ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Scheduled monument - Wikipedia
モニュメント一覧 (Scheduled monument)

英国で、モニュメント一覧 (scheduled monument) は 全国的に重要な考古学遺跡、あるいは歴史的建物で、 認可されていない変更に対して保護が与えられている。

デボンのクランモア城 (Cranmore Castle) は鉄器時代の土塁である。 多くのモニュメント一覧と同様に、風景に溶け込み、この上を横断する者 にとっても明らかでないかもしれない。

歴史遺産 (heritage assets) を被害と破壊から法的に守る ために使用される色々な法律は、指定 (designation) の下にグループ化されている。 モニュメント一覧に提供される保護は 「1979 年の古代モニュメントと考古学的領域法」(the Ancient Monuments and Archaeological Areas Act 1979) の下に与えられ、 これは指定建造物 (listed building) に使用されるものとは違う法律である。 (指定建造物に使用される法律は町と地域の計画システムに置かれるものである。) 歴史遺産 (heritage asset) は歴史環境の一部分で、 これが価値あるのは、その歴史的、考古学的、建築的、あるいは芸術的興味からである。 このうちの少々のみが十分に重要と判断されて、指定 (designation) により余分な 保護が与えられる。

イングランドにはおよそ 20,000 のモニュメント一覧 (scheduled monuments) があり、 およそ 37,000 の歴史遺産 (heritage assets) を代表している。 英国の何万ものモニュメント一覧で、大半は目立たない考古学的遺跡であるが、 少々は大きな遺跡 (ruin) である。 1979 年の法律によると、モニュメントは、 住居として専有されていたり、 信仰の場所として使用されたり、 あるいは 1973 年の沈没船保護法 (Protection of Wrecks Act 1973) で保護されている 構造であってはならない。

  1. モニュメント一覧に関連する法律
  2. 歴史
  3. モニュメント一覧に指定するプロセス
  4. モニュメント一覧の歴史遺産保護の法律制定
  5. 一覧
  6. 一覧の判定条件 (Criteria for scheduling)
  7. モニュメント一覧のための法的な保護
  8. モニュメント一覧の管理
  9. 実例
モニュメント一覧に関連する法律

モニュメント一覧 (Scheduled monuments) は 「1979 年の古代モニュメントと考古学的領域法」(the Ancient Monuments and Archaeological Areas Act 1979) に定義されている。 イングランド、ウェールズ、そしてスコットランドでは、これらは、しばしば 古代モニュメント一覧 (scheduled ancient monument) として言及されている。 もっとも、法律 (Act) では古代モニュメント (ancient monument) とモニュメント一覧 (scheduled monument) のみ が定義されている。モニュメントとは:

北アイルランドでは、これらは別の法律で指定され、 (私的所有にあるものは) 歴史的モニュメント一覧 (scheduled historic monument) あるいは (公的所有にあるものは) 国が管理するモニュメント (monument in state care) として言及されている。

歴史

古代モニュメントの法的保護を正式に記した最初の法律は 「1882 年の古代モニュメント保護法」 (Ancient Monuments Protection Act 1882) であった。 これは 68 ヵ所の先史時代の当初の一覧が確認され、 ここが法的な保護を与えられた (イングランドに 25 ヵ所、ウェールズに 3 ヵ所、 スコットランドに 22 ヵ所、アイルランドに 18 ヵ所)。 これは ウィリアム・モリス (William Morris) の非常に活発な説明 (represntation) と 1877 年に設立された 古代建築物保護協会 (Society for the Protection of Ancient Buildings) の 結果であった。 色々なそれ以前の試みにしたがい、1882 年の法律は ジョン・ラボック (John Lubbock) が誘導して議会を通した。 ラボック (Lubbock) は 1871 年に ウィルトシャー (Wiltshire) の エーヴベリー (Avebury, /ˈeɪvbəri/) を買収して、 ストーン・サークルが生き延びることを 確実にした。

