ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Coventry Canal - Wikipedia

運河の地図

コヴェントリー運河とオクスフォード運河の地図

を見ながら読んでください。

コヴェントリー運河 (Coventry Canal)

コヴェントリー運河はイングランドのミッドランズの航行可能な運河である。

コヴェントリー運河はコヴェントリーで開始し、ここより 38 マイル (65 km) 北にあるフラッドリー (Fradley) ジャンクション で終了している。フラッドリー・ジャンクションはリッチフィールド (Lichfield) のすぐ北にあって、ここで トレント・マージー運河と 接続している。コヴェントリー運河はオクスフォード運河、アシュビー運河 (Ashby Canal)、 バーミンガム・ファゼリー運河とも接続している。

地図によっては、コヴェントリー運河を南北の区間に分け、中間にバーミンガム・ファゼリー運河の区間があるものがあり、 また別の地図では全ルートをコヴェントリー運河としているものがある。これは、コヴェントリー運河の建設中に 資金難に陥った時に複雑な所有や再リースをしたことを反映している。

コヴェントリー運河が通過したり、そばを通る町には次のものがある: ベドワース (Bedworth), ヌニートン (Nuneaton), アザーストーン (Atherstone), ポールズワース (Polesworth), タムワース (Tamworth)。 コヴェントリー運河を航行できるボートは全長 21.9 m (72 フィート), 横幅 2.1 m (7 フィート), 上部空間 1.98 m (6 フィート 6 インチ) である。

  1. ルートの詳細
  2. 歴史
  3. 操業
  4. ギャラリー
ルートの詳細

運河 (カナル, canal) はコヴェントリー・カナル・ベイスンで開始する。 ベイスンは 1769 年に開業し、1788 年に拡張された。 この場所はコヴェントリー市の中心部 (Coventry City Center) のすぐ北にあり、 市の中環状道路 (inner's ring road) のすぐ外にある。 多くの建物と場所が 1993 年から 1995 年にかけて復元されている。 運河橋 (カナル・ブリッジ、 Canal Bridge)、運河棟 (カナル・ハウス、Canal House) と倉庫はグレード II の「指定建造物」である。コヴェントリー・カナル・ベイスンを出入りするすべてのボートは カナル・ブリッジの下を通らなければならない。

カナル・ベイスンから運河はコヴェントリーを通って北方に蛇行するが、多くの道路の橋 -- これには顕著な太鼓橋 (hump back bridge) が含まれる -- の下を通る: フォールズヒルのフォールズヒル道路 (Flasehill road)、 リトル・ヒース (Little Heath) を通り抜け、ロングフォードの ロングフォード道路 (Longford Road) の下を通る。

訳注
hump back bridge を太鼓橋と訳しましたが、日本語の太鼓橋の場合には橋の路面が横から見ると円の一部に なっているものを指しているようですが、英語の hump back bridge は橋の中央が両側より高いものです。 アーチ橋の場合に、hump back bridge が登場しますが、荷車を通せるように、橋の両側はなるべく滑らかに したある場合が多い。

コヴェントリー・カナル・ベイスン

コヴェントリーの 5 マイル北のホークスベリー・ジャンクションで、 見事に保存されている鉄の橋が オクスフォード運河の開始点を横切っている。 オクスフォード運河は南方に進み、オクスフォードでテムズ川と接続している。 ホークスベリー・ジャンクションには、運河が活躍していた時以来の魅惑的な建物があり、 グレイハウンド・パブ (Greyhownd Pub) はボート屋の伝統的な立ち寄り場所である。 ホークスベリー・ジャンクションは、馴染みのボート屋にはサットン・ストップ (Sutton stop) として知られている。 しかしこの言葉は 停止水門を指しており、オクスフォード運河に沿って少し進んだ所にある。

ホークスベリーの数マイル北のベドワース (Bedworth) のすぐ外にはマーストン (Marston) ジャンクションがある。 ここでアシュビー・デ・ラ・ザッチ (Ashby-de-la-Zouch) 運河が蛇行を始め、田園的で水門がない進路を、かってのモイラ (Moira) の炭鉱まで 進む。もっとも現在はスネアストーン (Snarestone) までの 22 マイルが航行可能なだけである。

