ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Neath and Tennant Canal - Wikipedia

ニース・テナント運河の地図
ニース・テナント運河の地図の kml ファイル

ウェールズ語の地名は Google のカナ表記に原則的に従っていますが、 類似の地名がある場合にその読みを適当に使用しているので、正確さにかける部分が あるかもしれません。

ニース・テナント運河
(Neath and Tennant Canal)

ニース・テナント運河は 2 つの独立ではあるが、 相互に接続した運河で、サウス・ウェールズにあって、 通常は 1 つの運河と見なされる。 ニース運河は 1795 年にグリニース (Glynneath) から ニースの南のメリンクリーダン (Melincryddan) まで開通し、 より良い港湾施設を提供するために、1799 年に ギアンツ・グレイブ (Giant's Grave) まで拡張された。 後の幾つかの小さな拡張により、 運河は最終目的地のブリトン・フェリー (Briton Ferry) に到達した。 統計量が利用可能ではないが、運河は成功した。 というのは 16% の配当が株式に支払われたからである。 運河は長さ 13.5 マイル (21.7 km) で、 19 基の水門があった。

Clun Isaf 水門の出口
2007 年に復元

テナント運河グラン・ア・ワーン運河 (Gran-y-wern Canal) を発展させたもので、 この運河はクラムリン沼地 (Crymlyn Bog) を横断して、 北の端の炭鉱からニース川の川岸のレッド・ジャケット・ピル (Red Jacket Pill) と呼ばれる小川まで石炭を運んだ。 これは 20 年で閉鎖されたが、1818 年にジョージ・テナント (George Tennant) により、拡大・延長されて、 ニース川 (River Neath) からタウエ川のスウォンジー・ドック (Swansea Docks) まで航行接続を提供した。 トレードを増やすために、彼はアベルディライス (Aberdulais) まで延長を建設し、 ここでニース運河と接続した。 この延長は議会法なしに建設され、 テナントが運河のルートで地主との議論を解決するために、長い遅延があった。 一旦、通過すると、ニースの交通の多くはテナント運河を使用した。 というのは貨物を船に積み替える上で、 スウォンジーの方がより良い施設を提供したからである。

運河を航行に使用することは 1930 年代に終了したが、 運河は地元の産業とスウォンジー・ドックに給水するための水路として維持された。 復元する最初の試みは 1974 年にニース・テナント運河協会の形成により始まった。 リゾルベン (Rsolven) より北の区間は 1980 年代末に復元され、 ニース (Neath) からアベルガルエド (Abergarwed) に至る運河はもっと最近に復元された。 このプロジェクトには Ynysbwllog 水道橋の交換が含まれ、 これが、新しい 35 ヤード (32 m) のプレート・ガーダー構造でニース川 を越えて運河を通し、英国で最長の単一スパンの水道橋と思われている。 運河の完全復元には幾つかの障害が残っている。 2003 年に実現可能性調査が出版され、 もしも運河がスウォンジー・ドックを通じて、復元されたスウォンジー運河に接続されれば、 運河は小さな運河網の一部となることが提案された。

  1. ニース運河
  2. グラン・ア・ワーン運河 (Glan-y-wern Canal)
  3. テナント運河
  4. 凋落
  5. 復元
  6. ポピュラー・カルチャーの運河
  7. 興味ある地点
ニース運河

