ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Oxford Canal - Wikipedia

運河の地図

コヴェントリー運河とオクスフォード運河の地図

を見ながら読んでください。

オクスフォード運河 (Oxford Canal)

オクスフォード運河は中央イングランドにある長さが 78 マイル (126 km) のナロウ運河で、 オクスフォードとコヴェントリーをつなぎ、バンベリー (Banbury) とラグビー (Rugby) を経由する。 オクスフォード運河はオクスフォードでテムズ川と接続し、 ブラウンストン (Braunston) 村とナプトン・オン・ザ・ヒル (Napton-on-the-Hill) でグランド・ユニオン運河と接続し、 コヴェントリーのすぐ北にあるベドワース (Bedworth) のホークスベリー・ジャンクションでコヴェントリー運河と接続している。

オクスフォード運河は主にオクスフォードシャー, ノーサンプトンシャー、ウォリックシャーの田園地帯を通過しており、 しばしば英国でもっとも風光明媚な運河の一つと思われている。

運河はかって、イングランドのミッドランズとロンドンをつなぐ重要な交易の動脈であり、 現在はプレジャー・ボートに乗る人にとても人気が高い。

ナプトン・オン・ザ・ヒルよりも北は、ウォリックシャー環状ルートの一部となっている。


ウォリックシャーのナプトン・オン・ザ・ヒル
から見たオクスフォード運河
  1. ルート
  2. 歴史
  3. オクスフォード運河遊歩道
ルート

運河はホークスベリー村の近くのホークスベリー・ジャンクション -- サットン・ストップとも呼ぶ -- で始まり、 ここでコヴェントリー運河と接続する。ここはコヴェントリーの中心地から 4 マイルの地点である。 ホークスベリーから、運河は南東に向かい、ウォリックシャーの田園地帯を 15 マイル (24 km) 進んでラグビーに至る。

コヴェントリーとラグビーの間のルートは水門のない水平区間である。 但し、ジャンクションにある停止水門は別である。 運河のこの区間の多くは 1820 年代に直線化され、 元々のそれほど直線的ではないルートの名残をいまだに見ることができる。


コヴェントリーとラグビーの間の長い区間、
ブリンクロウ (Brinklow) の近くの運河とカナル・ボート

運河はラグビーの北の部分を蛇行して抜け、 長さが 270 ヤード (250 m) の Newbold トンネルを抜け、 次にラグビーのすぐ東のヒルモートン (Hillmorton) の 3 層の連続水門に到達する。 ニューボールド・オン・エイボンの教会の構内には 1770 年代の元々のトンネルの 遺物を見ることができる。


ヒルモートンの運河と水門

ラグビーの南では運河は田園的な景色を進み、数マイルの間、折り畳んだようなルートを進み、 再び短い距離を南方に進み、ノーザンプトンシャーに入り、ブラウンストンに向かう。

ブラウンストンではオクスフォード運河はグランド・ユニオン運河のグランド・ジャンクションの区間と接続し 西に向かう。グランド・ユニオンの交通はオクスフォード運河の 5 マイル区間を共有し、 ナプトンジャンクションで分離する。ナプトン・ジャンクションではオクスフォード運河は 南方のオクスフォードとウォリックに向きを変え、 グランド・ユニオン運河のナプトン区間は北西のバーミンガムに向きを変える。

ナプトン・ヒルで繰り返し曲がったあとで、運河はナプトンの 9 層の連続水門を上昇し、 頂上区間に到達する。フェニー・コンプトン (Funny Compton) の古い船着き場跡とパブを過ぎた後で、 運河は長い掘割に進入する。ここは 19 世紀に切り開くまではトンネルであった。 この区間はいまだに「直進トンネル」とか「フェニー・コンプトン・トンネル」とか呼ばれている。 ナプトン・ジャンクションの南の区間は決して直線化されなかったので、 頂上区間はイングランドで最も曲がりくねった区間の 1 つである。 運河は 11 マイル (18 km) 離れた 2 点間を曲がりくねって進む。 これはトム・ロルト (Tom Rolt) の「ナロウ・ボート」で言及されている「11 マイルのパウンド」である。

運河は次にクレイドン (Claydon) 連続水門に到達し、クロップリーディー (Cropredy) で チャーウェル川 (River Cherwell) の流域に降下する。 (運河はこれ以降、川の流域を降下し、オクスフォードに至る。)

バンベリー (Bunbury) は、このルートの主な係留点である。 というのは、係留できる場所が比較的たくさんあり、 ここは舗装され、比較的安全な係留場所で町の中心部の ショッピング・センターのそばにあるからである。 バンベリーは他のいくつかの町と違い、 運河を奨励すべき呼び物として扱い、 避けるべき目障りなものと扱わなかった。 しかも古いボートヤード (boat yard, ボートの造船所) を「トゥーリー (Tooley) の歴史的ボートヤード」 として 開発に組み入れたのである。 4 マイル (6.4 km) 南に進めば、トワイフォード・ワーフ (Twyford Wharf) と 呼ばれる村落に近づく。 ここでは 60 フィート (18 m) のナローボートの向きを変えることができる。 30 分歩けばキングス・サットン (Kings Sutton) とアダーベリー (Adderbury) の 2 つの村がある。どちらの場所にも少々パブがある。

