ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Lancaster Canal - Wikipedia

ランカスター運河の地図
ランカスター運河の地図の kml ファイル

ランカスター運河 (Lancaster Canal)

ランカスター運河は ノース・ウェスト・イングランド (North West England) の運河で、 元々 ランカシャー (Lancashire) のウェストホートン (Westhoughton) から、 カンブリア南 (歴史的にはウェストモーランド (Westmorland)) のケンダル (Kendal) に 走らせることが計画された。 リブル川 (River Ribble) の横断点あたりの区間は建設されることが無く、 南端の多くは リーズ・リバプール運河にリースされ、この区間は現在では一般にリーズ・リバプール運河の一部と思われている。

ガースタング (Garstang) の運河の
航行可能区間を横断する
キャットハウス橋 (Cathouse, No 64)
カーンフォース (Carnforth) の
ベイシン、冬期に凍結

プレストン (Preston) より北の運河でプレストンからランカシャーのカーンフォース (Carnforth) の近くのテウィットフィールド (Tewitfield) に至る区間のみが現在の所 42 マイル (67.6 km) の航行に開かれており、テウィットフィールドの北の運河は M6 自動車道の建設と、 ケンダルの近くの A590 道路により 3 つに分断されている。 ジョンソンズ・ヒロック (Johnson's Hillock) からウィガン・トップ水門 (Wigan Top Lock) に至る南の部分は リーズ・リバプール運河の 1 部分として 航行可能である。 ウェストホートンから計画されて延長は建設されなかった。

  1. 歴史
  2. 復元
歴史

運河のルートはロバート・ウィットワース (Robert Whitworth) により 1772 年に始めて測量された。 1791 年に、ジョン・ロンボサム (John Longbotham), ロバート・ディキンソン (Robert Dickinson) 及びリチャード・ベック (Richard Beck) は提案されたルートを再測量し、 最後の測量は同じ年のその後に ジョン・レニー (John Rennie) により実施された。

1792 年に発起者達は緊急に議会法を求めた、 というのは彼らのルートを変更することになる リーズ・リバプール運河の提案が 南側区間の利益に影響するからであった。 議会法は 1792 年 6 月 11 日に王室の同意を得、 表題は以下のものであった:

以下の運河の建設・保持に関する法律、 ウェストモーランド・カウンティの Kirkby Kendal からランカスター・パラティン・カウンティ (county palatine of Lancaster) のウェスト・ホートン (West Houghton) に至る航行可能運河、 と上記に意図した運河の Barwick あるいはその近くから、 Warton Cragg あるいはその近くに至る支線、と Charley のそばの Galemoss、あるいはその近くから、 Duxburg あるいはその近くに至る別の航行可能な支線、 支線は上記ランカスター・パラティン・カウンティに属する。
訳注
  1. パラティン (palatine) = 王室の特権を持っている、 county palatine = 王室の特権を持つカウンティ
  2. どういうわけだか、支線に関連する地名が Google の地図で検索できず、 元々の支線の位置が以下のグラソン支線を除き不明です。

議会法により、 ランカスター運河水路の所有者の会社 (Company of Proprietors of the Lancaster Canal Navigation) が作られ、会社が株式を発行して £414,100 を集め、 必要であれば、抵当の設定により、もしくは更なる株式の発行により追加の £200,000 を集める権限が与えられた。 ジョン・レニー (John Rennie) が 1792 年 7 月に技術者に任命され、 「年長のウィリアム・クロスリー」 (William Crossley the elder) が彼の助手に任命され、 アーチボルト・ミラー (Archibald Miller) が常駐技術者且つ監督に任命された。 第 2 の議会法が 1793 年 5 月に獲得されて、グラソン支線 (Glasson branch) の建設が認可され、 運河には海への接続が与えられた。

グラソン支線の橋 1、ランカスター
運河とのジャンクションの隣
ランカシャー、ビルスボロー
(Blisborrow) の運河の区間
北端

工事はプレストンからテウィットフィールドに至る水平区間でほとんど直ちに開始し、 1794 年にはルーン水道橋 (Lune Aqueduct) で開始した。 この水道橋は石造であったが、レニーはレンガを使用すべきであると思った。その方がずっと安かったからである。 1797年までに、水道橋が開通し、川の上 62 フィート (19 m) 上方で運河を通し、 ボートは今やプレストン (Preston) からテウィットフィールド (Tewitfield) までの 42.4 マイル (68.2 km) を移動することができた。 1813 年に工事がテウィットフィールドから北の運河で始まった。 これは 1819 年にケンダル (Kendal) まで完成した。 2.5 マイル (4 km) のグラソン・ドック支線 (Glasson Dock branch) の建設は 1819 年に開始し、 1826 年に開通し、6 基の水門により、運河が海に至るまで降下した。