グラモーガンシャー運河 (Glamorganshire Canal) を建設を認可する議会法が最近認められたことに勇気づけられ、 1790 年 7 月 12 日にニースの パブの 「船と城」 (Ship & Canal) の会合で、 ポントネズベハン (Pontneddfechan) からニースに至る運河と ニースからギアンツ・グレイブ (Giant's Grave) に至る別の運河を建設することが決定された。 参加していた人にヴァーノン卿 (Lord Vernon) があり、 彼はギアンツ・グレイブの近くでニース川をペンリウティン (Penrhiwtyn) の 溶鉱炉に接続する短い運河をすでに建設していた。 トーマス・ダドフォード (Thomas Dadford) がコースの測量をすることが依頼され、 彼の父親と兄弟が彼の助けをした。 彼は 22 基の水門を必要とするルートを提案し、 その一部分は普通の運河で、残りはニース川を使用するものであった。 ダドフォードがプロジェクトの経費を £25,716 に見積もったが、 1791 年初頭にヴァーノン卿の代理人が 2 つの新しい掘割 (cut) を提案し、川を使用する考えは、 その後まもなくやめになった。 運河は 1791 年 6 月 6 日に通過した議会法により認可され、 これにより 「ノース運河運河水路の仲間と所有者」 の会社が作られ、 この会社が株式を発行することにより £25,000 を集め、 必要であれば追加の £10,000 を集める権限を持った。 運河会社は運河を建設することは元よりの事、 必要であれば、インクライン、鉄道、あるいはローラー (roller) を建設でき、 ニース川の川床も選択的に使用できた。 運河はポントネズベハン (Pontneddfechan) ほど谷の奥ではない グリニース (Glynneath, 当時はアバーナント (Abernant) と呼ばれた) から、 ニースのメリンクリーダン・ピル (Melincryddan Pill) まで走り、 ここで川と合流した。 トーマス・ダドフォードは技術者として採用され、建設がニースで開始し、北のグリニースに向かった。 運河は 1792 年までい Ynysybwllog でニース川に到達し、 この時ダドフォードは辞職してモンマスシャー運河 (Monmouthshire Canal) の仕事を取り上げた。 彼の代わりにトーマス・シースビー (Thomas Sheasby) がなり、与えられていた 1793 年 11 月の締め切りまでに運河を完成しそびれ、 グラモーガンシャー運河の会計の不正により 1794 年に逮捕された。 運河会社は直接労働を使用して、1795 年までに建設工事を完成させた。 もっとも川に出る水門は建設されなかった。 水門の再建設と他の改良がその後数年間継続した。

運河をギアンツ・グレイブまで延長することの直接的圧力はなかった。 というのは 200 英トン (200 トン) までの沿岸船のニース川からの進入は 1791 年のニース川航行掘割の建設により、改良したからである。 しかしながら、2 回目のニース運河議会法が 1798 年 5 月 26 日に通過し、 ギアンツ・グレイブまでの、およそ 2.5 マイル (4.0 km) の延長が認可され、 ここで海洋船に物資を積み替える、よりよい施設が利用可能になることになった。 トーマス・ダドフォードがルートを再び測量したが、 ガビロン (Gofilon) のエドワード・プライス (Edward Price) が技術者となった。 運河のこの部分はヴァーノン卿により資金繰りされた、 もっとも彼はペンリウティン運河 (Penrhiwtyn canal) にも £600 支払い、 これは本線の一部となった。 延長は 1799 年 7 月 29 日に完成し、ギアンツ・グレイブ・ピル (Giant's Grave Pill) に近いベイシンで終了した。 運河の洪水ゲート (flood gate) をピル (pill)[下の訳注参照] に放出して、 運河からドロを洗い流すことができた。 プロジェクトの全経費はおよそ £40,000 で、 これには 19 基の水門と幾つかの進入用のトラムウェイが含まれていた。 1815 年と 1842 年の間に追加のドックと波止場がギアンツ・グレイブに建設され、 運河を少し長くし、 運河は 1832 年のジャージー運河 (Jersey Canal) の建設により、 ブリトン・フェリー (Briton Ferry) に延長された。これは長さがおよそ 0.6 マイル (1 km) で、 ジャージー伯爵 (Earl of Jersey) により議会法なしに建設された。 別の短い延長が、1842 年頃に建設され、運河の全長は 13.5 マイル (21.7 km) になった。

訳注
ここで使用されている 『ピル』(pill) は一般的な用語ではなく、 英英辞典や英文ページでの英文検索でも出てきません。考えあぐねていたのですが 英国英語の クリーク (creek) の意味であることに気が付きました。 英国英語のみの使用法のため、潮汐クリーク (tidal creek) の言い方をする場合があり、 南西イングランドとウェールズではピル (pill) とも呼びます。

北端のターミナルから、トラムウェイは運河をアバーデア (Aberdare) とヒルワイン (Hirwaun) の 製鉄所に接続した。これは 1803 年に建設され、グリニース (Glunneath) のすぐ北にインクラインがあり、 これはトレビシック (Trevithick) の高圧蒸気エンジンで駆動された。 タッペンデン兄弟 (Tappenden) は 1802 年に製鉄産業に参加し、グラモーガンシャー運河の高い通行料の 理由から、トラムウェイを建設した。しかし 1814 年までに彼らは破産し、運河との接点が無くなった。

