ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Macclesfield Canal - Wikipedia

運河の地図ピーク・フォレスト運河とマックルズフィールド運河の地図も併せて見てください。

マックルズフィールド運河
(Macclesfield Canal)

マックルズフィールド運河はイングランドの東チェシャーの運河で、 チェシャー環状ルートを構成する 6 つの運河の一つである。


コングルトン (Congleton) の近く
  1. ルート
  2. 歴史
  3. 提案された接続
  4. 運河に関連する組織
  5. 特色
ルート

運河は全長 26 マイル (42 km) でマープルのマープル・ジャンクションで上層ピーク・フォレスト運河と 接続している。ここから 16 マイル南へ進めば (ボリントン (Bollington) とマックルズフィールド (Macclesfield) を通り)、 ボスリー (Bosley) に到着する。


マックルズフィールド運河、マープル・ジャンクションのすぐ手前

1 マイル (1.6 km) にまたがるボスリーの 12 層の連続水門を降下して 運河は更に進み, コングルトン (Congleton) を通り抜け、ホール・グリーン停止水門で トレント・マージー運河のホール・グリーン支線と直結している。 (ホール・グリーン支線は 1 マイル離れたキブスグローヴに近くの ハーディングス・ウッド・ジャンクション で本線と合流する。)

歴史
提案

運河は 1824 年の 9 月 22 日にマックルズフィールドのマックルズフィールド・アームズで開かれた 意見交換会 (public meeting) で始めて提案された。 初期の運河と違い、鉄道が到来する脅威がすでに目に見えており、 最初の会合で少なくとも 1 人が、鉄道が建設されるだろうと示唆している。

訳注
マックルズフィールド・アームズ (Macclesfield Arms) とは宿屋 (inn) のこと。
Photographs of Macclesfield, Cheshire, England, UK
に長い説明があるが、「Macclesfield Arms」でページ内を検索すれば、 「The former Macclesfield Arms Hotel」と題した写真が検索される。1811 年の建設。

運河が 1826 年に議会法を手に入れた時までには、 運河の建設費用 (これは株主が資金提供する必要がある) は £295,000 と見積もられていた。 認可された資本金は £300,000 で、会社は更に £100,000 を借りる権利を持っていた。

建設

運河の建設は 1826 年の 12 月の 4 日にボリントン (Bollington) で始まり、このときは儀礼的なクワ入れが行われ、着実に前進した。

1829 年の秋には、技術者のトーマス・テルフォードが工事を視察し、 工事に満足の意を表した。

開通

運河は 1831 年に £320,000 の経費で完成した。 (株主は工事の促進のために £50,000 まで借りることが 認可されていた。)

開通式は 1831 年の 11 月の 9 日に開催され、 儀礼的なボートの行列がコングルトン (Congleton) とマープル (Marple) からマックルズフィールドに向けて前進し、 注意深く時間調整して、ボートがマックルズフィールドに同時に反対側から到着するようにした。 到着すると礼砲が発射され、マックルズフィールド騎馬隊のバンドが英国の国歌 (God Save the King) を演奏し、そのあとで経営者やお偉方が晩さん会のために市役所 (Town Hall) に退席した。

初期の頃

運河は成功で、最初の丸 1 年間 (1832 年 3 月 - 1833 年 3 月) の操業で、 収入は £6,000 以上あった。

1838 年までに、運河会社は拡張することを考えており、 炭鉱の便宜のために バグロートン (Buglawton) からビダルフ (Biddulph) までの 支線の建設を考えた。 最初は運河として、後には鉄道として提案されたが、計画は 株主からの熱烈な支持がなかったため、まもなく中断された。 株主は利益を再投資するよりは、 もっと実体のある配当を望み、鉱山の所有者からの利益を 望まなかったのである。

同じ年に会社はトレント・マージー運河会社と手を合わせ、 ミドルウィック (Middlewich) からオルトリンシャン (Altrincham) に至る運河を開く動きに関して反対し、 これは成功であった。

鉄道の到来

非常に多くの英国の運河と同様に、 鉄道の到来は運河の凋落となった。

1845 年までに、鉄道との競争の恐れが大きくなり始め、 トレント・マージー運河が鉄道会社と合併する提案も不安の原因となった。

同時に、マックルズフィールド運河はレジャー市場への多角化をすでに始め、 将来的には非常に大きな部分を占めることになる分野である。 運河がしたことは、速いパケット・ボートをレジャー用に就航し、 ピーク・フォレスト運河のデューキンフィールド・ジャンクションの近くにある (現在は閉鎖された) デューキンフィールド鉄道の駅からディズリー (Disley), ライム・パーク (Lyme Park) そしてマックルズフィールド まで 1 マイル当たり 1-1½d (ペンス)で乗客を輸送した。

