ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Butterley Company - Wikipedia

バッタリー・ホール: Google map (最初の会社の建物、現在はダービーシャー州警察本部)
(ダービーシャー州リプリー (Ripley))

バッタリー会社 (Butterley Company)

バッタリー会社は 1790 年にベンジャミン・ウートラム会社として設立されたイングランドの製造会社であった。 一部分は 2009 年まで継続した。


バッタリー・エンジニアリング
訳注
厳密にはバッタリー・エンジニアリングは 20 世紀にバッタリー会社を分割してできた会社ですが、 バッタリー会社のコアの部分と思われます。残念なことにこの会社は 2009 年に取り壊されました。
  1. 起源
  2. 初期の頃
  3. 20 世紀
  4. 21 世紀
起源

ダービーシャー州のこの地域は鉄鉱石の露頭で知られており、 少なくとも中世以来開発されてきた。 ノルマン征服のあとで、近くのダフィールド・フリス (Duffield Frith) はド・フェラーズ家 (de Ferrer's family) の所有物で、彼らはノルマンジーの製鉄業者であった。

1793 年にウィリアム・ジェソップベンジャミン・ウートラムの助けを借りてクロムフォード運河を建設し、 ピンクストンとクロムフォードをエレウォッシュ運河に接続した。 クロムフォード運河のバッタリー・トンネルを掘削中に石炭と鉄を発見した。 幸運にもバッタリー・ホールが空き家となり、 1790 年にウートラムはフランシス・ベレスフォードの資金援助により、家屋と地所を購入した。

翌年、彼らにジェソップとジョン (John) が加わった。 ジョンはノッティンガムの豊かな銀行家であるイカボド・ライト (Ichabod Wright) の孫で、 ベレスフォードの娘と婚約し、バッタリー・パーク地所を所有していた。 1793 年にフランス革命戦争が勃発し、1796 年までに高炉は年間 1000 トン近くの鋳鉄を生産していた。 次世紀の 10 年代に会社は拡張し、 コッドナーのコッドナー・パーク (Codnor Park) に別の工場を作った。 どちらの工場にもこの時点で 2 基の高炉があり、生産量は年間でおよそ 4500 トンに上昇した。

初期の頃

ウートラムは 1805 年に亡くなり、 会社名がバッタリー会社に変更され、ジェソップの子息の一人 -- 同名のウィリアム -- が引き継いだ。

会社はクリックにある「ヒルトの石切り場」 (Hilt's Quarry) も所有し、石灰岩を供給したが、これには以下の用途があった: 製鉄所用、ブルブリッジの石灰釜用、農業用、増大する建築工事用。 (石切り場から) ブルブリッジのクロムフォード運河までの急なワゴンウェイはバッタリー・ギャングロードと呼ばれ、 世界で最も古い現存する鉄道トンネルがフリッチリー (Fritchly) にある (1793 年建設)。 1812 年に会社の技術者であるウィリアム・ブラントン (William Brunton) は注目すべき蒸気機関車 「蒸気馬」を建造した。

1817 年にナポレオン戦争に続く不況で、 バッタリー工場はペントリック革命 (Pentrich Revolution) の舞台になった。反乱軍の意図は 3 人の上級マネージャーを殺害し、 武器を求めて工場をあさり回ることであった。 彼らが来た時に、工場の代理人であるジョージ・グッドウィル (George Goodwill) が立ちはだかった。彼は数人の巡査と共に彼らを見下ろした。 この事件に関してはほとんどわかっていないが、 グッドウィンが立ちはだかった六角形の事務所は工場構内の指定建造物である。

これに続き、英国は長い繁栄期を迎え、会社もこれに追随した。 1830 年に、会社はイースト・ミッドランズで最大の炭鉱所有者で、 2 番目に大きな製鉄業者であった。 この時までに、会社は随分大量の、石灰岩の石切り場、炭鉱、鉄鉱山を所有し、 コッドナー・パークに第 3 の高炉を設置した。

ポード・ホール (Pode Hole) にある二基の排水エンジンの一基と 「ピンチベック・エンジン (Pinchbeck Engine) 土地排水博物館」のエンジンはバッタリー会社で製造され、 更にはスクープ・ホイール・ポンプも製造された。


ピンチベックにある 1833 年のバッタリー A フレーム・エンジン。
元の場所にある A フレーム・エンジンとしては最も古いものと思われている。
訳注
スクープ・ホイール・ポンプ (Scoop wheel pump) とは水車と形が似ているが、 動力を使用して水を汲み上げるもの。(水位の差があまり大きない場合のみ使用可。) 初期のものは風力、その後は蒸気力に依存している。 19 世紀中頃に 遠心ポンプに取って代わられた。

彼らは非常に色々な製品を製造し、 ワゴンウェイのレールから茶壷の加熱器まで作った。 トーマス・テルフォードカレドニア運河は バッタリー会社で鋳造された部品を使用した水門ゲートと機械を使用した。 またジェソップによりデザインされた蒸気浚渫機を二台製造した。 会社は蒸気機関車も製造したが、大半は自社で使用した。 しかしミッドランド・カウンティズ鉄道 (Midland Counties Railway) のために二台を提供した。