操業

運河の上端の鉱物資源には鉄石 (ironstone) があり、 これは通常、擦り取って (scouring)、抽出した。 これは運河に問題を引き起こした。というのはドロが給水運河と水源池に堆積したからである。 フォックス家 (Fox family) はニース大修道院に拠点を置き、 谷の更に上流で洗い流しをしていたが、1807 年に新しい給水運河を建設して、問題を軽減することに同意した。 タッペンデン兄弟が抗議された。彼らはペン・リウ (Pen-rhiw) と Cwm Gwrelych で洗い流しをしていたが、それほど成功していなかった。 池はドロが堆積し始めて、会社は 1811 年に法的行動に出た。 法廷は彼らに有利になるように取り計らい、何かをしなければ運河がすぐにも役に立たなくなることを認めた。

トレードは着実に増えた。 3 つの小さな私的支線が建設されて、谷の産業に貢献した。 運河の頂上近くには、1 本の支線が 1800 年に建設され、 これは Maesmarchog に向けて走り、1 マイル (1.6 km) のトラムロードで炭鉱まで接続された。 Aberclwyd で、1817 年に建設された支線が川の流域の Cnel Bach 石灰釜に貢献した。 ニースの下流では、550 ヤード (500 m) の支線が、Court Sart で本線を離れ、 Eskyn で炭鉱に貢献するトラムロードに接続していた。 1810 年の 90,000 トンの石炭の言及を除けば、 運ばれたトン数に関しての数値は無いが、受け取りは 1800 年の £2,117 から、 1830 年の £6,677 に増加した。 資本予約者は株式のために全部で £107.50 を支払い、配当は 1806 年から支払われ、 1806 年の £2 から 1840 年の £18 に上昇した。 受け取りにもどづいて見積もれば、 トレードがピークであった時には 200,000 トンほどの石炭が運ばれ、 これに鉄、鉄石、耐火粘土などが補足した。

ギアンツ・グレイブの施設が改良され、これには桟橋が含まれ、船のバラスト (ballast, 重り (多分砂の袋)) を船から投げ捨てるのではなく、陸揚げして投棄した。 前者の方法では、モンマスシャー・ブレコン運河 (Monmouthshire and Brecon Canal) のニューポート (Newport) では問題を引き起こし、ここでは川に投げ捨て、 グラモーガンシャー運河 (Glamorganshire Canal) のカーディフ (Cardiff) では 運河のベイシンに投げ捨てた。 ニースの施設を改良することにも努力が払われた。 1818 年からは、港湾委員会 (Harbour Board) が設置され、 銅のスラッグの堤防が、ブイでマークされて、水路を限定するのに使用された。 これにより、300 トン以上の船が春の潮でニースの岸壁に到達することが可能となった。 もっとも小潮 (neap tide) の時にはギアンツ・グレイブをまだ使用しなければならなかった。 1824 年にテナント運河への接続が開通してからは、トレードの多くは川を横断して西岸を下って、 スウォンジー港に至った。

グラン・ア・ワーン運河 (Glan-y-wern Canal)

グラン・ア・ワーン運河はグラン・ア・ワーンのリチャード・ジェンキンズ (Richard Jenkins) の炭鉱を ニース川の Trowman's Hole に接続するために建設され、 後者はニース川の主水路からドロの干潟を横断した入り江で、 後にレッド・ジャケット・ピル (Red Jacket Pill) と呼ばれた所である。 ジェンキンズは 1788 年 8 月 14 日にヴァーノン卿から運河を建設するために借りたが同じ日に亡くなった。 エルトン (Elton) は炭鉱の管理を引き継ぎ、運河は 1790 年までに建設されたが、 川への実際の接続はなかった。 レッド・ジャケットで、貨物は運河で使用された小さなボートから、 潮汐の影響を受けるピルにいる大きな船舶に積み替えられた。 運河はおよそ 20 年ぐらい使用され続けた。 エルトンは破産して 1810 年に亡くなった、 この後、運河が建設されていた土地をエルトンに貸していたヴァーノン卿は レッド・ジャケットの波止場とハシケを差し押さえ、運河は使用されなくなった。