   
バンベリーのオクスフォード運河
2010 年 12 月 19 日に凍結
バンベリーのオクスフォード運河、秋

オクスフォードでは運河は 2 箇所でテムズ川と接続している。 最初は市の 4 マイル北でデュークス・カット (Duke's Cut) が キングス・ロック (King's Lock) に接続し、 第二は市の中心部から数百ヤード離れた場所で、 オクスフォードの鉄道駅がある場所でイシス (Isis) 水門 (ボート乗りはラウス (Louse, しらみ) 水門と呼ぶ) の下流にある スリープウォッシュ・チャンネル (Sleepwash Channel) を抜けるものである。 これにより、テムズ川のオスニー (Osney) 水門の上流の「4 つの川」 と呼ばれるテムズ川の異常な川の交差路に到達する。


北オクスフォードのアリストットリー・ブリッジ
(Aristotle Bridge) におけるオクスフォード運河

イシス水門の下流を 330 ヤード (300 m) 進むと オクスフォード運河はハイス・ブリッジ・ストリート (Hythe Bridge Street) で突然おしまいになる。 これは現在のキャッスル・ミル・ストリームを越えるハイス・ブリッジの近くにあった。 キャッスル・ミル・ストリームはテムズ川のよどみで、 オクスフォード運河の南端と平行に走っている。 昔はオクスフォード運河はハイス・ブリッジ・ストリートの下を抜けて、 この南にある方向転換用のベイスンと物資の船着き場に到達した。 これは更にウスター (Worcester) ストリートの橋を経由して継続し、 ニュー・ロード (New Road) のそばの石炭の船着き場で終了していた。 1951 年に船着き場は埋め立てられ、今やナフィールド大学 (Nuffield College) がその場所にある。

歴史
建設

オクスフォード運河は 20 年以上の期間にまたがり、段階を追って建設された。


オクスフォード運河は主にオクスフォードシャー,
ノーサンプトンシャー、ウォリックシャーの田園地帯を通過しており、
しばしば英国でもっとも風光明媚な運河の一つと思われている。
1790 年のオクスフォード運河の建設はバンベリーの成長を
促した。写真はバンベリーのトゥーリーのボートヤードで撮影

1769 年に、 議会法によりオクスフォード運河の建設が認可された。 これを議会で助成したのはサー・ロジャー・ニューディゲイト下院議員 (Sir Roger Newdigate MP) であり、 彼が運河会社を統括した。 目的としたことは、イングランドの産業地帯であるミッドランズとロンドンをテームズ川を経由して接続することであった。 工事はまもなくコヴェントリーの近くで始まった。

ルートの測量と最初の工事は元々は、 名高いエンジニアであるジェームス・ブリンドリー (James Brindley) によって監督され、 サミュエル・シムコック (Samuel Simcock) が助手を務めた。 サミュエル・シムコックはブリンドリーの義理の兄弟であった。 ブリンドリーは 1772 年に亡くなったが、シムコックが引き継ぎ、運河を完成した。 1774 年に運河はナプトンに到達していたが、会社の資金がなくなりかけていた。

1775 年に、第二の議会法が通過し、会社がもっと資金を集めることができるようになった。 工事がまもなく再開し、1778 年には運河はバンベリーに到達していた。 資金難から、オクスフォードまでの最後の区間の工事は 1786 年まで開始しなかった。

バンベリーからオクスフォードまでの最後の区間はできる限り安上がりに建設した。 多くの節約方式が使用された。 可能な限り、高価なレンガの橋の代わりに木製の旋回橋が作られた。 可能な限り、深い水門が使用され、ダブル・ゲートではなくシングル・ゲートにした。

シップトン・オン・チャーウェル (Shipton-on-Cherwell) におけるチャーウェル川の区間が運河に組み込まれた。 これは建設費用を削減するが、川の状態により運河を使用することがより難しくなる。 これは偽りの節約で、逆効果は今日に至るまで継続している。

オクスフォード運河は 1789 年にオクスフォードの郊外に到達した。 このとき、石炭の船着き場がヘイフィールド・ハット (Hayfield Hutt) -- 現在のヘイフィールド・ロード (Hayfield Road) -- に開業した。 オクスフォードの中心地までの最後の区間は、 1790 年の 1 月 1 日に儀式的に開通した。

商用利用

これに続く 15 年間の間、オクスフォード運河は英国で最も重要で、最も利益を生む輸送の接続の一つであり、 ロンドンとミッドランズの商用輸送の大半がこのルートを使用した。 主な物資はウォリックシャーの石炭であった。 石や農産物なども輸送した。

ロンドンとミッドランズのもっと直接的なルート -- グランド・ジャンクション運河 -- が 1805 年に完成した。 ロンドンに向かう輸送の多くがこの速いルートに変更した。 これはテムズ川を避けるためで、テムズ川にはまだ噴出水門が多く残っていたからである。 これにより、オクスフォード運河のナプトン以南の輸送が随分減った。 しかしながら、ブラウンストンとナプトンの区間はウォリック・ナプトン運河とグランド・ジャンクション運河のリンクとなり、 バーミンガムとロンドンの間の忙しい直接ルートの一部となった。