法律により設置された古代モニュメントの最初の検査官 (first inspector of Ancient Monuments) はオーガスタス・ピット・リバーズ (Augustus Pitt Rivers) であった。 この時点で検査官 (inspector) のみが、 建設長官 (First Commissioner of Works) に直接応答し、一覧の場所 (scheduled sites) の測量をして、 その場所を国に与えることを地主に説得することに関わった。 この法律は守護責任 (guardianship) の考えも設立した。 これでは、遺跡は私的所有のまゝ残り、モニュメント自身が守護者 (guardian) としての国の責任になった。 しかしながら法律は地主を強制できない、 私的資産への国の干渉のこのレベルは政治的に可能でないからであった。 「1900 年の古代モニュメント保護法」 (The Ancient Monuments Protection Act 1900) は 法律制定の範囲を拡張し、中世のモニュメントを含めることになった。 より強い法律制定の圧力が高まった。 1907 年の演説で ナショナル・トラスト (National Trust) の委員長であるロバート・ハンター (Robert Hunter) が 注意したことは更にわずか 18 ヵ所が元々の 68 ヵ所のリストに 追加されたことであった。 現代の意味における 「一覧」 ('Scheduling') は 「1913 年の古代モニュメント安定化・修正法」 (Ancient Monuments Consolidation and Amendment Act 1913) の通過で始めて可能になった。

ピット・リバーズ (Pitt Rivers) が 1900 年に亡くなった時に検査官 (Inspector) の後任はすぐに決まらなかった。 職業建築家のチャールズ・ピアーズ (Charles Peers) が 1910 年に建設オフィス (Office of Works) で検査官 (Inspector) として任命され、 1913 年に主任検査官 (Chief Inspector) になった。 職業の肩書である検査官 (Inspector) はなお使用されている。

モニュメント一覧に指定するプロセス

「一覧に加えること」 (Scheduling) は保護を与える。 というのは指定された地域内で、始めに「モニュメント一覧の同意」 (scheduled monument consent) を得ずに 大規模な工事 (great range of 'works') を請け負うことは違法だからである。 しかしながら、これは所有者の自由所有権の権利 (freehold title) や土地における他の法的利害 (legal interests) に影響するものでなく、一般公衆に公的な出入りの新しい権利を与えるものでない。 一覧に加えることの手続き (the process of scheduling) が以下のことを 自動的に意味するわけではない: モニュメントの扱いが貧弱であること、 あるいはモニュメントの追加の管理を請け負うことの法的な責任の義務。

イングランドとウェールズでは、モニュメント一覧に加えること、加えなおすこと、そしてここから外すことの 責任は 「文化・メディア・スポーツ省」 (Department for Culture, Media and Sport, DCMS) の国務大臣にある。 この国務大臣はこれらの場所の一覧を保持している。

一覧に加えることの手続きは 1970 年代に最初はスコットランドとウェールズに移譲され、 今ではそれぞれスコットランド政府とウェールズ政府により、そこで動作している。 英国における考古学と歴史環境の責任を持つ政府組織は: イングランドの 「 歴史的イングランド」 (Historic England)、 ウェールズの「カドゥ」 (Cadw, [訳注:保存 (keeping)の意味、歴史環境サービス])、 そしてスコットランドの「歴史的環境スコットランド」 (Historic Environment Scotland) である。 モニュメント一覧への申請と監視の手続きを管理するのは: イングランドでは 「 歴史的イングランド」 (Historic England); ウェールズでは「カドゥ」 (Cadw) で、セネッド (Senedd, ウェールズ議会) のためにする; スコットランドでは歴史的環境スコットランド (Historic Environment Scotland) で、 スコットランドの大臣のためにする。