ジョージ・テナント (George Tennant) は南側の区間を彼のテナント運河に組み込んだ。 クラムリン沼地 (Crymlyn Bog) より北の区間は 1918 年までに遺棄された。 運河はクラムリン・バローズ (Crymlyn Burrows) で北方に分岐し、 クラムリン沼地自然保護区 -- 現在は特別自然環境保護区 (SSSI) -- で終了している。 SSSI は 692 エイカー (280 ヘクタール) にわたり、指定されているのは 沼地と湿性森林生息地 (wet woodland habitats) の理由である。 これは ラムサール地区で、 特別保護区 (Special Area of Conservation, EU) でもある。 珍しい動植物には、slender cottongrass、fen raft spider、および 珍しくて、希少な無脊椎動物がいる。

テナント運河

ジョージ・テナントは 1765 年に生まれ、ランカシャーの弁護士の子息で、 Rhydings の地所を購入してから 1816 年にこの地域に移住した。 グラン・ア・ワーン運河 (Glan-y-wern Canal) はヴァーノン卿の差し押さえにより、その時は使用されていなかった。 テナントは、これ以前は運河の経験がなかったが、これを借り、拡大・延長することを決意した。 彼は運河を長さ 30 - 35 英トン (30 - 36 トン) のハシケに適したようにすることを決意した。。 これによりハシケはレッド・ジャケットの水門によりニース川に進入することができた。 運河がクラムリン沼地を横断して北に向かう時に、 彼はこれを西に延長してスウォンジー港の近くのタウエ川に進出する水門で終了することになった。 彼はスウォンジー・ドック (Swansea docks) が ニースやギアンツ・グレイブよりも、よい積み出し地点を提供すると考え、 運河は走り抜ける回廊の開発を奨励すると思った。 彼は地元の地主から計画の支援を得ようとしたが、 何も得られなかったので自分で資金繰りをしようとした。 ヴァーノン卿の地所は 1814 年にジャージー伯爵が相続しており、 テナントはグラン・ア・ワーン運河 (Glan-y-wern Canal) を彼から借りた。

技術者ウィリアム・カークハウス (William Kirkhouse) の指導の下に、工事は 1817 年に開始して、 運河は 1818 年秋に完成し、スウォンジーのタウエ川の東の桟橋の近くから、 レッド・ジャケットのニース川まで走った。 運河は元々意図したよりも、壮大なスケールで建設され、 50 - 60 英トン (51 - 61 トン) のハシケが航行できた。 本線は長さ 4 マイル (6.4 km) で、グラン・ア・ワーン (Glan-y-wern) への 1.4 マイル (2.3 km) の支線も開通し、通常の貨物である石炭も供給した。 輸送された他の物資に含まれたものは: 材木、樹皮 (bark)、耐火レンガ、及び砂であったが、 輸送された物資の量は利益を得るには十分でなかった。 彼はニース運河と交渉し、 ニース運河は彼らの運河から川に出る水門を、 ギアンツ・グレイブもしくは Court Sart pill に建設する許可を与えた。 しかし、運河のボートで潮汐する川を横断することは理想的ではなく、 水門を建設しなかった。

テナント運河、12 世紀のニース大修道院のそば

そのかわり、彼はアベルディライス (Aberdulais) のニース運河ベイシンと接続する延長を 建設することを決意した。 再び、彼は地元の地主の支援を求め、これには ジャージー卿 (Lord Jersey)、 ダインバー卿 (Lord Dynevor)、 ビューフォート公爵 (Duke of Beaufort) がいた。 しかし再び誰も登場しなかった。 彼は議会法なしで、私的な運河として建設することを決意し、 工事が 1821 年に開始した。 技術的な問題がニース大修道院で遭遇し、 そこでは 500 ヤード (460 m) の掘割が、流砂と思えるものを通り抜ける必要があった。 まもなく逆向きの石造りのアーチを建設して、 運河を食い止めて、砂が崩壊するのを止めた。 運河を認可する議会法がないことは 1821 年 4 月に問題となり、 この時 L.W. ディルウィン (L. W. Dillwyn) はテナントが彼の土地を切り抜けてスウォンジー道路の下を 通過する許可を拒絶した。 1822 年 2 月に、ディルウィンはテナントに対しての差し止め命令を手に入れ、 テナントは彼の立場を議論させるために、多数の重要な人々を送り込んで ディルウィンの考えを変えようとした。 終に、秋にテナントはニース運河にジャンクションの使用で条件を申し入れ、 これはとてもニース運河に都合がよかったため、 彼等はこれを受け入れた。 ディルウィンはニース運河の株主であったため、なだめる手紙が送られ、 まもなくテナントと交渉することを同意した。 ディルヴィンは 「あのいまわしいやっかいもののテナント」 と述べた。 最後の区間には本線で唯一の水門があり、 このあとに、340 フィート (100 m) の 10 基のアーチから成る水道橋がニース川を越え、 そしてニース運河とのジャンクションがあった。 運河の全長は 1824 年 5 月 13 日に開通した時には 8.5 マイル (13.7 km) で、 経費はおよそ £20,000 であり、これには土地や、ポート・テナントの港の値段は含まれていなかった。