グランド・ジャンクション運河とオクスフォード運河は激しい競争関係にあった。 議会がグランド・ジャンクション運河建設の議会法を考察したときに、 オクスフォード運河は成功裏に請願して、 ナプトン南部の輸送がなくなることを補償させるために グランド・ジャンクション運河に障壁料金 (bar toll) をオクスフォード運河に支払わせるようにした。

バーミンガムからの輸送はブラウンストンからグランド・ジャンクションのナプトンに至るまで、 オクスフォード運河の 5 マイルを使用しなければならなかった。 オクスフォード運河はこれを利用して、 この短い区間のグランド・ジャンクション向けの輸送に高い使用料を請求した。

オクスフォード運河は元々地形に沿った運河として建設され、 水平からの垂直の逸脱を最小限にするために丘 (複数) のまわりを縫うようにして通っている。 しかし、一方で鉄道網が発展してくると、 1820 年代にブラウンストンとホークスベリーの間は直線状にし、 航行時間を減少させた。 この工事により距離が 14 マイルと 6 ファーロング (furlong, 220 ヤード) 減少した。 ナプトンより南部は直線状にすることはなかった。


ニューボールド (Newbold) の見捨てられたトンネル
運河の古いルート

オクスフォード運河の北の部分 (コヴェントリー、ブラウンストン、ホークスベリー・ジャンクション) は 1960 年代まで物資の輸送が極めて頻繁にあった。 主要物資はウォリックシャーとレスターシャーの炭鉱からロンドンまでグランド・ユニオン運河を経由して輸送した石炭であった。 しかしながら、ナプトンからオクスフォードまでの南部の区間は「へきち」のような場所になり、 ほとんど地元の物資を輸送したのみである。

衰退

1937 年にナフィールド男爵 (後のナフィールド子爵) はオクスフォードのカナル・ベイスンを購入した。 1951 年に彼はこれを埋め立てて以前の石炭の船着き場があった場所にナフィールド大学を建設した。 石炭輸送は、運河の別の船着き場に移動し、 これはオクスフォードのジェリコ (Jericho) のジャクソン (Juxon) ストリートにあった。 物資の船着き場と石炭の船着き場の残りの部分は今や公共の駐車場となり、 これはナフィールド大学がオクスフォードに貸与しているものである。


オクスフォード運河からジェリコの方を見る。
後方に聖バルナバ (St.Barnabas) 教会の鐘楼

オクスフォード運河は独立のままでいたが、1948 年に国有化され、 「ドックと内陸水路行政部」(Docks and Inland Waterways Executive) の一部となり、 これは後に「英国水路局 」(British Waterways Board) となった。

オクスフォード運河ではボート屋は (男も女も) 他の運河でディーゼル動力のナロウボートに変化したずっと後にも馬で曳くことを好んだ。 オクスフォード運河の石炭を運ぶ一隻のナロウボートは 1959 年に至るまでラバで曳き、 英国で馬で曳く最後の貨物用のナロウボートになった。 このボートはフレンドシップと呼ばれ、エレスメア港の国内水路博物館 (National Waterways Museum) で展示している。

オクスフォード運河は 1950 年代の中頃まで利益があり、 国有化されるまで配当が支払われた。 英国の大半のナロウ運河と同様に、 オクスフォード運河も第二次大戦後に貨物輸送の急激な減少に苦しんだ。 1950 年代の中頃までには、ナプトンの南ではナロウボートは交易をしなくなっており、 ある時期には閉鎖される恐れがあった。 もっとも北の区間 (ナプトンからコヴェントリー) は 1960 年代に至るまで、商用の輸送に随分使用された。

復活

1960 年代には、プレジャー・ボートの人気が出て、古い商用のボートに取って代わった。 運河で事実を見つけるための巡航をしたあとで、 バーバラ・キャッスル (Barbara Castle, 運輸大臣) は閉鎖する提案を拒否した。

運河は現在随分繁栄している。 夏には、オクスフォード運河は、運河のネットワークで最も込み合っている運河の一つである。


2005 年の聖バルナバ教会の近くの
ジェリコのボートヤードの売却提案
に対してのボート屋の抗議
オクスフォード運河遊歩道

オクスフォード運河の曳舟道ホークスベリー・ジャンクションからコヴェントリーまでの 5.5 マイル のコヴェントリー運河の曳舟道を付け加えた道は 82 マイル (132 km) の「オクスフォード運河遊歩道」(Oxford Canal Walk) を形成している。 オクスフォードからカートリントン (Kirtlington) -- ここでオクスフォードシャー・ウェイは 運河と交わる -- までの 10 マイル区間はヨーロッパ・ウォーキング・ルート E2 の一部分でもある。 運河沿いにジオキャッシュのサイトが多くあり、 運河の遊歩道は ジオキャッシングの愛好者には人気がある。