会社は新しい鉄道に必要な鋳造品をすべて製造し、完全な二本の鉄道を製造した: クロイドン・マーズサム・ゴッドストーン鉄道 (Croydon, Merstham and Godstone Railway) 及び、 クロムフォード & ハイ・ピーク鉄道 (Cromford and High Peak Railway)。 後者の巻き上げエンジンがワークズワース (Wirksworth) の近くのミドルトン・トップ (Middleton Top) で機能する状態で保存されている。

会社は 1856 年に鋼製造のための新しいベッセマー工程に素早く投資し、 サー・ヘンリー・ベッセマーが新しい方法を発表した 1 ヶ月以内にライセンスを所得した企業 4 社のうちの 1 社であった。 ライセンスは国中に広まり、ライセンスを受けた人の利益を守った。

注目に値する複数の特許が会社のマネージャーであるサー・ジョン・アレン (Sir John Alleyne) によって所得された。 1859 年 12 月に、 アレンは耐負荷鉄ビーム (beam = 梁) を製造する特許を取り、 これはバッタリー・バルブ (Butterley Bulb) と呼ばれ、 多くの初期の鉄の船に使用された。 このような船に 1861 年の HMS ウォリアー (HMS Warrior) が含まれていた。 1861 年にアレンは熱いインゴットを一台のローラーの回りを動かし、 一人が監視するだけでよくなる方法の特許を取った。 鋼製造の工程では、インゴットは繰り返し複数のローラーを通す必要があり、 一人の人間のみが必要であれば、生産効率が随分向上した。 1863 年までに、 会社は国中のすべての鋳造所の中で最大量の鉄を製造していた。 最も有名な建築物の中にセント・パンクラス駅のバーロー・ トレイン・シェッドがあり、 これは 240 フィートのスパンがある。


バッタリー会社のプレート
セント・パンクラス駅

アレンの次の発明は二台の高速逆向き圧延機で、 1870 年に特許が取られた。 これは二台の蒸気エンジンを使用して、繰り返しローラーを通して、 正しいサイズと断面にするものであった。 この技術では鋼を移動して、ローラーに再進入する必要がなく、 単に一旦通り抜けたローラーに逆向きに移動するだけであった。

広いレンガ工場もあり、鉄道・何千もの工場・住居のためにレンガを製造した。

1874 年に会社の労働者は待遇改善を求めて闘い始めた。 会社は 1874 年 5 月 5 日に理由なしに 11 名を解雇した。

20 世紀

1950 年代の絶頂期に会社は、およそ 1 万名を採用していた。

1957 年に、米国のエアー・プロダクト社と共同事業を始め、 エアー・プロダクト社が英国に設立される手助けをした。

1960 年代初頭に、会社は機関車製造業者の F. C. ハイバード社 (F. C. Hibberd & Co Ltd) を買収した。

1965 年にコッドナー・パーク工場が閉鎖された。

会社は 1966 年に £470万でロード・ハンソン社 (Lord Hanson) に買収された。 会社はその後、分割され、バッタリー・エンジニアリング、 バッタリー・レンガ、バッタリー骨材になった。 ウートラムの家で、後に会社の事務所となったバッタリー・ホールは売却されて、 ダービーシャー州の警察本部になった。 1980 年代の中頃に鋳造所が閉鎖された。 余剰の建物が取り壊された時、1790 年の元々の高炉がむき出しになった。

1790 年の高炉。1986 年の建物
の取り壊しでむき出しになった。
1988 年にクレーンが
陸上輸送される準備。
21 世紀

会社 【訳注:バッタリー・エンジニアリングのこと】 は 21 世紀に入り、 橋、オーバーヘッド・クレーン、構造鋼鉄製品によって確立された名声を保持していた。

会社の名声あるプロジェクトの一つはファルカーク・ホイールで、 これはスコットランドのファルカークのボートリフトで、 遺棄された 11 基の水門の代わりに フォース・クライド運河ユニオン運河を再接続するものであった。 RMJM の建築家によりデザインされ、千年紀委員会により資金供与された。


ファルカーク・ホイール

会社はポーツマスのスピンネーカー・タワーも建設した。

2009 年 3 月 5 日に、会社は管理下におかれた。 管理者が述べることによれば 「この会社はとりわけ専門化した事業で、景気下降にはもろいことが判明した。」

工場の取り壊しは 2009 年の 11 月と 12 月に実施された。 取り壊しと工場の写真による記録はアディットナウ (Aditnow) のサイトにある。 複数の高炉、運河トンネルの部分、そして地下の波止場は 2013 年にモニュメント一覧 (scheduled monument) に指定された。

訳注
アディットナウ (Aditnow, 横坑道の今) は鉱山の歴史を扱ったサイトです。 原文には次のリンクが掲載されています。
Butterley Ironworks Iron Smelt Mill (United Kingdom)
これよりは次のページの方がよくできています。BBC のページで、バッタリー工場の取り壊しの動画も見れます。(BBC のニュース)
In pictures: A short history of Butterley Engineering