アベルディライス水道橋が
ニース川を越えて、テナント運河を通す。
アベルディライス・ブリキ工場の近く

スウォンジーの端でテナントは海水門を建設し、 従ってボートがファビアン湾 (Fabian Bay) に進入できるようになり、 その地域をポート・テナントと命名した。 彼のターミナルはプリンス・オブ・ウェールズ・ドックが 1881 年にスウォンジー港湾トラスト (Swansea Harbour Trust) により建設された時に破壊された。 これはファビアン湾であったすべての領域を占有し、 そのため水門が建設されて、ボートがドックを通り抜けることにより、潮汐水面に到達できるようにし、 ドックの東端に運河の波止場が建設された。 テナントの波止場は 1898 年に再び破壊され、このときドックが拡張された。 波止場は拡張されたドックの南側すべてが運河用に提供されたが、 水門が建設されることがなく、運河のボートがドックに入れなくなった。 もっとも議会法には 1 つを作る条項があった。 新しい運河の支線が 1909 年に建設され、これには新しく建設された、 キングズ・ドック (Kings Dock) に進入する水門が含まれ、ドックには 退避余地が北側に提供された。

1876 年より前のある時期に別の支線がクラムリン沼地の 南側の端に沿って建設され、ティル・イサフ (Tir-isaf) の鉱山から石炭を運んだ。

操業

開通前にテナントが見積もったことは、運河は年間 99,994 トンを運び、 £7,915 の収入を生成することであった。 交通が増え、1830 年代までに年間トン数はおよそ 90,000 トンになったが、収入は思ったほどではなく、 およそ 1 年に £2,500 の利益を生成した。 当初はニース・スウォンジー・ジャンクション運河 (Neath and Swansea Junction Canal) と呼ばれたが、 1845 年までにテナント運河と呼ばれるようになった。 水はレッド・ジャケットとアベルディライス (Aberdulais) の間で深さ 5 フィート (1.5 m) で、 レッド・ジャケットとスウォンジー港の間で深さ 7 フィート (2.1 m) であった。 これにより大きな水の貯水池が提供され、ポート・テナントの潮汐ベイシンを洗い流すのに使用された。 ボートは典型的には 25 トンを運び、これによりニース運河でも働くことができた。 幾つかの短い支線が建設され、これにはニース峡谷醸造 (Vale of Neath Brewery) への支線が含まれ、 1839 年に開業し、醸造会社により私的に資金繰りされた。 同じ年に、グラン・ア・ワーン運河 (Glan-y-wern Canal) が浚渫され、再開通した。

輸送される物資は主に石炭と下級無煙炭 (culm) であったが、 それ以外は木材、鉄鉱石、砂、スラッグ及び銅鉱石と少量の食料品と一般商品であった。 ポート・テナントにおける産業の樹立 -- これには 1850 年代のチャールズ・ランバート (Charles Lambert) の銅工場と 1860 年代の特許燃料工場 (patent fuel works) が含まれる -- によりグラン・ア・ワーン (Glan-y-wern) とティル・イサフ (Tir-isaf) の炭鉱からの石炭交通が増大した。 ティル・イサフ (Tir-isaf) には 1 マイル (1.6 km) の支線が任に就き、 これは 1863 年にジャージー伯爵 (Earl of Jersey) により建設され、テナントにリースされた。 交通量は 1866 年に 225,304 トンに達し、次にその後次第に凋落したが、 1895 年に至るまで安定した収入を提供した。 レッド・ジャケットにおける川水門は市松模様の歴史がある。 アベルディライス (Abrdulais) への支線が一旦開通すると、 これはほとんど使用されることがなく、 テナントは 1832 年にこれを取り除こうとした。 しかしながら、その後しばらくしてから、使用が復帰し、1880 年代に使用されなくなり、 1898 年に再建されることになった。