北アイルランドでは、「歴史的モニュメント一覧」 (Scheduled Historic Monument) の用語が 使用される。これらの遺跡は 「1995 年の歴史的モニュメントと考古学的オブジェクトの規則 (北アイルランド)」(Historic Monuments and Archaeological Objects (Northern Ireland) Order 1995) の 3 条 (Article 3) の下で保護されている。 一覧 (schedule) は 1900 以上の遺跡を含み、 コミュニティ省 (Department for Communities) により維持されている。

モニュメント一覧の歴史遺産保護の法律制定

歴史遺産の遺跡登録の単一手段のための確かな区別 (positive distinction) はまだない。 法的問題の長い伝統によって、この 130 年間に登録が簡略化しているわけでないし、 単一の権力に至ったわけではない。

英国は EU のバレッタ条約 (Valleta Treaty) の署名国の 1 つであり、 これにより英国は陸上と水面下の考古学的歴史遺産を保護する 法的システムを持つ必要がある。 歴史遺産の資産を法的に被害から守るために使用される指定 (designation) の法律制定の 組織は複雑で 1882 年にさかのぼる。 それ以来、多くの改正があり、 英国政府の述べることでは、歴史遺産の立法化の改革に熱心に取り組んだままである。 もっとも、「2008 年の歴史遺産保護法案」 (Heritage Protection Bill 2008) の草稿は、 モニュメント一覧 (scheduled monument) と 指定建造物 (listed building) を含む単一の登録を提案したが、 これは見捨てられ、信用危機 (credit crunch) を処理するための議会の法律制定の プログラム (legislative programme) に余地を残した。

一覧のシステム (scheduling system) は人によっては煩わしいものとして 批判されている。 イングランドとウェールズでは、 モニュメント (monument) を構成する限定された定義もある。 礼拝の景色 (ritual landscape)、戦場 (battle field)、 そして火打石の散乱 (flint scatters) を一覧 (scedule) にすることは困難である; 最近のスコットランドの修正 (以下を参照) は、定義を拡大して、 「以前の人間活動を証明する何か、あるいは一群のものを構成する .... 場所」を 含むことになった。

広範囲の法律制定により、歴史的遺跡を守る方法を記述する用語は 歴史遺産の資産の形により変化する。 モニュメントは一覧にされ (scheduled)、建物は指定され (listed)、 一方で、戦場、公園、庭は登録され (registere)、 歴史的沈没は保護されている (protected)。 歴史的都市空間 (urban space) は保護地域 (conservation area) に指定されることによって保護を受け、 歴史的景色 (landscape) は国立公園 (national park) と 特別自然美観地域 (Area of Outstanding Natural Beauty, AONB) の法律制定を通して 指定される。 付け加えると、英国には「世界遺産の場所」 (World Heritage Sites) として保護されている地区がある。

更に混乱することに、歴史遺産の資産は指定建造物且つ「モニュメント一覧」の どちらにもなることができる (例えばダンブレーン大聖堂 (Dunblane Cathedral))。 世界遺産の場所 (World Heritage Sites)、 保護地域 (conservation area)、 そして保護景色 (protected landscape) も モニュメント一覧 (scheduled monuments) と指定建造物 (listed building) の いずれも含むことができる。 歴史遺産の場所が、モニュメント一覧且つ指定建造物の両方である場合には、 指定建造物の法律の多くの条項は適用されない (例えば、建物保存の注意に関するもの)。

イングランド、スコットランド、そしてウェールズで、 モニュメントの保護は一覧 (Scheduling) に付け加え、あるいはこれとは別に、別のプロセスで 与えることもでき、 モニュメントを国の所有化に置き、あるいはこれを守護責任 (guardianship) に置き、 1979 年の法律 (1979 Act) の 12 条 (Section 12) の言葉の下で、 守護責任モニュメント (guardianship monuments) に分類することである。 (1979 年の法律はイングランドの 「1983 年の国内歴史遺産法」(National Heritage Act 1983) により修正され、 スコットランドでは 「2011 年の歴史的環境法 (修正)」 (Historic Environment (Amendment) Act 2011) により修正された。) (例えば、 セント・アンドルーズ (St. Andrews) のセント・ルールの教会 (St. Rule's Church)。) 後者の意味は、所有者が所有権を維持し、 その一方で適切な国の歴史遺産組織がこれを管理し、(通常) 公衆にこれを公開することである。 1979 年の法律 (1979 Act) の通過に基づいて守護責任 (guardianship) にあるすべてのモニュメントは 自動的に 「一覧」 ('schedule') に含まれる。

