ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Birmingham and Fazeley Canal - Wikipedia

バーミンガム・ファゼリー運河の全体図は 運河の地図

バーミンガム・ファゼリー運河の地図

も参考のこと。なお以下に書かれているように、バーミンガム・ファゼリー運河は バーミンガム運河水路網の一部です。

バーミンガム・ファゼリー運河
(Birmingham and Fazeley Canal)

バーミンガム・ファゼリー運河は バーミンガム運河水路網 (Birmingham Canal Navigations) に属する運河でイングランドのウエスト・ミッドランズ地方にある。 運河の目的はコヴェントリー運河とバーミンガムを結ぶことにあり、 これによりバーミンガムとロンドンをオクスフォード運河を経由して結ぶことであった。


愚かしいほどの歩道橋と隣接する旋回橋
ドレイトン・バセット (Drayton Bassett)
ファゼリー・ジャンクションから 1 マイルの地点
  1. 歴史
  2. ルート
  3. 通過点
  4. ギャラリー
歴史

バーミンガム・ファゼリー運河の歴史は、 バーミンガム運河会社が独占企業とみなされた 1770 年に始まる。 当時ウォルソール (Walsall) の炭田は運河と接続しておらず、 8 月 18 に意見交換会 (public meeting) がリッチフィールド (Lichfield) で開催され、 ウォルソールからリッチフィールドを経由して、トレント・マージー運河の フラッドリー・ジャンクション (Fradley Junction) に至る独立した (運河による) 接続を議論した。 地元の地主の反対から計画は棚上げされたが、 別の計画が 1781 年の 8 月のウォリック (Warwick) の会合で提案された。 この計画では運河はウェンズベリー (Wednesbury) からファゼリー (Fazeley) を経由してアザーストーン (Atherstone) に至り、 ここが当時のコヴェントリー運河の最終点であった。 計画は 10 月に幾分修正されたが、バーミンガム運河の株主は 深刻な脅威と受け止めた。

1782 年に 2 つの法律が議会に提案された。 1 つはバーミンガム・ファゼリーのものであり、もう一つのものは バーミンガム運河のもので、ウェンズベリー (Wednesbury) からウォルソール (Walsall) への支線を提案するものであった。 両方とも相手を反駁し、両方とも敗北した。 起案者達はこれにより、他の運河会社との交渉を開始し、 運河が建設された時点で、運河がより大きなネット・ワークの一部となるように計画した。 1782 年には、彼らはオクスフォード運河会社からは、 オクスフォード運河をオクスフォードでテムズ川に接続することの同意を取り付け、 コヴェントリー運河からはアザーストーン (Atherstone) からファゼリー (Fazeley) まで運河を延長し、 しかもファゼリーからウィッティントン (Whittington) まで延長することの同意を取り付けた。 これはコヴェントリー運河会社が全ルートの資金を提供できなかったからである。 トレント・マージー運河はフラッドリーまでの残りの区間を建設することになった。 2 回目の法律が提案され、同時にバーミンガム運河会社はライダーズ・グリーン (Riders Green) からウォルソールまでの 運河と 8 本の支線、及び第二の運河をニューホール (NewHall) からファゼリーまで建設する計画を提示した。 バーミンガム・ファゼリー運河は 1784 年の議会法で承認された。 新会社 【訳注:バーミンガム・ファゼリー運河会社】 とバーミンガム運河会社は、 この後まもなく合併し、非常に妙な名称 -- バーミンガム・バーミンガム・ファゼリー運河会社 (Birmingham & Birmingham & Fazeley Canal Company) -- になった。

訳注
1784 年に認可された最終的な議会法では現在のバーミンガム・ファゼリー運河と その分離区間であるライダーズ・グリーンからブロードウォーターまでの運河が 含まれています。これはウォルソール運河 で言及されています。