鉄道の到来と共に (運河の) 所有者たちは 1860 年に運河を鉄道会社にリースしようとした。 ロンドン・ノース・ウェスタン鉄道 (London and North Western Railway) との取り決めを認可する 法律は 1863 年に上院で敗北し、翌年に再導入されて、1864 年 7 月 29 日に議会法になった。 運河会社は北区間のリースにより 1 年で £12,665.87 を受領し、 これにより配当を払い続けて、投資をすることができた。 まもなく、鉄道会社は運河の買収を申し入れ、これは 1885 年 7 月 16 日に獲得された議会法により、 正式なものとなった。もっとも、鉄道会社は 7 月 1 日に運河を引き継いだ。

運河は (運河の) 路床の石灰岩の亀裂 (fissure) による水漏れの問題で常に苦しんだ。 1939 年にロンドン・ミッドランド & スコットランド鉄道 (London, Midland and Scottish Railway) は、今や運河の所有者となっていたが、 議会法を手に入れてケンダル (Kendal) の最初の 0.5 マイル (0.8 km) を閉鎖した。 1941 年 - 1942 年に、ケンダル・ガス工場 (Kendal Gas Works) の北の当時使用されていない区間は 水漏れから閉鎖され、 所有者たちは全運河を 1944 年に閉鎖しようとした、しかし上院の反対により、執行停止になった。 後年に、主な商用輸送がプレストンからケンダル・ガス工場に至る石炭となった。 ガス工場は運河会社から買収した土地に 1824 年に建設され、 6,500 英トンから 7,500 英トン (6,600 トンから 6,700 トン) が毎年運ばれていた。 ガス工場に至る鉄道が無かったため、運河の保守が保証されたが、 石炭は 1944 年に道路車両に移動し、運河は 1947 年に最後の商用輸送を運んだ。

1955 年に議会法が運河の閉鎖を、他の幾つかの運河と共に認可し、全部で 771 マイル (1,241 km) に及んだ。 内陸水路協会 (Inland Waterway Association) は幾つかの抗議集会を組織し、 ランカスターで開かれた集会から、ランカスター運河ボート・クラブ (Lancaster Canal Boat Club) が作られた。 直接の影響の 1 つは、運河は水漏れの理由から、ステイントン (Stainton) から北は排水され、 ケンダルの最後の 2 マイル (3.2 km) は埋められた。 運河は公的には閉鎖されたが、プレジャー・ボートはテウィットフィールドの下流区間を使用し続けた。 水門の上流、バートン (Burton) の 100 ヤード (91 m) の区間は水漏れの問題から排水され、 1 本のパイプが運河の代わりとなり、下流運河への給水が維持された。 これによりテウィットフィールドの北の航行は事実上終了し、 M 6 自動車道が建設された時に、運河は 3 ヵ所で暗渠になった。 これは将来に復元が可能となるように橋の建設を望む地元の運動にもかかわらずこうなった。

ケンダルを通り抜ける
ルートの移動橋

ケンダルより南の運河ルートはまだすぐ明らかで、橋の大半はもとのままである。 自動車道路の建設により分断されたが、運河は排水されなかった。 というのは水路はパイプラインに給水するのに使用され、パイプラインは ガースタング (Garstang) の近くの運河からフリートウッド (Fleetwood) の近くの化学工場に走っていた。 この結果、この区間はいまだに小さなボートで使用することができる。 1976 年に、ランカスター運河トラスト (Lancaster Canal Trust) は この区間にスリップウェイ (slipway, 船を引き上げる坂道) の建設運動を開始し、 ボートの進水を容易にしようとした。 この運動は成功し、スリップウェイは 1978 年のイースターの集会に使用され、この時、上流区間で ボート集会が開催された。

