ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Old Bridge, Pontypridd - Wikipedia

オールド・ブリッジ: Google map ストリート・ビュー

ポンティプリッドのオールド・ブリッジ
(Old Bridge, Pontypridd)

オールド・ブリッジ (ウェールズ語:Yr Hen Bont) は現在はウィリアム・エドワーズ橋あるいはポンティプリッド橋とも呼ばれるが、 元々はニュー・ブリッジ (New Bridge) あるいはニューブリッジ (Newbridge) と呼ばれた。 これはウェールズのポンティプリッドのタフ川 (River Taff) にかかる単独スパンのアーチ歩道橋である。 橋はウィリアム・エドワーズにより建設され、1756 年に完成した。 橋は 「古代モニュメント一覧」 (scheduled ancient monument) に指定され、法で保護されており、 グレード I の指定建造物である。


オールド・ブリッジが手前
ビクトリア橋が後方
  1. ポンティプリッド
  2. 建設
  3. その後の歴史
  4. 橋の画像
ポンティプリッド

18 世紀初頭にはポンティプリッド (Pontypridd) は Pont-y-tŷ-pridd (ポンタ・ティ・プリーズ、土の家の橋) と呼ばれ、小さな村落であった。 Pont-y-tŷ-pridd (の名) は同名の元々の橋に由来しているが、 飛び石を並べた古代の浅瀬に関してはほどんど知られていない。 この橋は現在のオールド・ブリッジのそばにあり、川の水が少ない時のみ使用できた。 恐らく 1744 年あるいは橋が建設された時に ニュー・ブリッジあるいはニューブリッジと呼ばれた。 1856 年にニューブリッジはポンティプリッド (Pontypridd) に改名された。

訳注
  1. Pont-y-tŷ-pridd に関して:pridd = 土、tŷ = 家
  2. ここでは飛び石を並べたものを 「橋」 と呼んでいます。

ウィリアム・エドワーズがたった 27 才の 1746 年に、 彼はミスキン (Miskin) とケアフィリ (Caerphilly) の何百人もの人々によって、 タフ川を横断する 3 基のアーチからなる橋の建設を依頼された。 これにより、£500 を支払われることになったが、7 年間の橋の世話をする必要があった。

建設
最初の橋

建設された最初の橋は 3 基のアーチからなる橋で、 1746 年に建設された。 これはおよそ 2 年後に激しい嵐により破壊され、 嵐はタフ川を氾濫させた。 大量のゴミが川を下り、次いで、これが橋を支える迫持台に引っかかった。 ゴミの重さと力が究極的に橋を破壊し、橋は川に押し流された。

第二の橋

流れの速いタフ川によって、最初の橋が破壊された後にウィリアム・エドワーズはもっと急進的な長さ 140 フィート (43 m) の単独アーチ橋をデザインすることを決意した。 こうすればタフ川の氾濫によって、ゴミが橋を破壊する可能性がなくなることになった。 第二の橋は 1748 年から建設された。しかしながら第二の橋の建設中に実際に何が起きたのかに関しての 2 つの報告が食い違っている。 エドワーズと同時代のトーマス・モーガン (Thomas Morgan) が述べるところでは 『彼 (ウィリアム・エドワーズ) がアーチをほとんど完成した時に セントリングの木材が壊れ、 すべて水底に落下した』。 しかしながらウェールズ国立図書館 (National Library of Wales) には 「Plasybrain 写本」 と呼ばれる同時代の本があり、これによると 『最初の単独アーチの完成直後に、セントリング を取り除く前に、洪水になり、すべて流された。』 この説明のうち、どちらが正確であるかは不明である。 しかしながら明白な点は、タフ川を横断する橋を建設するエドワーズの更なる試みはまたもや失敗に終わったことである。

第三の橋

単独アーチ橋は再建され、実際に完成した。 これはおよそ 6 週間ぐらい立っていたが、再び崩壊した。 というのは、これはバランスがとれておらず、 これによりキーストーンが飛び出てしまい、 再び崩壊する原因となった。 「アーチの理論とポンティプリッド」 で 『重量が腰部で重すぎたか、頂上で軽すぎた』 と述べられている。 この段階でエドワーズは、 初期の試みの損失を賄うために余分の資金で再び試みることを、 奨励されたか強制された。

訳注
「アーチの理論とポンティプリッド」 は次の本の第 5 章であることが原文の 注釈に書かれています。
Roddock, Ted (2008 年)、 Arch Bridges and their Builders 1735-1835 (アーチ橋とその建設者達、1735 年 - 1835 年)、 Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-09021-6。
第四の橋