ジョン・スミートンがバーミンガム・ファゼリーの採用した技術者であったが、 建設はすぐには開始しなかった。 というのは彼はライダーズ・グリーン (Riders Green) からブロードウォーター (Broadwater) までの運河の責任を担っており こちらを先に建設する必要があったからである。 計画は円滑には実行されなかった。 というのは運河会社の管理者であるジェームス・バウ (James Bough) と 建設を実行するために契約採用された土木技師のピンカートン (Pinkerton) の間に不和があったせいである。 問題となったのはピンカートンが使用していたセメントであった。 ファゼリー線の建設は 1786 年の 4 月に開始したが、 バウはいまだに管理者で、一方ピンカートンはミンワース (Minworth) とファゼリー (Fazeley) の区間の建設を担っていた。 1786 年の後半にジョージ・ピンカートン (George Pinkerton) はバウ (Bough) により測量された標高が間違いであることに気が付いた。 運河会社の技師であるサミュエル・ブル (Samuel Bull) が調査し、ピンカートンが正しいことを報告した。 ピンカートンは 1787 年の 1 月から、計画の責任を担っていたが、契約は 5 月に至るまで締結されることはなかった。 バウはピンカートンの使用する材料が劣悪であるとの非難を繰り返した。

建設コストが元々の評価を越えたため、 運河会社は 1788 年の後半にピンカートンへの支払いを停止し、 彼らとの契約は 1789 年の 2 月に破棄された。 ピンカートンに余分に支払われた金銭に関しては議論があり、 会社は支払いすぎであると主張した。 £2,750 程度の金額が問題となり、10 年もの間法廷闘争が続き、 1801 年に法廷は彼が要求した金額のうち £436 を認めたのみであった。 結果に不満となり、ピンカートンは自分の立場を正当化しようとした。 しかし会社の事務員であるジョン・ホートン (John Houghton) に関しての言質は中傷であるとみなされ、 罰金刑を受け、刑務所でしばらく服役することになった。

運河は 1789 年に完成した。 他の運河会社との協調が利益を生じたのは、 すべての接続が完成した 1790 年の時で、 これにより直ちに巨大な物資の輸送が始まった。 これは問題も引き起こした。 アストン (Aston) とファーマーズ・ブリッジ (Farmer's Bridge) の連続水門が渋滞したのである。 しかもウォリック運河 (Warwick Canal) がディグベス (Digbeth Branch) へのジャンクションを建設した時に問題が悪化した。 問題は 1844 年に至るまで解消されることはなく、 この時、南東に通じるバーミンガム・ウォリック・ジャンクション運河 (Birmingham and Warwick Junction Canal) と北西に通じるテイム・バレー運河が開通したのである。 1794 年にはバーミンガム・バーミンガム・ファゼリー運河会社の名称は バーミンガム運河水路網 (Birmingham Canal Navigations) に変更された。

訳注
  1. 『ウォリック運河 (Warwick Canal) がディグベス (Digbeth Branch) へのジャンクションを建設した』 とありますが、バーミンガム・ファゼリー運河のディグベス支線に接続しているグランド・ユニオン運河の事です。
  2. 『南東に通じるバーミンガム・ウォリック・ジャンクション運河』とは、 バーミンガム・ファゼリー運河の本線に接続しているグランド・ユニオン運河のことです。 この接続部のすぐ西の所で現在もテイム・バレー運河が接続しています。
ルート

運河は現在ではバーミンガムの (ナショナル・インドア・アリーナの近くにある) オールド・ターン・ジャンクションにおける BCN 本線からタムワースのすぐ郊外にある ファゼリー・ジャンクションにおけるコヴェントリー運河まで走っているとみなされている。 この区間の長さは 15 マイル (24 km) で、38 基の水門がある。 オールド・ターン・ジャンクションから、 13 基の水門により、運河は 81 フィート (25 m) 降下し、 このあとに、聖チャッド (St. Chads) 大聖堂からアストン・ジャンクションまでの短い水平区間がある。 ジャンクションからタイフー・ベイスン (Typhoo Basin) まで走るディグベス支線 (Digbeth Branch) と呼ばれる 1 マイル (1.6 km) の支線があり、ここには 6 基の水門がある。 支線の終点の近くから、ボーデスリー・ジャンクションにおけるグランド・ユニオン運河に至る 短い支線がある。

