ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Benjamin Outram - Wikipedia
ベンジャミン・ウートラム (Benjamin Outram)

ベンジャミン・ウートラム (1764 年 4 月 1 日 - 1805 年 5 月 22 日) はイングランドの土木技術者、測量技術者、そして実業家であった。 彼は運河とトラムウェイ建設の開拓者であった。

  1. 私的人生
  2. 経歴
私的人生

彼はダービーシャー (Derbyshire) のアルフレトン (Alfreton) で生まれ、 父親のジョセフ・ウートラム (Joseph Outram) の仕事の手助けをすることで、自分の経歴を開始した。 父親は自分のことを 「農業家」 と述べているが、 父親の仕事には:不動産業、「囲い込み」委員 -- 「囲い込み」から生じる多くの紛争を仲裁する --、 土地管理のアドバイザー、新しい鉱山の測量技術者、有料道路の受託者、があった。

1836 年には彼の息子のジェームス・ウートラムが生まれ、 ジェームスはインド陸軍の将軍になり、後にナイトの称号を受領した。

彼は 1805 年にロンドンを訪問中に「脳炎」 (脳卒中) でなくなった。 彼の死後、多くの訴訟があり、その後 1807 年に「ベンジャミン・ウートラム会社」はバッタリー会社に改名された。

彼の死後、彼の妻のマーガレット (1778 年 - 1863 年) -- ジェームス・アンダーソンの娘 -- は次のように書いている:ウートラムは 「気性がとても短気で、他の人よりも自分の優越性を考えていた。 命令することに慣れていた、馬鹿げたことや、ぐずぐずしたことに少しも寛大ではなかったし、 意地悪いことや、どのような寛容さのなさに対しても寛大ではなかった。」

彼の能力にもかかわらず、彼の妻と家族は彼の死後しばらくの間、法廷で債務の決着がつくまでは、ほとんど貧乏な状態になった。 彼女はエジンバラで亡くなり、セント・ジョン教会の墓地のより下のテラス (段) の一つに埋葬されている。


マーガレット・ウートラムの墓
エジンバラ、セント・ジョン教会
経歴
初期の経歴

ジョセフ・ウートラムはクロムフォード運河の推進者であった。 ウィリアム・ジェソップがこの運河をデザイン・建設するために、ここに寄った時に、 彼は 24 才のベンジャミンを助手として使えることに気が付いた。 運河の建設、とりわけバッタリー・トンネルの建設によって、随分と多くの金属の鉱床が見つかった。 隣接するバッタリー・ホール (バッタリー邸宅) と 200 エーカー (0.81 km2) の地所が、 この時売りに出された。 フランシス・ベレスフォード (Francis Beresford) は運河会社の弁護士をしており、 ホールの自由保有権 (freehold) と地所を購入した。 彼はウートラムが 50% の資金を手に入れることができるまで、不動産の半分をウートラムに貸与した。

確立された運河技術者且つ鉄道技術者

これが鉄工場 -- 1790 年に操業を開始したベンジャミン・ウートラム会社 (Benjamine Outram & Company -- の始まりである。 翌年に、ウィリアム・ジェソップとノッチンガムの銀行家であるジョン・ライト (John Wright) も共同事業者となった。名目資本 £6000 から出発し、ウートラムは会社の経営をまかされた唯一人の共同事業者であり、 弟のジョセフが助けた。 時間と共に、事業は石灰の石切り場、石灰釜、炭鉱、鉄鉱山 (ironstone pit) を含むことになった。

ウートラムは断面が L 字型のレールを使用したトラムウェイ建設を先導する唱道者となった。 レールはワゴン (貨車) と共に彼のバッタリー鉄工場で製造された。 彼の最初のトラムウェイは長さが 1 マイル (1.6 km) よりもわずかに長く、 石灰岩をクリック (Crick) の石切り場からクロムフォード運河のブルブリッジ波止場 (Bullbridge Whalf) まで運び、 彼の工場で使用した。

1792 年に彼はノッティンガム運河の技術者となり、1793 年にはダービー運河の技術者となり、 その間にナットブルック運河 (Nutbrook Canal) でも働いた。

彼の重要な仕事の 1 つは長さが 44 フィート (13 m) のダービー運河 の単一スパンのホームズ水道橋 (Holmes Aqueduct) であり、最初の鋳鉄製の水道橋の 1 つであった。 これはベンジャミン・ウートラム会社で鋳造されたもので、 トーマス・テルフォードの ロングドン=オン=ターンにおけるシュルーズベリー運河のより長い水道橋よりは、 1 ヶ月先んじていた。これには問題が多く、1802 年、1812 年、1930 年に随分多くの補修工事が必要となり、 まもなく 1971 年に取り壊された。

ダービー運河の重要な延長はリトル・イートン・ギャングウェイ (Little Eaton Gangway) で、 これはクリックにおけるものと類似なダービー運河の支線であった。 このようなトラムウェイは彼の後の運河では重要な部分となった。 トラムウェイがウートラムの苗字に由来すると一般的に誤解されているが、 この言葉は実際は低地ドイツ語 (Low German) の 「traam」 から来ており、 この意味は (手押し一輪車の) ビーム (梁) である。 ウートラムは常にトラムウェイのことを鉄道 (railway) と呼んだ。

リトル・イートン・トラムウェイ
のワゴンのレプリカ
リトル・イートン・ギャングウェイ

ウートラムはハダースフィールド・ナロウ運河建設のコンサルティング・エンジニアであり、 ここには先駆的なスタンデッジ運河トンネルが含まれていた。 1794 年に彼はピークフォレスト運河の技術者となり、ここにはマープル水道橋が含まれていた。 バグスワースからの上りは 6 マイル (9.7 km) のピークフォレスト・トラムウェイで切り抜けた。 このトラムウェイの Stodhart トンネルはダービーシャーでは最初の鉄道トンネルである。 1796 年に彼はマンチェスター・ボウルトン&ベリー運河 (Manchester, Bolton and Bury Canal) の建設を完成するための余分の資金を報告している。 1798 年にアシュトン運河の最後の区間を完成するために留任させられた。 アシュトン運河にはストア・ストリート水道橋があり、 最初に斜めアーチの問題を解く必要があった。

ウートラムはアッシュビー=デ=ラ=ゾウチ運河 (Ashby-de-la-Zouch Canal) の鉄道も作り、 例えばティックナル・トラムウェイ (Ticknale Tramway) などがある。 またマンマスシャー・ブレコン運河 (Manmouthshire & Brecon Canal) の鉄道に関しても忠告を求められた。 彼は導入の数年以内に鉄道は主要な輸送方法になるであろうと予測した。 1791 年にアッシュビー=デ=ラ=ゾウチ運河鉄道を 4 フィート 2 インチのゲージで建設中に、彼は次のように書いている: 「多くの大だるや小包は ... ダービーやクリックよりも... 広い車両が必要である」 そして 「すべての広範囲にわたる鉄道の幅を同じにして、この幅は交易のいかなる目的にも十分なようにする方が望ましい。」

彼の突然の死は、遺言がなく、会社の業務を解決するのに随分と混乱があり、 会社の業務と、彼の妻と家族の債務の決着がついたのは 1815 年になってからであった。