ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Roving bridge - Wikipedia  (移動橋)

移動橋というのは曳舟道につきものの橋です。

移動橋 (Roving bridge)

移動橋 (roving bridge)、進路変更橋 (changeline bridge) あるいは 向き変え橋 (turnover bridge) とは運河の橋で、 曳舟道が運河の反対側に移動した時に、ボートを曳く馬が運河を横断できるようにしたものである。 この作業には馬を引くロープを解き放す必要があるが、 幾つかの橋では橋の同じ側に 2 つの坂道を付けることにより、これをしなくてもよいように建設されている。 この 2 つの坂道により、馬は 360° 回転する。 マックルズフィールド運河ではらせん状の坂道を作ることでこれを 実現している。 またストラトフォード・アポン・エイボン運河などでは、 2 つの張り出した半分の鉄製の橋を作って 真ん中に隙間を作り、馬を引くロープを通すことができる。 これも移動橋であるが、分離橋 (split bridge) とも呼ぶ。

訳注
曳船道が運河の片側にしか作られていない時に、曳船道が運河の反対側に移動すれば、 運河を渡る必要があります。通常の橋でこれをすると、馬が引くロープが橋に引っかかってしまいます。 これを防ぐには、馬が橋を渡った後で、手前の側に橋を降り、橋をくぐって前進する方法があります。 このためには運河の反対側の曳船道は橋の手前で開始し、橋をくぐるように作られていないといけません。

橋は運河の結合部 (ジャンクション、junction) でも必要で、 曳舟道は側面の支線により邪魔される。 このような橋は厳密には側面橋 (side bridge) であるが、 しばしば移動橋と呼ばれる。 よく知られたものはホークスベリー・ジャンクションヘイウッド・ジャンクションである。 バーミンガム運河水路網には多くの実例があり、 多くは鋳鉄製で製造され、曳舟道は工場支線を横切っている。

橋の坂道は典型的には、馬の脚がすべるのを防ぐために 交互に突き出たレンガの列でちりばめられている。 橋は (とりわけ産業地帯であれば) 鋳鉄で製造されるが、 もっと伝統的なレンガや石でも製造される。

     
地元のホースリー鉄工場
作った 2 つの移動橋
バーミンガム運河水路網本線、
スメスウィック・ジャンクション
   石でできた移動橋
マックルズフィールド運河
   スポン・レーンのトップ水門
の分離橋、スメスウィック
訳注
スポン・レーン連続水門は バーミンガム運河水路網本線にあります。