ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Little Eaton Gangway - Wikipedia

ギャングウェイとは「道」のことで、今の場合はワゴンウェイあるいはトラムウェイと呼ばれるものです。

リトル・イートン・ギャングウェイ
(Little Eaton Gangway)

リトル・イートン・ギャングウェイ、あるいはその公式名を与えれば、 ダービー運河鉄道 (Derby Canal Railway) は狭軌の産業ワゴンウェイで、 ダービー運河に貢献し、 イングランドのダービーシャーのリトル・イートンにあった。


1908 年のリトル・イートン・ギャングウェイ
積載した石炭ワゴンの最後の列車
  1. ダービー運河
  2. 建設
  3. 退潮
ダービー運河
ダービー運河を参照。

1792 年に、ベンジャミン・ウートラムはブロード運河 (broad canal, 幅広運河) の計画準備を依頼され、 これはデンビー (Denby) の近くでスワークストーン (Swarkestone) からスミシー・ハウシズ (Smithy Houses) に至るもので、 ダービーからサンディエイカー (Sandiacre) のエレウォッシュ運河 (Erewash Canal) に至る支線があるものであった。 ウートラムはこの運河を £60,000 と見積もった。 元々の報告はそのうちに失われ、日付と署名された地図がダービーシャーの記録事務所 (Derbyshire Records Office) に現存するのみである。 ウィリアム・ジェソップは 1792 年 11 月 3 日にウートラムの提案を確認した。 1793 年のダービー運河議会法はリトル・イートンのダービー運河と北の炭鉱の間の鉄道接続を認可した。 ワゴンウェイは運河の波止場から 4 マイル (6 km) を スミシー・ハウシズ (Smithy Houses) まで走り、更にもう 1 マイル、デンビー・ホール炭鉱 (Denby Hall Colliery) まで走った。 更に短い支線がソルターウッド・ノース炭鉱 (Salterwood North) とヘンムーア (Henmoor) 炭鉱に貢献し、 これがデンビー陶器 (Denby Pottery) に貢献したことは言うまでもなかった。

この長さ 5 マイル (8 km) の鉄道 (plateway) の目的は、 キルバーン (Kilburn) とデンビーからリトル・イートンの運河まで石炭を運ぶことで、 そして一般商品も運び、これには石、陶器、木靴 (clogs of wood) も含まれていた。

建設

ウートラムの元々の計画では普通のワゴンウェイで木造枕木のもので、 オーク製レールが鋳鉄製プレートで補強されたものであった。 これにより、広告が 1793 年 8 月 16 日 「リンカーン & スタンフォード・マーキュリー紙」 (Lincoln & Stamford Mercury) が登場し、オークの枕木が 4 フィート 6 インチ (1.37 m) で両端が四角くなり、 長さが 9 インチ (230 mm) となることが広告された。

訳注
少し理解しにくいが、レールは 4 フィート 6 インチ × 9 インチ の長方形が並んだ形をしているようです。

しかしながら、鉄道が承認されるまでに、ウートラムは、 彼の名前と関連させられるフランジの付いたレールを使用することを決定した。 この点で彼はウェイアム・ジェソップ (1754 年 - 1814 年) とジョセフ・バトラー (Joseph Butler) に強く影響されたかもしれない。 バトラーはチェスターフィールド (Chesterfield) の近くのウィンガーワース (Wingerworth) に在住で、 1788 年に類似の鉄道を建設した。 バトラーはダービーシャーでこれを実施し、レールを供給した最初の人であったと信じられており、 ウートラムの工場のレールは使用しなかった。 ウートラムは自分が枕木に石のブロックを使用した最初の人であると考えていた。 これらは 6 インチ (150 mm) の穴が開けられ、ここにオークの差し込み (plug) が設置された。 鋳鉄製のレールは普通は長さ 3 フィート (彼は求められれば長さ 4 フィートのレールも製造) で、 断面が L 字型であり、 レールの端の刻み目 (notch) に大クギ (spike) で取り付けた。 線路は元々 3 フィート 6 インチ (1,067 mm) のゲージであったが、 後に時期が不明な時に、 4 フィート (1,219 mm) に増大された。

軌道を建設するために使用された鋳鉄製プレート (plate, 厚板、レールの事) は当初 1 ヤードあたり 28 ポンド (12.9 kg/m) であったが、 これは 1804 年以後に製造されたプレートでは 1 ヤードあたり 40 ポンド (19.8 kg/m) に増大した。 1825 年までに、単線軌道の 9 ヶ所にすれ違い場所があり、 2 トンの貨車 (ワゴン) を運んだ。 各貨車 (ワゴン) は石炭ボックス (box, 箱) を運び、 石炭ボックスは 1.65 トンから 1.87 トンを積載した。 石炭ボックスはリトル・イートン波止場で、クレーンによってハシケに移した。 スミシー・ハウシズ (Smithy Houses) からは、幾つかの私的鉄道がダービー・メイン炭鉱と この地方の他の炭鉱に貢献した。 1827 年から 1829 年にかけて、更に延長され、 路線が次の炭鉱との接続を提供するために建設された: ハリソン (Harrison), パチソン (Pattison) 及びダベンポート (Davenport) の所有した炭鉱、 キルバーン炭鉱 (Kilburn colliery) とソルターウッド立て坑 (Salterwood pit)。

ミッドランド鉄道トラストのワゴン (貨車) のレプリカ

ワゴンは、ウートラムのバッタリー工場で建設され、 車台 (chassis) あるいはトラム (tram) にゆったりと搭載されたコンテナーから構成されていた。 車台には 4 つの鋳鉄製の車輪がついていた。 コンテナーはリトル・イートンで持ち上げられ、 ナロウ・ボートに完全積載されるか、道路で運ぶために 2 輪馬車に移された。 リトル・イートンからの運河で、ダービーのガンジス波止場 (Gandy's Wharf) に至り、 運河網あるいは道路により、先に配送され、 コンテナー化システムの初期の実例である (最初の実例はブリッジウォーター運河)。

ギャングウェイと運河のリトル・イートン線は 1795 年に開通し、 儀式的なファンファーレがあり、貨車 (ワゴン) はお偉方とバンドのために 椅子が据え付けられ、バンドはこの日を記念した。デンビーからの最初の石炭はダービーの貧しい人々に配布された。

退潮

ミッドランド鉄道が 1856 年にリプリー (Ripley) への支線を建設した時に、 ギャングウェイはそのトレードの大半を失い、ついに 1908 年に閉鎖した。

線路後は新しい道路 A61 に使用され、コックスベンチ (Coxbench) を経由する古い道路を迂回した。 これは、今度は、20 世紀末に A38 基幹道路でとって代わられ、B6179 道路に陥落した。 従って、3 世代のハイウェイが鉄道の遺構と共に並んでいる。

ギャングウェイの残された唯一の痕跡は: 最初の写真に見られる波止場の建物、 ジャック・オダーリー橋 (Jack O'Darley bridge) の最も東端のアーチ、 ボトル川 (Bottle Brook) にかかる他の 2 つのアーチ橋、 そして近くの壁に使用された幾つかの枕木用の石。 この時代のギャングウェイの歴史のワゴン (貨車) は ボサムサル (Bothamsall) のラウンドホール (Lound Hall) の 国立鉱山博物館 (National Mining Museum) で保存され、 今では国立鉄道博物館 (National Railway Museum) にある。

リトル・イートン・ギャングウェイの貨車 (ワゴン) のレプリカは リプリーの近くのミッドランド鉄道トラスト (Midland Railway Trust) で展示されている。