橋の最後のデザインには 3 つの円柱形の穴 -- 2.7 m (8.9 フィート)、1.7 m (5.6 フィート(、1.1 m (3.6 フィート) -- が橋のそれぞれの側に付けられた。 これにより重さと、頂上部での圧力が少なくなり、 今日でも利用可能である。 但し、これは歩行者用としてのみ使用可能である。 「アーチの理論とポンティプリッド」 では、この橋は橋としては失敗であると述べている。 というのは、欄干の間がたった 11 フィートの広さしかなく、 非常に急なため、荷馬車が頂上から降りる時に 「鎖と牽引」 を使用しなければならなかったからである。


オールド・ブリッジがニューブリッジと呼ばれた時

140 フィートのオールド・ブリッジは英国では最も長い単独スパンの橋として、 130 フィート (40 m) のオールド・ウォルトン橋を凌駕し、もう 40 年間、最も長い橋のままであった。 この橋はスパンが 40 m を越えるヨーロッパで数少ない橋の一つで、 実際の所、世界的にもそうであった。

全計画は (3 回の失敗も含め) 建築家にとり £1,153 18s. 2d (およそ £1,153.91) の負担となり、 その結果、彼は £600 以上の損失を被った。 タフ川にかける橋を建設する試みにより、彼は随分と多額の負債を被ることになり、 トーマス・モーガンが報告する所では 『.. 石工は随分と負債を被り、随分と落胆した。 しかしタルボット卿とウィンザー卿は近くに地所を持ち、彼に同情し、 彼のような事業心を持つ天才を励まそうとして、もっとも気前よく近隣の紳士階級に寄付を奨励した。』

橋の近接写真、2016 年 1 月
ビクトリア橋が後方
オールド・ブリッジ
階段が橋を登る。
その後の歴史

オールド・ブリッジの問題は、これが非常に急で、荷馬車を通過させることが困難であることである。 1857 年、新しい橋 -- ビクトリア橋 -- がオールド・ブリッジのそばに建設され、建設費はポンティプリッドの人々が支払った。 ビクトリア橋は 3 基のアーチからなる橋で、トーマス・ジェンキンスによって建設され、 これによりオールド・ブリッジが急であることによる多くの問題が克服された。

オールド・ブリッジが 1756 年に開通して以来、この橋は多くの風景画家による主題となり、 これにはリチャード・ウィルソンと ターナーがいた。

オールド・ブリッジは今では 「古代モニュメント一覧」 (scheduled ancient monument) に指定され、 地元のラグビー・ユニオン (rugby union) チーム -- ポンティプリッド・ラグビー・フットボール・クラブ、 キルバニズ・ラグビー・フットボール・クラブ (Cilfynydd RFC) -- の紋章に描かれている。 芸術家のルル・クイン (Lulu Quinn) は ロンザ・カノン・タフ・カウンティ・バラ議会 (Rhondda Cynon Taf County Borough Council) に依頼されて、 オールド・ブリッジをライトアップ (illuminate) することになった。 これはポンティプリッドの再生化プログラムの一環であり、 モニュメント・ライトアップ計画 (Monument Illumination Scheme) と呼ばれた。 橋をライトアップ (illuminate) する最初のテストが 2008 年 8 月 19 日に実施され、 テストが成功したため、その後、公的にプロジェクトに乗り出した。

訳注
  1. ロンザ・カノン・タフ (Rhondda Cynon Taf) はカウンティ・バラの名称です。 カウンティ・バラは州政府 (county council) から独立したバラないしは市のことで、 イングランドとウェールズでは一旦廃止されたが、ウェールズでは復活した。
  2. ライトアップは和製英語です。
橋の画像

ウィリアム・エドワーズの表現は紋章入りの便箋に見ることができ、 これにはポンティプリッド・ラグビー・フットボール・クラブと キルバニズ・ラグビー・フットボール・クラブの紋章が含まれている。 共同体間の組織である PONT (Partnerships Overseas Networking Trust) もこの橋に基づいたロゴを使用している。 キルバニズ・ハイ・スクールは学校の紋章に橋のデザインを組み込んでいる。 これはポンティプリッド町議会と同様で、町議会のロゴは南部ウェールズ峡谷と オールド・ブリッジの一区間をロゴの前面に表示している。

訳注
  1. ウェールズの学校はイングランドの学校と同じではないかと思われます。 ハイ・スクールと呼んでいるのはイングランドの総合学校 (comprehensive school) のようで、日本でいえば小学校高学年から高等学校までの 8 年間に相当するようです。 全額国費負担と思われます。
  2. 「南部ウェールズ峡谷」 (South Wales Valleys) は サウス・ウェールズの産業化されたいくつかの峡谷のことを指す。 18 世紀後半から 19 世紀中頃は製鉄産業、 19 世紀中頃から第一次世界大戦までは蒸気エンジン用の石炭と無煙炭により産業化した。