就業期間 (working life) 中に、郵便船 (packet boat) はプレストンとランカスターの 間の急行乗客輸送を提供し、 後にはケンダル (Kendal) まで走り、時速 10 マイル (16 km/h) であり、 乗客はテウィットフィールドの連続水門で下船して歩き、第 2 の船に乗船した。 7 時間の旅程は駅馬車の最良速度を半減した; 快適な旅の理由から、1840 年代における鉄道の競争の到来後も、乗客は郵便船に忠実であった。

カンブリア、ファールトン (Farleton)
の運河、航行不可能な北側の区間
左の建物は郵便船の馬小屋に使用された。

運河の北側の孤立部分は リブル・リンク (Ribble Link) により 2002 年にイングランドの他の運河網に終に接続された。

運河の大半は、ランカスター市を通り抜ける場合を除き、開けた田舎を走る。 グラソン・ドックへの支線とリブル・リンクを除き、プレストンからテウィットフィールドへの運河の 航行可能区間は地図では同じ高さの等高線をたどり、従って水門がない。

ケンダルからプレストンへの区間は現在ではアシュトン・ベイシン (Ashton basin) で終了するが、以前はプレストンの中心まで続き、 中心部には、名称が手掛かりを与える幾つかの通りやパブがある: ワーフ・ストリート (波止場通り、Wharfe Street)、 ケンダル・ストリート (Kendal Street)、 ラムとパケット (Lamb and Packet、ラムはプレストンの (紋章の中の) クレスト)、 ファイティング・コックス (Fighting Cocks, 以前はボート・マンズ (Boatmans))。 かって運河のベイシンが占有していた土地の大半は現在では セントラル・ランカシャー大学 (University of Central Lancashire) になっている。

トラムウェイ

1799 年までに運河はウィガン (Wigan) の近くのバーク・ヒル (Bark Hill) と チョーリー (Chorley) の近くのジョンソンズ・ヒロック (Jonson's Hillock) の間が完成した。 しかしながら、1801 年までに、リブル川 (River Ribble) を越える水道橋に関しては デザインで合意することがなく、 1801 年 7 月までに同意されたことは、一時的なトラムロードを建設して、 川を横断し、運河の北側と南側の部分の間のすき間を張り渡すことであった。 複線のランカスター運河トラムロードが 1803 年に開通し、 3 基の蒸気エンジンが稼働するインクラインド・プレーンが あり、リブル川を横断する低い架台の橋があった。 運河はジョンソンズ・ヒロックから北に延長されて、ウィットル・ヒルズ (Whittle Hills) でトンネルを通り抜けて、 ウォルトン・サミット (Walton Summit) に至った。

一時的な解決は恒久的なものとなり、水道橋は決して建設されなかった。 この区間は運河の中で、もっとも多忙であったが、収入は計画された水道橋の建設には不十分であった。

訳注
トラムウェイの箇所は理解しにくいので、原文の運河の概念図の一部分を引用します。 (原文には全体の概念図が書かれていますが、これは真似できません。)
南端

1792 年に、ランカスター運河水路会社はケンダル (Kendal) をウェストホートン (Westhoughton) に 接続する議会法を獲得した。 彼等はウェストホートンからウォーズリ (Worsley) の近くの ブリッジウォーター運河に 延長することを嘆願したが、アザートン・ホール (Atherton Hall) の現住者が反対をした時にこれを停止した。

リーズ・リバプール運河は 1810 年までに、ブラックバーン (Blackburn) に到達して、 決定されたことは、ランカスター運河の南端と接続して、並行する運河の建設を避けることであった。 ランカスター運河は 2 本の短い支線を建設して、リーズ・リバプール運河に接続することになった; ジョンソンズ・ヒロックからの支線 (7 基の水門を含む) とバーク・ヒルからウィガンのトップ水門に至る支線であった。 建設を認可する議会法はランカスター運河がリーズ・リバプール運河と協調することが価値を持つように、 追加の通行料も認可した。