訳注
  1. Packet boat (パケット・ボート) によると、パケット・ボートとは元々はパケット (小荷物) を運ぶ (沿岸を就航する) 郵便船で、後に乗客も乗せるようになったとしており、 帆船の絵が書いてある。ブリッジウォーター運河では 19 世紀中頃に 運河で蒸気船が使用されていることが記述されているので、この場合のパケット・ボートも蒸気船かもしれません。
  2. いつ頃からされているのか分かりませんが、 ミディ運河には『「郵便馬車」事業』がありました。 当時の郵便は馬車により配送されていましたが、 馬車の代わりに運河の船で郵便を配送するのがミディ運河の『「郵便馬車」事業』です。 蒸気動力を使用するのではなく、馬を 10km に 1 度替える方式を取っていました。 これだと平均時速 10km を越えるそうです。重い荷を運ばなければこの程度の速度は出るのです。 上で述べている「パケット・ボート」はこの方式かもしれません。 なお蒸気機関車の初期の頃にも乗客と郵便を運ぶ列車と貨物列車を 牽引する蒸気機関車は違うものを使用していました。 (鉄道輸送の歴史を参照。)

会社は、鉄道と真っ向から競争することは失敗になると考え、 1845 年の 10 月に ノース・スタッフォードシャー鉄道と交渉を開始した。 この会社からの提案は株主によって拒否された。

しかしながら、1846 年の 6 月までに会社は、 「シェフィールド・アシュトン=アンダー=リン & マンチェスター 鉄道」 (Sheffield, Ashton-under-Lyne and Manchester Railway) と別の取り決めを交渉した。 この取り決めの条項により、鉄道会社は運河を永久に借り受け、1 株あたり年間で £2 10s を支払った (これは運河会社がこれまで支払ってきた配当にほぼ等しかった) 。

所有権の変更

運河を借り受けた時「シェフィールド・アシュトン=アンダー=リン & マンチェスター 鉄道」自身は 他の鉄道会社と合併を交渉中で、その最終段階にあった。 1847 年の 1 月 1 日に運河の所有権は「マンチェスター・シェフィールド & リンカーンシャー 鉄道」 (後に 「グレート・セントラル 鉄道」と名前を変えた) に移った。

1912 年の 2 月 29 日に、運河のケリッジ (Kerridge) の堤防が決壊し、近くの幾つかの通りが浸水した。

終に、1923 年に再編により、「ロンドン & ノース・イースタン鉄道」に運河の所有権が移った。

国有化と凋落

第二次世界大戦以後、多くの他の運河と同様に、 運河の保守が無くなり、運河が低落し始めた。もっとも商用輸送は 1960 年代まで続いた。 閉鎖の恐れが出始め、「1968 年の輸送に関しての議会法」(1968 Transport Act) が施行された。

提案された接続

トレント・マージー運河のヘアキャッスル・トンネルが採鉱による沈下から、 永久に閉鎖する必要があるかもしれなくなった時に、 議論された 1 つの解決法は、カルドン運河 (Caldon Canal) のリーク支線 (Leek Branch) とマックルズフィールド運河のボスリーを リークそして恐らくはラッドヤード湖 (Rudyard Lake) を経由して接続することであった。 しかしながら、ヘアキャッスル・トンネルは開通したままとなった。

運河に関連する組織

マックルズフィールド運河は、英国で最も古い運河巡航クラブである「北チェシャー巡航クラブ」の拠点である。 クラブは 1943 年正式に発足したが、第二次大戦前に起源がある。 この巡航クラブは運河が閉鎖されることを防ぐ上で重要な役割を演じた。

特色

ホール・グリーン支線は元々はトレント・マージー運河が建築したものであるが、 現代の地図やガイドブックでは、しばしばマックルズフィールド運河の一部であるかのように考えられている。 ホール・グリーン停止水門は現存し、落差がおよそ 1 フィートである。 これは、マックルズフィールド運河が決壊した場合に、トレント・マージー運河の水が流れ込むことを防止するためにある。 マープルにも停止水門があるが、 2 つの運河 【訳注:ピーク・フォレスト運河とマックルズフィールド運河】 は同じ水位になるように作られており、水不足により水位が一時的に異なるようになった場合にのみ水門 (の機能が) 提供されるだけである。 水門は長い間ゲートが取り外されており、これはマックルズフィールド運河とピーク・フォレスト運河の所有者が同一なものとなってからは 不必要となったからである。 この水門の場所は、ジャンクションの橋のすぐ前にある細い水路 (narrows) である。

運河の唯一つの連続水門はボスリーにあるもので、ナロウ運河としては風変わりで、 上流側も下流側もマイター・ゲート 【訳注:上流に尖った二枚ゲート】である。 ナロウ運河では上流側ゲートは普通は一枚ゲートである。

マックルズフィールド運河にはトンネルがないが、幾つかの印象的な盛土がある。 たとえは上層区間にはボリントン (Bollington) とハイ・レーン (High Lane) にあり、 下層区間にはデイン川 (River Dane) の上にある。

マックルズフィールド運河は、優雅な移動橋 (roving bridge) で有名で、 地元では「蛇の橋」(snake bridge) と呼ばれる。


マックルズフィールド運河の移動橋