ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

William Jessop - Wikipedia
ウィリアム・ジェソップ (William Jessop)

ウィリアム・ジェソップ (1775 年 1 月 23 日 - 1814 年 11 月 18 日) はイングランドの土木技術者で、運河と港の工事、 そして 18 世紀末から 19 世紀初めにかけての初期の鉄道工事で最もよく知られていた。

  1. 初期の人生
  2. アイルランドのグランド運河
  3. 他の技術者との関連
  4. クロムフォード運河
  5. バッタリー会社
  6. グランド・ジャンクション運河
  7. 西インド・ドックス (West India Docks)
  8. サリー鉄道
  9. 後の人生
  10. 思い起こすもの (レガシー、legacy)
  11. ジェソップの技術計画の一覧
初期の人生

ジェソップはデヴォン州 (Devon) デボンポート (Devenport) で生まれ、海軍造船所の造船工の長であるジョサイアス・ジェソップ (Josias Jessop) の子息として生まれた。 ジョサイアス・ジェソップはルディヤード (Rudyerd) の塔 -- エディストン岩の上の灯台 -- の修理と保守の責任を負った。 彼は 1755 年までの 20 年間この仕事を実施したが、この時灯台が焼け落ちた。 指導的な土木技師であるジョン・スミートンが新しい石の灯台の計画を描き、 ジョサイアスは建設工事の監督責任を担った。 2 人は親密な友人となり、灯台の完成後の 1761 年にジョサイアスが亡くなった時に、 ウィリアム・ジェソップはスミートンの弟子として引き受けられ (スミートンはジェソップの後見人でもあった)、 ヨークシャーの色々な運河の計画で働いた。

アイルランドのグランド運河

ダブリンのグランド運河

ジェソップが実施したことで知られている最初の大工事はアイルランドのグランド運河である。 これは 1753 年に政府の計画として開始し、 ダブリンを起点とする 14 マイル (21 km) の運河の建設に 17 年かかった。 1772 年に、私企業が運河を完成するために作られ、 ジョン・スミートンに相談した。スミートンはジェソップを派遣して、 主要技術者として計画のコントロールを任せた。 ジェソップは運河の計画された路線を再測量し、運河はレンスター水道橋 (Leinster Aqueduct) でリフィー川 (River Liffey) で横断した。 彼は大きな「アレンの沼地」(Bog of Allen) を横断して運河を通した。 これは、ジョージ・スチーブンソンによるリバプール・マンチェスター鉄道のチャット・モス沼地の横断と比較できる偉業である。 運河は高い盛土によって沼地を通過した。 ジェソップは水源を見極めて、貯水池を建設し、干上がる恐れがないようにした。 ジェソップは重要箇所の詳細を見届けてから、イングランドに戻り、代理に運河の工事の完成をまかせた。 これは終に 1805 年に完成した。 ジェソップは 1787 年までアイルランドのこの運河に密接に関連していたようで、 その後は他の仕事が舞い込んだ。

他の技術者との関連

ジェソップはとてもつつましやかな人で、 自分の力と影響を求めようとはしなかった。 他の技術者と違い、 彼は若い技術者を育てることで守りにきゅうきゅうとすることはなく、 むしろ奨励した。彼はまた、もしも忙しすぎて自分に任された仕事を受理できなければ、 他の技術者を推薦した。 彼はランカスター運河会社に技術者としてのポストにジョン・レニーを推薦した。 この任命により、ジョン・レニーは名声を確立した。 ジェソップがエレスメア運河会社のコンサルティング・エンジニアであった時に、 会社は 1793 年に比較的知られていなかったトーマス・テルフォードを常駐技術者に任命した。 テルフォードは運河のデザイナーとしての経験がなかったが、 ジェソップの忠告と指導により、計画を成功させた。 会社がテルフォードの水道橋のデザインがあまりに野心的であると思った時に、 ジェソップはテルフォードを支持した。