1851 年にランカスター運河は年間の使用料と引き換えに、 南端の使用をリーズ・リバプール運河にリースし、この同意は 1864 年に恒久的なものとなった。

トラムロードは 1864 年にバンバー・ブリッジ (Bamber Bridge) からプレストンまで閉鎖され、 ウォルトン・サミット (Walton Summit) への残りの部分は 1879 年に閉鎖された。 ウォルトン・サミットとリーズ・リバプール運河のジョンソンズ・ヒロックへの接続が 最後に使用されたのは 1932 年であった。 (もっともカヌーに乗った一行がたった 2 回のポーテッジ (portage) によって、 何とかして支線を航行したのは、つい 1969 年のことであった。) この区間が閉鎖されたのは 1960 年代の事で、 これは M61 自動車道の提案の結果で、これにより運河を越える 3 本の橋が必要となった。 運輸省と ブリティッシュ・ウォーターウェイズが決定したことは 橋の建設費は正当化することができず、とりわけ運河が貧弱な状態で、 運河を閉鎖する議会法が誘発された。 その結果、多くは M61 自動車道路の下に埋められ、クレイトン・ル・ウッズ (Clayton-le-Woods) 地域には 1990 年代にルート上に住宅団地が建設された。 南端の残りの部分で、 ジョンソンズ・ヒロックとウィガン・トップ水門 (Wigan Top Lock) の間は現在ではリーズ・リバプール運河の一部と見なされ、 レジャー・ボートにより、よく利用されている。

訳注
ポーテッジの意味に関しては アレゲーニー・ポーテージ鉄道 の冒頭の説明をご覧ください。
復元

長期計画がテウィットフィールドの北の区間を再開するために開発され、 この区間のうちで 9 マイル (14 km) には水があり、ケンダルとセドバーグ (Sedberg) の間にあって、 M6 自動車道路に隣接するキリントン貯水池 (Killington Reservoir) により給水されている; ケンダルに至る最後の 5 マイル (8.0 km) には水がない。

北側水平区間復元グループ (NRRG, Nothern Reaches Restoration Group) と ランカスター運河復元パートナーシップ (Lancaster Canal Restoration Partnership) はテウィットフィールドからケンダルまでの運河の復元を目的にしている。 9 つのパートナーがいる: カナル & リバー・トラスト (Canal & River Trust)、 カンブリア州議会 (Cumbira County Council)、 内陸水路協会 (Inland Waterways Association)、 ケンダル町議会 (Kendal Town Council)、 ランカシャー州議会 (Lacashire County Council)、 ランカスター市議会 (Lancaster City Council)、 ランカスター運河トラスト (Lancaster Canal Trust)、 サウス・レイクランド・ディストリクト議会 (South Lakeland District Council)、 及び、水路トラスト (Waterways Trust) である。

復元には次の復元が関連する: 運河が暗渠になっている 6 ヵ所 (これには M6 自動車道路の建設がルートを妨げた 3 ヵ所が含まれる)、 ヒンカスター・トンネル (Hincaster Tunnel)、 5 マイルの水が無い区間 (5 dry miles)、 ケンダルの近くの A590 道路の新しい横断、 更には 52 ヵ所の指定建造物を含むもっと小規模な工事の事は無論のことである。 必要とされる広範囲な土木工事は高価であり (2002 年の見積もりでは £6000万)、 従って復元は段階によって前進することが計画されている。

最初の段階はケンダルの運河の開始点から南のナットランド・ロード (Natland Road) までの 3.7 マイル (6.0 km) の復元である。 この第 1 段階の計画とデザインのために 2005 年に £750,000 の予算が提供された。 建設工事は 2007 年末よりも前に始まる予定ではなく、 速くても 2009 年に完成することになっている。 計画が 2009 年に完成することになっているにもかかわらず、運河の復元工事は 2016 年末にもいまだに開始していない。

グレード I の指定建造物であるルーン水道橋 (Lune Aqueduct) は 2009 年/2010 年に £2,000,000 の化粧直しが計画されている。 水道橋に責任を持つ組織は宝くじ遺産基金 (Heritage Lottery fund) により £50,000 が与えられ、 他の予算と組み合わせて使用できることになったが、工事は 2015 年まで完成予定ではない。

2015 年 12 月の暴風デズモンド (Storm Desmond) の最中に橋 171 -- ステイントン水道橋 (Stainton Aqueduct) -- の翼壁 (wingwall) に 広範囲な被害が発見された。 これにより土砂ダムで運河を一時的に閉鎖した; 土砂ダムは水道橋が壊れた時に、 (運河の) 残りの開放区間から水が喪失することが防止される。 壁の一時的安定化工事が完成し、 資金が使用可能となれば恒久的な処置が実施される。