アストン・ジャンクションの下流には別の 11 基の水門があり、アストン連続水門を形成している。 連続水門のボトム水門に到達する直前でホルボーン・ヒル (Holborn Hill) 橋が運河越しにアストン駅に向かう鉄道を通している。 アストン・ジャンクションではテイム・バレー運河が北西に向かい、 グランド・ユニオン運河が南に向かい、一方ファゼリー運河は東に向かう。 もう 2 つの水門により、ミンワース (Minworth) で降下を続け、 周辺の光景は都会および産業地帯から、開けた田舎に変わる。 カードワース (Curdworth) には短い 57 ヤード (52 m) のトンネルがあり、 これを越えると、運河の周辺には (多くの) 田畑や氾濫した砂利採取場がある。 ドレイトン・バセット (Drayton Bassett) では、ドレイトン荘園 (Drayton Manor) テーマ・パークの近くに、 ゴシック形式の塔が付属した風変わりな歩道橋が運河を横断している。 このあとで、ファゼリーに到達し、運河はコヴェントリー運河に合流する。

ファゼリー・ジャンクションから、リッチフィールド (Litchfield) の近くのウィッティントン (Whittington) まで延伸する 5.5 マイル (8.8 km) の区間はバーミンガム・ファゼリー運河によって建設されている。 もっとも、これはコヴェントリー運河の議会法によって認可されたルートに建設されたものである。 この区間は現在ではコヴェントリー運河の一部とみなされている。

歴史的には運河はファーマーズ・ブリッジのトップ水門 (本当のファーマーズ・ブリッジ・ジャンクション) で開始しており、ここですでに存在していたバーミンガム運河のニューホール (Newhall) 支線と接続していた。 この支線は建設し直され、カンブリア波止場 (Cambrian Wharf) が生き延びているのみである。

バーミンガム・ファゼリー運河はウォリックシャー環状ルートの一部を形成している。

通過点

コモン (Common) 水門 10 の、下流水門の下流の石造物に碑文を見ることができる。 次のように書かれている:"Pax Missa Per Orbem, Pax Quaeritur Bello". 翻訳すると「平和が世界中に送られ、平和が戦争中に求められる」。 この碑文は二種類の硬貨から来ており、最初のものは「女王アンの 1/4 ペンス硬貨」 (Queen Ann Farthing) のもので、 二つ目のものは「クロムウェルの 20 シリング硬貨」 (Cromwell Broad) のものである。