凋落

運河は 1851 年以後はニース峡谷鉄道 (Vale of Neath Railway) の競争に直面したが、 1880 年代初頭まで競争力があった。但しこれはニース運河の場合で、テナント運河の場合は 1890 年代までであった。 テナント運河の成功の普通とは違う側面は、トン数は減ったが料金は維持された点である。 この時代の大半の運河は料金を随分安くして、鉄道との競争力を維持しようとした。 1883 年以後、ニース運河は少量のシリカ (silica) と火薬を運んだが、交通は 1921 年までに事実上停止した。 ニース運河の航行は 1934 年に終了し、テナント運河も、そのすぐ後に終了した。 しかしながら、大半のインフラは維持された、というのは運河は地元産業に給水していたからである。

グリニース・バイパス (Glynneath) が 1970 年代に建設された時に、 運河は Ysgwrfa 水門よりも上流で暗渠にされ、道路が直線化され、 これより上流では幅が狭められて、道路の幅が広げられた。 ペントレマルエド水門 (Pentremalwed lock) より上流では、 道路は運河の河床に建設され、すべての痕跡が消えた。 中央分離帯のある A465 (A465 dual carriageway) が 1996 年に開通した時に、 この道路の代わりになり、これは B4242 道路となった。 運河の最後の区間はもはや道路でないが、中央分離帯のある道路はグリニース・ベイシンの上を走っている。

ポート・テナントでは、運河のコースには港の鉄道、道路、及びそれ以外の施設が建てられたが、 大きな暗渠により、プリンス・オブ・ウェールズのドックに給水され続け、この暗渠はドックの水位を維持する助けになっている。 テナントの運河はクーム・テナント家 (Coombe-Tennant family) により、今なお所有されている。

復元

運河は活発な復元プロジェクトの主題であった。 地元の興味から 1974 年にニース・テナント運河保存協会が形成され、 ここが運河の復元を奨励し、ボランティアを使用して、清掃と修理を実施した。 2006 年に、これはニース・テナント運河トラストと改名された。 彼等が協力して働いたのは: 2 つの運河会社、 ニース・ポート・トールボット議会 (Neath Port Talbot Council)、 ニース峡谷の再建のための広範な資金提供者と組織、 であり、協力して運河の随分多くの区間を使用できるようにした。

北東区間

1974 年から 1990 年までに運河は、 雇用促進委員会 (Manpower Service Commission) と 青少年職業訓練計画 (Youth Training Scheme) が 実施する雇用創生計画 (job creation scheme) に恩恵を被り、 リゾルベン (Resolven) から Ysgwrfa までの北の区間で作業をした。 1990 年までに、 3.5 マイル (5.6 km) の航行可能運河があり、 これには 7 基の復元された水門とレゾルベン・ベイシンのスリップ・ウェイ (slipway) があった。 これは工事の質により 1998 年のヨーロッパ・ノストラ賞 (Europa Nostra award) と 1992 年の市民トラスト賞 (Civic Trust Award) を受賞した。 £400万 のプロジェクトはウェールズ省 (Welsh Office) とプリンス・オブ・ウェールズ・トラスト (Prince of Wales Trust) により共同で資金繰りされた。 この区間の中央のレオラ水道橋 (Rheola aqueduct) は 1990 年に運河協会により一新された。 現在は運河の下を運ばれる川は以前は鋳鉄製の槽で運河の上を運ばれたが、 水量が槽を越えたため、運河の河床を横断する水路で迂回された。 これにより新しい水道橋が必要となり、一旦完成すると、 運河協会はトーマス・ダドフォード (Thomas Dadford) と命名された遊覧用のボートを 1990 年 7 月 12 日に進水させ、 公共の運河の遊覧に提供した。 ボートの Enfys もレゾルベンのかっての水門管理人の家である Tŷ Banc から Enfys トラストのために遊覧をした。