クロムフォード運河
クロムフォード運河を参照。

1789 年にジェソップはクロムフォード (Cromgord) 運河会社の主任技術者に任命された。 提案された運河は石灰、石炭、鉄鉱石を ダーウェント峡谷 (Derwent valley) と上エレウォッシュ峡谷 (upper Erewash valley) から近くのエレウォッシュ運河に運ぶことが意図されていた。 この運河の重要な造作はダーウェント高架橋で、 これは単一スパンで、これによって運河がダーウェント川を越えた。 もう一つの重要な造作は、 バッタリー・トンネル (以前はリプリー・トンネルと呼ばれた) であった。 1793 年にダーウェント高架橋が部分的に崩壊した時にジェソップは責任を担い、 彼が前壁を十分に強固に作らなかったと言った。 彼は自分の費用で高架橋を修理・強化した。 バッタリー・トンネルは長さが 2,966 ヤード (2712 m)、幅が 9 フィート (2.7 m)、 高さが 8 フィート (2.4 m) で、 これを建設するために 33 個の立て坑を掘ることが必要であった。 ジェソップは広さが 50 エーカー (20 ヘクタール) のバッタリー貯水池をトンネルの上に建設した。

訳注
バッタリー貯水池はクロムフォード運河が作ったのではなく、ノッティンガム運河が作っている。 しかし、ノッティンガム運河の建設にもジェソップが関わっています。 ノッティンガム運河ではバッタリー貯水池の工事責任を担ったのはベンジャミン・ウートラムであるとしています。 しかし主任技術者はジェソップなのでジェソップが建設したといってもよいかも知れない。

クロムフォード運河のスケッチ
バッタリー・トンネルが見える。
バッタリー会社
バッタリー会社を参照。

バッタリー会社のプレート
セント・パンクラス駅

1770 年に、ジェソップは共同事業者の ベンジャミン・ウートラム、 フランシス・ベレスフォード (Francis Beresford)、 そしてジョン・ライト (John Wright) と共にダービーシャー州にバッタリー鉄工場を創設し、 (製造された製品は色々あるが) 鋳鉄製のエッジ・レールを製造した。 このレールのデザインはレスターシャー州のナンパンタン (Nanpantan) とラフバラー (Loughborough) の間で石炭ワゴンを馬でけん引する鉄道計画で成功裏に使用した。 ウートラムはジェソップの技術計画のために鉄製品と装置の製造にかかわった。

グランド・ジャンクション運河

オクスフォード運河ジェームス・ブリンドリーによって建設され、 イングランド南部の多くの場所に石炭を運んだ。 しかしながら、これはミッドランドとロンドンの間の十分に直線的なルートを提供していなかった。 その結果、ラグビーの近くのブラウンストンのオクスフォード運河から ブレントフォードのテムズ川まで新しい運河を走らせることが提案された。距離にして 90 マイルであった。 1793 年にジェソップは運河会社に主任技術者として任命された。 運河はとりわけ計画することが困難であった。 というのは、普通の運河は川の谷にしたがい、避けざるを得ない場合のみ分水嶺を越えるが、 新しい運河はウーズ川、ネイネイ川などの複数の川を横断しなければならなかった。 一基の水道橋がウルバートンに建設され、これによって運河がウーズ川を横断した。 3 基のアーチから成る石の水道橋が建設中には、一時的な 9 基の水門が建設され、 (川の) 一方の側で谷を下り、(反対側に出て) もう一方の側で谷を登った。 水道橋は 1808 年に失敗となり、1811 年に鉄の水道橋で置き換えた。 鉄の槽 (trough) のデザインはトーマス・テルフォードによって建設されたロングドン=オン=ターンの水道橋及び ポンテカサルト水道橋と類似な構造をしていた。 この橋はコスグローブ水道橋と呼ばれ、ベヴァン (Bevan) によってデザイン・建設された。