歴史的沈没 (historic wrecks) は1973 年の沈没船保護法 (Protection of Wrecks Act 1973) の下に保護できるが、 「一覧」 (Scheduling) は水面下の遺跡には通常適用されない。 もっとも 3 ヵ所の海洋遺跡はモニュメント一覧として指定された。 スコットランドでは、海洋歴史遺産 (marine heritage) を保護する新しい権力が、 他の海洋保護権力 (marine conservation powerw) とよく一体化し、 「2010 年の海洋法 (スコットランド)」 (Marine (Scotland) Act 2010) により与えられた。 意図されたことは、海洋モニュメント一覧 (marine scheduled monuments) が この新しい法律により保護されることである。 「歴史的環境 (修正) 法 (スコットランド)」 (Historic Environment (Amendment) (Scotland) Act) は、1979 年の法律 (1979 Act) の修正で、2011 年に法律となった。

より広い地域はその場所を 「1979 年の古代モニュメントと考古学的地域法」 (Ancient Monuments and Archaelological Area Act 1979) の下で、 「考古学的重要地域」 (Areas of Archaeological Importance (AAI)) として その地域を指定することにより保護することができる。 2011 年現在、イングランドの 5 ヵ所の市の中心のみが AAI として 指定されている ((カンタベリー、チェスター、エクセター、ヘレフォード、そしてヨーク (Canterbury, Chester, Exeter, Hereford and York))。 1979 年の法律のこの部分は、スコットランドでは決して実施されなかった。

一覧

モニュメント一覧 ('schedule' of monument) を維持することは法的な必要条件である。 イングランドでは 「文化・メディア・スポーツ省」 (Department for Culture, Media and Sport) は 全国的に重要な場所の登録 (register)、あるいは一覧 (schedule) を保持し、 ここが国の保護を受ける。 イングランドの国内歴史遺産リスト (National Heritage List) は 今ではおよそ 400,000 ヵ所の歴史遺産の場所を含み、 ここにモニュメント一覧 (scheduled monuments) が含まれる。 オンラインで検索できるリストが 歴史的イングランド (Historic England) のホームページで見出せる。 スコットランドのモニュメントのリストは「歴史的環境スコットランド」 (Historic Environment Scotland) の ホームページ、あるいは「過去地図」 (Pastmap) を通して検索できる。 ウェールズでは 「ウェールズの国内モニュメント・レコード」 (National Monuments Record of Wales, NMRW) が「コフレイン」 ("Coflein") と呼ばれるオンラインのデータベースを所有し、 これがウェールズの歴史環境に関しての情報の全国コレクションを含んでいる。

一覧の判定条件 (Criteria for scheduling)

一覧 (scheduling) の資格があるためには、モニュメントは (1979 年の法律の言葉で) 「全国的重要性」 ("national importance") を実証できなければならない。 法令の判定条件は評価を誘導するために提供されていない。 イングランドではこれは:

スコットランドの判定条件は 2006 年と 2008 年の間の公的な協議の後で修正された。

一覧 (scheduling) の手順に対しての嘆願 (appeal) はなく、モニュメントを一覧に追加することは 十分な調査と考察を必要とする手順である。 しかしながら、この手続きは、脅威にさらされた場所では早めることができる。 イングランドでは 歴史的イングランド (Historic England) は場所の情報を集め、この周りの境界を定め、 「文化・メディア・スポーツ省」 (Culture, Media and Sport) の大臣 (Secretary of State) に一覧 (schedule) に含める適格性を助言する。 ウェールズではカドゥ (Cadw) は中央政府の一部分で関連する大臣のために協力する。 スコットランドでは 2015 年 10 月以来、 「歴史的環境スコットランド」 (Historic Environment Scotland) は 「省」でない公的組織 (non-departmental public body) で、 スコットランドの大臣に忠告する。