マーストン・ジャンクションから、コヴェントリー運河は北西に進み、 ヌニートン (Nuneaton), アザーストーン (Atherstone), ポールズワース (Polesworth) を通って、タムワース (Tamworth) に至る。 タムワースの郊外のファゼリー・ジャンクションで西方のバーミンガムに向けて、 バーミンガム・ファゼリー運河に沿って進むことができる。

コヴェントリー運河は北方に進み、フラッドリー・ジャンクションで終了する。 ここで運河はトレント・マージー運河と接続する。 地図ではファゼリーからフラッドリーの中間点までがバーミンガム・ファゼリー運河と表示されている。 (「歴史」を参照。)

歴史

コヴェントリー運河会社は 1768 年に設立されている。 ジェームス・ブリンドリーは運河建設を委託され、 工事は同じ年の 12 月に開始した。 ブリンドリーに要求された高い水準で建設したため、 運河がアザーストーン (Atherstone) に到着する頃には運河会社の資金が枯渇し、 ブリンドリーはトーマス・ヨーマン (Thomas Yeoman) で交替された。

トーマス・ダッドフォード (Thomas Dadford) はテイム (Tame) 川の水道橋 (現在ではテイム水道橋と呼ばれる) に関して 1784 年に 助言しており、 1785 年の 6 月にはトーマス・シースビー (Thomas Sheasby) はコヴェントリー運河とトレント・マージー運河の接続の契約を 受理している。

運河はファゼリーでバーミンガム・ファゼリー運河に到達したが、 議会が認めたトレント・マージー運河までの最後の区間は 1789 年に至るまで完成しなかった。 トレント・マージー運河とバーミンガム・ファゼリー運河はバーミンガムからトレント・マージー運河への 通過輸送を可能としたいために、ファゼリーからフラッドリーまでの未建設区間を、 完成・操業する許可を得た。 バーミンガム・ファゼリーはファゼリーから北方に向けて工事し、トレント・マージーはフラッドリーから南に 向けて工事した。コヴェントリーからフラッドリーまでの完全開通は 1789 年であった。

中間の部分はバーミンガム・ファゼリー運河の一部のままであり続けるが、コヴェントリー運河は後に北区間を 買収した。そのため現在ではこの区間を時々「コヴェントリー運河 (分離区間)」と称される。

操業

コヴェントリー運河は何年もの間、重要な輸送の動脈であった。 とりわけ、これはバーミンガム―ロンドン・ルートの一部であった。 バーミンガム―ロンドン・ルートとは以下を経由するものである: バーミンガム・ファゼリー運河、コヴェントリー運河、オクスフォード運河そしてテムズ川。

グランド・ジャンクション運河と幾つかの小さな会社 (これは、ずっと後にグランド・ユニオン運河を 作るために合併する) がバーミンガムからロンドンまで直接競合するルート -- ウォリック (Warwick), ナプトン (Napton), ブラウンストン (Braunston), ブレッチリ (Bletchley) を 経由するもの -- を開通した時にもコヴェントリー運河の高い輸送量に変化はなかった。 これは、オクスフォード運河がブラウンストン (Braunston) の北のルートを短縮した工事の理由もあるが、 グランド・ジャンクション運河の利用者がブラウンストン/ファゼリーのルートを使用すれば、 ブラウンストン/ナプトンの区間を使用した場合のオクスフォード運河の高い通行料を 支払わずに済むためであった。(ブラウンストン/ナプトンの区間は新しいルートの一部でもあった。)

コヴェントリー運河は 1947 年に至るまで配当を支払っており、 現在に至るまで航行可能である。

コヴェントリー運河は 1948 年に国有化され、 これを操業したのは「英国輸送委員会」(British Transport Board)、 次に「英国水路局」(British Waterways Board) であるが、これはブリティッシュ・ウォーターウェイズ (British Waterways) になった。

1957年に、コヴェントリー運河協会 (Coventry Canal Society) が設置され、運河の適切な使用と保守を奨励し、運河の利益を守っている。 運河はコベントリー運河協会の一部であるマーシア・カヌー・クラブ (Mercia Canoe Club) の基地でもある。

ギャラリー
フラッドリーの近くの
コヴェントリー運河
マトロック道路の近くの
フォールズヒル道路から西の光景
ホークスベリー・ジャンクション
コヴェントリーのキャッシュズ・レーン
(Cash's Lane) から北の光景