コスグローブ水道橋

2 つのトンネルをブラウンストン (Braunston) とブリスワース (Blisworth) に建設する必要があった。 ブリスワース・トンネルは大きな問題を引き起こし、運河の他の部分が完成した時に未完成であった。 実の所、ジェソップはトンネルを見捨て、尾根越えに運河を通すことを考えていた。 ジェソップの一時的な解決はトンネルが完成するまで尾根越えに鉄道を通して、交通を処理することであった。 グレート・ジャンクション運河はロンドンとミッドランドの交易を奨励する上で随分重要であった。

西インド・ドックス (West India Docks)

西インド・ドックスはアイル・オブ・ドックス (ドックスの島) に建設され、 ロンドン港で建設された最初の大型湿式ドックス (複数のドック) であり、 面積が 295 エーカー (1.19 km2) で深さが 2.4 フィート (7.3 m) あり、 600 隻 (の船) を収容した。 ジェソップはドックスの主任技術者で、ラルフ・ウォーカー (Ralf Walker) は彼の助手であった。


西インド・ドックス、オーガスタス・ピュージン (Augustus Pugin)
とトーマス・ローランソン (Thomas Rowlandson) (人物) による絵。
ルドルフ・アッカーマン (Rudorph Ackerman) の本
「ロンドンの小宇宙あるいはロンドンのミニチュア」から。
サリー鉄道

1799 年に別々の提案が提出された: ロンドンからポーツマスに至る運河と同じルートで馬が牽引する車両を通すためのトラムウェイであった。 提案されたサリー鉄道の最初の部分はワンズワース (Wandsworth) からクロイドン (Croydon) に至ることになり、ジェソップは 2 つの対立する計画に関しての意見を求められた。 彼はトラムウェイの方が良いと言明した。 というのは運河はあまりに多くの水を必要とし、ワンドル川 (River Wandle) の水をはなはだしく減少させるからであった。 ワンズワースからクロイドンまでトラムウェイを建設し、更にはワンズワースにベイスンを建設することが合意された。 ジェソップは 1801 年に計画の主任技術者に任命された。 1802 年にはワンズワース・ベイスンと路線が完成した。 路線のゲージには疑惑があったようで、 ある人は 4 フィート 2 インチ (1.27 m) と見積もり、 別の人は 4 フィート 81/2 インチと述べている。 1803 年には次の段階が認可された。 今度はクロイドンからマーズサム (Merstham) を経由してサリーに至るものであった。 ジェソップは再び主任技術者に任命され、子息のジョサイアス (Josias) が助手になった。 路線はマーズサムに到達したが、決してゴッドストーンに継続することはなかった。 ワンズワースからのトラムウェイの全距離は 18 マイル (29 km) であった。 トラムウェイは蒸気機関車の到来により、追い越されてしまった。

後の人生

1784 年から 1805 年にかけてジェソップはノッチンガムシャー州ニューアークに住み、そこで 2 度町長を務めた。

後年には、ジェソップはますます中風の一種に患うことになり、 1805 年に現役を終えた。 彼は 1814 年の 11 月 18 日に自宅のバッタリー・ホールで亡くなった。 ジェソップの記念碑が死の 1 年後に建立され、これはリプリー (Ripley) の東のコッドナー公園 (Codnor park) に見ることができる。 ドリス式の柱は危険なためもはや上ることができない。 彼の子息のジョサイアスは自分で技術者として成功した。

思い起こすもの (レガシー、legacy)

ジェソップは運河の技術者と後に登場する鉄道技術者の溝を埋める普通とは違う立場にある。 彼は本来あるべき永続する名声を得ることはなかった。これは彼の慎み深さによっている。 実際、彼の仕事の幾つかは不当に彼の助手であった技術者のものとされている。 ジョージ・スチーブンソンのような技術者と違い、彼は仲間の専門家たちとみっともない口論をして品位を落とすことがなかった。 彼は彼と仕事をした人や彼のために仕事をした人のほとんど誰もから高く評価されている。

ジェソップの技術計画の一覧