南西区間

1993 年に、アベルガルエド水門 (Abergarwed lock) から Tyn-yr-Heol 水門 までの運河の区間が汚染され、 この時、鉄を含んだ水がイニーザーウェッド炭鉱 (Ynysarwed coal mine) の横坑道 (mine adit) から 排出され始めた。 これにより水がオレンジ色になり、 運河沿いに鉄を含んだ沈殿物が堆積した。 処理プラントとヨシ原が鉱山の水を清浄化するために設置され、 この £160万 のプロジェクトは 1999 年に委任された。

2000 年に運河ボートのトーマス・ダドフォード (Thomas Dadford) は北区間から南区間に移動され、 ニースの街の中心からボート遊覧を開始した。 当初はトンナまで走っていただけである。£270万 のプロジェクトは汚染区間の計画された 排水を含み、65,000 トンの汚染された堆積物の浚渫と除去を可能とし、 インフラの多くを再建した。 これにより、航行区間が北東に延長され、アベルティライス・ベイシン (Aberdulais basin) を通り過ぎ、 マシン水門 (Lock Machin) に至り、3 マイル (5 km) 区間が延長された。

新しい Ynysbwllog 水道橋を支える
西の橋脚の建設
完成した Ynysbwllog 水道橋が
ニース川を越えて
ニース運河を通す。

運河を更に北東に拡張するために、£160万 のプロジェクトが EU のオブジェクティブ 1 計画 (Objective 1 project)、 ウェールズ議会 (Welsh Assembly)、 及びニース・ポート・トールボット議会 (Neath Port Talbot Council) により資金繰りされた。 これには Ynysbwllog 水道橋の完全な交換が含まれ、この 1 部分は 1979 年の洪水で流された。 この当時の運河の商的な役割はスウォンジーの近くの産業に水を提供することで、 水の流れは失われたアーチをパイプで交換することにより、維持された。 20 年後、鋼の歩道橋が曳舟道を復帰するために設置された。 最後に運河自身が新しい水道橋に引き継がれ、この水道橋は 2008 年 5 月に完成した。 35 ヤード (32 m) のプレート・ガーダーの水道橋は英国で最長の単一スパン水道橋であると思われている。 これは幅 23 フィート (7.0 m) で、航行水路の両側に歩道がある。 新しい駐車場とスリップウェイが B4242 道路から提供され、Clun 水門が一新され、 6 マイル (9.7 km) の航行可能な運河が中央ニースからアベルガルエド (Abergarwed) まで与えられた。 改良により、ブリトン・フェリー (Briton Ferry) とトンナの間の曳舟道を サストランス (Sustrans) -- 持続可能な輸送の慈善団体 (sustainable transport charity) -- と協同して、 自転車ルートにした。

新しく復元された
Clun Isaf 水門の隔室
計画

運河の復元が完成する前に幾つかの障害が残っている。 2 つの航行可能区間を結合するために、新しい橋が必要とされ、 これは運河がコマーシャル・ロード (Commercial Road) の下で暗渠になっている部分であり、 又、アベルガルエド (Abergarwed) の埋め立てられた区間は掘り起こす必要がある。 コマーシャル・ロードにおける元々の橋は新しい盛土 (embankment) の下に埋もれ、 従って、 道路レベルを大きく変更せずに、盛土を通り抜ける十分な頭上余地がある。 アベルガルエド水門 (Abergarwed lock) とリゾルベン水門 (Resolven lock) の 2 つの水門の再建は長さ 10 マイル (16 km) の運河の単一区間を創設することになる。 南への延長はニースの水面レベルの橋により妨害されているが、 2009 年、ニース・ポート・トールボット議会 (Neath Port Talbot Council) はプリンスの財団 (Prince's Foundation) とブリティシュ・ペトロリアム (British Petroleum) に依頼して川と鉄道の間の カナル・グリーン地区 (Canal Green area) の再生の選択肢の調査を依頼し、 提案されたことは橋は持ち上げ橋、 あるいはバスキュール橋で交換することであった。

テナント運河はアベルディアイス・ベイシン (Aberdulais basin) の下流の水道橋 -- これは古代モニュメント一覧の一つ -- とこれより下流の水門の建設を除いてはほとんど問題がない。 これらの問題を解決すれば、およそ 20 マイル (32 km) の航行水路ができる。