モニュメント一覧のための法的な保護

1979 年の法律が犯罪にしたことは:

逆に受け取られているが、 モニュメント一覧同意 (scheduled monument consent) の申請のほんのわずかな割合が拒否されるだけである。 スコットランドでは、1995 年から 2005 年の 10 年間に、2156 件の申請のうち 16 件が拒否されただけである。 環境に被害を与えるかもしれない、モニュメント一覧に近接した開発は、 計画システムでは不可欠な考察でもある。

モニュメント一覧の管理

歴史的イングランド」 (Historic England), 「歴史的環境スコットランド」 (Historic Environment Scotland) そして「カドゥ」 (Cadw) はモニュメント一覧の状態を 監視している。 彼らは、所有者が、 思いやりのある土地使用 (sympathetic land use) -- 例えば地中の考古学に被害を与えうる家畜の数の制限、あるいは 下生え (undergrowth) の制御 -- をすることにより、モニュメント一覧を良好な状態に維持することを奨励する。 「歴史的環境スコットランド」 (Historic Environment Scotland), 「カドゥ」 (Cadw) , 「 歴史的イングランド」 (Historic England) そして 「ナチュラル・イングランド」 (Natural England) も所有者に彼らのモニュメントを管理する方法に関して忠告を与える。 所有者への奨励金の政策が少々あり、 農民と土地管理者に対して、 「 歴史的イングランド」 (Historic England) と「ナチュラル・イングランド」 (Natural England) により実施されるものがある。

「歴史的環境スコットランド」 (Historic Environment Scotland)、 「 歴史的イングランド」 (Historic England) と「カドゥ」 (Cadw) は モニュメント管理の同意を支援するためと時には重要な修理を助けるために、助成金を与える。

イングランドでは、モニュメント一覧の状態は「危機歴史遺産」 (Heritage at Risk) の調査を通しても報告されている。 2008 年に、この調査が拡張されて、 指定建造物 (listed buildings)、 モニュメント一覧 (scheduled monuments)、 登録された公園と庭園、 登録された戦場、 保護された沈没場所 (protedted wreck site)、そして 保護地域 (conservation areas) の全てを含めた。 登録は色々な歴史遺産のグループ (range of heritage groups) による調査で蓄積され、 これに含まれるものは: 「ナチュラル・イングランド」 (Natural England)、 「森林委員会」 (Forestry Commission)、 地方自治体 (local authorities)、 国立公園当局者 (national park authorities)、 「ナショナル・トラスト」 (National Trust)、 地域及び地方考古学協会、 「持ち運び可能遺物体系発見調整オフィサー達」 (Portable Antiquities Scheme Finds Liaison Officers)、 ボランタリー・グループ、 資産所有者 (property owners)、 土地の管理人 (land managers)、そして 農民たちであった。

実例
イングランド
堀と共に、これはスリーフォード城 (Sleaford Castle)
で残っている石細工の唯一の残骸である。
北アイルランド

コミュニティ省 (Department of Communities) によって指定された 北アイルランドの 歴史的モニュメント一覧 (scheduled historic monuments) の実例

ロウブリックランド・クレネッグ (Loughbrickland Crannog)
は青銅器時代末期の人工島である。
スコットランド

歴史的環境スコットランド (Historic Environment Scotland) によって指定される スコットランドのモニュメント一覧の実例:

ウェールズ

「カドゥ」 (Cadw) によって指定されたウェールズのモニュメント一覧 (scheduled monuments) の実例