地点座標備考
オールド・ターン・
ジャンクション
52.4792°N 1.9139°W BCN 本線
ストア・バレー鉄道トンネル 52.4794°N 1.9138°W バーミンガム・
ウォルヴァーハンプトン・
ストア・バレー鉄道が
運河の下を通る。
(元々の) ファーマーズ・
ブリッジ・
ジャンクション
52.4806°N 1.9125°W かってのバーミング運河の
ニューホール支線との
ジャンクション
カンブリア波止場ベイスン 52.4806°N 1.9118°W  
ニューホール支線 (閉鎖) 52.4808°N 1.9110°W  
ファーマーズ・ブリッジ・
トップ水門
52.4808°N 1.9120°W  
ファーマーズ・ブリッジ水門 2 52.4811°N 1.9110°W  
ファーマーズ・ブリッジ水門 3 52.4813°N 1.9101°W  
ファーマーズ・ブリッジ水門 4 52.4815°N 1.9092°W  
ファーマーズ・ブリッジ水門 5 52.4820°N 1.9082°W  
ファーマーズ・ブリッジ水門 6 52.4823°N 1.9076°W  
ファーマーズ・ブリッジ水門 7 52.4826°N 1.9070°W  
ウィットモア小支線
ジャンクション
52.4828°N 1.9067°W 水が無い
ファーマーズ・ブリッジ水門 8 52.4829°N 1.9064°W  
ファーマーズ・ブリッジ水門 9 52.4833°N 1.9057°W ニューホール・ストリートの真下
ファーマーズ・ブリッジ水門 10 52.4837°N 1.9050°W ブリンドリー・ハウスの真下
ブリティッシュ・
テレコム・タワー
52.4835°N 1.9043°W  
ファーマーズ・ブリッジ水門 11 52.4841°N 1.9043°W  
ファーマーズ・ブリッジ水門 12 52.4851°N 1.9027°W  
バーミンガム・
スノー・ヒル駅橋
52.4854°N 1.9021°W  
ファーマーズ・ブリッジ水門 13 52.4859°N 1.9012°W  
アストン高速道路
(アストン道路)
52.4903°N 1.8894°W  
アストン・ジャンクション 52.4902°N 1.8887°W  
アストン・トップ水門 14 52.4904°N 1.8882°W  
アストン水門 15 52.4908°N 1.8873°W  
アストン水門 16 52.4913°N 1.8866°W  
アストン水門 17 52.4918°N 1.8859°W  
アストン水門 18 52.4924°N 1.8853°W  
アストン水門 19 52.4929°N 1.8846°W  
アストン水門 20 52.4940°N 1.8833°W  
アストン水門 21 52.4946°N 1.8824°W  
アストン水門 22 52.4986°N 1.8774°W  
アストン水門 23 52.5005°N 1.8733°W  
アストン・ボトム水門 24 52.5035°N 1.8711°W クロス・シティー・ライン
サルフォード・ジャンクション 52.5085°N 1.8591°W テイム・バレー運河
グランド・ユニオン運河
運河の上の工場 52.5083°N 1.8449°W 工場の建物の下 150 ヤード
片側が開口
アーディントン・ホール橋 52.5081°N 1.8432°W 橋の元々の場所
ミンワース・トップ水門 52.5225°N 1.7957°W  
ミンワース・ミドル水門 52.5252°N 1.7904°W  
ミンワース・ボトム水門 52.5288°N 1.7775°W  
カードワース・トンネル 52.5364°N 1.7389°W  
M6 有料自動車道橋 52.5411°N 1.7296°W  
カードワース・トップ水門 1 52.5413°N 1.7289°W  
カードワース水門 2 52.5456°N 1.7217°W  
カードワース水門 3 52.5463°N 1.7206°W  
カードワース水門 4 52.5472°N 1.7198°W  
カードワース水門 5 52.5482°N 1.7190°W  
カードワース水門 6 52.5502°N 1.7174°W  
カードワース水門 7 52.5544°N 1.7140°W  
カードワース水門 8 52.5603°N 1.7100°W  
カードワース水門 9 52.5625°N 1.7093°W  
コモン水門 10 52.5678°N 1.7064°W  
キングスベリー旋回橋 52.5731°N 1.7036°W  
カードワース・ボトム水門 11 52.5733°N 1.7035°W  
水道橋 52.5866°N 1.7051°W ミドルトン・ホールの近く
ドレイトン旋回橋・装飾橋 52.6047°N 1.7065°W  
ファゼリー・ミル・マリーナ 52.6100°N 1.7034°W  
ワットリング・ストリート 52.6151°N 1.7012°W  
ファゼリー・ジャンクション 52.6154°N 1.7010°W (コヴェントリー市の方向に)
コヴェントリー運河。事実上の
バーミンガム・ファゼリー運河が
ウィッティントンまで続く
ウィッティントン川 (brook) 52.6724°N 1.7556°W コヴェントリー運河 (分離区間)
ハドルズフォード・ジャンクションへ
ギャラリー
ファーマーズ・ブリッジ連続水門の一部
BT (ブリティッシュ・テレコム)
タワーの方を見る
ブリンドリー・ハウスの下
BT 複合施設の一部
ファーマーズ・ブリッジ水門 9
と拡張されたパウンドが
ニューホール・ストリート橋
の 2 つのアーチを通る。
道路の両側にゲート
ドレイトン旋回橋 認可されたバーミンガム・
ファゼリー運河がワットリング・
ストリート橋で終了
オールド・ターン・ジャンクション
の道標。ここでバーミンガム・
ファゼリー運河が BCN 本線と合流