ブリトン・フェリー (Briton Berry) では、運河は M4 自動車道路の下のスクラップ置き場で終了するが、 すぐ南のブルネルのブリトン・フェリー・ドック (Briton Ferry dock) を一新する計画があり、 ここに至る短い支線は良好なターミナルを提供することになる。 ニース自身において、 カナル・グリーン地区の基本計画は、 川の前面と運河サイドの開発をすることで、 ニースの運河ベイシンと係留場所を提供する可能性がある。

逆の端の Ysgwrfa で、グリニース (Glynneath) 手前の最後の 5 基の水門は道路の再配置と暗渠の建設により 切断されたが、道路は A465 バイパスが開通して以来、交通が随分少なくなり、 元々のコースに沿ってルートを変更することが恐らく可能で、 元々のコースには運河を横断した橋が残っている。 ニース議会法は廃止されておらず、従って、 この区間に沿った航行の権利がまだなお存在し、運河を復帰させる行程を容易にするであろう。 そうであれば、ターミナルはパブのラム・アンド・フラッグ (Lamb and Flag public house) の 近くになり、復元されることがありそうもない最後の南の水門の南になる。

スウォンジーでは、テナント運河はプリンス・オブ・ウェールズ・ドック (Prince of Wales Dock) に再接続すること、 従ってタウエ川に再接続することができ、 タウエ川は潮汐ダムの建設以来、大きなマリーナになった。 これにより復元されたスウォンジー運河との接続を提供することが可能である。 スウォンジー・ドックを経営しているアソシエイテッド・ブリティシュ・ポート (Associated British Ports) は 1997 年に運河接続の考えを拒絶したが、 それ以来、プリンス・オブ・ウェールズ・ドックは再生計画の主題となり、運河のルートは計画文書に留保されている。 この計画の可能性と可能なルートは 2003 年に出版された技術者 W. W. アトキンズ (W. S. Atkins) の報告で調査された。 トリライン社 (Trilein Ltd.) によるウェールズ自然機関 (Natural Resouces Wales) の報告は、 市の都市地域とカウンティのより田舎の東部 -- クラムリン沼地 (Crymlyn Bog) が含まれる -- と良好に接続する一連の構想を推薦している。 テナント運河をプリンス・オブ・ウェールズ・ドックに接続することが、この報告で再び概説された。

ポピュラー・カルチャーの運河

テナント運河の 1824 年の開通により ニースのロリポップ (lollipop) の店の所有者である エリザベス・デイビス (Elizabeth Davies) が触発されて、19 行の詩を書き、 スウォンジーの Filmer Fagg により出版された。

興味ある地点
グリニース・ベイシン
(Glynneath basin)
51.7449°N 3.6200°Wterminus
Ysgwrfa lock 51.7365°N 3.6519°Wcanal extant below here
レゾルベン・ベイシン
(Resolven basin)
51.7144°N 3.6991°Wend of restored section
アベルガルエド水門
(Abergarwed locks)
51.7052°N 3.7169°Wderelict section
イニーザーウェッド処理プラント
(Ynysarwed treatment plant)
51.7015°N 3.726°W end of derelict section
Ynysybwllog aqueduct 51.6958°N 3.7329°Wreinstated 2008
アベルティライス・ベイシン
(Aberdulais basin)
51.6801°N 3.7748°WJn with Tennant Canal
ニース・ベイシン
(Neath basin)
51.6656°N 3.8035°Wsouthern limit of restored section
メリンクリーダン波止場
(Melincryddan wharf)
51.6574°N 3.8152°W
ギアンツ・グレイブ波止場
(Giants Grave wharf)
51.6381°N 3.8277°W
ブリトン・フェリー・ベイシン
(Briton Ferry basin)
51.6303°N 3.8303°Wfilled in
ニース・アビー掘割
(Neath Abbey cutting)
51.6587°N 3.8344°W
レッド・ジャケット・ピル
(Red Jacket pill)
51.6362°N 3.8454°Wend of Glan-y-wern Canal
クラムリン・ジャンクション
(Crymlyn Junction)
51.6263°N 3.8785°W
グラン・ア・ワーン運河の終点
(End of Glan-y-wern Canal)
51.6424°N 3.8893°W
スウォンジー・ドック
(Swansea docks)
51.6201°N 3.9099°Wend of watered section