミートンの塔の基礎はまだそのままの位置で、
現在のエディストーン灯台の横にある。

スミートンの灯台の 1850 年のレプリカであるホード記念碑 (Hoad Monument) は海軍の行政官であったサー・ジョン・バロー (Sir John Barrow) を記念して、 カンブリア州ウルバーストン (Ulberstone) の町の上に立っている。

訳注
「町の上に立っている」というのは町を見下ろす丘の上に立っているという意味です。 Google フォト・スフィア: ホード記念碑
現在の使用

スミートンの塔は 1954 年以来グレード I の指定建造物である。 観光客に開放されていて、93 段登って (これには急なハシゴも含まれる)、 ランプ室に出て、プリマス湾 (Plymouth Sound) とプリマス市を眺めることができる。 また、スミートンの塔には活発なツイッターのアカウント @smeatonstower がある。

訳注 (sound に関して)
Plymouth Sound の sound の意味は英和辞典でも、英英辞典でも載っていない可能性があるので、少々付け加えます。 元々は Øresund の短縮形で、スウェーデンとデンマークの間の海峡のことです。 北ヨーロッパでは sound (あるいは sund) は海峡、もしくは海峡の一番狭い部分を意味します。 しかし英語では統一的な意味がなく、Plymouth Sound のような地名に使われているだけです。 (日本語に訳する時には地図で確かめてから該当する日本語を選ばないといけない。) 以上は Sound (Geography) の一部。